外国人でも永住権なしで借りれるカードローンと審査のコツ


日本に住んで、生活している外国人でもカードローンを利用できるということを知っていますか?最近は、日本の会社で働いている外国人の人が増えています。

日本で生活する外国人の人でも、日本人と同じようにお金に困ってしまうことがあります。そんな時、カードローンが力強い味方になってくれまず。

日本に住んでいる外国人といっても、永住権を持っている人、中長期滞在の在留資格をもっている人など、持っている資格は人によってさまざまです。

外国人がカードローンを借りたい場合は、永住権を持っているかなど、持っている証明書の種類によって、申し込めるカードローンの種類や審査の通りやすさなどが変わってきますので、その条件をしっかりと理解しておくことが大切です。

審査の難易度は、日本人に比べてどうしても高くなってしまう傾向がありますが、申し込み条件がそろっていれば、外国人でも問題なくカードローンを利用することができます。

このページでは、外国人がカードローンを借りるにはどうすれば良いか、詳しく見ていきます。

外国人はカードローンを借りることはできる?

外国人であっても、カードローンを借りることは可能です。

  • 永住権や特別永住権を持っている人・・・銀行カードローン、消費者金融のどちらにも申し込める
  • 中長期滞在の人・・・銀行カードローンには申し込めない。消費者金融のみ申し込みが可能

カードローンは、銀行カードローンと消費者金融の2通りがあります。

銀行カードローンは、消費者金融よりも金利が低く設定されている分、審査も厳しい傾向にあります。

消費者金融は、銀行カードローンよりも金利が高めに設定されていますが、審査が比較的緩く、借りやすいのが特徴です。

日本に住んでいる外国人は、永住権を持っている人、特別永住権を持っている人、そして中長期滞在者の3つに分けることができますが、銀行カードローンに申し込むためには、永住権や特別永住権を持っている人に限られます。

消費者金融であれば、永住権や特別永住権を持っている人、中長期滞在者すべてが申し込むことができます。

永住者

永住者とは、原則10年以上継続して日本に在留していて、素行が良好である、独立の生計を営める資産や技能がある、その人の永住が日本の利益に合うなど、政府に認められて永住権が発行された人のことをいいます。

在留期間の制限がなく、日本に永住できる権利を持っており、銀行カードローンと消費者金融のどちらも申し込むことができます。

特別永住者

特別永住者とは特別永住者証明書を持っている人のことを言い、在日朝鮮人、韓国人、台湾人とその子孫に発行されています。

特別永住者は、永住者と違い、働いたり、生活能力がなくても、犯罪歴があったとしても、日本に住み続ける権利が保障されています。また、特別永住者には永住者などと違い、証明書の携行義務がありません。

この特別永住者も、銀行カードローンと消費者金融のどちらにも申し込むことができます。

その他の中長期滞在者

日本における中長期滞在者は、銀行カードローンに申し込むことはできませんが、消費者金融のカードローンには申し込むことができます。

日本に滞在している外国人には証明書が発行されています。

在留カード

外国人の在留者に対し、交付されているカードです。

法律に適した在留失格を有し、在留期間が3か月を超える中長期滞在者に対して交付されています。これまでの外国人登録証明書に変わる証明書となっています。カードローンの申し込みの際に必要です。

永住者は、この在留カードに「永住」と記入されています。

特別永住者証明書

特別永住者に発行されている証明書のことを言います。

消費者金融は申し込み基準も緩くなっており、永住者や特別永住者はもちろんのこと、永住権を持っていない中長期滞在者も申し込むことができます。

銀行カードローンは審査だけではなく外国人に対する申し込み資格も厳しくなっており、永住者もしくは特別永住者しか申し込みすることができません。

しかし、永住権を持っている場合も、審査に通りやすく借りやすいのは消費者金融のため、消費者金融を利用する人が多くなっています。

永住権の有無にかかわらず、外国人に人気があるのは、消費者金融と言えるでしょう。

永住権がない外国人がお金を借りるには?

