目的別で探す

総量規制対象外のカードローンと総量規制の対象となる借入・ならない借入

2010年に施行された改正貸金業法によって、新たに総量規制という規制ができたことは皆さんご存知だと思います。

総量規制とは

総量規制とは、債務者への過剰貸付を防ぐために、債務者が年収の3分の1を超える借入ができないように定められた規制です。年収300万円の方は総量規制により、100万円以上の借入ができないようになりました。

また、新規で50万円以上の借入申込を希望する場合や、合計の借入が100万円を超える場合の借入申込に関しては、所得証明書の提出が義務づけられるようになりました。
※収入となるものは、給与や役員報酬の他に、年金や恩給、不動産賃貸収入、事業所得なども含まれます。

総量規制の対象となる借入には以下の借入が含まれています。

総量規制の対象となる借入

  • 消費者金融
  • 信販会社
  • クレジット会社

消費者金融を利用する際に一番ネックなのがこの「総量規制」です。

総量規制とは、年収の3分の1以上の借入ができないように決められた規制で、一時期、高金利で過度の貸付を行う事が横行し、破産する人が増えた事で国から規制を受けました。

このおかげで消費者金融はたくさん倒産し(厳密に言うとこれに過払い金返還請求が重なった)、債務者も救われたという訳ですが、今から借入しようと言う人にとっては邪魔な規制です。

しかし、この総量規制ですが、規制となる借入は決まっていて、どんな借入も総量規制の対象となる訳ではありません。

総量規制には、「除外」となる借入、「例外」となる借入があります。

総量規制の除外となる借入とは、総量規制の対象とはならない借入で、年収の3分の1の借入を計算する際に含まれない借入のことを指します。

総量規制の除外となる借入は、例えば、車のローンや、住宅ローンです。下記で、総量規制の対象ならない、総量規制の除外となる借入を紹介します。

銀行カードローンの過剰の貸付が問題に

これまで銀行カードローンは、「総量規制対象外」のカードローンとして広く知られていましたが、2017年4月に、銀行カードローンの過剰貸付が問題となり、参議院委員会で取り上げられた結果、銀行カードローンの「総量規制対象外」「所得証明書不要」と訴求することが禁止となりました。

今まで、総量規制オーバーで借り入れしたいと言う人は銀行で借り入れすればいいと言う認識があったかもしれませんが、今後銀行の貸付は厳格化されて行くため、すでに総量規制の上限まで借り入れしている人は、新規で借り入れすると言うことは不可能と思っておいた方がいいでしょう。

そのため、新規で借り入れするのではなく、消費者金融の「おまとめローン」「借り換えローン」など、総量規制の例外貸付を利用して、うまく債務の負担を減らすようにしましょう。

新規の借り入れが難しい場合はアイフルで借り換えがおすすめ

総量規制対象外で新規で借り入れを希望している方は、今の債務を一本化する方がおすすめです。

総量規制オーバーの状態で新規で借り入れすることは通常難しく、借り換えや一本化目的でないと審査に通らない可能性が高いです。

アイフルで一本化させることで、当月の各社への返済はアイフルが行ってくれて、その翌月からアイフル1社に返済を行えばよくなりますし、1社への返済のため、毎月の返済金額の負担は大きく軽減されます。

また、金利もまとめることで低くすることができるので、複数社から借り入れがあって、返済が苦しいという方はまずはおまとめローンで債務の負担を軽減させることがおすすめです。

アイフルの場合は、まずカードローンに申し込みをした後、オペレーターに電話で事情を説明して、総量規制の対象内で借り換えできるなら通常のカードローンを、総量規制オーバーになるなら、「おまとめMAX」「借り換えMAX」に切り替えることで総量規制の例外貸付が適用されるので、総量規制を超えていても心配ありません。

