アイフルの審査の流れと審査に関する口コミ

アイフル

アイフルは最短30分審査で30日間無利息

アイフルはバナナマンのCMでおなじみのカードローンで、大手消費者金融で唯一銀行傘下に入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1,000円から借入でき(一部提携のATM.CDでは10000円~)、即日審査・即日融資にも対応している使い勝手のいい便利なカードローンです。

実質年率 年4.5%〜年18.0%
借入限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
即日融資 可能

公式サイトはこちら

アイフルの詳細

融資限度額 最高500万円
金利適用方式 単一金利
借入利率 年4.5%〜年18.0%
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式
返済日 1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い
申込対象者 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方
使いみち 生活資金
保証人 不要

アイフルとは?

消費者金融アイフルは、唯一銀行の傘下に入らずに経営を続けている独立系大手消費者金融です。

同じ大手の消費者金融アコムは三菱東京UFJ銀行、プロミス、モビットは三井住友銀行の傘下に入って経営しているため、資金が豊富になった反面、貸付に関しての制約も多いですが、アイフルは、独自路線で利用者にとって便利な様々なサービスを展開しています。

現在は業績も好調で、審査通過率はアコムについて2番目、顧客数もアコム、プロミスに続き3位に成長しています。

業界のイメージの健全化にも力を入れていて、市民ランナーを応援し、様々なマラソン大会の協賛となっているアイフルランや、CMでも人気芸人のバナナマンを起用するなど、より身近な存在となっています。

そうした活動の結果、今最も伸びているカードローンと言われていて、業績も非常に好調なことから、積極的に貸付を行っていることがわかります。

新規の貸付だけではなく、すでにアコムやプロミスで借り入れをしている方でも、「借り換えMAX」「おまとめMAX」という、借り換え・一本化のローン商品を利用することで、総量規制の例外で借り入れすることも可能ですし、幅広い使い方ができるカードローンです。

このページでは、アイフルの審査の流れや、即日融資を受けるためのコツ、配達時間えらべーるなど、独自サービスについて紹介します。

アイフルの特徴

審査申し込みの前に、アイフルのカードローンの詳細について触れておきます。

利用できる人・できない人

まず、アイフルのカードローンを利用できる方ですが、アイフルは消費者金融のため、総量規制という規制があり、誰でも借り入れができるというわけではありません。

基本的に、安定した収入がある20歳以上の方で、現在他社での借り入れの合計が年収の3分の1を超えていない方が対象となっています。

  • 正社員・契約社員
  • 派遣社員
  • パート・アルバイト
  • 安定した収入のある主婦
  • 安定した収入のある学生

上記の方で、他社での借り入れが年収の3分の1を超えていない場合はアイフルで新規借り入れが可能です。

年収の3分の1以上借り入れがある場合は新規の借り入れはできませんが、借り換えMAX・おまとめMAXなど、借り換えローンであれば総量規制の例外貸付なので利用が可能です。

  • 専業主婦
  • 年金受給者
  • 無職の方
  • 過去5年以内に債務整理をした方
  • クレジットカードの延滞をした方

上記のような、収入がない方、過去5年以内に信用情報に傷がついて、ブラックリストに載っている方は、基本的にアイフルで借り入れすることはできません。

ただ過去のブラックリストは時間が経てば消えているため、事故情報が消えている場合は借り入れすることができます。

借り入れ申し込み前に、借り入れができる条件に該当しているかどうかチェックしましょう。

30日間の無利息サービスが開始

今までアコムやプロミスでは初回借入時に30日間無利息サービスがあったのですが、アイフルでも同じように初回の借り入れ時の30日間無利息サービスがスタートしました。

aiful-30 (1)

アイフルの審査に通過し、契約が完了したら、翌日から30日間利息が発生しません。

そのため、30日以内に完済すれば1円の利息も払う必要がなくなるため、使い方によってはかなりお得に借り入れすることができます。

1点注意が必要なのは、契約完了の翌日からなので、契約が完了してからすぐにお金を下ろさなければ、実質の無利息期間が短くなるので、契約が済んだらすぐに利用するようにしましょう。

