目的別で探す

審査に通らない人はカードローンの審査通過率をチェック

カードローンを利用する際に、最も気になる点が、審査に通過するかどうかです。

カードローンは、銀行や大手の消費者金融それぞれでサービスが異なっていて、金利が低く借り入れできるものや、無利息期間が長いものもありますが、借入できなければ意味がありません。

当サイトにも、「借入しやすいカードローン」や「審査に通りやすいカードローン」といった検索で訪問してくれるユーザーがたくさんいますが、残念ながら、

「審査が甘くて通りやすい」カードローンなどありません。

そのような宣伝をしている業者のほとんどは、ヤミ金など正規の金融業者ではなく、違法業者であることがほとんどなので、審査申込をしてしまうと、借入できるどころか逆に保証料と言って高額の金銭を取られたり、借入はできても、違法な金利で返済をしなければいけず、返済できなくなると、親族や職場に嫌がらせの電話をされるなど、ろくなことがありませんので、必ず正規の業者を利用するようにしましょう。

正規の貸金業者は、審査に一定の基準を持っていて、その中の一つが、信用情報の照会によるスコアリングです。

現在、正規の貸金業者は、貸金業協会に加盟していて、貸金業法に基づいて融資を行っています。

そして、審査の際には、必ず個人信用情報を照会して、申込者の現在の債務の残高や、返済状況、滞納の有無、自己破産や債務整理などの記録をチェックします。

貸金業法では、総量規制という、年収の3分の1までしか借入できないという規制もできたため、総量規制の上限まで借入していないかなどもここで確認されます。

そして、信用情報を照会した後、貸付に問題が無いと判断されれば、融資を受けることができます。

審査の通過率は業者によって違う

信用情報を照会して、破産情報の記録や、債務の残高や返済状況も問題無ければ、どこから借りても同じかというと、実はそうではありません。

カードローンは、業者によって審査通過率が異なります。

同じ人でも、あるカードローンの審査には落ちたのに、別のカードローンの審査には通過したという事例があります。

これは、貸金業者によって、貸付の審査の基準が異なるためで、貸金業者によって審査通過率は大きく違います。

審査通過率が高いカードローンを選んだ方が、必然的に融資を受けることができる可能性が高くなるため、ここでは、大手の消費者金融が公表している、審査の通過率を比較した結果をを紹介します。

大手消費者金融のカードローンの審査通過率を比較

下記の資料は、大手の消費者金融が公開しているカードローンの審査通過率のデータです。カードローンを探す際は、こちらのデータの審査通過率を見る事で、どこのカードローンが審査通過率が高いかを把握することができます。

大手消費者金融5社の審査通過率

アコムの審査通過率 約48%

アコムの審査通過率

プロミスの審査通過率 約40%

プロミスの審査通過率

アイフルの審査通過率 約45%

アイフルの審査通過率

ノーローンの審査通過率 約22%

ノーローンの審査通過率

モビットの審査通過率

データ無し

上記で大手消費者金融5社のデータブックから審査の通過率を抜粋しましたが、審査の通過率に大きな差が見られました。

最も審査の通過率が高いのはアコムで、平均で約47~48%の審査通過率でした。申し込みをした方の約半数が審査に通過している計算になるので、これは非常に高い数値と言えます。

銀行のカードローンは、一般的に審査の通過率が15~20%と言われているため、いかに通過率が高いかがわかると思います。

アコムに次いで審査の通過率が高い消費者金融はアイフルでした。アコムの次に審査通過率が高いのはプロミスだと思っていたのですが、アイフルの平均の審査通過率が約45%~46%、プロミスの審査の通過率の平均が約40%程度と、5%近くの開きがありました。

アイフルは貸金業法改正後も銀行の傘下には入らず、唯一単独で経営を続けてきた消費者金融ですが、一時期は債務超過に陥って経営が危ないという噂がありましたが、現在は、業績が急回復していて、それに伴って融資も積極的に行っているということがデータからわかりました。