アイフルの審査の流れと審査に関する口コミ

総量規制対象外とは

総量規制対象外とは、貸金業法で定められた総量規制の「例外貸付」または「除外貸付」にあたる貸付のことです。

「例外貸付」とは、貸金業法において、本来であれば総量規制の対象となり得る貸付なのですが、「債務者の有利借り換え」や、「緊急の医療費の貸付」など、例外的に総量規制の対象外とできる貸付のことで、「除外貸付」とは、住宅ローンや車のローンなど、そもそも総量規制の対象に入っていない貸付のことす。

下記の貸付は、総量規制の「除外貸付」にあたる、そもそも総量規制の対象とならない貸付項目です。

総量規制の対象とならない借入(除外貸付)

  • 不動産購入または不動産に改良のための貸付け(住宅ローン)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付け(自動車ローン)
  • 高額療養費の貸付け
  • 有価証券担保の借入
  • 不動産担保の借入
  • 金融取引業者からの500万円を超える借入
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
  • 手形(融通手形を除く)の割引

※施行規則第10条の21第1項各号(日本貸金業協会HPより引用)

上記の借入は総量規制の対象とはならない借入です。そのため、総量規制の計算を行う際に含める借入は、

  • 消費者金融からの借入
  • クレジットカードのキャッシング
  • 信販会社のキャッシング

この3つの借入が総量規制の対象となる借入ということです。この3つの借入に関しては、信用情報に残高が記録されていますし、返済の遅延や滞納履歴もチェックされています。

なので、新たにカードローンの申し込みをする際は、自分の年収を3で割って、でた数字から、上記3つの総量規制の対象となる借入金額を引いた金額だけまだ借入できるということです。

例)年収300万円・総量規制となる借入50万円の場合
300÷3-50=50 借入可能額50万円

という計算になります。

ただ、総量規制には、除外となる借入だけでなく、例外となる借入もあります。

総量規制の例外となる借入とは、本来は総量規制の対象となる、「消費者金融からの借入」「クレジットカードのキャッシング」「信販会社のキャッシング」なのですが、一定の条件を満たす場合、例外として総量規制の対象外となるケースのことです。

総量規制の例外となる借入

  • 顧客に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け

※施行規則第10条の23第1項各号

上記の総量規制の例外となる借入を利用している場合は、現在の債務の合計から除外して計算することができます。

そのため、例えば、年収300万円の方で、すでに総量規制の上限である100万円の借入がある方でも、緊急の医療費としてなら消費者金融からお金を借入することも可能です。(審査に通る保証はありません。)

また、複数のローンを一本化して金利や毎月の返済額の負担を軽減する、おまとめローンは「顧客に一方的に有利な借換え」とされているため、総量規制対象外で借入することが可能です。

ただ、詳しくは後述しますが、おまとめローンを利用する場合、消費者金融でおまとめローンを利用すると、金利が高く、負担が軽減されない可能性が高いため、銀行のおまとめローンを利用した方が良いです。

総量規制対象外で新規借入はできるの?

総量規制について詳しく解説してきましたが、総量規制の除外・例外となる借入以外で、新規にお金の借入をすることはできないのでしょうか?

実は、上記以外で新規で総量規制対象外でお金を借入する方法があります。

それは、「銀行のカードローンを利用する」という方法です。

銀行のカードローンは総量規制対象外

消費者金融のカードローンは、貸金業法が適用されるため、総量規制の対象となっているのですが、銀行のカードローンは銀行法が適用されるため、総量規制の対象とはなりません。

銀行法には総量規制という規制が存在しないため、銀行は独自の審査に基づいて、返済能力に問題が無いと判断すれば、年収の3分の1以上の借入をすることも可能です。

そのため、消費者金融から複数社借入していて、総量規制の上限まで借入があるという方でも、銀行のカードローンなら、新規で借り入れすることができます。

総量規制対象外で即日融資を受けるには

総量規制対象外の銀行カードローンは、消費者金融と比べて即日融資を受けにくいというデメリットがあります。

理由は、ほとんどの銀行カードローンは、カードローンの利用に、普通預金口座が必要となるため、審査申込時にその銀行の普通預金口座を持っていない場合は、先に口座開設の手続きをする必要があるからです。

