目的別で探す

バンクイックと三井住友銀行カードローンはどっちがいい?金利・返済額など7項目を比較

銀行カードローンの中で最も人気のカードローンである三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」と三井住友銀行カードローンはどちらが借入する上で良いのかについて比較して調べてみました。

即日融資を受ける場合

まず、即日融資を受ける場合どちらが即日で借入できる可能性が高いかについて比較します。

元々、銀行のカードローンで即日融資を受けることはほとんど不可能だったのですが、バンクイックと三井住友銀行に関しては、消費者金融に負けないくらい即日融資ができる体制を整えてくれています。

即日融資を受ける方法は、どちらのカードローンも同じで、各銀行の普通預金口座がある場合と無い場合で方法が違ってきます。

各銀行の口座を持っている場合

まず、三菱東京UFJ銀行の口座、三井住友銀行の口座のどちらかを持っていれば、口座を持っている銀行のカードローンであれば振込で即日融資を受けることができます。

審査自体は、銀行の保証会社によって行われ、バンクイックの場合はアコム、三井住友銀行の場合はSMBCコンシューマーファイナンスが審査を行います。

どちらも大手消費者金融で、審査のノウハウが確立されているため、審査スピードは早く、最短30分で審査が完了します。

審査が終わった時間が、平日の14時までであれば、各銀行の口座に振込で融資を行ってくれるため、その日のうちに借入することができます。

なので、平日にカードローンの申込を検討されている方で、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座を持っている場合は、お昼の12時くらいまでを目処に審査申込を済ませておく事で、振込で即日融資を受けることが可能です。

その後の借入や返済は、後日郵送で送られてくるローンカードを利用して行う形になります。

三井住友銀行はカードレスで利用することもできる

三井住友銀行は普通預金口座のキャッシュカードを持っている場合はキャッシュカードにローン機能をセットすることができます。

条件として、三井住友銀行のネットバンキングであるSMBCダイレクトを利用している必要があるのですが、SMBCダイレクトを利用している方は、インターネットバンキング専用の申込ボタンがあり、そちらから申込できるようになっています。

上記の画像は、三井住友銀行の公式サイトから申込をする際にある申込ボタンですが、SMBCダイレクトを利用している方はこちらのボタンを押して申込すると、ローンカードを発行する必要がなく、キャッシュカードをATMに入れるとカードローンという項目が増え、借入ができるようになるため、こちらから申込するようにしましょう。

銀行の口座が無い場合

三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行の口座を持っていない場合でも、バンクイックと三井住友銀行カードローンは即日融資を受けることができます。

この2つのカードローンは、専用のローンカードを発行していて、WEBで審査申込をした後に、各銀行の支店窓口にある契約機に行って契約手続きを行うことで、その場でローンカードを発行することができ、併設されているATMでお金を引き出すことができます。

バンクイックは三菱東京UFJ銀行の支店内に「テレビ窓口」という契約機が設置されていて、三井住友銀行は、支店内に「ローン契約機」という契約機が設置されています。

また、三井住友銀行に関しては、三井住友銀行のローン契約機以外にも、SMBCコンシューマーファイナンス プロミスが全国各地に設置している自動契約機でもローンカードを発行できるため、近隣に三井住友銀行は無いけど、プロミスの自動契約機はあるという方は、そちらで発行した方が便利です。

金利

2つのカードローンの金利を比較してみるとバンクイックは年1.8%〜年14.6%、三井住友銀行カードローンは、年4.0%〜年14.5%と、ほとんど違いはありませんが、若干三井住友銀行のカードローンの方が金利が低いという事がわかります。

ただ、初回の借入の際は、必ずと言っていいほど、上限金利が適用されるため、上限金利で比較した場合は0.1%しか差がないため、返済総額はほとんど変らないと思っておいてよさそうです。