アイフルの審査の流れ

あらかじめ準備しておくもの

原則、運転免許証。交付を受けていない方はその他身分証明書等

本人確認書類が申し込み住所と異なる場合は、下記の書類も用意しておきましょう。

  • 公共料金の領収書(携帯電話の領収書は×)
  • 社会保険の領収書
  • 国税・地方税の領収書
  • 納税証明書

アイフルの審査申込はインターネットで行います。

アイフルの公式サイトから24時間いつでも審査申込ができるようになっていて、最短30分で審査を行ってくれます。

ただ、アイフルの審査時間は21時までとなっているため、21時以降に審査申込をした場合は翌日の営業開始時間以降の連絡となります。

審査時間は最短で30分と書いてありますが、審査状況によってはもう少し時間がかかる場合があります。

しかし、アイフルの場合は、インターネットで申込完了後、専用のフリーダイヤルに電話をすることで「お急ぎ審査」を行ってくれます。

フリーダイヤルは0120-337-137で、こちらは土日祝日含め受付時間が9:00〜21:00となっていますので、急ぎで借入をしたいという方は、インターネットで申込完了後、上記のフリーダイヤルに電話をしましょう。

事前に融資可能か判断できる1秒診断が便利

アイフルは審査申込前に、事前に借入可能かどうか1秒診断を利用することができます。

年齢、雇用形態、年収、他社借入金額の4項目を入力するだけで現在借入が可能なのかどうか瞬時に判断してくれます。

aiful1
借入可能と判断された場合は、下記のような画面に切り替わります。

aiful2 2

ただ、これはあくまでも目安の話で、審査に通過したという訳では無いので注意してください。

アイフルのような消費者金融は、貸金業法で「総量規制」という規制が定められていて、年収の3分の1以上の借入ができないようになっています。

これは、他社の借入を含めた合計なので、年収と現在の借入金額を入力することで、まだ貸付枠があるかどうか判断しています。

上記の場合、年収400万円の会社員で、他社の借入が50万円と、まだ年収の3分の1の金額には達していないため、貸付枠に余裕があるため、融資可能と判断されています。

試しに、年収200万円で借入が現在100万円と入力すると、下記のような診断となります。

融資不可能とは出ずに、可否を判断できないとなっていますが、これは年収200万円で借入が100万円ある場合は絶対に審査に落ちるという訳ではないからです。

下記で詳細を書きますが、アイフルにはおまとめMAXという、おまとめローン商品があります。

おまとめローンとは、他社の借入をアイフルに一本化させることで金利や毎月の返済負担を軽くするという商品なのですが、おまとめローンを利用する場合は、消費者金融でも総量規制対象外で借入することができます。

なので、年収200万円で借入が100万円ある状態でもおまとめローンなら審査に通過する可能性があるということです。

逆に、年収400万円で借入が50万円だったとしても、過去10年以内に自己破産など、債務整理の記録がある方は審査に落ちる可能性があります。

いずれにせよ、本審査の申込をしなければ借入できるかどうかわかりませんので、自信が無くても申込はした方が良いでしょう。

アイフルで即日融資を受けるには

アイフルは即日融資を受けることが可能です。方法は簡単で、銀行の営業時間内にインターネットで申し込みを済ませて、審査が完了していればその日のうちに指定口座に振込で入金してくれます。

アイフルに問い合わせしたところ、銀行の営業時間内に審査他、所定の手続きが完了していれば当日振込は可能ということでしたので、早めに審査を終えられるよう、午前中には申し込みを済ませておきましょう。

また、銀行の営業時間がもう過ぎていた場合や、土日祝日でもアイフルで即日融資を受けることは可能です。

方法は簡単で、アイフルの営業時間内に審査を終わらせて、全国にある無人契約機に行ってローンカードを発行して、その場でATMからお金を引き出すことで、即日融資が可能です。

無人契約機は年中無休で21時まで開いているため、仕事帰りでも、休日でも余裕を持って融資を受けることができるため、平日の昼間に申し込みできない方はこちらの方法がおすすめです。

アイフルの在籍確認

アイフルの在籍確認は基本的には電話連絡で行われます。

会社に、アイフルの担当オペレーターの個人名で連絡がありますので、アイフルで借入申し込みをしていることがバレることはありませんが、派遣社員の方など、会社に電話がかかってくることが普段無い方は、電話連絡を避けたい人が多いと思います。

アイフルに他の方法で在籍確認はできないかと問い合わせた所、50万円以内の借入申し込みであれば、審査結果によりますが、書類による在籍確認も可能という事でした。

書類とは、社員証や、給与明細、社会保険証など、会社に勤めているということが確認できる書類で、それを携帯電話で撮影して、データを送れば在籍確認として認めてくれます。

