西日本シティ銀行カードローンの審査の流れと金利などの借入スペック

西日本シティ銀行カードローン

西日本シティ銀行のカードローンは女性専用のカードローンも利用可能

西日本シティ銀行カードローンは正社員でなくても申し込み可能なカードローン「キャッシュA(エース)プラス」や、女性専用のカードローン「キレイのトビラ」、年収400万円以上で住宅ローンを利用している方向けの「V-CLASS」など、様々なカードローンがあるため、状況によって選ぶことができます。

実質年率 年13.0%~14.0%
借入限度額 最大500万円
審査時間 -
即日融資

公式サイトはこちら

西日本シティ銀行カードローンのおすすめポイント

  • POINT来店不要で申し込み可能

  • POINT専業主婦の方も申し込み可能

  • POINT金利年13.0%~14.0%

  • POINT利用限度額200万円

西日本シティ銀行カードローンの詳細

融資限度額 最大500万円
金利適用方式 単一金利
借入利率 年13.0%~14.0%
遅延利率 20%
返済方式
返済日 毎月一定日
申込対象者 満20歳以上満69歳以下の方 ※パート・アルバイト・専業主婦・年金受給者の方も利用可能 ※専業主婦の方は配偶者に安定した収入がある場合 西日本シティ銀行の近隣に居住・勤務している方 保証会社の保証を受けれる方
使いみち 生活資金
保証人 不要

西日本シティ銀行カードローンの審査の流れ

西日本シティ銀行カードローンの審査申込は、カードローン商品によって流れが変ってきますので、一つ一つ解説していきます。

キャッシュエース

西日本シティ銀行の中で最も標準的なスペックのカードローンである「キャッシュエース」の審査申込は、WEB上から行うことができます。

西日本シティ銀行の公式サイトから申込することができ、現在西日本シティ銀行の普通預金口座を持っていない方でも利用することができます。

ただ、西日本シティ銀行の口座を現在持っていない方は、カードローン契約時に普通預金口座解説する必要があります。

すでに普通預金口座を持っている場合は、銀行に行かなくても来店不要で契約することができる、「ネットde完了」を利用することができます。

審査に通過すると、西日本シティ銀行のATMや全国のATMで、キャッシュカードを入れると、カードローンメニューが利用できるようになり、借入できるようになります。

キレイのトビラ

キレイのトビラの申込は、キャッシュエースと同じように、インターネットで西日本シティ銀行の公式サイトから申込することができます。

また、キレイのトビラはカードローン利用が不安な女性向けのカードローンですので、女性オペレーターが相談してくれるフリーダイヤル(0120-714-919)も用意しているので、申込前に相談してみるのも良いでしょう。

審査申込をすると、本人確認や在籍確認のため、自宅や会社に電話で連絡があります。

その際は担当オペレーターの個人名で電話があるので、カードローンの申込が他人にバレるという心配はありません。

審査に通過した場合は、郵送か、銀行の窓口で借入申込書を記入して提出します。

不備なく手続きを終えたら、西日本シティ銀行の口座に入金してくれて、利用できるようになります。

V-CLASS

V-CLASSの審査申込は、他のカードローンと同じくインターネットで申込することができます。

V-CLASSは西日本シティ銀行の普通預金口座を持っていれば、審査通過後に来店する必要なく契約することができます。

口座を持っていない場合や、使用用途が借り換えやおまとめの場合は、来店が必要になるケースもあるようなので、申込後オペレーターに確認しましょう。

審査に通過したら、郵送などで借入申込書を提出して、その後口座に指定金額を入金してくれて利用できるようになります。

その他の特徴

在籍確認について

西日本シティ銀行カードローンはどの商品も必ず在籍確認が行われます。

在籍確認の方法は、一般的なローンの在籍確認と同じで、電話で審査担当のオペレーターから職場に連絡があります。

ローンの在籍確認は、第三者にローンの申込をしているということがバレてはいけないため、必ず電話担当の個人名で連絡が来る事になっていますが、カードローン申込者の中には、会社に電話がかかってくる事自体ほとんど無く、電話が来ると怪しまれると心配される方もいます。

