カードローンで土日でも即日融資を受ける方法まとめ

カードローンを利用する方で、とにかく急ぎで借入したい!という方は、即日融資に対応してくれているカードローンを選ぶ必要があります。

ここでは、即日融資を受ける際に抑えておくべきポイント・テクニックを紹介しています。

最も即日融資ができる可能性が高いカードローン

 

プロミス

プロミス
審査から最短1時間でお金が手に入るプロミス
プロミスは、平日14時までにWEB契約を完了させると、即日振込対応を行なってくれるだけでなく、平日の銀行の営業時間終了後や土日祝日でも、審査完了後、全国にある無人契約機でローンカードを発行することで、即日キャッシングが可能です。また、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で、30日間の無利息期間も設定されるため、小額の借入なら利息の支払いも少なくて済む、親切な消費者金融です。
※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録と、WEB明細利用の登録が必要です。
※即日振込は平日14時までにWEB契約完了が必要です。
実質年率年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)
借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら

モビットならWEB完結申し込みで土日祝日も即日融資が可能

 

SMBCモビット

SMBCモビット
モビットはWEB完結申込で家族にバレずに借入できる
モビットは、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通口座を持っていて、社会保険証または組合保険証があればWEB完結申し込みができるようになっています。WEB完結申し込みとは、電話や郵送などのやりとりが一切無く、全てネット上で完結するため、とても便利で簡単な申し込み方法で、ローンカードも発行する必要がないため、上記2つの口座があれば家族にバレることはまず無く、家族に内緒で借りたい方にとっては最適なカードローンです。
※即日振込は14:50までの振込手続完了が必要です。
※審査結果によってはご希望に沿えないことがあります。
実質年率年3.0%〜年18.0%
借入限度額800万円
審査時間最短30分(曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱なる場合あり)
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら

申し込み前に必要なものを準備しておく

まずは、申し込みに必要な書類などを準備しておきましょう。消費者金融系のカードローンも銀行系のカードローンも、基本的には必要な書類は変わりません。

  • 本人確認書類
  • 在籍確認書類
  • 収入証明書類

上記の三つだけで申し込み、審査を行うことができます。本人確認書類として認められるものは、「免許証」「健康保険証」「住基カード」などがあります。住民票は本人確認書類としては認められませんので注意してください。

次に、在籍確認書類ですが、これは後述しますが、在籍確認を書類の提出で認めてくれるカードローンを利用する際に必要な書類です。在籍確認書類には「社員証」「会社の健康保険証」「給与明細」などが挙げられます。

最後に、収入証明書類についてですが、これは借入する金額によって必要な場合があります。消費者金融系のカードローンを利用するなら、ほとんどの会社が50万円以上の借入で収入証明が必要になります。

銀行系のカードローンを利用する場合は200万円や300万円など高額の借入時以外は基本的には収入証明は不要ですが、消費者金融カードローンを利用する場合、50万円以上の借入を行う予定の方は収入証明を準備しておきましょう。