アイフルはローンカードを家族にバレずに受けとることができる

 消費者金融のカードローンは、基本的にはローンカードは後日郵送で自宅に届けられるため、家族にバレる可能性があります。
しかし、アイフルのローンカードは、郵送の際でも、「配達時間えらべーる」というサービスを行っていて、自分が確実に受け取れる時間帯にローンカードを届けてもらうことができます。
指定した日時に、本人限定受取で郵送してくれるため、本人以外は郵送物を確認することができず、確実に家族にバレずにローンカードを手にすることができます。

また、郵送自体を避けたいという方でも、アイフルの全国にある無人契約機「てまいらず」を利用することで、ローンカードをその場で発行して受け取ることができるため、郵送物無しで契約することができます。

また、この方法を利用すると、上記でも説明した通り、即日融資も受けやすくなるというメリットがあるため、近くにアイフルの無人契約機があるという方は、この方法がおすすめです。

契約後の借入方法

契約後の借り入れ方法は4つあります。アイフルは、店舗での融資は行っていません。

アイフルのATMからカードを使って出金

アイフルカードを使って、アイフルのATMから手数料無料で出金することができます。アイフルのATMは、主に自動契約機の横に設置されていますので、自動契約機で契約を行い、カードを受け取ったら、その場で出金が可能となっています。

アイフルの自社ATMの設置数は、全国で約480台となっています。ATMの稼働時間は7:00~23:00までとなっています。土日も手数料は無料です。

提携ATMからカードを使って出金

アイフルカードを使って、提携ATMから簡単に出金することができます。ただし、手数料がかかりますので注意が必要です。

提携ATMの設置数は他社よりも多く、約8万4000台となっており、利便性が高くなっています。

提携しているATM

  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • ローソンATM
  • コンビニATM
  • E-net
  • 親和銀行

提携ATM利用手数料

取引金額 カードローンの借り入れ・返済
1万円以下 108円
1万円超 216円


インターネットから振込融資予約をする

インターネットの会員サービスから、24時間365日、振込融資予約をすることができます。

平日の午後2時までに振込予約を行った場合は、当日の振込が可能となっています。

事前に登録した契約者名義の口座にお金が振り込まれます。 

電話で振込融資予約をする

フリーダイヤル(0570-000-417)もしくは女性専用ダイヤル(0120-201-884)へ電話して、振込予約をすることができます。

パソコンなどの操作に自信がない人や、確実に振込予約を行いたい人、仕事の合間の移動中などに簡単に手続きを行いた人におすすめです。

女性専用ダイヤルでは、基本的には女性のオペレーターが対応してくれますので、はじめての人や不安を感じる人でも、気軽に電話することができます。 

フリーダイヤルの受付時間は、9:00~21:00となっています。

返済方法

アイフルは基本的に毎月月末にローンカードで返済を行います。ローンカードは全国の無人契約機、または、対応のコンビニATMでも返済することができます。

ATM利用手数料

お取引内容 お取引金額
1万円以下 1万円超
お借入(出金) 108円 216円
ご返済(入金) 108円 216円

提携CD/ATM一覧

借入・返済が可能な提携ATM

aiful-hensai1

借入が可能な提携ATM

aiful-hensai2

返済が可能な提携ATM

aiful-hensai3

  • 提携先CD/ATM(マルチメディア端末含む※)にて、取り引きの都度、手数料が発生します。※Loppi・Famiポート
  • 出金時の手数料は、次回入金時に精算する形となります。
  • 一部お取り引きの内容により、手数料を負担しなくて良い場合もあります。
  • アイフルのATMは手数料無料で取引が可能です。

 