そういった方は、西日本シティ銀行カードローンはあまり向いていないかもしれません。

銀行カードローンの中でも、在籍確認が必須でないカードローンもあります。代表的なカードローンは、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックです。

バンクイックは、在籍確認を義務づけておらず、借入希望金額などによって、必要であれば在籍確認を行うというスタンスなので、小額の借入に関しては、在籍確認自体行われない可能性もあります。

その他にも、プロミスは、電話での在籍確認に対して要望がある場合、申込完了後に電話すればが相談に乗ってくれるそうです。

在籍確認について、詳しくは「在籍確認なし・電話連絡なしで借入できるカードローンはあるの?」というページで解説しているので、合わせてそちらもご覧下さい。

西日本シティ銀行のおまとめローン「NCBおまとめローン」

西日本シティ銀行は、新規貸付のカードローン商品以外にも、複数の借入を一本化させることで、金利や毎月の返済額の負担を少なくするおまとめローン商品も扱っています。

NCBおまとめローンという商品なのですが、借入金額が最高500万円、金利は年4.5%〜年15.0%の範囲で、他社の債務を借り換えすることができます。

「ローンメタボ診断」というサービスを行っていて、現状の借入残高の合計、毎月の返済額、ボーナス月の加算額、年収の4項目を入力するだけで、今のローンの無駄な部分を指摘してくれます。

ncb1

例えば、借入残高が100万円で毎月3万円返済・ボーナス月の加算額を5万円、年収が300万円というケースで診断してみると、

ローンメタボ度100%と診断されます。

この場合、NCBおまとめローンで一本化させることで、毎月の返済金額を19,297円まで抑えることができ、支払い総額が1,620,928円となります。

ncb2

支払い総額が1,620,928円になっているので、損をするのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、複数社で借入をすることで返済総額がわからなくなってしまっているだけで、複数社で借入をしていて、金利が18.0%で借りている場合などは、支払い総額はもっと膨らんでしまいます。

返済総額を少しでも少なくする、金利を少しでも低くするにはおまとめローンが有効です。

しかし、おまとめローンは全てのケースで得になる訳ではなく、借入状況によっては損をしてしまうという場合もあります。

おまとめローンを正しく使う方法について「おまとめローンの正しい利用方法と審査に通過するコツ」というページで詳しく紹介しています。

西日本シティ銀行でおまとめローンを検討されている方は、そちらのページも合わせて読むことで、本当に得になるかどうかがわかるので、合わせて読んでおくことをおすすめします。

西日本シティ銀行カードローンと三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックを比較

西日本シティ銀行カードローンと、銀行カードローンで一番人気の三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」について比較します。

金利

バンクイックと西日本シティ銀行カードローンのスペックを比較してみると、バンクイックの金利は年4.6%〜14.6%、西日本シティ銀行カードローンの金利は商品によって異なりますが、一番メジャーなキャッシュエースで金利13.0%〜14.95%となっていて、下限金利、上限金利共にバンクイックの方が低い金利で借入できるということがわかります。

下限金利が13.0%と高めになっているのは、キャッシュエースは借入の上限が300万円以内と他の銀行に比べて少額となっているからですが、300万円借入した際の金利が13.0%と考えても、かなり高めに設定されてるカードローンと言えます。

最低返済額

次に毎月の最低返済金額を比較します。

バンクイックは10万円以下の借入の場合は、月々の返済は1,000円〜となっています。

1,000円〜というのは、毎月1,000円という訳ではなく、余裕がある月は任意で返済が可能となるので、10,000円返済することも可能です。

一方で、西日本シティ銀行カードローンのキャッシュエースの場合、20万円以下の返済は5,000円〜となっています。

最低でも月に5,000円は返済する必要があるため、返済が柔軟なのはバンクイックであることがわかります。

専業主婦の借入

次に、銀行カードローンを利用することが多い専業主婦の方が借入できるかどうかについて比較します。

専業主婦の方は、総量規制のため消費者金融でお金を借入することができません。

しかし、銀行のカードローンなら借入ができるかというと実は違って、銀行によっては専業主婦の方へ貸付を行っていない銀行もたくさんあります。

しかし、バンクイックも西日本シティ銀行も、専業主婦の方に対して貸し付けを行っていて、バンクイックの場合は専業主婦の方は借入上限を30万円までとして借入することができ、西日本シティ銀行のキャッシュエースの場合は、審査に基づいて上限金額が決められます。

