専業主婦がカードローンを申込する前に知っておきたい基礎知識


専業主婦の方やパートをしている主婦の方がカードローンを利用しようと思った時、正社員として働いている男性と同じように審査申し込みをしても審査に落ちてしまう可能性が非常に高いです。

特に専業主婦の方は、改正貸金業法が施行された際に定められた、総量規制という規制によって、消費者金融からはお金を借りることができなくなりました。

このページでは、専業主婦の方や、主婦の方がカードローンで借り入れできるようにするために必要な知識について、全て紹介しています。

間違ったカードローンを選んでも絶対に審査は通らないので、是非このページを参考にしてください。

専業主婦が利用できるカードローンは?

まずは専業主婦がカードローンを利用する場合、どこで借りれるのか図に表してみました。自分がどこに該当するか試してみましょう。

専業主婦が利用できるカードローンは?

それでは、銀行カードローンや消費者金融の配偶者貸付などについて、詳しく解説していきます。

専業主婦の方がカードローンを利用する際に気をつけること

消費者金融と銀行カードローンの違い

主婦の方、特に専業主婦の方がカードローンの審査申し込みをする際、消費者金融と銀行のカードローンの違いについて理解しておく必要があります。

消費者金融と銀行の違いについては、詳しくは「銀行カードローンと消費者金融の違い」というページで解説しているのでそちらをご覧ください。

簡単に説明すると、貸付を行う際の基準となる法律が異なります。

消費者金融は「貸金業法」に基づいて貸付を行い、銀行は「銀行法」に基づき貸付を行なっています。

貸金業法には、「総量規制」という、貸付の規制があり、債務者の年収の3分の1を超える貸付を行うことができません。

そのため、専業主婦の方は、所得が0なので、消費者金融から借り入れすることはできません。

パートやアルバイトをしている主婦の方は、勤続年数がそれなりにあれば、年収の3分の1までなら消費者金融でも借り入れすることは可能です。

専業主婦の方が消費者金融で借り入れをしようとした場合、「配偶者貸付」という制度を使えば、総量規制の例外貸付として借り入れすることが可能です。

消費者金融の配偶者貸付

配偶者貸付とは、配偶者の同意書を提出することで、配偶者の年収も含めた合計所得の3分の1まで借り入れできるようになります。

もし配偶者に借り入れがすでにあって、上限まで借りてしまっている場合は、1円も借りることができません。

また、配偶者の同意書を提出しなければならないので、家族に内緒で借りることができないという点と、実態は、配偶者がカードローンの申し込みをする形と変わらないので、消費者金融側も、配偶者に申し込みしてもらってくださいというスタンスで、あまり配偶者貸付に対して積極的ではありません。

銀行カードローン

一方、銀行カードローンは、銀行法に基づいて貸付を行いますが、銀行法には総量規制という規制が無いため、年収の3分の1までしか借り入れできないなどの条件はありません。

そのため、総量規制の対象外のカードローンと言われています。

では、専業主婦の方は、銀行カードローンを利用すれば必ず借り入れできるのかというと、そうではありません。

銀行は、消費者金融と違って、貸付の明確な基準がないため、銀行の方針によって、専業主婦の方にも貸付を行う銀行もあれば、専業主婦の方には貸付しない銀行もあります。

ソニー銀行カードローンなどは、専業主婦にも貸付をしていますが、オリックス銀行カードローンや、新生銀行のレイクは専業主婦には貸付をしていないなど、銀行によって差があるので、専業主婦の方に貸付をしている銀行を選ぶようにしましょう。

審査に関する注意点

専業主婦の方がカードローンで審査する際には、いくつか気をつける点があります。

在籍確認の電話連絡

基本的に銀行カードローンで申し込みをすることになるのですが、銀行のカードローンは、原則勤務先の在籍確認があります。

専業主婦の方は働いていないので、在籍確認を行うことができません。

ですが、専業主婦でも借り入れできるカードローンは、在籍確認については配慮してくれるところが多く、配偶者の職場へ電話するという形で在籍確認を行うところは少ないです。

