目的別で探す

出産費用の差額が払えない

出産費用が払えないという理由でカードローンを利用する方はとても多いです。

管理人も経験したのですが、出産の費用は行政から補助金が出るから全くお金がかからないと思っていました。

だけど、病院によっては大きく補助金を上回り、追加分は保険無しで自分で支払わなければいけません。

管理人の場合は、初めての出産で安心できるよう、大きな病院で出産させることにしました。

すると、退院時に来た請求がなんと補助金を約30万円も上回っていました。

しかも管理人の妻はとても難産だったため、陣痛促進剤や、鎮痛剤を打ったり、1日で産まれなかった場合は入院費用が追加でかかったりと、費用がどれだけ増えているのかが全く分からず、全ての明細が出たのが退院前日だったため、明細を見て驚いた記憶があります。

出産費用をカードローンで払おうと考えている方はどれくらいの金額が必要なのかはギリギリにならないと分からないと思うので、カードローンを利用するなら消費者金融系のカードローン会社をオススメします。

消費者金融系のカードローン会社なら、50万円までの借入には収入証明書が不要なので、特別準備するものはありません。

免許証があれば十分です。

さらに即日融資で対応してくれる会社もたくさんあるため、支払いが翌日だったとしても余裕を持って申し込みをすることができるのです。

急遽入院が長引いた場合…

出産は命がけの行為です。

妻子ともに無事に産まれてくれば良いのですが、そうならないケースもたくさんあります。

うまく分娩できずに帝王切開になってしまったり、産まれてきた子どもの容態が悪く、別の病院に運ばれてNICUに入れられたりすることもたくさんあります。

その時は妻子の無事を祈ることしかできないと思いますが、もう一つ嫌なことが頭によぎってしまいます。

そう、手術費用や入院費用です。

これらの費用は、退院後、高額医療費として後で手元に返ってきますが、一時的に立て替える必要がありますし、自己負担限度額までは自分で支払わなければなりません。

しかし、この高額医療費の場合は、健康保険から借入することもできるようです。

この制度を「高額医療費貸付制度」と呼びます。

通常高額医療費の助成は、決定までに約3ヶ月かかり、その立替などが不可能な場合が多いため、健康保険から高額療養費支給見込み額の8割を無利子で貸付してくれる制度だそうです。

もしも奥様や子どもが入院することになって、医療費がかなり高くなってしまうという方は、まずこの制度を利用することをおすすめします。

参考 : https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3170/sbb31716/1944-2531

出産費用に関する情報


上に戻る