メリット

急いでいる人は、優先的に審査を受けることができる

アイフルでは、できるだけ早く融資を受けたい、という人のために、優先的に審査をしてくれるサービスがあります。 

まず、インターネットで申し込みをした後に、フリーコールに電話をして、急いでいるので早く審査をしてほしいということを伝えると、優先的に審査を行ってくれるのです。

もともとアイフルは審査がスピーディで、即日融資も可能ですが、申込者が多くて審査が込み合い、予想以上の時間がかかってしまうことがあります。

すぐ連絡がくると思っていたら、その日はどうも混みあっていたようで、1時間以上待たされてしまったという場合もあります。

朝一番の申し込みであれば多少遅れても大丈夫ですが、当日の振込融資に間に合うかどうかという微妙な時間帯であれば、一刻も早く審査をしてほしいところです。

今日は審査が混みあっているかということまでは、申し込む側からすると予想がつきません。

急いでいる人を待たせることがないように、優先的に審査してくれる仕組みがあるのは、早く融資を受けたい利用者にとっては特に大きなメリットがあります。

アイフルの審査は最短で30分で終わりますので、スムーズに進めば、最短1時間で契約を完了し、融資を受けることができます。 

ローンカードの配達時間を選ぶことができる

アイフルでは、自宅に郵送物が送られてくるときに、配達の時間を指定することができる「配達時間えらべーる」というサービスがあります。

佐川急便の受取人確認配達サービスを使って配送されるのですが、お届け時間帯を、

  1. 午前中(9時~12時)
  2. 12時~14時
  3. 14時~16時
  4. 16時~18時
  5. 18時~20時
  6. 19時~21時

 の6つの時間帯から選ぶことができます。

また、契約をした時間帯によって、カードの発送日も決まっており、それも公開されています。

  • 15時までに手続きが終わった場合、翌日から発送
  • 15時以降に手続きが終わった場合、翌々日から発送

「週末は家族が皆在宅だから、カードが届いてほしくない」という人や、逆に「平日は、自分が留守がちだから週末に届いてほしい」、という場合など、上記のように、契約と発送のタイミングがわかっているので、「週末にカードが届いてほしいから、木曜日あたりに申し込もう」など、自分で手続きのタイミングを調整することもできます。

カードローンを申し込むときに、多くの人が気にすることが「郵送物が自宅に送られてきたときに、身内にバレてしまわないか」ということです。

申し込みはWEBでできますので、一人で誰にも知られずに行うことができますが、郵送物でバレてしまったという人が多いのも事実です。

カードを自宅に郵送されない方法として、自動契約機に行ってカードをその場で発行してもらうという方法があります。

しかし、「入るところを知り合いに見られないか」「誰もいない無人店舗だから、逆に防犯上不安がある」など、自動契約機に抵抗がある人も多く、実際には、郵送を選択する人が多くなっています。

もちろん、仕事が忙しくて、わざわざ自動契約機に足を運ぶ時間がないという人もいます。

カードを自宅に郵送してもらいたいが、家族に知られたくないという人に、この「配達時間えらべーる」はとてもありがたいサービスとなっています。

また、もしも郵便を見られてしまった場合でも、封筒には社名やカードローンの文字は書いてありませんので、すぐにばれてしまう心配はありません。

受取人確認配達サービスは、本人以外の受け取りができませんので、家族が代わりに受け取ってしまう心配もありません。

アイフルでは、個人のプライバシーを尊重できるように、二重三重の仕組みを取り入れてくれています。

振込融資で、通帳の記載を選ぶことができる

カードローンでお金を借りる場合は、カードを使って出金する場合と、振込融資をしてもらう場合があります。

カードが家に届くまでは数日かかるため、早く融資を受けたいという人は、振込融資を利用する人が多いのですが、振込人名が「アイフル」になっていると、もしも通帳を誰かに見られてしまった場合、カードローンを利用しているのがバレてしまいます。

アイフルでは、振込人名を「アイフル(株)」か「AIセンター」の表記のどちらかを選ぶことができます

通帳を見られても、消費者金融を利用しているとわかりませんので、安心して振込融資を利用することができます。

「絶対に他の人には知られたくない!」という人のために、できる限りの対策をしてくれているのがアイフルと言えますね。

返済が35日サイクルなので、ゆとりをもった返済が可能

アイフルでは、返済日から次の返済日が「35日」となっており、返済の感覚が少し長く設定されているのが特徴です。

次の返済までの日にちが長いことで、返済日に追われている感覚が軽減され、ゆとりをもって返済することができます。

1000円から借り入れができるため、気軽に利用できる

カードローンでは、一般的には1万円からの借入となっていますが、アイフルでは1,000円からの借入が可能となっており、より気軽に利用できるようになっています。

お給料日までに数千円借りたい、という場合でも、1万円を借りてしまえば、ついついあるだけ使ってしまうものです。

返済負担を減らし、使いすぎを防ぐという意味でも、必要な分だけ借りられるという点がメリットとなっています。

デメリット

銀行カードローンよりも金利が高い

銀行カードローンに比べ、消費者金融は審査基準が緩く、借りやすいのがメリットと言えますが、その分金利が高く設定されており、長期で借入をする人にとってはデメリットと言えます。銀行カードローンとアイフルの金利差は、約3%となっています。