配偶者の職場や年収がわかるものを提出すれば問題ないケースが多いので、在籍確認についてはそこまで心配する必要はないでしょう。

「審査が甘い」「審査なし」などの謳い文句

専業主婦がカードローンを利用するのは普通のサラリーマンよりもハードルは高いです。そのため「審査が甘い」や「審査なし」といった謳い文句でお金を貸そうとしてくる業者がいます。しかし、そういった業者は大概悪質なヤミ金業者です。巧妙な手口でトイチ(10日で1割)などの法外な金利で貸し付けられたといった詐欺被害も多数出ています。最近ではソフトヤミ金といって、最初は親身になって話を聞き信用させたところで契約させて違法な利息を取り続ける悪質な業者も出てきています。夫に内緒でお金を借りたい専業主婦がヤミ金を利用し、返済に行き詰ると、風俗で働くように強要されるということもあります。

ヤミ金、ソフトヤミ金どちらにもも言えることですが、年利20%を超える金利は違法となるため、違法な金利を要求された場合は警察に相談しましょう。

ヤミ金はお金に困っている主婦や専業主婦をターゲットにすることが多いので、十分に注意しなければなりません。

家族にバレない方法

借り入れ時に一番気をつけなければならない点は、契約書類などの郵送物やローンカードなど、家族にバレてしまうリスクです。

お金を借りることを配偶者に知られたくない方は多いはずですし、うまく隠して返済していきたい方は多いと思います。

家族にバレる可能性があるものとしては、上記の通り「郵送物が見られる」「ローンカードが見つかる」の2点が最も多いです。

消費者金融は、カードローンの郵送などは、名前を変えたり、封筒をわかりにくくして送ってくれたり、契約機でローンカードを発行する形で、郵送物なしで借り入れできるようにしてくれたりと、家族にバレない配慮をしてくれますが、銀行は、カードローンによって契約書のやり取りや、ローンカードの受け取り方法などが全く違うため、家族にバレないように配慮してくれる銀行のカードローンを選ぶ必要があります。

ローンカードを契約機で発行できるカードローンを選ぶ

郵送物なしで借りれるカードローンで、オススメできるのは、大手の消費者金融と同じように、郵送物なしで借り入れできる銀行カードローンを選ぶことです。

その中の一つとして、まず「ローン契約機でカードを発行する」カードローンは、郵送物なしで借りることができるのでおすすめです。

銀行カードローンでローン契約機でカードを発行できるカードローンは、三井住友銀行カードローンが代表的です。

三井住友銀行のカードローンは、三井住友銀行のローン契約機でローンカードの発行が可能です。

審査完了後に三井住友銀行の支店にあるローン契約機に行って、契約手続きを終えると、その場でローンカードを発行することができます。

三井住友銀行のローン契約機は、プロミスのカードも発行できるようになっていて、プロミスの看板もあるため、入ることに抵抗がある方は、三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口を利用するか、次に解説する、「キャッシュカードにローン機能をセットできるカードローン」を選ぶと良いでしょう。

キャッシュカードにローン機能をセットできるカードローン

銀行のカードローンの中には、普通預金口座を作っている場合は、その口座のキャッシュカードにローン機能をセットすることで、カードローンとして利用できる銀行もあります。

キャッシュカードにローン機能をセットして利用すると、専用のローンカードが発行されないので、カードで借金がバレる心配はありませんし、コンビニなどの提携ATMで借り入れや返済をしている時なども、お金を引き出しているだけのように見えるので、周りの目を気にする必要がありません。