限度額

次に限度額を比較します。

限度額とは、借入時に最高いくらまで与信枠を与えられるかの上限金額なのですが、正直、この数値はあまり見る必要はありません。

なぜなら、上限金額までの与信枠を与えられる方はほとんどいないからです。

下記で解説する、おまとめローン利用の場合、新規の借入に比べて高額の枠が与えられることはありますが、それでも上限の金額まで初回から借入できることはほとんどありません。

一応、バンクイックの上限金額は500万円、三井住友銀行の上限金額は800万円と設定されていますが、この上限金額は無視しておいて良いです。

返済金額

次に、毎月の返済金額について比較していきます。

金利が低いカードローンでも、借入した後の月々の返済額が高い場合は、負担が大きく返済できないという可能性があります。

例えば、みずほ銀行やオリックス銀行は、毎月の返済金額が高く、最低10万円の借入の場合でも、月々7,000円〜10,000円の金額を返済する必要があります。

そのため、毎月の負担を少なくしたいという方は、実は低金利を選ぶよりも、月々の返済金額の少ないカードローンを選んだ方が負担が少なくなるためおすすめです。

そのことを踏まえてバンクイックと三井住友銀行のカードローンの返済金額について比較していきます。

バンクイックの月々の返済金額(借入利率年8.1%超の場合)
借入残高 返済金額
10万円以下 2,000円
10万円超〜20万円以下 4,000円
20万円超〜30万円以下 6,000円
30万円超〜40万円以下 8,000円
40万円超〜50万円以下 10,000円
50万円超 残高が10万円増える毎に2,000円増加
バンクイックの月々の返済金額(借入利率年8.1%以下の場合)
借入残高 返済金額
10万円以下 1,000円
10万円超〜20万円以下 2,000円
20万円超〜30万円以下 3,000円
30万円超〜40万円以下 4,000円
40万円超〜50万円以下 5,000円
50万円超 残高が10万円増える毎に1,000円増加
三井住友銀行カードローンの月々の返済金額
借入残高 返済金額
50万円以下 10,000円
50万円超~100万円以下 15,000円
100万円超~150万円以下 20,000円
150万円超~200万円以下 25,000円
250万円超~300万円以下 35,000円
300万円超〜350万円以下 40,000円
350万円超~400万円以下 45,000円
400万円超 50万円増える毎に5,000ずつ増加

上記は、各カードローンの月々の返済金額の表ですが、最低返済金額を比べると、バンクイックは月2,000円、三井住友銀行は月10,000円と大きく異なる事がわかります。

毎月の負担を抑えたいという方は、バンクイックが月々の返済負担が少ないためおすすめです。

「毎月の負担は大きくても早く返済したい」という方は、パッと見ると三井住友銀行の方がいいように見えますが、実はそうではありません。

バンクイックに限らず、全てのカードローンに言えることですが、カードローンの返済は毎月の約定返済の他に、任意の金額を随時振り込みで返済することも可能です。

そのため、バンクイックで月1万円以上返済することもできます。

返済日にお金が無い時があるかもしれないということを考えると、最低金額が少ないバンクイックを選んで、余裕がある時に一括返済など、任意で返済するのが一番返済の自由度が高いと言えます。

審査通過率

バンクイックも三井住友銀行カードローンも、審査通過率は公表していないため、どちらの審査通過率が高いかという点を比較することは厳密にはできません。

しかし、どちらのカードローンも、保証会社を利用していて、審査は保証会社が行うため、保証会社で比較することは可能です。

保証会社は、バンクイックがアコム、三井住友銀行カードローンはSMBCコンシューマーファイナンスとなっています。

どちらも最大手の消費者金融で、この2社は審査の通過率をIR情報で公表しています。

アコムの審査通過率 約48%

アコムの審査の通過率

プロミスの審査通過率 約40%

プロミスの審査通過率

上記の表は、各公式サイトのIR情報から抜粋してきた表ですが、審査通過率を比較すると、アコムの方がプロミスに比べて約8%ほど平均の審査通過率が高いということがわかります。

