カードローンで多重債務に


カードローンを一度使ってしまうと、味をしめて何社とも契約してしまう方が多いです。カードローンの性質上、お金を借りているはずなのに、形はローンカードからお金を引き出す方法なので、まるで自分のお金のような錯覚に陥ってしまいます。

しかし、これはれっきとした借金なので、毎月返済しなければいけませんし、利息も払わなければいけません。1社を上限金額いっぱいまで借入したことで、それ以上借入ができなくなり、他の消費者金融で新たに契約し、借入したお金で違う会社の借入を返済する。

このように、他で借りて返済を繰り返していくうちに、どんどんと債務が膨れ上がって、多重債務者となってしまいます。多重債務者になってしまうと、新規で借入できる可能性がどんどんと低くなります。改正貸金業法が施行さえてから、債務者は、総量規制で定められた年収の3分の1以上の借入はできなくなったため、借金が膨らむと新たに借入できなくなります。

そのような状態になってしまうと、借金も返せなくなり、債務整理をするしかなくなってしまうのですが、債務整理を行なう前に利用できる最後の手段が「おまとめローン」です

おまとめローンは、多重債務者向けのローン商品で、複数社から借入している金額を1社で借入し、他の会社の借金を返済して、1社にまとめることができる便利なローンです。また、おまとめローンは、商品の特性上、総量規制の適用除外の貸付となっているため、すでに年収の3分の1の借入がある方でも、おまとめローンを利用して借入することができます。

なぜ総量規制の対象外の貸付になるのかと言うと、総量規制には例外貸付条項というものがあって、おまとめローンはその例外貸付条項にあたるためです。その内容は「顧客に一方的に有利な借換え」にあたるそうで、日本貸金業協会がおまとめローンは債務者に有利なサービスと認めてくれています。

複数社から借入すると、どの消費者金融も上限金利での借入となっていることが多く、毎月の返済金額と利息が膨れ上がりますが、おまとめローンの利用によって、1社に絞ることで、金利も低くすることができるし、毎月の返済額も抑えることができます。もし、現在多重債務に陥っていて、毎月の返済金額が払えない状態の方は、債務整理の前に、おまとめローンを利用して金利と返済金額を低くする方法を考えましょう。