永住権がない外国人の場合、どのカードローンでも申し込めるというわけではありません。

銀行カードローンではなく消費者金融を選ぶ

永住権がない外国人の場合は、銀行カードローンを申し込むことが難しくなっています。たいていの銀行カードローンの申し込み基準が「永住許可、もしくは特別永住権がある人」と決められているからです。

しかし、消費者金融であれば、永住権がなくても申し込むことが可能で、在留カードや外国人登録証明書を持っていれば、消費者金融のカードローンを利用することができます。

消費者金融は、銀行カードローンよりも確かに金利が高く設定されていますが、お金を借りるときのポイントとしては、「借りやすさ」と「返しやすさ」も重要なポイントとなります。

消費者金融は、審査をスムーズに進めてくれますし、コンビニから簡単に返済できるなど、利用者にとっては使いやすいというメリットがあります。このような理由から、日本に住む外国人には消費者金融の方が広く利用されています。

審査基準を満たす

外国人でも問題なくカードローンの利用はできますが、審査基準を満たすことが必要です。日本人と同じように、お金を借りるためには審査を通過しなければなりません。

審査に通過するための条件は、以下のようになっています。

安定した収入があること

日本で継続して仕事をしていて、毎月安定して収入があることが重要です。

最低でも、6か月以上同じところで働いているという実績があると良いでしょう。

日本人でも同じことが言えますが、勤続年数がカードローンの審査では重要視されます。日本人の場合でも、年収が1,000万円あっても、転職したばかりだと、審査に落ちてしまうこともあります。

収入の金額も大切ですが、一定の期間、安定して同じところで働いている方が、審査の上では有利に働きます。

また、自分の住所を持っていて、同じアパートやマンションに長く住んでいるかということもポイントになります。同じ場所に長く住んでいるということは、毎月しっかりと家賃を支払っているということの証明にもなり、審査の上ではプラスとなります。

在籍確認ができること

カードローンに申し込んだ後は、日本人の場合と同じように、勤務先への在籍確認があります。申し込み時に入力した勤務先の電話番号に、担当者から電話があります。

日本人の場合はスムーズに進むことが多い在籍確認ですが、外国人が申し込んだ場合、職場の人がきちんと名前を憶えていない場合があります。

在籍確認がうまくいかないと、審査に落ちてしまうことになります。申し込んだ後に、職場の人に一言「自分に電話がかかってくると思うので繋いでください」と伝えておきましょう。

また、自分がいない時に電話がかかってくると、うまく確認がとれない場合もありますので、電話をかけてもらう時間帯を担当者と相談しておくのも良いでしょう。

残りの在留期間が、最低1年以上ある

日本に長く住んでいる方がカードローンの審査には有利に働きますが、それだけではなく、今後どれくらい日本に滞在する予定かということも重要なポイントとなります。

お金を貸した場合、きちんと返してもらわなければなりませんから、もうすぐ外国に帰ってしまうという人には融資をすることができません。完済されないまま帰国されてしまうと、融資金の回収が難しくなります。

このようなことから、カードローンの審査には、残りの在留期間が1年以上ある方が望ましいです。在留カードの更新期間が迫っているようであれば、在留期間がもうすぐ切れてしまうと勘違いされないよう、切り替えた後の物を提出するようにしましょう。

収入証明書を提出できる

借入希望金額によっては、「きちんとお金を稼いでおり、安定した収入がある」ということを証明するために、収入証明書類を提出する必要があります。

日本人の場合は、借入額50万円以上の場合などに提出を求められることが多いのですが、外国人という理由だけで収入証明書類を提出しなければならない場合もあります。

収入証明書類は、「1~3か月分の給与明細」か「源泉徴収票」を用意しましょう。

外国人のカードローン審査で必要なもの

外国人がカードローンを申し込む際には、身分証明書が必要となります。

パスポートなどの身分証明書のコピー

スクリーンショット 2017-09-19 16.24.02

身分証明書は、申し込んだ人が本人であることを確認するために提出します。一般的なものは、パスポートとなります。また、健康保険証や運転免許証も有効です。

身分証明書を複数提示すると、審査ではより有利になりますので、上記のものに加えて銀行の通帳や住基カードなど、あれば一緒に提示するようにしましょう。

パスポートのコピーを提出する場合は、顔写真があるページと所持人記入欄のページの両方を提出しましょう。

在留カードもしくは外国人登録証明書

 2017-09-19 16.23.01_1

合法に滞在していることや永住の確認、また、中長期滞在者であれば残りの在留期間を確認するために必要となります。両面のコピーを提出しましょう。

カードローンは、通常1年から2年程度で契約をして返済を行うことが多いため、その契約期間内に在留期間が終わってしまうような場合は審査に通過することは難しいと言えます。

在留カードの有効期限が迫っているときは、まず更新を済ませて、残りの在留期間が長い状態で申し込む方が良いでしょう。

また、就労制限の有無の欄が「就労不可」になっている場合は、働いて返済することが合法でないということになりますから、カードローンに申し込むことができません。

特別永住者証明書

eiju

特別永住者は、特別永住者証明書と本人確認を一緒に提出します。表と裏の両方をコピーしましょう。また、有効期限がぎりぎりになっていないかも、きちんと確認することが大切です。 

Q&A

外国人の主婦は借りれる?

