目的別で探す

低金利で借入できる教育ローンと奨学金の賢い利用方法

子どもが高校・大学に進学する際に、入学金や、授業料など高額の出費が重なり、支払いができないというケースがあります。

当サイト「カードローンのABC」では、お金に困った時に、素早く借り入れできるカードローンを紹介していますが、利用目的が入学金や授業料など「子どもの就学にかかる費用」の場合は、金利が高いカードローンを利用しなくても、国や銀行が低金利でお金を貸付してくれる「教育ローン」を利用することができます。

また、学費を収入で賄えない方は、恐らくほとんど日本学生支援機構などが提供している奨学金に申込をされていると思いますが、奨学金は手続き上避ける事ができない欠点があります。

このページでは、奨学金の欠点と、教育ローンの活用方法について解説します。

奨学金のメリットとデメリット

奨学金は、一般的な教育ローンなどと比べてもかなり低金利で借入することができ、申込資格さえ満たしていればほとんど誰でも借入できるため、多くの学生が利用しています。

日本学生支援機構が行った学生生活調査(平成24年度)によると、全大学生のうち、約5割が奨学金を利用していて、大学院に進学される学生に関しては、6割以上が奨学金を利用しているという結果が出ています。

参考 : 公益財団法人生命保険文化センター

奨学金を利用する際には、一定の基準があり、お子様の学力(学校での成績)も加味されたうえで、申込できる奨学金が変ってきます。

奨学金には、無利息で申込ができる「第一種奨学金」と、上限金利を年利3%とする「第2種奨学金」の2種類あります。

どちらにも共通している申込基準は下記の通りです。

  • 高等学校・専修学校(高等課程)を卒業する予定の人
  • 高等学校・専修学校(高等課程)を卒業後2年以内の人で、大学・短期大学・専修学校に入学した事のない人
  • 大学入学資格試験に合格した人

上記の要件に加え、第一種奨学金(無利息)を利用するには、学力基準が下記の要件をクリアしている必要があります。

  • 高等学校又は専修学校高等課程の1年から申込時までの成績の平均値が3.5以上
  • 高等学校卒業認定試験もしくは大学入学資格検定に合格した人

要は、子どもが高校生活を通して平均の評定が3.5以上ある場合は第一種奨学金の対象となるということです。

それに加えて、家計の基準もあり、収入が世帯人数に応じて、所定金額以下の方という目安があります。

世帯人数 給与所得者 給与所得以外の方
3人 692万円 286万円
4人 781万円 349万円
5人 896万円 464万円

一方で、第二種奨学金を申込する要件には、明確な成績の基準は設けられておらず、

  • 学業成績が平均水準以上と認められる者
  • 特定の分野において優れた資質能力を有すると認められる者
  • 大学における学習に意欲があり、学業を確実に終了できる見込みがあると認められる者

など、大学受験に合格していて学習意欲があれば基本的に全ての学生が対象となります。

ただ、第二種奨学金にも家計基準があり、第一種と比較すると若干所得の制限は緩めに設定されていますが、下記以上の収入がある場合は利用できない可能性もあります。

世帯人数 給与所得者 給与所得以外の方
3人 1,033万円 601万円
4人 1,124万円 692万円
5人 1,274万円 842万円

以上が奨学金を利用する条件です。

日本学生支援機構の奨学金は、第一種奨学金と第二種奨学金を併用することができ、第一種奨学金は国公立と私立とで借入できる金額は異なったり、自宅通学か自宅通学以外でも異なりますが、30,000円〜64,000円の範囲で借入することができます。

第二種奨学金の場合は毎月5万円・8万円・10万円・12万円のいずれかで借入することができます。

第二種奨学金については、在学中に借入金額を増額することもできるし、逆に減額することもできるので、家計の状況によって必要な金額を借入することができます。

また、日本学生支援機構の奨学金は、在学中に申込ができたりもします。詳しくは日本学生支援機構のHPで紹介されていますので、そちらをご覧下さい。

上記で紹介しているように、進学でかかる学費は奨学金という便利な制度があるため、教育ローンなんて必要無いんじゃないかと思われる方もいらっしゃると思いますが、実は奨学金には大きな欠点があります。

それは、奨学金は、手続きをしてからお金が振り込まれるまでの期間が長く、入学時に入学金などを支払う際、まだ入金されていないということです。

私学の大学に通う場合、入学金や前期の授業料などで、入学前に100万円近く(学部や大学によってはもっと高額)のお金を支払う必要があります。

奨学金でも、入学金の借入をすることはできますが、日本学生支援機構から振込があるのは入学後数ヶ月経ってからです。

つまり、現在貯蓄が無い状態で、奨学金で大学に進学しようと思っても、入学金が払えないため、指定期間内にお金が用意できなかった場合せっかく大学の入学試験に合格しても大学に進学できないことになります。