この、キャッシュカードにローン機能をセットできるカードローンは、一部の銀行のみで、代表的なカードローンは、三井住友銀行のカードローンです。

大手の銀行なので、口座を開設している人も多いと思いますが、三井住友銀行は口座があればローンカードの発行なしで借り入れすることができます。

銀行によっては、カードローンの契約に、必ず普通預金口座を開設する必要があるので、口座が無い方は、カードローンの申し込みと同時に普通預金口座も開設することになります。

この場合は、ローンカードは別で作られるため注意してください。

三井住友銀行カードローンは、ローン契約機でもカードを発行できるし、キャッシュカードがあればそのキャッシュカードにローン機能をセットすることもできるため、最もバレにくい銀行カードローンだと言えます。

専業主婦が利用できるのは少額融資の範囲内

銀行カードローンは利用限度額が数千万円のところもありますが、専業主婦が利用限度額まで借りれることはまずありません。本人に収入がないため、生活費の範囲内でしか返済能力がないと判断されます。それでは専業主婦が借り入れできる少額融資の範囲とはどれくらいのことを言うのでしょう。


カードローンの少額融資の範囲は一般的に30~50万円程度です。専業主婦でも返済できる毎月数千円程度の範囲内です。

参考に銀行カードローンで専業主婦が借りれる限度額をご紹介します。
銀行カードローン 借入限度額
三井住友銀行カードローン 設定なし
みずほ銀行カードローンMyWing 30万円
新生銀行カードローン レイク 設定なし(専業主婦借入✕)
楽天銀行カードローン 50万円
東京スター銀行カードローン 設定なし
イオン銀行カードローン 50万円
セブン銀行カードローン 50万円

 主な銀行系カードローンで専業主婦が借りられる金額を実際に紹介しましたが、最高50万円が限度となっています。

また、限度額が設定されていない銀行カードローンは、申込み時に希望額を入力し審査により限度額が決定されます。

しかし、この場合も生活費から返済することを前提に、30万円~50万円程度であると考えられます。

銀行カードローン申し込みのアドバイス

申し込みの必須条件をチェック

銀行カードローンを申し込む場合、必須の条件があります。まずは、この条件を満たしているか確認しておきましょう。

配偶者に月々安定収入がある

専業主婦は収入がないため、配偶者に安定した収入があることが条件となります。配偶者の給料が月1回あり、上下変動が少なければ基本的に大丈夫です。収入の種類としては、給与収入だけでなく、自営業者の事業収入、不動産収入なども安定収入として認められます。

専業主婦の場合、一般的な借入利用限度額いっぱいまで借りれるケースはほとんどなく、限度額50万円までと定めている金融機関もあるため把握しておきましょう。

本人確認書類の提出が必要

本人確認書類は一般的には以下の運転免許証や健康保険証のコピーのことを言います。身分が分かれば大丈夫です。通常50万円以上の借り入れで提出する収入証明書は、専業主婦の場合そもそも収入がないため提出不要です。

  • 運転免許証 
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

申し込み銀行に本人名義の口座がある

銀行カードローンのなかには、口座を持っていないと申し込みができない業者もあります。その場合、まず口座開設の手続きが必要となるため、即日で融資を受けることは不可能となります。急ぎの方は、口座開設不要の銀行カードローンを選びましょう。

専業主婦でも申込可能かを見分ける方法

上記が申込必須条件になりますが、専業主婦が借りれるかどうか明確に判断するためにはどうしたらいいのでしょうか。実は簡単に調べる方法はあります。

ホームページを確認する

基本的にホームーページを見れば専業主婦でも借りれるかどうかわかります。ホームーページ上に「専業主婦でも借入可能」いった表現が記載されていないかを確認しましょう。よくあるのが、「商品概要」「商品説明書」などのPDFが添付されていることが多く、そこの利用条件に詳しい対象などが記載されているケースが多いです。「専業主婦」や「配偶者に収入がある方」について記載があば大丈夫です。

