目的別で探す

葬式の費用が払えない場合

親が亡くなる…考えてくはないですが起こりうる不幸です。

しっかりと長生きして人生を全うされてお亡くなりになられたら子どもも納得なのですが、突然の事故や病気で亡くなられると辛くて耐えれないでしょう…

しかし、そんな時にも降り掛かってくるのがお金の問題で、まだ子どもが若いうちに突然亡くなってしまった親の葬式費用が払えないというケースが多いんです。

亡くなられてからすぐにお通夜、葬式が行われるため、費用が用意できない方は、葬儀社が提携している「葬儀ローン」を利用することになります。

葬儀ローンはローン会社や信販会社、銀行も融資していますが、現在葬儀社と提携している葬儀ローンはオリコJACCSだけです。

ほとんどがJACCSで葬儀ローンを組む事になるのですが、金利が7.2%程度なので、消費者金融で借りるよりも金利は割安になります。しかし、消費者金融でキャッシングした方が良い事例があります。

それは、「生命保険や香典ですぐに返済できる場合」です。

お葬式を執行うと、親族の方々がお香典を持ってきてくれるため、多少負担は軽減されます。そして、ほとんどの方は生命保険に入られているはずなので、亡くなられると生命保険がもらえます。また、親の資産の相続もあります。

生命保険や相続預金は亡くなってすぐにはおろせませんが、それらのお金で一括で返済できるなら、葬儀ローンで借りるよりもキャッシングをして返済した方がおトクなんです

なぜなら、キャッシングには「無利息期間」を設けている場合があるからです。

現在では、プロミスとアコムが30日間無利息キャッシングを行っています。30日以内に生命保険や相続の手続きを済ませ、お金を引き出して返済すれば1円も利息を支払わなくて済みます。

消費者金融は聞こえは悪いかもしれませんが、葬儀ローンを利用するのも消費者金融も利用するのも、変わりません。だったら金利を払わなくて済むキャッシングの方がおトクなんです。もしお葬式で急な出費が必要になったら是非活用してみて下さい。


上に戻る