短期で借入をする場合は、最初の30日間金利が無料になるサービスがありますので、短い期間で返済を終えた場合、銀行カードローンよりも実質安い金利で借りられる場合もあります。

しかし、半年以上かけて返済していく場合は、やはり銀行カードローンよりも支払い利息がかさんでしまいます。

審査に通りやすく利用しやすいが、金利が高いのがアイフルをはじめ、消費者金融のデメリットと言えるでしょう。

総量規制が適用されるため、新規借入の場合は年収の3分の1までしか借りることができない

消費者金融には総量規制が適用されるため、契約者の年収の3分の1までしか借りることができないという決まりがあります。

年収の3分の1を超えるような、まとまった金額を借り入れたい場合は、総量規制が適用されない銀行カードローンに申し込む必要があります。

ただ、他社の借り換えや一本化に関しては、総量規制の例外貸付として一時的に総量規制対象外で借入することも可能です。

無利息サービス期間が、契約日翌日から30日

初めてアイフルを利用する人で、初めて無担保キャッシングローンを利用する人に限り、「30日間利息が無料になる」というサービスがあります。

ただし、利息が無料になる期間は、お金を実際に借りてから30日間ではなく、アイフルと契約した翌日から30日間となっており、契約後すぐにお金を借りない人にとっては、メリットが少なくなってしまう仕組みです。

例えば、契約後10日後に実際にお金を借りた場合は、利息が無料になる期間は、あと20日しか残っていないということになるのです。初回の借り入れが遅くなるほど、無利息期間が短くなってしまうということになります。

実際にお金を借りてから30日間ではなく、契約してから30日間ということが、すぐにお金を借りない利用者にとってはデメリットになると言えるでしょう。

提携ATMで利用手数料がかかる

アイフルのATMでは手数料は無料ですが、提携ATMでは入金、出金とも手数料がかかってしまうことがデメリットと言えます。

大手消費者金融は、どこも提携ATMを使って出金(借入)や入金(返済)ができるところが多く、アイフルも提携ATMを使って、便利にお金を出し入れすることができ、昔に比べると格段に利便性が高くなっています。

しかし、無料で使えるATMはアイフルのATMに限られています。

アイフルはおまとめローンとしても利用可能

aiful-omatome

アイフルは、消費者金融としては珍しく、「おまとめMAX」というおまとめローン専用の商品があり、おまとめローン・借換ローンとしても利用が可能です。

他社の消費者金融で複数社借入がある場合、アイフルで一本化することで、12.0%〜15.0%の金利で借り換えすることができ、毎月の返済の負担と、支払い利息を少なくすることができます。

他の消費者金融でもおまとめローンは可能ですが、通常金利で利用することになるため、100万円以下のおまとめの場合は金利が18.0%となり、金利を下げることができません。

しかし、アイフルであれば、消費者金融の借入よりも低金利でおまとめすることが可能なので、アイフルのおまとめローンはおすすめできるローン商品です。

アイフル利用者のデータ

アイフルの公式サイトで、アイフルの利用者に関してのデータが公開されていたので紹介します。

男女比の割合

aiful-data1 (1)

アイフルの利用者の男女比の割合を見ていると、やはり男性が多くて約7割が男性利用者ですが、女性の利用者も増加していて、今では約3割が女性利用者となっているようです。

アイフルの利用者数が2017年7月現在約70万人なので、20万人は女性が利用していることがわかります。

アイフルは今女性の借り入れに力を入れていて、女性専用のフリーダイヤル(0120-201-884)を用意していたり、10万円を限度額とした女性専用カードローン「SuLaLi」を用意しています。

消費者金融のため収入のない専業主婦の方は借り入れすることはできませんが、安定した収入がある女性の方にとっては使いやすいカードローンとなっていることがわかります。

利用者の年齢

aiful-data2 (1)