電話でオペレーターに確認する

ホームページを見てもわからない場合は、直接電話でオペレーターに確認してみましょう。自分が専業主婦であることを伝えれば、融資の条件など丁寧に教えてくれます。

審査に通るコツ

借入希望額を低く設定する

上記で、専業主婦に融資できる金額は30~50万円程度と説明しましたが、それ以上で申し込みをしても、まず希望通りの金額になることはないでしょう。下手をすると審査に落とされる可能性もあるため、30~50万円程度もしくはそれ以下で自分が本当に必要な金額だけを欲張らずに記載することをおすすめします。増額申し込みも可能なので、まずは必要最低限の希望額で申し込みましょう。

他社借入件数を減らす

借金が複数あると、審査に落ちる可能性もそれだけ増えてしまいます。すでに他社からの借入がある方はなるべき件数を減らしてから申し込みましょう。

短期間で複数申し込みをしない

カードローンの申し込み履歴は個人信用情報機関というところでデータ蓄積されます。したがって、短期間で同時に複数の申し込みをすると、銀行にはバレますし、返済能力がないと判断され審査に落とされる可能性があるため、気をつけましょう。信用情報の履歴は6ヶ

残るので、すでに複数の銀行カードローンで審査落ちしている方は、半年待ってから申し込みましょう。

虚偽の申請をしない

これは当然のことですが、申し込みで嘘をついたことがバレると審査には落とされます。仮に入力誤りであったとしても銀行側からすれば同じことになるので、きちんと入力誤りがないか確認したうえで申し込みをしましょう。万が一、審査に通ってから嘘がバレた場合は、一括で全額返済となります。

カードローンの審査の流れ

ここまでカードローンを利用する際に気をつけることや申し込み時のポイントを解説してきましたが、カードローンの一般的な審査の流れを紹介します。

申し込み

インターネットの他にFAXや電話で申し込みができますが、24時間いつでも利用できるインターネットで申し込む方が多いです。銀行カードローンの申し込みは、口座開設が必要な業者の場合、「口座をお持ちの方」「口座をお持ちでない方」などと入り口で分けられているケースがあります。

簡単な内容を入力したら仮審査が行われ、結果が電話またはメールで連絡があります。

審査

審査完了後、借入限度額や金利が決定され、再度連絡があります。審査に通れば本人確認書類を提出します。契約手続きは、Web・来店・郵送などの方法があります。

借り入れ

借り入れ方法としては、いくつか選択肢があります。急ぎの場合は指定した口座へ振り込んでもらいましょう。ローンカードを受け取る場合は、自宅に郵送で送ってもらうか、自動契約機があればその場で発行することが可能です。

即日融資で借りる方法は?

金融機関の中には申し込んだその日中に審査を完了し、即日で融資まで行ってくれるカードローンがあります。ただし、即日融資の条件や審査スピードは金融機関によって異なります。即日融資で借りるうえでの気をつけるポイントを紹介します。

口座を持っているか

専業主婦でも借入可能な銀行カードローンは、融資の条件として「契約者名義の銀行口座を持っていること」と定めている業者もあります。申し込む銀行の普通預金口座を持っていればいいですが、持っていない場合は即日融資を受けることはできません。

申込み時間は午前中に

申し込む銀行の口座を持っている方は、次に注意しないといけないのが申し込む時間帯です。銀行の営業時間は15時までです。つまり、その日中にお金を振り込んでもらうなら、遅くても14時までには契約手続きを完了させておかなければいけません。

ただし、銀行が混雑して審査が遅れるケースもあるため、余裕を持って午前中に申し込むことをおすすめします。

即日融資ができる銀行カードローンはどこ?