外国人の主婦であっても、必要書類さえそろっていれば、基本的には日本人と同じ条件でお金を借りることができます。銀行カードローンと消費者金融で、申し込み条件が違いますので、どちらが自分に合っているのかをよく考えて申し込みをするようにしましょう。

銀行カードローンの場合

銀行カードローンの場合は、外国人は、永住を確認できる書類が必要です。

それがある場合は、審査は多少厳しいかもしれませんが、日本人と同じような条件で借りることができます。

主婦でも、パートやアルバイトなどをしていて安定した収入があれば、申し込みをすることが可能です。

また、専業主婦の場合でも、配偶者貸付(主婦の収入がゼロでも、夫の年収を基に審査をしてもらうことができる)で申し込みができる銀行カードローンがあります。

専業主婦でも借りられるカードローンであれば、永住権を証明できれば、外国人の主婦でも日本人の主婦と同様に、申し込みをすることができます。

外国人が利用しやすい銀行カードローン

  • 三菱東京UFJ銀行 バンクイック
  • みずほ銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン
  • 新生銀行カードローン レイク
  • イオン銀行カードローン BIG
  • じぶん銀行カードローン
  • セブン銀行カードローン
  • 住信SBIネット銀行 MR.カードローン

消費者金融の場合

外国人が消費者金融で融資を受けたい場合、在留カードが必要となります。

パートやアルバイトをしている主婦であれば、在留カードがあれば申し込みをすることができます。

収入がまったくない専業主婦は、総量規制のため、日本人や外国人にかかわらず、消費者金融ではお金を借りることができません。

外国人が利用しやすい消費者金融

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • モビット

短期滞在ビザの場合は借りれる?

旅行や観光などの目的で日本に滞在している人は、短期滞在ビザを持っていますが、短期滞在の人は、日本のカードローンに申し込むことはできません。

お金を借りたら返さなければなりませんが、返済が終わる前に帰国してしまうと、会社としては融資したお金を回収することができないためです。

よって、カードローンに申し込める人は、中・長期滞在の人や、永住権・特別永住権を持っている人となっています。最低でも3か月以上、できれば1年以上の滞在期間が残っている方が良いでしょう。

在籍確認なしで借りれる?

銀行カードローンでも、消費者金融でも、在籍確認は行われます。貸したお金をきちんと返してもらうためには、契約者が働いていることが何よりも大切です。申し込みの際に記入した職場で、本当に働いているかということは、ローン会社にとってはとても重要なため、在籍確認は必ずといっていいほど行われます。

また、外国人の場合、日本人よりも審査が厳しくなる傾向にあります。日本人の場合は、在籍確認の代わりに給与明細などを提出すればよいところもありますが、外国人が申し込む場合は、在籍確認は必ず行われると思っておいた方が良いでしょう。

どうしても在籍確認を行ってほしくない場合は、他の方法で代用できないか、申し込み確認の電話の時に相談することをおすすめします。

日本語が喋れなくても借りれる?

日本で長期滞在し、きちんとした職についていたとしても、日本語の読み書きができて、ある程度の会話ができなければ、カードローンに申し込むことはできません。

カードローンの契約は、基本的に日本語でしか申し込めないようになっています。申し込んだ後に確認の電話がかかってきますが、この時に通訳を介して会話することも認められていません。

まず、契約内容を読んで、内容を理解することが必要ですし、契約や融資の書類の手続きなどもすべて日本語で行われますので、契約書の基本的な事項が理解でき、会話で意思疎通できるほどの最低限の日本語能力が必要となっています。

運転免許証があると審査に有利?