そのため、審査は即日で終わっても、口座の開設に1週間程かかってしまうということもあり得ます。

しかし、一部の銀行カードローンは、銀行の普通預金口座不要でカードローンを利用できるところもあり、口座開設が不要な銀行カードローンであれば、総量規制対象外で即日融資を受けることも可能です。

新生銀行カードローン レイクなら、口座開設は不要で、即日融資にも対応しているため、総量規制対象外で急ぎで借入をしたいと考えている方は、レイクが最もオススメできるカードローンです。

おまとめローンは総量規制対象外

上記で軽く触れましたが、おまとめローンは総量規制の例外である「顧客に一方的に有利な借換え」にあたるため、総量規制対象外で借入が可能です。

おまとめローンとは、複数社からの借入を1社にまとめて借り換えることで、金利を低くでき、支払い利息が少なくなるだけでなく、毎月の返済金額も少なくなるため負担が軽減されます。

総量規制の例外にあたる借入のため、消費者金融でもおまとめローンを利用することはできます。

ただ、おまとめローンを利用する場合は、金利が低くならないと、毎月の返済額の負担を減らすことはできても、総返済額は逆に増えてしまう可能性があるため、できるだけ低金利で借換えする必要があります。

おまとめローンを利用する場合は、下記の注意点を参考にして選ぶと良いでしょう。

確実に金利が低くなるおまとめローンを選ぶ

おまとめローンは複数社の借入をまとめることで金利と低くできるというメリットがあるのですが、消費者金融のおまとめローンを利用すると、必ずしも金利が低くなるとは限りません。

元々消費者金融は銀行のカードローンと比べて、金利が高めに設定されている為、おまとめローンを利用してもそこまで金利が低くならない可能性があります。

あまり金利に差がないと、月々の返済金額が少なくなって、負担は軽減されたように見えますが、返済回数が増え、結果的に支払い利息が多くなる可能性があります。そうなってしまっては意味が無いので、できれば銀行のカードローンを利用する方が賢明です。

しかし、銀行のカードローンでおまとめローンをすることは可能ですが、上記でも触れたように銀行のカードローンは審査の通過率が低く、新規で借入することが難しいです。

みずほカードローンは、銀行のカードローンですが、他社で借入がすでにある方でもおまとめローンとしても利用できるため、他の銀行カードローンと比べて審査の通過率は高めに設定されています。

金利も3.0%~14.0%と、消費者金融と比べて低めに設定されているため、借換することで支払い利息や毎月の返済の負担が軽減できる可能性が高いです。

すでに総量規制の上限まで借入してしまっていて、総量規制の対象外のカードローンを探している方は、新たに借入するのでは無く、おまとめローンを利用して月々の負担を減らすことが一番現実的です。

おまとめローンを希望される方は「おまとめローンの正しい利用方法と審査に通過するコツ」で詳しくおまとめローンについて解説しているので、そちらをご覧下さい。

専業主婦の方は銀行のカードローンで新規借入ができる

専業主婦でカードローンを利用したいと考えている方は、消費者金融でお金を借りることはできません。

上記で紹介している、「総量規制」のため、所得がない専業主婦の方は、消費者金融から1円も借入ができなくなってしまいました。

改正貸金業法が施行されてからしばらくは、旦那を保証人として付けることで専業主婦にも貸付を行っている業者もあったようですが、現在、大手の消費者金融では、専業主婦の方の申込自体を受け付けていません。