銀行カードローン 即日融資 条件 夜間・土日祝日
三井住友銀行カードローン
みずほ銀行カードローンMyWing
新生銀行カードローン レイク 口座開設不要
楽天銀行カードローン 口座開設不要 平日14時まで 口座を持っていれば土日でも可
東京スター銀行カードローン 口座を持っている方のみ 平日9時半まで
イオン銀行カードローン 口座を持っている方のみ 平日14時まで
セブン銀行カードローン 口座を持っている方のみ 平日20時半まで 口座を持っていれば土日でも可
ソニー銀行カードローン 口座を持っている方のみ 平日14時まで 口座を持っていれば土日でも可

銀行カードローンで即日融資を受ける場合のポイントとして、まず口座開設が必要かどうかをチェックする必要があります。新生銀行カードローンレイクと楽天銀行カードローンなら口座開設不要でも即日融資を受けることが可能です。

即日融資を受ける場合は基本的に平日14時半までに申し込みしなければいけない銀行が多いです。東京スター銀行カードローンの場合は、朝9時半までとかなり早い時間になっています。一部の銀行は土日祝日でも融資が可能です。

平日、土日どちらにも言えることですが、混雑して審査結果の回答が遅くなる可能性もあるため、できるだけ午前中の早い時間に申し込みすることをおすすめします。

専業主婦はカードローン限度額の増額を申請できる?

専業主婦の借入限度額は、上記で紹介したように一般的に30万円~50万円です。しかし、希望限度額を30万円で申し込んだのに、10万円の契約になったというケースもあります。そういった場合、この限度額では足りず、増額できないのかと疑問を持たれる方もいるでしょう。

追加融資が可能というと、結論としては不可能ではありません。しかし、条件が厳しくハードルも高いです。

現状の限度額が10万円や20万円などの方は、増額できるかは審査次第となります。また、すでに30万円~50万円と借入枠が上限の方は、増額申請はまず難しいでしょう。

専業主婦は無収入なので、基本的に限度額の上限が変動する可能性はありません。つまり、最初の審査で判断された上限額が変わるということは本来ありません。

専業主婦でも増額可能と謳っている銀行カードローンもありますが、上記の理由から増額することはかなり難しいでしょう。

専業主婦はおまとめローンを借りれる?

「おまとめローン」とは、複数の業者からの借金を、借り換えによって一本化する方法です。

メリットとしては、借り入れ先がひとつにまとまることで毎月の返済が楽になるという点と金利が安くなる場合が多いという点が挙げられます。

専業主婦がおまとめローンを利用するのは不可能ではありませんが、利用できたとしても限度額は低くおまとめローンとしての利用価値はほぼ無いに等しいものばかりです。

通常おまとめローンは数百万単位の貸し付けになりますが、専業主婦の場合、借りられる最大限度額が30万円または50万円と制限されます。そのため、おまとめローンを利用したとしてもこれ以上の限度額を超えることはできないため、ほぼ意味がありません。

もちろん、パートやアルバイトなど安定した収入がある主婦の場合は、当然この限りではないため、おまとめローンを利用することが可能です。

専業主婦でも借りれる銀行カードローン一覧まとめ

銀行カードローン 口座開設 実質年率 借入限度額 即日融資
三井住友銀行カードローン 不要 4.0%~14.5% 設定なし
みずほ銀行カードローン 必要 2.0%〜14.0% 30万円
新生銀行カードローン レイク 不要 4.5%~18.0% 設定なし 可能
楽天銀行カードローン 不要 14.5% 50万円 可能
東京スター銀行カードローン 必要 1.8%~14.6% 設定なし
イオン銀行カードローン 必要 3.8%~13.8% 50万円 可能
セブン銀行カードローン 必要 15.0% 50万円 可能
ソニー銀行カードローン 必要 2.5%~13.8% 50万円 可能

口座開設が必要な銀行カードローンは手続きに時間を要するため、即日融資には対応していません。急ぎの方は口座開設不要で金利や借入限度額などのスペックを比較して自分に合った銀行カードローンを選びましょう。

主婦(パート・アルバイト)の方は消費者金融も利用可能

上記では専業主婦の方がカードローンを利用する際の注意点や申し込み時のアドバイスなどについて解説しましたが、パート・アルバイトをしていて、安定した収入がある方は、消費者金融でも借り入れすることができます。