運転免許証を持っている場合は、パスポートよりも信用度が高く、あれば審査がより有利になります。日本国内で取得した場合は、パスポートと同時に免許証も提出しましょう。

また、携帯の契約がある場合も、返済能力があると認められ、審査が有利になります。

審査に通るコツは?

カードローンの審査では、返済計画をきちんと説明することができると、良い印象を与えることができます。

まず、カードローンを申し込むと、本人確認の電話がかかってくるのですが、その時に、あとどれくらい日本に滞在する予定なのか、どれくらいの金額を借りたいのか、それをどのように返していくのか(毎月5,000円など)をきちんと説明できることが大切です。

たとえば、「後2年日本に滞在する予定なので、毎月1万円ずつ、1年半の間に返済しようと思っています」などと伝えます。本人に返済する意思がしっかりとあり、計画的にお金を返してくれそうだと会社が判断した場合は、お金を貸してもらいやすくなります。

きちんと返済する意思があるということを、担当者の人にわかってもらうようにしましょう。

外国人にオススメのカードローン

アイフル

アイフルの特徴

金利は年4.5%~18.0%、融資最高額は500万円で、50万円までは原則収入証明が不要。

アイフルのメリット

  1.  独立系の会社なので、審査基準が他社より緩め
  2. 返済サイクルが35日
  3. 1秒診断で、借入可能かどうかがわかる
  4. 最短で即日融資ができる
  5. 初めて利用するなら、契約時から30日間利息が無料

アイフルは銀行傘下の消費者金融ではなく、独立系の会社のため、他の消費者金融よりも審査に通りやすいと言われています。もちろん、WEBでの申し込みも可能です。1000円から手軽にキャッシングすることができ、利用者にあった使い方ができます。

また、返済のサイクルが35日間となっているため、返済日から返済日までの日数が長く、ゆとりをもって返済できることがメリットです。

ホームページには「1秒診断」というものがありますので、年齢や雇用形態、年収、他社借入額を入力して、融資可能かどうか簡単にチェックすることもできます。

アコム

アコムの特徴

金利は年3.0%~18.0%、融資最高額は800万円で、50万円まで原則収入証明書が不要。

アコムのメリット

  1. WEBで簡単に申し込める
  2. ホームページの3秒診断で、借入可能かどうかがすぐわかる
  3. 初めて利用するなら、契約時から30日間利息が無料
  4. 最短で、即日融資ができる

アコムは、利用数や貸付残高が業界1位のカードローンで、多くの人に利用され、高い評価を受けている消費者金融です。また、三菱UFJフィナンシャルグループとも提携をしており、安心して借りることができます。

自分の好きな時間にWEBから申し込みできたり、最初の30日間利息が無料になるなど、利用者にとって使いやすく、お得になっています。まずは3秒診断で、借入可能かどうかをチェックしてみましょう。

プロミス

プロミスの特徴

金利は年4.5%~17.8%、融資最高額は500万円で、50万円まで原則収入証明書が不要。

プロミスのメリット

  1. 瞬フリというシステムで、24時間365日、最短10秒での振込融資が可能
  2. 最短で、1時間で融資が可能
  3. 申し込みWEB完結で、カードレスも選択できるため、回りにバレにくい
  4. 初めて利用するなら、契約時から30日間利息が無料

プロミスは、三井住友フィナンシャルグループと提携しており、ゆうちょ銀行のATMを利用できるため便利です。

また、三井住友銀行のATMを手数料無料で使うこともできるので、利便性が高く、お金を借りるときや返済するときに、利用者が使いやすいのが特徴です。WEBで簡単に申し込みができますし、カードを発行せずにお金を借りることも可能なため、プライバシ―を重視する人にもおすすめできます。

モビット

モビットの特徴

金利は年3.0%~18.0%、融資限度額800万円、50万円までは原則収入証明が不要。

モビットのメリット

  1. 社会保険証もしくは組合保険証を持っていて、三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行に口座を持っている場合は、申し込みから借り入れまでWEB完結できる
  2. カードレス契約を選択でき、スマホを使って入出金が可能
  3. 提携ATMが多く、利用しやすい

モビットは、社会保険証や組合保険証があり、上記2つの銀行の口座をもっていれば、それを在籍確認のかわりにすることができ、職場に電話連絡がありません。

申し込みを知られたくない場合にはおすすめできます。また、スマホのアプリを使ってカードなしで簡単に入出金ができるなど、便利で利用しやすくなっているのが特徴となっています。