目的別で探す

退去費用を払えない

引越の時につい忘れてしまう費用が「退去費用」です。

新たな家が決まり、敷金礼金などの初期費用も払い、引越業者も決まってお願いした時点で、すでにかなりの出費がかさんでいるため、これでとりあえず引越ができると思っていたら、今の家の退去時に「退去費用」が必要なことを忘れていて、退去費用が支払えないというケースが増えています。

敷金を払っていない場合は退去費用は高めに

退去費用とは、基本的に、入居時に支払いした敷金から相殺されます。計算方法は下記の通りです。

退去費用=敷金-(ハウスクリーニング費用+破損箇所の修復代)

ハウスクリーニングの相場は大体25,000円程度なので、特になにも破損箇所などがなければ、敷金から25,000円が引かれ、残りが手元に戻ってきます。

しかし、問題は「破損箇所の修復代」です。

賃貸物件は、経年劣化が認められるものに関しては、修復義務はオーナーにあるため、住人がお金を払って修復する必要はありませんが、経年劣化では無い破損箇所に関しては、住人に修復義務があります。

例えば、タバコによる壁の黄色化です。タバコを室内で吸ってもよいというオーナーはほぼ間違いなくいません。

しかし、多くの人が家の中でタバコを吸ってしまい、壁が黄色くなってしまいます。この黄ばみがひどいと、ハウスクリーニングではキレイにできないため、クロスの張り替えになります。

このクロスの張り替えは全面張り替えになるため、かなり高額で、10万円を超えるケースもあります。他にも、窓ガラスを割った、画鋲で壁に穴を開けた、なども経年劣化では無いため、住人に修復義務があります。

これらの費用は、敷金を払っていれば、敷金から相殺されますが、敷金を払わずに入居していた場合は、新たに請求される形になります。

悪徳業者には注意

滅多にありませんが、退去時に何かと理由を付けて、色々請求している業者がいることも事実です。
しかし、賃貸の原状回復義務に関しては、国土交通省が「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」という一定の基準を設けてくれているため、退去費用があまりに高額で怪しいなと感じたら、ガイドラインを確認してみてください。本来払う必要が無いものまで請求されている可能性があります。

このガイドラインに記載されている、住人が支払い義務が生じるもの以外は支払う必要はありませんので、一度確認してみて下さい。

引っ越し代金を安く抑える

退去費用を払えない場合、引越し代金を少しでも安く抑えて、退去費用に補填するという方法があります

引越しの料金は、お願いする業者によって大きく異なります。一般的には、引越しのシーズン(春休みなど)は、普段よりも高い料金になっていることもありますが、たまたま希望の日時が空いている業者や、近くで引越しの作業が入っている業者などは、普通よりも安い料金で引越しを行ってくれるケースがあります。

そういった条件にあった業者を探すためには、「引越しの見積もりサービス」を利用することをおすすめします。

引越し業者に直接電話をして見積もりを依頼すると、現地に見に来て見積もりを取る流れになって、そのままその業者にお願いすることがほとんどのため、通常よりも高めの料金を請求されることがほとんどです。

しかし、引越しの見積もりサービスを利用することで、複数社から見積もりを取ることができるので、引越し業者が見積もり料金を釣り上げることが無くなるだけでなく、条件によってはかなり割引してくれる業者が出てくることもあります。

引越し見積もりサービスを利用した場合と、そうでない場合、単身の引越しでも3~5万円程引越し料金が変わってくることがあります

退去費用が高くなってしまって思わぬ出費が増えてしまったという方は、引越しの料金を下げることで少しでも引越しにかかる総額を減らす努力をしてみましょう。

オススメの引越し見積もりサイト

引越しの見積もりを行なうなら、引越し価格ガイドがオススメです。200社以上の業者の中から10社まで無料で見積もりを取ることができ、最も安い見積もりを出してくれた業者ニお願いすることで、確実に引越し代金を安く抑えることができます。

引越し見積もりサービスは複数ありますが、業者数が多い引越し価格ガイド一つで十分なので、他を利用する必要はありません。

引越し価格ガイド

それでも払えない場合

ガイドラインを見たけど、クロスの張り替えや、ガラスの修復など、明らかに住人に支払い義務がある内容で、どうしてもそのお金が足りないため支払えないという場合は、他に打つ手はありません。

貸し主と交渉して、支払い期日を伸ばすことは可能でしょうが、貸し主が個人ではなく、法人が所有している賃貸物件の場合は、期日の延長も難しいでしょう。

そういった場合は、カードローンで借入して支払うという方法もあります。

プロミスやアコムなど、大手の消費者金融のカードローンなら、50万円以内の借入であれば、貸付実績も豊富なので、借入できる可能性は十分にあります。

また、返済も、ミニマムペイメント方式で、毎月最低限の決められたお金を返済していればいいため、新生活の負担も少なく済みます。

利息が取られるため、もちろん早く繰り上げ返済するにこしたことは無いですが、一括支払いできない支払いがある時、カードローンは分割で返済することができるため、重宝します。

退去費用が支払えない方はカードローンを利用して支払うことができるということも頭に入れておきましょう。

オススメのカードローン

SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

即日キャッシングをするならプロミスがおすすめ
急いでお金を借りたいという方に人気のカードローンは、SMBCコンシューマーファイナンスプロミスです。プロミスは、平日14時までに契約完了で即日振込、土日祝日でも即日キャッシングが可能です。全国にある無人契約機だけでなう、三井住友銀行のローン契約機でもカードを発行できるため、使い勝手は抜群です。
※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録と、WEB明細利用の登録が必要です。
※即日振込は平日14時までにWEB契約完了が必要です。

実質年率 借入上限 審査時間 即日振込 即日融資
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分
在籍確認 返済方法 申込資格 収入証明書 保証人
有り コンビニATM
無人契約機
20~69歳 50万円以下の借入の場合は不要 不要
プロミスの詳細 プロミス公式サイトへ

上に戻る