しかし、銀行のカードローンは総量規制対象外のため、専業主婦の方でも借入することができます。

改正貸金業法の施行後、専業主婦の方はお金を借入できなくなってしまったことから、銀行のカードローンが積極的に専業主婦の方にお金を貸付するようになりました。

中でも、みずほ銀行カードローンなど、大手の銀行カードローンは、専業主婦の方も借入可能と積極的に宣伝しているのを見かけます。

パート・アルバイトをしている主婦の方は所得があるため、消費者金融からでも借入することができますが、所得が無い専業主婦の方は総量規制対象外である銀行のカードローンで審査申込をしましょう。

専業主婦の方が借りれるカードローンについては、「専業主婦がカードローンを申込する前に知っておきたい基礎知識」で詳しく紹介しているので、そちらも合わせてご覧下さい。

個人事業主は総量規制対象外で借入できる

個人事業主の方は、上記の総量規制の例外の「個人事業者に対する貸付け」にあたるため、実は総量規制の対象外の借入が可能です。

ただし、これは、生活資金の借入ではなく、あくまでも事業資金としての借入に限った話です。

プロミスやアコムなどで、生活資金を借入する際は、当然消費者金融からの一般的な生活資金の借入となるため、総量規制の対象となります。

ただ、個人事業主の方が消費者金融で生活資金として借入することは難しく、プロミスは自営業者の方でも貸付を行っていますが、アコムで借入申込をすると、所得証明書の提出を求められたり、事業がわかるホームページを見せてくれと言われたり、一般的な審査よりも厳しくなるようです。

なので、個人事業主の方が総量規制の対象外で借入を希望される場合は、事業者ローンをおすすめします。

事業者ローンは、その名の通り、事業者向けのビジネスローンで、生活資金では無く、事業資金を貸付してくれるカードローンです。

オリックスクラブカードや、ビジネクストが有名ですが、個人事業主の方はこれらの事業者ローンなら総量規制対象外で借入が可能です

事業者ローンなら、高額の借入も可能ですので、個人事業主の方で総量規制対象外の借入を希望している方は、「事業者向けローン」をご覧下さい。

事業者ローンはケースによって総量規制の対象となる範囲が異なるので注意

オリックスクラブカードやビジネクストなどの事業者ローンは、商品によって微妙に申込ができる範囲が異なり、総量規制の対象も変わってくるので注意が必要です。

まず、ビジネネクストの場合、個人事業主が借入を行う場合は、事業資金の借入となるため、総量規制の例外で借入をすることができます。

さらに、会社経営者の方は、法人で借入の申込を行うことができるため、そもそも総量規制が適用されません。ただ、法人で借入の申込を行う場合は、原則、連帯保証人として法人代表者を立てる必要があります。

一方、オリックスクラブカードは、個人事業主の方の借入はもちろん総量規制の例外貸付として対象外になるのですが、法人で申込することはできません。

法人の代表者の方が事業資金をオリックスクラブカードで借入を行う時は、代表者の個人名義で申込を行う必要があり、個人向けの貸付となるため、総量規制の対象となるようです。

そのため、申込の際に、所得証明書の提出などを求められます。

この違いを理解しておかないと、借入金額によって最適な事業者ローンは違ってくるのに、間違った業者を選んでしまう可能性が出てきます。

まとめると、法人で高額のお金を借入する場合でビジネクスト、個人事業主で小額の借入を希望している場合はオリックスクラブカードを利用すると良いでしょう。

総量規制のQ&A

銀行カードローンの保証会社が消費者金融の場合は総量規制の対象となりますか?

銀行カードローンの保証会社が消費者金融だったとしても総量規制の対象にはなりません。

保証契約は総量規制の対象に含まれていないため、保証会社が消費者金融だったとしても総量規制対象外で借入が可能です。

ただ、保証契約は総量規制の対象外ではありますが、過剰貸付の禁止対象とはなっているため、審査は慎重に行われる可能性があります。

消費者金融はどの業者も総量規制対象外で貸付してくれないんですか?