そのため、アコムを保証会社として利用しているバンクイックの方が、審査通過率が高い可能性はあります。

おまとめローンとしての利用

すでに消費者金融や他の金融機関から借入があって、借り換え・おまとめローンとして利用する場合についてですが、おまとめ・借換目的で借入するなら三井住友銀行がおすすめです。

おまとめ・借換ローン自体は、どの銀行でも利用できるようになっているのですが、すでに複数社から借入がある方からの申込となるため、金融機関によってはあまり積極的に宣伝はしていません。

バンクイックの公式サイトのカードローンページを見ても、おまとめローンについては何も触れていなかったため、おまとめ目的で利用する場合は、審査申込後に電話をしてオペレーターにおまとめ目的であるということを伝える必要があります。

そうしないと、すでに借入がある状態で更に新規で借入しようとしいると思われるため、審査に通過するのが厳しくなってしまう恐れがあります。

三井住友銀行のカードローンは、バンクイックとは違い、おまとめローンとしても利用可能と、公式サイトで宣伝しています。

更に、申込フォームの入力欄にも、利用目的で「借入返済資金」と選択する欄があり、こちらを選択することで、借り換え・おまとめ目的で借入するということが銀行側もわかるため、それを考慮して審査を行ってくれます。

心配な方は、バンクイックと同様に、審査申込後に電話でオペレーターに伝えると確実です。

実際に三井住友銀行カードローンはおまとめや借り換えとして利用したという口コミも多いため、おまとめ目的で利用するなら三井住友銀行に分があるでしょう。

また、おまとめローンについて検討している方は、バンクイックや三井住友銀行だけではなく、オリックス銀行などもおまとめローンにとても力を入れています。

おまとめローンについて詳しくは、「おまとめローンの正しい利用方法と審査に通過するコツ」というページで紹介しているため、合わせてそちらもご覧下さい。

専業主婦が借りる場合

最後に、専業主婦の方が借入する場合について比較します。

専業主婦の方は、現在は総量規制によって消費者金融から借入することができないため、多くの方がバンクイックや三井住友銀行のカードローンを利用しようとして申込をしているようです。

ただ、銀行のカードローンは専業主婦でも借りれるのかというと、実はそうではなく、銀行によっては専業主婦に貸付を行っていないケースもあります。

バンクイックと三井住友銀行のカードローンの専業主婦の方への貸付の条件を見てみると、

バンクイックは「契約者に収入が無くても配偶者に収入があれば借入可」となっていますが、三井住友銀行カードローンは「契約者に安定した収入が必要」となっています。

つまり、三井住友銀行は、働いていない専業主婦の方はそもそも借入ができないということがわかります。

これを知らずに申込をしてしまう主婦の方は多いようで、バンクイックなら上限は30万円までとなってしまいますが、専業主婦でも借入はできるし、大手の銀行で借入をしたい専業主婦の方はバンクイックに申込をした方がいいです。

まとめ

様々な項目で三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」と三井住友銀行のカードローンを比較してきましたが、どちらもメガバンクのカードローンで、スペックは非常に高く、金利や限度額では優劣がつけにくい結果となりました。

ですが、各カードローンで若干特徴に違いがあるということもわかりました。

簡単にまとめると、即日融資を受けるなら、どちらも差はなく、口座を持っている方や、近くに支店窓口がある銀行で契約すればいいですが、月々の返済金額を抑えたい場合は、三井住友銀行よりもバンクイックの方が最低返済金額が少なく負担が少ないため、バンクイックがおすすめです。

また、専業主婦の方が借入する場合も、三井住友銀行は専業主婦の方への貸付を行っていないため、バンクイックでしか契約することはできせん。

ただ、他社の借り換えやおまとめで検討していた方は、三井住友銀行の方が借り換え・おまとめに積極的で、いい口コミも多いため三井住友銀行を選んだ方がいいでしょう。

カードローンの詳細を見る

カードローン絞り込み検索

 [必須] 条件を選択してください。

借入希望額

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 審査時間

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 融資時間

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 職業

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
 絞り込み条件(※未選択でもOK)
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

上に戻る