この「入金までに時間がかかる」という点が、奨学金の一番のデメリットで、もう一つのデメリットは、「契約者は大学に進学する子ども」になるということです。

奨学金の返済は、子どもが大学を卒業してから始まるのですが、近年は大学を卒業しても就職できないという学生も増えています。

ですが、大学を卒業すると奨学金の返済は始まってしまい、返済が滞ると、延滞利息が取られるだけでなく、信用情報機関にも延滞情報を登録されてしまうため、子どもに返済負担が大きくのしかかる形になります。

もちろん、日本学生支援機構は返済が難しい場合は、手続きをすれば返済を一定期間猶予してくれるので、返済できなかったら即ブラックリストという訳ではありませんが、それでも我が子が数百万の借金を抱えて大学を卒業するということを心配される方も多いです。

この奨学金の、

  • 入金が遅い
  • 子どもが契約者となる

という2点のデメリットを解消してくれるのが、教育ローンです。

教育ローンのメリットとデメリット

教育ローンのメリット

教育ローンは主に都市銀行やJAバンク、地方銀行など、金融機関が取扱いしているローン商品です。

教育ローンが何故多くの方に利用されているかというと、上記で紹介した奨学金のデメリットを解消してくれる商品だからです。

まず、「入金が遅い」というデメリットが奨学金にはありましたが、銀行が提供している教育ローンの場合は、手続き後、審査に通過すれば数日で入金されるため、「入学金に充当できる」というメリットがあります。

教育ローンは、金融機関によって異なりますが、ほとんどの銀行は上限で300万円程度まで借入できるため、入学金の支払いが可能となります。

更に、教育ローンの使用用途は、奨学金に比べて柔軟で、領収書さえ提出できれば、「就学にかかる費用」であれば、大体は借入することができます。

大学の事例では無いですが、小学生の子どもの修学旅行の費用などの目的で教育ローンを利用することが可能ですので、用途はかなり幅広いと言えます。

もう一点、教育ローンは、申込対象者として、「20歳以上で安定した収入がある方」という条件の商品で、年収にも基準が設けられています。

つまり、学生本人が契約者となることはできず、契約者は親や親族で、安定した収入を得ている方しかできません。

なので、返済の負担は子どもにかかることはなく、親が毎月一定額を返済して行く形になります。

これは一長一短ではありますが、子どもに負担をかけたくないという方にとっては、奨学金で学校に通わせる必要が無くなるため、メリットとなります。

教育ローンのデメリット

教育ローンを奨学金と比べた場合のデメリットは、「金利が高い」ということです。

奨学金の場合は、第一種奨学金なら利息はありませんし、第二種でも上限が3%と定めれていますが、教育ローンの場合は、金融機関からの借入となるため、変動金利・固定金利どちらを選ぶかで金利は変ってきますが、変動金利を選んだ場合でも3%以上、固定金利の場合は4〜5%近くの金利になるケースが多いです。

教育ローンは借入が高額になるケースが多いため、金利が2%変ってくると、総返済額も変ってくるため、少しでも返済の負担を減らしたい場合は奨学金で借入している方が返済総額が少なくなります。

また、教育ローンは上限金額が決まっているため、限度額以上の金額を借入することができません。

奨学金の場合は、第二種も借りれば、最高で毎月12万円借入することができるため、学費が高い学校でも十分に奨学金で賄えますが、教育ローンの場合は、300万円が上限だとすれば、それ以上借り入れすることができないので、足りない分は奨学金を利用するなど、他の手段で支払いをする必要があります。

そのため、4年間の学費を全て教育ローンで賄うということは難しいと言えます。

まとめ

奨学金と教育ローンの特徴と、メリットデメリットについて解説しましたが、説明が長くなってしまったため、簡潔にまとめます。

教育ローンを利用するなら、「入学金など、入学前にかかる費用」のために利用し、入学後の学費については奨学金で借入する。

この方法が一番賢い利用方法だと言えます。

ただ、契約者の問題であったり、金利の問題もあるため、自身のお考えに一番あった方法で、うまく教育ローンを活用することで、支払いができないという事態を避けて子どもを安心して進学させてやることができるため、教育ローンは状況に応じてうまく利用するようにしましょう。


上に戻る