はい、基本的に消費者金融で総量規制対象外で借入することは不可能です。

上記で紹介した、総量規制の例外・除外となる貸付に関しては別ですが、普通の新規貸付は総量規制を超えて貸付することはありません。

総量規制を破って貸付を行った業者は、業務指導や業務停止などの行政処分の対象となるため、必ず守っています。そのため、総量規制対象外で新規借入を希望される場合は銀行カードローン以外の選択肢はありません。

クレジットカードの利用も総量規制の対象になりますか?

いいえ、クレジットカードの利用枠での利用は総量規制の対象とはなりません。

総量規制の対象となるのは、クレジットカードのショッピング枠ではなく、キャッシング枠のみです。

クレジットカードによっては、キャッシング機能がついていて、お金を引き出せるようになっているカードがあります。キャッシング枠付きのクレジットカードをお持ちの場合は、その枠の金額の分だけ借入しているとみなされ、総量規制の計算に入り、カードローンの借入の限度額に影響してきます。

総量規制は闇金にも適用されますか?

いいえ、闇金業者は貸金業協会に登録していない非正規の業者なので、総量規制は関係ありません。

しかし、闇金業者は絶対に利用してはいけません。異常なまでに高金利で貸付を行い、取り立ても家族や親族、会社にまで嫌がらせの電話をかけてきます。

闇金は違法だから返済しなくてもよいと思っている方がいるようですが、最近の闇金は、お金を貸すのではなく、ゆうパックなどでお金を送らせて融資しないというような、詐欺業者となっています。総量規制で新規でお金が借入できなくて困っているのであれば、総量規制対象外で借入できる銀行カードローンか、借入を一本化して債務の負担を軽減できるおまとめローンを検討しましょう。

総量規制が緩和されるという話は本当ですか?

総量規制の緩和に関しては、現在自民党が再改正に向けて議論を進めているようですが、まだ決定していないため、今後緩和されるかどうかはわかりません。

議論の内容としては、認可貸金業者に関しては利息制限法の適用を外し、2010年まで有効であった、上限金利29.2%まで引き戻されると言われています。

更に、個人の年収の3分の1しか借入できない規制である総量規制からも除外されるため、債務超過に陥っている方でも借入できる可能性がでてきます。

こういった議論がされる背景には、現在借入することが難しい方が多く、自営業の方などが消費者金融から借入できないという背景があります。

そういった方にも積極的に貸付を行うことで、経済を活性化させることが狙いですが、高金利で破産者が増えるのではないかと危険視する声もあるため、簡単に総量規制を緩和させることはできないでしょう。

総量規制に抜け道はありますか?

よく、質問で総量規制の抜け道を教えて欲しいという質問をいただきます。

総量規制は、国が貸金業法で定めた法律なので、抜け道などはありません。

よくある例として、申込時に年収をごまかす方がいます。消費者金融は、50万円以上の借入または他社の借入の合計が100万円を超える借入の場合は、所得証明書の提出が義務づけられていますが、その範囲内での借入であれば、所得証明書は義務づけられていません。

そのルールを逆手にとって、所得証明書が不要な範囲で借入申込をして、年収をごまかして借入をするという人がいます。

ですが、これは「私文書偽造」という犯罪にあたりますし、実際に申込を偽名で行ったなどで逮捕されている人もいます。

このページでも、銀行のカードローンは総量規制対象外と紹介しているように、すでに複数から借入がある方でも総量規制外で借入することは可能です。

抜け道などは考えずに、カードローン各社に相談するようにしましょう。

総量規制なしで借りれるカードローンはありますか?

はい、総量規制なしで借入できるカードローンはあります。

銀行カードローンは、貸金業法ではなく、銀行法に基づいて融資を行います。

総量規制は、貸金業法で定められている規制のため、銀行カードローンに総量規制はありません。

そのため、総量規制なし(対象外)で借入することができるようになっています。

法人代表者が借入する場合は総量規制の対象となりますか?