利用者の年齢のデータを見ると、どの年代も利用していることがわかります。

多い年代は30代・40代ですが、20代も15%あり、50歳以上の方も多く利用していることがわかります。

近年カードローンは、お金がないから借りるという理由だけでなく、万が一のために借り入れ枠を持っておきたいという理由でカードローンを作る方も多く、50歳以上の方はそういった理由が多いかもしれません。

借り入れ方法

aiful-data3 (1)

借り入れ方法を見ると、ほとんどの方がATMか提携CDを利用しているようです。

提携CDとはキャッシュディスペンサーのことで、コンビニのATMなど、アイフルが提携しているお金を引き出しができるATMの事です。

店舗で借り入れをしたり、振込依頼をする方はほとんどおらず、どこにでもあるコンビニでローンカードを使って気軽に借り入れしていることがわかります。

返済方法について

aiful-data4 (1)

返済方法については、多くの方がATMや提携CDで行なっているのは借り入れ方法と変わりませんが、振込で返済をするという方も15%程度いて、ネットバンクを利用すればスマホから返済ができるため、わざわざコンビニに行かずに返済を行なっている人も多いということがわかります。

職種の割合

aiful-data5 (1)

最後の利用者の職種に関するデータですが、予想どおり社員が一番多く65%を占めていますが、パートやアルバイトなど、社員以外の方も約25%いて、4分の1は非正規雇用の方の利用ということがわかります。

アイフルは上述の通り、女性にも積極的に融資していて、自営業者の方も利用ができるため、幅広い属性の方が借り入れしているということがわかります。

アイフルのまとめ

アイフルは、消費者金融の中でも、アコムに次いで審査通過率が高く、貸付実績も豊富な優良消費者金融です。

即日融資も可能ですし、ローンカードは郵送で時間指定で届けてくれるため、家族にバレる心配もありません。

すでに他の消費者金融から借入がある方でもアイフルでおまとめローンを利用することで金利を大きく下げることができますし、様々な用途で利用できるため、使い勝手がいいカードローンです。

アイフルのQ&A

アイフルに関してよくある質問をまとめています。申し込み前に参考にしてください。

アイフルはコンビニでも利用できますか?
はい、アイフルはコンビニでも利用できます。 アイフルの契約機以外に、提携CD・ATMで利用が可能で、セブン銀行やイオン銀行、ローソンATMやEnetも対応しているため、全国のコンビニのほとんどで借り入れも返済もすることができます。
アイフルはブラックでも借入できますか?
いいえ、アイフルは現在ブラックの方は借入できません。 審査時に信用情報を必ず照会されるため、信用情報に事故情報の記録がある場合は、大手の消費や金融で借入できる可能性はほぼありません。 ただ、ブラックになったのが5年以上前の場合は、信用情報から記録が消えている可能性があります。 CICやJICCという指定信用情報機関で信用情報を開示できるため、ブラックになって5年以上経っている方は一度信用情報を開示してみましょう。事故情報が消えていれば、アイフルで借入することは可能です。
専業主婦は借入できますか?
いいえ、アイフルは専業主婦の方は借入できません。 アイフルは消費者金融なので、総量規制という規制があり、年収の3分の1を超える貸付はできません。 専業主婦の方が借入する場合は、総量規制の対象外である、三菱東京UFJ銀行 バンクイックのような銀行カードローンで申し込みする必要があります。 バンクイックは、銀行カードローンて最も貸付率も高く人気のカードローンで、専業主婦の方でも借入することができるため、総量規制の対象外でお探しの方はバンクイックがおすすめです。
パート・アルバイトでも借入は可能ですか?
アイフルはパート・アルバイトをしているフリーターの方でも借入することは可能です。 20歳以上で安定した収入があれば問題ないため、今の職場に勤め出してすぐでなければ十分に申し込み資格はあります。

公式サイトはこちら

アイフルに関する記事

アイフルの審査に関する口コミ

合計:9件  総合評価: 4.6667
口コミ一覧ユーザー 橋下薫さん

5

2017/05/26

通過

審査に通過できてよかった

口コミ一覧ユーザー 誠さん

5

2017/05/26

アイフル

東証上ジョウ 企業で 信頼は あると思う

もっと見る

口コミを投稿する

お名前(ハンドルネーム)
評価(星の数を選択してください)
タイトル記入欄
本文記入欄
口コミを投稿する

絞り込み条件で探す

条件を選択してください

借入希望額
審査時間
融資時間
職業

公式サイトはこちら