ちなみに収入証明として認められるものは「源泉徴収票」「納税証明書」「給与明細」があります。

ただ、実際は、所得証明書が必要となる金額の申込を行う場合は、審査も時間がかかるため、ほとんど即日キャッシングは不可能です。

即日で借入したい場合は、申込金額は必要最低限度の金額にして、少しでも融資を受けやすい形で申込することをおすすめします。

消費者金融で即日融資を受ける場合

まず、消費者金融で即日融資で借入する際に抑えておきたいポイントについて解説します。

消費者金融は、大手を中心に、即日で借入できる仕組みを整えていて、銀行カードローンや、信金カードローンと比べてはるかに即日で借入がしやすくなりました。

消費者金融で即日で借入する際に抑えておきたいポイントは以下の通りです。

  • 審査時間
  • 借入金額
  • 無人契約機の有無
  • 提携ネット銀行の有無
  • 在籍確認をクリアする

審査時間

まず、即日融資を受けるなら審査時間は一番知っておきたいポイントです。

その日の内に借入するには、その日のうちに審査を終わらせる必要がありますが、消費者金融の審査には受付時間がありますし、審査自体にも時間がかかります。

大手の消費者金融の審査の受付時間と、審査にかかる時間の目安をまとめましたので、ご確認ください。

大手消費者金融の審査時間
名称 審査の受付時間 審査にかかる時間
アコム 9:00~21:00 最短30分
プロミス 9:00~21:00 最短30分
ノーローン 9:00~21:00 最短30分
モビット 9:00~21:00 10秒で簡易審査結果表示
アイフル 9:00~21:00 最短30分

インターネットで申込をすると、審査自体は24時間365日申込ができますが、実際に審査が行われるのは上記の時間帯のみとなっています。

そのため、今日お金が必要なのに、21時以降に申込をしてしまうと、審査は翌日に行われるため、即日融資を受けることはできません。

また、審査にかかる時間も、最近は大手の消費者金融は審査がスムーズに進むように仕組みを整えているため、最短で30分で終わると書いていますが、審査状況によってはもっと時間がかかる場合もあるため、20時を過ぎてから審査申込をすると、審査が当日中に終わらない可能性もあります。

振込融資を受けたい場合

仕事や用事で時間を作れないという方は、振込で融資をしてもらう必要があります。

消費者金融の場合、審査が完了したらすぐに振込手続きをしてくれるため、平日の14時までに審査を完了させておくと、銀行の営業時間内に振込手続きを完了させてくれます。

これが、銀行の営業終了時間である15時ギリギリで審査完了となると、振込手続きの時間によって、振込が15時を過ぎてしまう可能性があります。

15時を過ぎて振込が行われると、送金が翌営業日になってしまうため、お金を引き出すことができません。

そのため、振込で即日融資を受けたい方は14時までを目安に審査を完了させる必要があります。

逆算すると、どれだけ遅くても13時まで、できれば午前中に審査申込をしておく必要があります。

借入金額

消費者金融でお金を借入する場合、申込時の希望借入金額によって審査の内容が変わります。

貸金業法で、50万円以上の借入または合計で100万円を超える借入の申込の場合は、所得証明書の提出が必須となっていて、審査の基準も厳しくなります。

そのため、審査に時間がかかる可能性もあるため、新規借入申込を行なう場合は、必要最低限の借入金額で申込を行なうことをおすすめします。

無人契約機の有無

プロミスやアコム等、大手の消費者金融は、全国各地に無人契約機を設置しています。

インターネットで審査を完了させていれば、無人契約機に行ってローンカードを発行することで、併設されているATMか、提携のコンビニATMでお金を引き出すことができるので、無人契約機の営業時間である21時まで(店舗によって営業時間が異なる場合もあり)に審査を完了させて無人契約機に行ってローンカードを発行すれば即日で借入が可能です。

この方法で融資を受ける場合、無人契約機に行く時間と、審査にかかる時間を逆算しても、19時までに審査申込をしておけば間に合うため、仕事が終わってから申込してもその日のうちに借入することができます。

無人契約機がない消費者金融はこの方法が使えないため、振込でしか融資を受けることができませんので注意が必要です。

ただ、プロミス、アコム、アイフル、レイク、モビットは独自の無人契約機を全国に設置していますし、ノーローンは、レイクの無人契約機を使うことができるため、大手の消費者金融は問題ありません。

提携ネット銀行の有無

大手の消費者金融は、ネット銀行と提携していて、24時間365日振込が即座に反映されるケースがあります。

例えば、プロミスなら三井住友銀行のネット銀行口座、ジャパンネット銀行の口座を持っている場合は「瞬フリ」というサービスが使え、24時間365日入金が反映されるため、銀行の営業時間に関係なく即日振込で融資を受けることが可能です。