モビットは、ホームページからデータを見つけることができず、審査の通過率を把握する事ができませんでしたが、ノーローンは他3社に比べて審査の通過率はとても低く、平均で約22%程度でした。

これは銀行のカードローン並みに審査が厳しいという計算になるため、カードローンを利用したいという方はノーローンは避けてカードローンを選んだ方が良さそうです。

大手消費者金融の審査通過率一覧

消費者金融 審査通過率 オススメ度
アコム 約48%
アイフル 約45%
プロミス 約40%
ノーローン 約22%
モビット データなし

カードローンの審査基準を知ることで審査通過率をアップできる

上記では、大手消費者金融のカードローンの審査通過率を紹介しましたが、審査通過率だけで判断するのではなく、各カードローンの審査の基準を把握しておくことで、より審査に通過する確率を上げることができます。

審査の基準とは?

審査の基準って何?と思うかもしれませんが、消費者金融は、基本的には貸金業法に基づいて審査を行うのですが、それ以外にも、各業者ごとに審査の基準は全く違っています。

具体的に分けると、下記の二つに分類されます。

  • 新規貸付に強い
  • 借り換え・おまとめに強い

新規貸付に強い

新規貸付に強いというのは、そのままの意味ですが、今までカードローンを利用したことがない、初めて利用する層のことを指します。

カードローンを利用したことないなら、クリーンだし絶対に審査の通るものじゃないの?と思うかもしれませんが、実はすべてのカードローンが当てはまる訳ではありません。

カードローンを利用したことが無い人というのは、20代など、若い年代の人が多く、所得が多く無い人の申し込みが多いです。

実は、カードローンによっては、このような、若くて、所得が高く無い人からの申し込みに対しては消極的で、審査に通らない傾向があります。

なので、上記の条件に当てはまる、20代の若い世代の人は、新規貸付に強いカードローンを選ぶことで、審査に通過する確率を上げることができます。

新規貸付に強いカードローンは?

消費者金融で新規貸付に強いカードローンは、アコムです。

アコムは、消費者金融最大手のカードローンで、貸付残高も業界トップです。

CMや看板も全国で数多く見かけ、知名度も抜群なので、初めてカードローンを利用するという人は、アコムを選ぶ人が圧倒的に多いです。

そのため、アコムの新規貸付の審査を数多くこなしていて、どういう方ならきちんと返済してくれるか、逆にどういう方なら返済が滞る傾向にあるかなど、新規の若年層への貸付ノウハウを膨大に持っています。

そのため、アコムは若年層への新規貸付に強く、初めてカードローンを利用する方におすすめできるカードローンです。

銀行カードローンでも同じ傾向がある

アコムは消費者金融ですが、銀行カードローンの保証事業での実績も豊富です。

例えば、三菱東京UFJ銀行のカードローンは、保証会社としてアコムを利用していて、カードローンの審査はアコムが行う形となっています。

他にも、ソニー銀行カードローンもアコムを保証会社として利用しています。

審査基準はやはりアコムと同じで、この二つの銀行カードローンは、20代への新規貸付に非常に強いです。

銀行カードローンは、審査に通りにくいと勘違いされている方が多いですが、実際はそうではなく、保証会社を見て判断することで、十分に借り入れできる可能性があります。

借り換え・おまとめに強い

新規貸付に強いカードローンとは対照的に、新規の貸付には消極的ですが、すでに他社で借り入れがある人の、借り換えや、おまとめの審査に強いカードローンもあります。

おまとめとして利用するということは、すでに複数社から借り入れがある状態で審査申し込みをするので、新規で借り入れするよりも審査は厳しいんじゃないの?と思うかもしれませんが、実はそうでもありません。

おまとめローンを利用する方は、すでにそれだけ借り入れしているということで、他のカードローンの審査に通過したという実績があります。

そのため、20代前半などの初めてカードローンを利用する層よりも、所得が高い人が多く、滞納などの事故がなければ、きちんと返済を行なっているという信頼もあります。

そういった方への貸付を積極的に行っているカードローンはいくつかあって、すでに借り入れがある方は、上述したアコムで審査申し込みをするよりも、審査に通過する可能性が高くなります。

こう言った借り換えやおまとめに強いカードローンは、アコムのような最大手ではなく、いわゆる準大手のカードローンです。

借り換え・おまとめの審査に強いカードローンは?