即日融資の可否

急ぎで借入を希望している方は、審査から借入までを即日で行っている銀行を選ぶ必要がありますが、西日本シティ銀行の場合は即日融資に対応していないためその日のうちに借入することはできません。

現在西日本シティ銀行の口座を持っている方は、キャッシュカードにローン機能をセットして使えるため、審査に通過すればすぐに借入が可能ですが、審査に時間がかかってしまうため、ほとんど翌日以降に持ち越されてしまうようです。

一方で、バンクイックの場合は、審査は最短30分で、審査通過後に三菱東京UFJ銀行の支店にあるテレビ窓口に行ってローンカードを発行することで、その日のうちに審査から借入までを済ませることができます。

西日本シティ銀行とバンクイックの比較表

  バンクイック 西日本シティ銀行
金利 年4.6%〜年14.6% 年13.0%〜年14.95%
最低返済額 1,000円〜 5,000円〜
専業主婦の利用
即日融資 ×

西日本シティ銀行のカードローンとバンクイックを比較しましたが、金利や審査スピードではバンクイックの方がいいということがわかります。

ただ、西日本シティ銀行のカードローンは、現在西日本シティ銀行の普通預金口座を持っている場合は、キャッシュカードにローン機能をセットできたり、残高が足りなかった時に自動融資を行ってくれたりと、便利なサービスもあるため、今西日本シティ銀行の口座を持っている方は、それらのサービスも踏まえて検討するようにしましょう。

>>三菱東京UFJ銀行バンクイックの審査の流れと審査に関する口コミを見る

 

西日本シティ銀行カードローンの詳細

キャッシュA(エース)

利用対象者
  • 満20歳以上満69歳以下の方

    ※パート・アルバイト・専業主婦・年金受給者の方も利用可能
    ※専業主婦の方は配偶者に安定した収入がある場合

  • 西日本シティ銀行の近隣に居住・勤務している方
  • 保証会社の保証を受けれる方
利用限度額 10万円以上300万円以内
借入利率
契約額 年利率(固定金利)
100万円未満 年14.95%
100万円以上 年14.00%
200万円以上 年13.00%
契約期間 1年間毎の自動更新
借入方法 ATMで専用ローンカードで借入できます
返済日

毎月10日に返済用指定口座から自動引き落とし

返済方法
返済日前日の利用残高 返済額
20万円以下 5千円
20万円以上50万円以下 1万円
50万円以上150万円以下 2万円
150万円以上200万円以下 3万円
200万円以上300万円以下 4万円
保証人 不要
保証会社 アコム株式会社・KCカード株式会社
申し込み時に必要なもの
  • 通帳・届出印(通帳が無い方は新規作成)
  • 本人確認資料(原則、運転免許証か写真付住民基本台帳カード)

キレイのトビラ

利用対象者
  • 満20歳以上満60歳以下で安定した収入がある方

    ※会社代表社の方は勤続2年以上
    ※個人事業主の方は営業2年以上
    ※パート・アルバイト・専業主婦・年金受給者の方は申し込み不可

  • 西日本シティ銀行の取引店が近隣にある方
  • 保証会社の保証を受けれる方
利用限度額 10万円以上300万円以内
借入利率
契約額 年利率(固定金利)
100万円未満 年12.95%
100万円以上 年12.00%
200万円以上 年11.00%
契約期間 1年間毎の自動更新
使いみち 自由(事業性資金は除く)
借入方法
  • ATMで専用ローンカードによる借入
  • 自動融資機能
返済日

