みずほ銀行カードローンの審査の流れと審査に関する口コミ

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは金利年2.0%〜14.0%と低金利で借入できる

みずほ銀行カードローンは限度額が800万円で、金利は年2.0%〜14.0%と低金利で借り入れできるカードローンです。みずほ銀行の普通預金口座を持っている方はキャッシュカードにローン機能をセットできるため、新たにカードを発行する必要がないので家族にバレずに借り入れすることができます。※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。 引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

実質年率 年2.0%〜14.0%
借入限度額 最大800万円
審査時間 -
即日融資

公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローンのおすすめポイント

  • POINT利用限度額最大800万円

  • POINT申込~融資までWEB完結

  • POINT自動貸越機能

  • POINT金利年2.0%〜14.0%

みずほ銀行カードローンの詳細

融資限度額 最大800万円
金利適用方式 単一金利
借入利率 年2.0%〜14.0%
遅延利率 年19.9%
返済方式
返済日 毎月 10 日(銀行休業日の場合は翌営業日)
申込対象者 契約時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満の方 安定かつ継続した収入の見込める方 保証会社の保証を受けられる方
使いみち 生活資金
保証人 不要

みずほ銀行カードローンの特徴

メガバンクの一つである「みずほ銀行」のカードローンの特徴は、利用限度額が最大800万まであるのと金利も年2.0%~14.0%と低めに設定されており、支払い利息は消費者金融よりも少なく済むため、高額の借り入れをするほどお得なカードローンです。

みずほ銀行カードローンの審査の流れ

みずほ銀行カードローンの申込は、インターネット・郵送・電話・銀行窓口とあらゆる方法に対応しています。

ここでは、一番簡単でおすすめのインターネットによる申し込み方法を解説します。

インターネットからであれば、24時間受付中なので、お手持ちのパソコンやスマートフォンで早速申込してみましょう。

ただしその前に、まずは利用条件と必要書類の確認が必要です。

利用条件

以下のすべての条件を満たす個人

  • 契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満
  • 安定かつ継続した収入が見込める
  • 保証会社の保証を受けられる
  • ※外国人の方は永住許可を受けている方が対象となります。
    ※カードローンを利用するには、みずほ銀行の普通預金口座の開設が必要となるので、口座をお持ちでない方は、審査完了後に口座の開設が必要となります。
    ※審査結果によっては利用できない場合もあります。

必要書類

本人確認資料(以下のいずれか一つ)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 住民票(発行後3ヶ月以内)
  • 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)
  • 住民基本台帳カード

収入証明資料(以下のいずれか一つ)(利用額が50万を超える場合)

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その1・その2)

カードローンの申し込み

公式サイトの申込ボタンをクリックします。

申込ボタンは、みずほ銀行口座の有無に応じて選択し、申し込みフォームに必要項目を入力したら送信して下さい。

ちなみに申込ボタン「みずほ銀行口座をお持ちの方はコチラ」は、キャッシュカード兼用型のみが対象です。

もし口座をお持ちでも、カードローン専用型を希望する場合は、「みずほ銀行口座をお持ちでない方はコチラ」を選択して下さい。

審査(在籍確認)

申込時に入力した内容を元に、みずほ銀行ならびに保証会社(オリコ)による所定の審査が行われます。

また、みずほ銀行カードローンの審査に在籍確認の電話があります。審査自体は、保証会社のオリコがしますので、オリコが電話で在籍確認をします。

担当者が勤務先に電話をかける際は、なるべくカードローンの審査とは分からないように配慮してくれます。

そもそも銀行カードローンは銀行名でかかってくるケースが多いので、消費者金融に比べると、会社の同僚に知られるリスクは少ないと言えるでしょう。

ちなみに、本人が出た場合には、簡単な確認が行われます。

※保証会社より在籍確認とは別で、申込内容について、本人に電話で問い合わせがある場合があります。
※審査結果によっては、カードローン利用の希望にそいかねる、または希望の利用限度額から減額される場合があります。

審査結果の通知

申し込みの審査結果(仮)は、入力したメールアドレスに通知されます。

正式契約

すでにみずほ銀行に口座をお持ちの方

既にみずほ銀行のキャッシュカードをお持ちの方、またはみずほダイレクトを利用中の方は、限度額50万円以下であれば、本人確認資料等の提出なく、すぐに正式契約することができます。