他社の借り換えに強いと言われている消費者金融のカードローンはアイフルです。

アイフルは、おまとめローン、借り換えローンに力を入れていて、消費者金融の中では唯一「借り換えMAX」「おまとめMAX」という、借り換え・おまとめ専用ローン商品を作っていて、積極的に宣伝しています。

銀行カードローンならオリックス銀行

消費者金融ならアイフルが借り換えに強いですが、銀行ならオリックス銀行カードローンが借り換え・おまとめの審査に強いと有名です。

新規貸付に強い三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、保証会社がアコムでしたが、オリックス銀行カードローンは、保証会社がオリックス・クレジット株式会社と、新生フィナンシャル株式会社の2社を利用する、珍しいカードローンです。

そして、この2社は、すでに借り入れが他社である方の借り換えやおまとめの審査に非常に強く、多くの方が利用しています。

アイフルとオリックス銀行の共通点は、準大手のカードローンで、最大手で新規で借り入れした人の借り換えに力を入れているため新規の貸し付けよりも借り換えやおまとめの貸し付けノウハウが豊富で、このような審査基準に差が生まれていると考えられます。

このように、審査基準を把握しておくことで、自分の今の借り入れ状況いあわせて、最適なカードローンを選ぶことができるようになります。

20代の所得があまり高くない人が、オリックス銀行に申し込みをしても審査通過は期待できないので、そういった方はアコムやバンクイックがおすすめですし、すでに複数から借り入れのある、比較的所得がある方は、オリックス銀行などで借り換えすることで金利を低くして負担を下げることも可能です。

審査が甘い・審査が緩いは信じてはダメ

上記で、カードローンはそれぞれ審査基準があって、審査の通過率が違うという話をしましたが、未だに「審査が甘い」や「審査が緩い」などの文句で宣伝をしている業者がいます。

そう言った文言で宣伝を行うことは、「借り入れが容易であると過度に強調する表現」として貸金業法第16条第2項第3号で禁止されています。

そのような文言で宣伝を行なっている消費者金融などの業者は、すべて違法業者で、闇金や詐欺業者の可能性が高い為絶対に申し込みしないでください。

貸金業法に違反している表現についてはこちらから確認できます。

紹介しているページで禁止されている表現を使用している貸金業者を見つけた場合は注意してください。

現在最も積極的に貸付を行っているカードローンはプロミス

今、カードローンの中で最も積極的に貸付を行っていると言われているカードローンはプロミスです。

プロミスは、消費者金融の中でも貸付金額の残高が非常に伸びていて、審査に通ったと言う口コミも非常に多く見かけます。

今、業績も急激に伸ばしている企業なので、その分審査通過を最も期待できるカードローンと言えます。

審査が不安な方はアイフルがおすすめ

カードローンの審査に通るか不安だという方にオススメのカードローンはアイフルです。

アイフルは、IR情報を見ても大手消費者金融の中でもトップクラスに審査通過率が高く、業績を非常に伸ばしているカードローンです。

業績が伸びているということは、それだけ融資を行なっているということなので、審査に期待ができるカードローンです。

審査時間も短く、即日審査、即日融資に対応していて、急ぎの方でも利用しやすいカードローンなので、銀行カードローンの審査に不安な方や、急ぎで借入したいという方はアイフルを選ぶことをおすすめします。

アイフルの詳細 アイフル公式サイトへ

上に戻る