目的別で探す

レディースローンは普通のカードローンと何が違うの?気になる疑問を解決

レディースローンとは、女性専用のカードローンの事で、今までカードローンを利用したことがなくて、初めてカードローンを利用する女性向けに作られたサービスです。

今はカードローンと呼ばれることが主流となっていますが、昔は「消費者金融」や、「キャッシング」など、あまりイメージの良い呼ばれ方をされてこなかった上、ナニワ金融道や、闇金ウシジマくんなど、お金を借りる上でイメージの良くない漫画や映画が多かったため、お金を借りることが不安だという方が、特に女性で多いという背景がありました。

しかし、近年クレジットカードの普及に伴い、女性の方でもついついショッピングをしすぎてクレジットカードの支払いができなくなったり、主婦の方で生活費が足りなくなってカードローンを利用するというケースがとても増えてきました。

そのため、大手の消費者金融では、イメージを払拭するために、女性専用のレディースローン商品を作り、女性でも申込しやすいようにしたのです。

では、一般的なカードローンとレディースローンを比較した時、どのような違いがあるのでしょうか。

レディースローンの特徴

レディースローンの特徴として、まず一つ目に挙げられるのが、「オペレーターなどの対応が全て女性

カードローンの審査申込をした場合、申込をしてすぐに、申込内容についての確認の電話があり、仮審査通過後にも電話があるケースがあります。 その際の電話対応が、全て女性のオペレーターが行ってくれることになっているため、女性の方でも安心して相談することができるようになっています。

実はほとんど違いが無い

上記で、レディースローンの特徴として「女性オペレーターが対応する」と紹介しましたが、実は、それ以外で一般的なカードローンとレディースローンの違いはほとんどありません。

しかも、普通のカードローンも多くの場合は女性オペレーターが対応しているため、レディースローンでなくても多くの場合は女性とやり取りをすることになります。

金利や無利息期間などのスペックを比較しても、普通のカードローンと、レディースローンは全く同じで、一切違いはありません。

代表的な例として、SMBCコンシューマーファイナンスプロミスと、プロミスの女性専用のキャッシングサービス、プロミスレディースキャッシングを比較してみます。

プロミスとプロミスレディースの比較

サービス内容の比較

プロミス プロミスレディース
金利 4.5%~17.8% 4.5%~17.8%
借入限度額 最大500万円 最大500万円
無利息期間 30日間 30日間
審査時間 最短1時間 最短1時間
即日融資

※無利息サービスを利用する場合はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※即日融資を利用するには平日14時までにWEB契約完了が必要です。

以上がプロミスとプロミスレディースの比較ですが、申込画面が少し違い、プロミスレディースの方が女性向けに作られているのと、無料の女性専用ダイヤル レディースコールがあるくらいで、サービス内容は全く同じであることがわかります。

このページでは、プロミスとプロミスレディースのみを比較していますが、大手の消費者金融の中には、他にもレディースキャッシングサービスを行っている消費者金融があります。

レディースローンが利用できる消費者金融

名称 サービス名
アコム -
プロミス プロミスレディースキャッシング
レイク レディースレイク
ノーローン -
モビット -
アイフル レディースアイフル

上記は、大手でレディースローンを扱っているカードローンの一覧ですが、プロミス、レイク、アイフルが現在女性専用のカードローンサービスを行っています。

ここではレイクやアイフルの比較は省きますが、プロミスと同じように、サービス内容自体は全て同じで、女性スタッフが対応してくれるという違いのみでした。

特に普通のカードローンと比べてデメリットになる部分はないので、女性の方でカードローンの申込お検討しているけど不安だという方は、レディースローンを利用すると良いでしょう。

女性がカードローンを利用する上で気をつける点

上記では、レディースローンについて紹介してきましたが、女性の方は、カードローンを利用する上で気をつけなければいけない点がいくつかありますので、以下で紹介します。

職業によって申し込めるカードローンが違う

レディースローンは、女性オペレーターが全て対応してくれるため安心ということを紹介しましたが、実は全ての女性がレディースローンを利用できる訳ではありません。

専業主婦など、所得がない女性は、総量規制という貸金業法で定められている規制によって、消費者金融からお金を借入できないため、プロミスレディースキャッシングなどの、消費者金融のレディースローンは利用でません。

消費者金融のカードローンは、パートやアルバイト、OLなど、所得がある女性に関しては、年収の3分の1まで借入することができますが、専業主婦の方は、消費者金融で借入することはできないため、総量規制対象外である、銀行のカードローンでしかお金を借入することができません。

パート・アルバイトをしている方でも、借入できるのは年収の3分の1までと決まっているため、ほとんど働いていなくて、年収が低い方は高額の借入をすることができません。

もしパート・アルバイトをしている、年収100万円以下の主婦の方で年収の3分の1以上の借入を希望している方は、銀行カードローンの方が、上限50万円まで借入できる可能性があるため、総量規制対象外の銀行のカードローンを利用した方が良いでしょう。

パート・アルバイトもしていない、専業主婦の方は、消費者金融のレディースローンを利用することはできないため、銀行カードローンしか借入することができません。

自身がどのカードローンなら借入できるかをきちんと確認してから申込するようにしましょう。

まとめ

女性は職業によって借入できるカードローンが違うということを紹介してきました。

以下に完結にまとめておきますので、申込前に参考にして下さい。

正社員・派遣社員など安定した収入がある女性

カードローン 借入可否
レディースローン
消費者金融
銀行カードローン

パート・アルバイトをして小額の収入がある女性

カードローン 借入可否
レディースローン △(年収の3分の1まで)
消費者金融 △(年収の3分の1まで)
銀行カードローン

専業主婦で収入が無い場合

カードローン 借入可否
レディースローン ×(借入不可)
消費者金融 ×(借入不可)
銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

 [必須] 条件を選択してください。

借入希望額

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 審査時間

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 融資時間

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 職業

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
 絞り込み条件(※未選択でもOK)
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

上に戻る