上記以外の方には、別途「必要書類登録用URL」が送られてきますので、メールに記載の手順に沿って手続きして下さい。

まだみずほ銀行の口座をお持ちでない方

普通預金口座との同時申込を希望する方は、通帳が送られてきますので、受け取りを確認後、カードローン口座の開設とキャッシュカードが自宅に送付されます。

普通預金口座との同時申込を希望でない方には、まず口座開設の契約書類が送られてきます。

カードローン契約には、みずほ銀行の普通預金口座が必要となるので、契約書類に必要事項を記入し返送して下さい。また、インターネット支店を希望する場合は、「みずほ銀行インターネット支店」から請求して下さい。

普通預金口座開設完了後、カードローンの契約書類に必要事項を記入して返送して下さい。

契約完了後

カードローン口座開設が完了した旨がメールで通知されます。その後、「契約内容確認書」が自宅に送付されます。

みずほ銀行カードローンの利用方法

キャッシュカード兼用型を選択した方

カードローンの契約手続き完了後、お手持ちor届いたキャッシュカードですぐに利用可能です。

カードローン専用型を選択した方

カードローンの契約手続き完了後、1~2週間でカードローン専用カードが自宅に届き次第、利用することができます。

利用可能ATM

全国のみずほ銀行や提携金融機関、ゆうちょ銀行、コンビニなどのATMで、利用限度額の範囲内で繰り返し利用できます。

コンビニATMは、セブン銀行、イーネット(ファミマ)、ローソン等です。

※キャッシュカード兼用型の場合、提携金融機関やゆうちょ銀行で利用できない取引もあるので注意しましょう。
※利用するATMによっては、一部お取扱いが異なる場合があります。

みずほダイレクトでの利用方法

みずほダイレクトを利用中の方は、パソコン・スマートフォン・電話から借り入れすることができます。ちなみに、みずほダイレクトを利用するには、別途申込が必要となります。

カードローンの借り入れは、月曜日~金曜日の0時~15時に利用可能となっています。

※この利用可能時間は、インターネットバンキングおよびモバイルバンキングに限ります。テレホンバンキングにつきましては、利用時間が異なるので注意して下さい。
※土日祝日は利用不可です。

自動貸越機能について

自動貸越機能は、キャッシュカード兼用型のみで利用できる機能です。

自動貸越機能とは、キャッシュカード兼用型で普通預金を引き出す時に、残高が不足する場合、利用限度額の範囲内で自動的に不足額を融資してくれるサービスです。

みずほ銀行カードローンの金利

ご利用限度額 基準金利 引き下げ適用後の金利
10万円以上100万円未満 年14.0% 年13.5%
100万円以上200万円未満 年12.0% 年11.5%
200万円以上300万円未満 年9.0% 年8.5%
300万円以上400万円未満 年7.0% 年6.5%
400万円以上500万円未満 年6.0% 年5.5%
500万円以上600万円未満 年5.0% 年4.5%
600万円以上800万円未満 年4.5% 年4.0%
800万円 年2.0% 年1.5%

借入金利は変動金利で、金融情勢などにより都度変更されます。

金利については、みずほ銀行が審査した上で、どちらのプランで提供するか決定します。

※住宅ローンの利用で、みずほ銀行カードローン基準金利から金利を年0.5%引き下げてくれます。(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。)
※借入日の借入金利が返済まで継続して適用されるのではなく、実際に適用される借入金利は、借入残高のある当日の借入金利が適用されます。

みずほ銀行カードローンの返済方法

自動引き落し

毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)に、前月10日の現在の利用残高に応じて、残高スライド方式により、みずほ銀行の返済用普通預金口座から自動引き落としされます。

なお、引き落としは、返済日当日の夜間となっています。

返済日の前日までに、必ず返済額以上の金額をみずほ銀行の返済用普通預金口座に入金することを心掛けましょう。

残高スライド方式

前月10日のご利用残高
(貸越元金への利息の組み入れ後の残高)
毎月のご返済額
1万円未満 前月10日現在のご利用残高
1万円以上100万円以下 1万円
100万円超200万円以下 2万円
200万円超300万円以下 3万円
300万円超400万円以下 4万円
400万円超500万円以下 5万円
500万円超600万円以下 6万円
600万円超700万円以下 7万円
700万円超800万円以下 8万円