毎月10日に返済用指定口座から自動引き落とし

返済方法
返済日前日の利用残高 返済額
20万円以下 5千円
20万円以上50万円以下 1万円
50万円以上150万円以下 2万円
150万円以上200万円以下 3万円
200万円以上300万円以下 4万円
保証人 不要
保証会社 九州カード株式会社・九州総合信用株式会社
申し込み時に必要なもの
  • 通帳・届出印(通帳が無い方は新規作成)
  • 本人確認資料(原則、運転免許証か写真付住民基本台帳カード)

V-CLASSのポイント

利用対象者
  • 満20歳以上満55歳以下で安定した収入がある方
  • 西日本シティ銀行取引店が近隣にある方
  • 保証会社の保証を受けれる方
  • 以下のいずれかに該当する方
  • 前年度の税込年収が400万円以上の給与所得者・会社代表者の方
  • 西日本シティ銀行または他行で住宅ローンを契約している方
利用限度額 50万円以上300万円以内
借入利率 年7.1%(変動金利)
契約期間 1年間毎の自動更新
使いみち 自由(事業性資金は除く)
借入方法

ATMで専用ローンカードによる借入
自動融資機能

返済日

毎月10日に返済用指定口座から自動引き落とし

返済方法
返済日前日の利用残高 返済額
20万円以下 5千円
20万円以上50万円以下 1万円
50万円以上150万円以下 2万円
150万円以上200万円以下 3万円
200万円以上300万円以下 4万円
保証人 不要
保証会社 九州カード株式会社・九州総合信用株式会社・株式会社オリエントコーポレーションのいずれか
申し込み時に必要なもの
  • 通帳・届出印(通帳が無い方は新規作成)
  • 本人確認資料(原則、運転免許証か写真付住民基本台帳カード)
  • 収入確認資料(所得証明書・源泉徴収票・住民税課税決定通知書のいずれか)

西日本シティ銀行カードローンのまとめ

西日本シティ銀行のカードローンは、どの商品も西日本シティ銀行の口座を持っている必要があります。

審査申込から契約手続きまで、店頭窓口に行かずに手続きをすることは可能ですが、ローンカードは郵送で送られてくるため、借入までに時間がかかります。

急ぎで借入したいと考えている方は、口座開設不要・来店不要で即日融資にも対応しているバンクイックなど、便利な銀行カードローンを利用した方が手続きをスムーズに進めることができるためおすすめです。

地方銀行とメガバンクのカードローンを比較した時、確実にメガバンクのカードローンの方が貸付実績も豊富で、審査に通る可能性は高くなります。メガバンクなのでもちろん全国対応しているし、金利も低めの設定になっているので、西日本シティ銀行にこだわりが無い方はメガバンクで申込するようにしましょう。

西日本シティ銀行カードローンの審査に関する口コミ

合計:2件  総合評価: 5
口コミ一覧ユーザー 室ちゃんさん

5

2017/06/05

パートで借りれた

私は一人暮らしですが13年前に訳あって審査にどうしても通りませんでした。がパートで通りとても有り難く思いますありがとうございます

口コミ一覧ユーザー 匿名さん

5

2017/06/05

借り入れできた

他社での借り入れや、住宅ローン含め3000万を超えており、転職で自営業になったばかりでした。
保育料の引き落としの口座開設のため来店した際に、担当の方にクレジットカード一体型のキャッシュカードの申し込みとカードローンの申し込みと勧められ、そのまま手続きをしました。
30万円でしたが借り入れすることができました。

カードが届くまでに時間がかかりましたが、他社での借り入れもあり、自営になったばかりだったので、30万円でも通ったことにビックリしました。

毎月の返済金額は1万円です。

もっと見る

口コミを投稿する

お名前(ハンドルネーム)
評価(星の数を選択してください)
タイトル記入欄
本文記入欄
口コミを投稿する

絞り込み条件で探す

条件を選択してください

借入希望額
審査時間
融資時間
職業

公式サイトはこちら