収入がある方は、銀行よりも消費者金融の方が審査基準が安定しているし、小額の借り入れなら利息負担もほとんど変わらないので、大手のいわゆる銀行系の消費者金融はおすすめできます。

銀行系消費者金融は、金利は高いですが、銀行に比べて審査通過率が高く総量規制の範囲内で、過去に返済事故等がなければ、借り入れできる可能性は十分にあるので、審査に不安な方は銀行系消費者金融を選ぶといいでしょう。

主婦におすすめのカードローン

プロミスレディース

プロミスレディースは、主婦の方に最もおすすめのカードローンです。

パート・アルバイトで安定した収入がある方であれば、総量規制の範囲内で借り入れは可能ですし、プロミスレディースは、女性専用のカードローンで、オペレーターなど、対応は全て女性が行なってくれるため、安心して利用することができます。

金利やサービス内容は、プロミスと同じなので、即日融資にも対応していたり、三井住友銀行のローン契約機でカード発行ができるなど、家族にバレない配慮もしてくれるため、主婦の方でも使いやすいカードローンです。

アイフル

アイフルも女性の方でも利用がしやすいように配慮をしてくれているカードローンです。

スラリという女性専用のカードローンが利用可能で、プロミスレディースと同じように、電話対応などを全て女性が行なってくれるため、安心して借り入れできます。

ローンカードの発行に関しては、無人契約機で発行できるほか、郵送の場合でも、「配達時間えらべーる」というサービスを利用することで、指定の時間に配達することができるので、郵送物を家族にバレないように自分で受け取ることができます。

SMBCモビット

SMBCモビットは、プロミスレディースやアイフルのように、女性専用のカードローンはありませんが、家族にバレないように最大限配慮をしてくれるカードローンです。

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座があれば、「WEB完結申し込み」を利用することができます。

WEB完結申し込みなら、職場への電話連絡もないので、家族や職場にバレる心配なく借り入れができます。

また、ローンカードも発行されないため、カードが家族に見られてカードローンの利用がバレるという心配もない、家族に一番バレにくいカードローンと言えます。

専業主婦の方におすすめのカードローン

新生銀行レイク

新生銀行カードローン レイクも、専業主婦の方にオススメのカードローンです。

レイクは、専業主婦の方が利用しやすい、女性専用のカードローン「レディースレイク」というサービスがあり、女性でも利用がしやすいように配慮してくれているカードローンです。

銀行のカードローンなので総量規制対象外で借り入れできるだけでなく、電話の対応などを全て女性が行なってくれるサービスなので、安心して借り入れ申し込みをすることができます。

ソニー銀行

ソニー銀行カードローンも専業主婦の方でも借り入れすることが可能なカードローンです。

ソニー銀行の場合は、主婦の方でも借り入れはできますが、配偶者に安定した収入がある方という条件があります。

配偶者の方が安定した収入がある場合は借り入れすることが可能です。

ソニー銀行カードローンは、銀行カードローンの中でも金利が最低水準で、上限金利でも13.8%と、14%以下の金利で借り入れすることができます。

また、月々の最低返済金額も2,000円からと、毎月の返済負担も少ないので、支払いの負担を少なくしたいという方にもおすすめできるカードローンです。

まとめ

専業主婦やパート・アルバイトをしている主婦の方がカードローンを利用する際の注意点や、カードローンの選び方について紹介しました。

上記で紹介しているカードローン以外は、専業主婦の方には積極的には貸付していないカードローンもたくさんあるので、上記で紹介しているカードローンを選ぶと間違いないでしょう。

家族にバレずに借り入れする方法についても、各カードローンで方法は異なるため、一番自身の条件に合ったカードローンに申し込みするようにしましょう。

主婦・専業主婦のカードローン体験談

主婦・専業主婦におすすめの記事