※借入金利の見直しにより、毎月の返済額が利息額を下回る場合があります。

任意返済

ATMから随時返済することもできます。

ちなみに、任意返済を行った場合も、通常の毎月10日の返済用普通預金口座からの自動引き落としはあるので注意しましょう。

※ATMで貸越利息の清算はできません。貸越利息も含めた貸越残高を全額清算される場合は、みずほ銀行店頭での手続きが必要となります。

みずほダイレクトによる任意返済

みずほダイレクトを利用中の方は、パソコン・スマートフォン・電話から随時返済がすることができます。また、みずほダイレクトを利用したい場合は、別途申し込みが必要となります。


カードローンの返済は24時間可能ですが、月曜日~金曜日の15時00分以降および土日祝日の受付分は翌営業日扱いとなります。

この返済も任意返済となるので、別途指定口座から毎月の返済は通常通りあります。

みずほ銀行カードローンのQ&A

みずほ銀行カードローンに関してよくある質問をまとめています。申し込み前に参考にしてください。

みずほ銀行で住宅ローンを利用すると何か特典はありますか?
みずほ銀行カードローン契約時に、みずほ銀行で住宅ローンを利用中の方は、基準金利から金利を年0.5%引き下げてくれます。 ※本カードローンの利用店で住宅ローンを利用している場合に限ります。 ※フラット35の方については、店頭で申し出があり、みずほ銀行が住宅金融支援機構からお客さま情報の提供を受けることについて同意される方に限ります。 ※なお、住宅金融支援機構融資、一部提携住宅ローンなど、カードローンの金利引き下げの対象外となる住宅ローンも存在しますので、詳しくは住宅ローンの利用店へ確認して下さい。
みずほ銀行カードローンを家族で内緒で利用することはできますか?
みずほ銀行カードローンを、家族にバレないように利用するのは難しいでしょう。 いくつか理由はありますが、まず、通常の返済方法が口座引き落としのみなので、通帳を見られたら一発でバレてしまいます。 また、申し込み手続きの段階でも、正式契約の終了後に「契約内容確認書」が自宅に送付されますので、そこでも家族に知られてしまうリスクがあります。
みずほ銀行カードローンの「スイングサービス」とはどのようなサービスですか?

下記の2つのサービスのことを「スイングサービス」と言います。

自動融資サービス

自動融資サービスとは、 公共料金やクレジットカードの自動引落し等で、みずほ銀行の返済用普通預金口座の残高が不足する場合に、利用限度額内で不足分を自動的に融資してくれるサービスです。

ただし、預金の払い戻しやカードローンの返済等、このサービスの対象外の取引があることに注意しましょう。

自動振替サービス

自動振替サービスとは、カードローン口座へのカードによる入金時に、入金後の残高がプラスになった場合、そのプラス残高部分をみずほ銀行の返済用普通預金口座に自動的に入金してくれるサービスです。

スイングサービスの注意点

キャッシュカード兼用型の場合、自動振替サービスのみ自動的に付加されますので、自動融資サービスを希望の場合は、別途申し込みが必要となります。

カードローン専用型の場合、スイングサービスの申し込みは、2つの両サービスの申し込みとなります(いずれか一方のみの申し込みは不可)。

自動振替サービスは、みずほ銀行ATM・コンビニATM(イーネット・ローソン)のみ利用できます(セブン銀行ATMでは不可)。

既に「総合口座貸越選択サービス」または「貯蓄預金スイングサービス」を利用している方は、このスイングサービスを利用することはできません。

公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローンの審査に関する口コミ

合計:1件  総合評価: 4
口コミ一覧ユーザー ぽんずさん

4

2017/05/29

口座を持っていたので

24歳の頃に申し込みをしました。
口座を持っていたのでスムーズに申し込みが出来ました。
200万円以下だったのであれこれ用意する必要もなく、簡単な手続きでした。
金利が低いのが良いと思います。
毎月口座から引き落とされるので、うっかり返済を忘れた!などと言うこともなく、便利です。
大手の銀行なので、安心感もありました。

もっと見る

口コミを投稿する

お名前(ハンドルネーム)
評価(星の数を選択してください)
タイトル記入欄
本文記入欄
口コミを投稿する

絞り込み条件で探す

条件を選択してください

借入希望額
審査時間
融資時間
職業

公式サイトはこちら