下記の表に該当する口座を持っている方は、提携している消費者金融を利用することで即日振込での融資を受けやすくなります。

消費者金融の提携ネット銀行

名称 提携銀行 受付日時
プロミス


三井住友銀行

ジャパンネット銀行

月~日・祝日
0:00~24:00
アコム

楽天銀行

月~日・祝日
23:50~0:10
ノーローン

楽天銀行

月~日・祝日
23:50~0:10
モビット

×

アイフル

×

在籍確認をクリアする

実は、即日融資を利用する際に、一番のネックとなるのは「在籍確認」です。

在籍確認とは、審査申込時に入力した職場に、電話連絡で実際に働いているか確認の電話をされることなのですが、在籍確認が認められないと、審査は完了しないため、その日のうちに借入することができません。

平日の会社の営業時間内ならいいのですが、平日の夜や、土日祝日など、会社の営業時間外の場合、電話に誰も出ないため在籍確認を終えることができません。

しかし、一部の消費者金融では、在籍確認を電話連絡では無く、書類の提出で認めてくれるケースがあります。

書類の提出で認めてくれる消費者金融は以下の表でご確認ください。

参考 : カードローン即日融資ランキング!「今日中すぐに借りたい人」が選んだ人気BEST3を紹介!

書類の提出で在籍確認を認めてくれるカードローン

名称 書類の在籍確認の可否
アコム × 必ず電話連絡で行う
プロミス ×
アイフル ○ 審査結果による
レイク △ 審査結果による
モビット ○ WEB完結申し込み
ノーローン △ 審査結果による

上記表を見てみると、公に書類の提出で在籍確認を認めてくれている消費者金融はアイフルのみです。

また、アイフルも、書類の提出で在籍確認を認めてくれるケースは小額の借入申込のケースのみで、50万円以上の借入申込となると認めてもらえないようです。

レイク、ノーローンに関しては、審査結果によっては書類の提出で認めてくれるようですが、アコムは必ず電話で在籍確認を行うことになっているようです。

つまり、レイク、ノーローンは審査結果によっては在籍確認が電話で行われるため、土日祝日など、会社の休業日は即日融資ができない可能性があります。

アコムに関しては会社の休業日は自身が出社して電話に出ない限りは即日キャッシングすることができません。

そのため、土日や会社の休業日に即日融資を考えている方は、アイフルに申し込むことをおすすめします。

※アイフルも審査結果によっては書類の提出で在籍確認を認めてくれないケースもあるようなので、審査申込時にオペレーターに相談してみましょう。

また、モビットもWEB完結申し込みを利用することで、電話連絡なしで借り入れすることが可能で、審査通過後にオペレーターにカード発行希望の旨を伝える事により、ローン申込機でカードを受け取り即日融資が可能になります。

銀行カードローンで即日融資を受ける場合

銀行のカードローンで即日融資を受ける場合、消費者金融のようなテクニックは特にありません。

抑えておくポイントは、以下の2点だけです。

  • 審査時間
  • 普通預金口座の有無

銀行のカードローンは、基本は全て振込での融資となるため銀行の営業時間内に審査を完了させておく必要があります。

また、営業時間内に審査が完了したとしても、申込をした銀行の普通預金口座を持っていない場合は、即日融資を受けることができません。

みずほ銀行など、大手の銀行のカードローンでは、普通預金口座を持っている場合は、普通預金口座のキャッシュカードをローンカードとして利用できるようになるため、営業時間内に審査に通過していれば即日でお金を引き出せますが、口座を持っていない方は、まず口座を開設する必要があり、口座を開設するには時間がかかります。

多くの銀行は、みずほ銀行と同じ様に、カードローンの契約には銀行の普通預金口座を開設する必要があるため、元々口座を持っていない場合は即日で借入することは不可能と考えておいた方が良いです。

ただ、一点だけ例外があって、三井住友銀行は、新たにローンカードを発行するため、普通預金口座を持っていなかったとしても、審査時間によっては即日で借入することが可能です。