いいえ、法人向けの貸付は総量規制の対象とはなりません。

貸金業法で定められている総量規制の対象となる貸付は「個人向け貸付」のみで、「法人向け貸付」「法人向け保証」「個人向け保証」は総量規制の対象にはなりません。

そのため、法人の代表者が事業者ローンなどで事業用としてお金を借入する場合は、総量規制は関係無く借り入れすることが可能です。

また、個人事業主の方でも、事業用資金の借入については、総量規制の例外貸付が適用されるため、総量規制対象外で借入が可能です。

おすすめのカードローン

新生銀行カードローン レイク

レイクは新生銀行のカードローンで総量規制対象外で借入可能
新生銀行カードローン レイクは、元々消費者金融のカードローンでしたが、現在は新生銀行のカードローンとなりました。そのため、総量規制の対象外で借入することが可能です。また、銀行カードローンとしては珍しく、初めての方であれば、5万円まで180日間無利息or30日間無利息サービスがあり、専業主婦の方でも借入できるため、人気の高いカードローンです

実質年率 年4.5%〜年18.0%
借入限度額 1万円〜500万円
審査時間 申込完了画面に表示
即日融資
月々の返済 3,000円〜
保証人の有無 不要
在籍確認 電話
新生銀行カードローン レイクの詳細 新生銀行カードローン レイクの公式サイト

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンで総量規制対象外で専業主婦も借入可能
みずほ銀行カードローンは総量規制対象外で、借り換えやおまとめローンとしても利用できるだけだなく、専業主婦の方でも借入OKのカードローンです。金利も銀行カードローンの中でも低めの設定で、200万円までの借入は原則所得証明書が不要なので、高額の借り入れを希望している方にもおすすめのカードローンです。

実質年率 年3.0%〜7.0%
借入限度額 最大1,000万円
審査時間 最短即日
即日融資 ○(みずほ銀行の口座が必要)
月々の返済 10,000円〜
保証人の有無 不要
在籍確認 電話
※住宅ローンの利用で金利年0.5%引き下げ
※エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利
みずほ銀行カードローンの詳細 みずほ銀行カードローンの公式サイト

総量規制オーバーの借り入れをしている方はおまとめローンがおすすめ

現在総量規制の上限まで借り入れがある状態で、総量規制対象外のカードローンをお探しの方は、新規で借り入れするよりも、おまとめローンを利用して、金利と毎月の返済額の負担を少なくした方がいいです。

おまとめローンを利用することで、その月の返済は業者が代位返済という形で行ってくれますし、翌月から一つの業者に返済を行えばいいので、返済の手間も少なくなり、金利も借り入れをまとめることで低金利になります。

おまとめローンで最もおすすめなのはアイフルのカードローンです。

アイフルは消費者金融ですが、他社からの借り換えや一本化に力を入れていて、総量規制の対象内のおまとめなら通常のカードローンで、総量規制オーバーのおまとめの場合は総量規制対象外の商品である「おまとめMAX」を利用することで一本化が可能です。

総量規制を超えているかどうかわからない場合は、通常のカードローンに申し込みをした後、オペレーターに相談することで柔軟に対応してくれます。

総量規制が原因で借り入れが中々できないという方は一度アイフルに相談してみましょう。

アイフル

アイフルはおまとめローン、借り換えローンに関しては、貸金業法に基づき総量規制の例外で借り入れが可能となっています。

総量規制オーバーで新規借り入れをすることは非常に難しいため、一旦アイフルに借り換えをして、今月の返済を乗り切った後、翌月からアイフルに一本化して返済を行うことで毎月の返済の負担を少なくすることができます。

アイフルの審査の流れと審査に関する口コミ

カードローン絞り込み検索

 [必須] 条件を選択してください。

借入希望額

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 審査時間

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 融資時間

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 職業

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
 絞り込み条件(※未選択でもOK)
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

上に戻る