消費者金融のカードローンと同じ様に、平日の銀行営業時間内に審査・契約手続きが完了すれば、口座にお金を振込で融資をしてくれますし、銀行の営業時間外でも、審査をインターネットで完了させてから、三井住友銀行のローン契約機で契約手続きを行って、ローンカードを発行することができるため、テレビ窓口の営業時間内であればその日のうちにお金を引き出すことができます。

ローン契約機の営業時間内に審査を完了させればローンカードを発行することができます。※曜日・支店によって営業時間は異なります。

「銀行の送金時間が拡大されれば即日融資が受けやすくなる可能性も

現在、銀行や信用金庫で送金した場合、当日中に送金できるのは15時までとなっています。

これは、カードローンを利用する際にも大きく関係していて、銀行の送金時間帯が過ぎてしまうと、翌日の送金となってしまうため、即日融資を受けるには15時までに振込手続きを終えないといけません。

そのため、午前中や前日の夜にあらかじめ申し込んでおく必要があったり、それでも書類の不備などで審査が間に合わなかった場合は、わざわざ無人契約機まで行って契約手続きをしなければいけないという状態です。

しかし、今後銀行の送金時間帯が拡大されれば、振込での即日融資が受けやすくなります。

2014年10月現在では、まだ政府与党の成長戦略の一環として提案されている段階ですが、全銀協(全国銀行協会)も、時間帯を拡大する方針を固めたそうです。

16時まで稼働時間を拡大するのか、24時間決済可能なシステムを開発されるのか、今から議論が勧められるようですが、年末までに最終報告を出すそうです。

もし24時間決済が現実化すれば、カードローンを利用する際、インターネットで申し込みをして、審査に通過すれば、24時間いつでも銀行口座に振込してくれるようになると、平日の昼間は仕事で審査申し込みできない人や、土日に急遽お金が必要になって、カードローンを利用したいという場合でも、わざわざ無人契約機に行かなくても融資を受けれるようになるため、今後の動向には注目です。

まとめ

消費者金融と銀行のカードローンでそれぞれ即日融資を受ける際のテクニックについて紹介してきましたが、見てわかる通り、すぐに借りたいなら消費者金融のカードローンの方が断然有利で簡単です。

特に、土日祝日や、会社の休業日などは注意が必要で、会社が電話に出れなかったら在籍確認ができずに即日での借入ができません。

土日祝日・会社の休業日に即日融資を受けたい場合は、書類の提出で在籍確認が認められるアイフルがおすすめです。

カードローンの即日融資に関するQ&A

ブラックでも即日融資を受けることはできますか?

現在ブラックリストに記録されている方は、大手の消費者金融や銀行カードローンでは借入自体することができません。

ブラックリストになって5~10年ほど経過している場合は、信用情報から記録が消えている可能性があるため、CICやJICCなどの信用情報機関で信用情報を開示してみてはいかがでしょうか?

専業主婦でも即日で借入はできますか?

専業主婦の方は、総量規制のせいで消費者金融でお金を借入することはできないため、銀行カードローンしか利用できません。

上記で解説しているように、銀行カードローンで即日融資を受けるには、メガバンクですでに普通預金口座を開設している銀行のカードローンならその日のうちの借入も可能です。

オススメのカードローンはプロミス

プロミス

プロミス
審査から最短1時間でお金が手に入るプロミス
プロミスは、平日14時までにWEB契約を完了させると、即日振込対応を行なってくれるだけでなく、平日の銀行の営業時間終了後や土日祝日でも、審査完了後、全国にある無人契約機でローンカードを発行することで、即日キャッシングが可能です。また、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で、30日間の無利息期間も設定されるため、小額の借入なら利息の支払いも少なくて済む、親切な消費者金融です。
※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録と、WEB明細利用の登録が必要です。
※即日振込は平日14時までにWEB契約完了が必要です。
実質年率年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)
借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら