オリックス銀行と三井住友銀行のカードローン、借り換えるならどちらが良い?


消費者金融などのカードローンを利用している場合、低金利の銀行カードローンで借り換えることで、金利を低くすることができ、返済負担を少なくすることが可能です。

ですが、今ある借り入れを借り換える場合、借り入れの形としては、新規で同額の借り入れを受け、その借り入れで自身で他社の返済を行なうと言う形のため、一時的に合計の借り入れ金額が多くなってしまいます。

消費者金融の場合は、高額の借り入れとなると、総量規制と言う貸金業法で定められた規制のため、所得証明書の提出を求められたり、そもそも合計の借り入れが一時的でも、年収の3分の1を超えてしまう場合は借り入れ自体ができません。

ただ、消費者金融は総量規制の例外貸付として、「借り換えローン」「おまとめローン」が利用可能です。

一方、銀行は、貸付に関して、貸金業法ではなく、銀行法に基づいて与信審査を行い、貸付を行なっています。

銀行カードローンは、保証会社が審査を行い、その審査に基づいて貸付を行うため、借り換えやおまとめに強い保証会社を利用している銀行カードローンは借り換えを積極的に行っていますし、反対に、新規貸付に強く、借り換えは積極的に行なっていないと言う保証会社の場合はその銀行で借り換えをすることはあまり向いていません。

借り換えに向いていない銀行カードローンは、三菱UFJ銀行のバンクイックや、ソニー銀行カードローンなど、アコムが保証会社として入っているカードローンです。

アコムは消費者金融最大手で、新規貸付についてのノウハウは豊富ですが、借り換えは積極的に行なっていません。

タイトルにも記載していますが、銀行カードローンで借り換えをするなら、オリックス銀行や三井住友銀行のカードローンがおすすめです。

この二つの銀行は、他社や他の銀行の借り入れの借り換えを積極的に行なっている銀行で、借り換えを検討している人にオススメできる銀行です。

このページでは、オリックス銀行カードローンと三井住友銀行カードローンの各サービスを比較して、どちらがよりおすすめできるかについて解説しています。

金利

まず、借り換えをする際に一番気をつけたいポイントは金利です。

せっかく借り換えて金利を下げようと思ったのに、逆に金利が高くなってしまうケースもあり、借り換えすることで逆に損をしてしまうケースもあります。

また、どのカードローンも、借入金額によって金利は変わります。高額の借り入れになるほど金利は低くなるため、借り換えやおまとめで借り入れを希望する場合は、ほとんどの場合で、上限金利の適用ではなく、その借り入れ金額に応じた金利が適用されます。

なので、借り換えでお金を借りる場合は、上限金利で比較するのではなく、金利の詳細まで見て判断する必要があります。

オリックス銀行カードローンの金利

例えば、オリックス銀行カードローンは、借り換えやおまとめでよくおすすめされているカードローンですが、上限金利を見ると、17.8%と高めに設定されています。

借り換えをする場合は、金利が低い方がいいからという理由でオリックス銀行を避けるケースもあるようですが、実際、金利の詳細を見ると、「100万円未満の借り入れの場合は12.0%〜17.8%」となっていて、12.0%の低金利で借り入れすることも可能ということがわかります。

さらに、100万円以上の借り入れになると、100万円〜150万円以下の金利は6.0%〜14.8%の間で決定されるため、100万円以上の借り入れの借り換えで利用するなら、より低金利で借り入れすることが可能となっています。

オリックス銀行の金利表

利用限度額 借入利率
100万円未満 12.0%〜17.8%
100万円 6.0%〜14.8%
100万円超150万円以下 6.0%〜14.8%
150万円超200万円以下 5.0%〜12.8%
200万円超300万円以下 5.0%〜12.8%
300万円超400万円以下 4.5%〜8.8%
400万円超500万円以下 4.5%〜8.8%
500万円超600万円以下 3.5%〜5.8%
600万円超700万円以下 3.5%〜5.8%
700万円超800万円以下 1.7%〜4.8%

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの金利は、一般的な銀行カードローンの水準で設定されていて、年4.0%〜14.5%となっています。

審査や極度額によって金利が異なるのはオリックス銀行と同じで、100万円以下の借り入れの場合は、年12.0%〜14.5%となっていて、オリックス銀行と比較すると、100万円以下の借り入れの場合の下限金利は同じですが、三井住友銀行の方が上限金利が3%と程低く設定されています。

100万円以上の借り入れの場合、三井住友銀行は100万円超200万円以下で金利が年10.0%〜12.0%、オリックス銀行の場合は100万円コースで6.0%〜14.8%、200万円コースなら5.0%〜12.8%と、下限金利で見た時にオリックス銀行の方が金利が低くなることがわかります。

このように、借り入れする金額によって金利は各銀行で異なるため、いくら借りる必要があるのかを把握した上で、その金額を借りる場合の金利をきちんと把握して利用することでよりお得な形で借り入れすることができます。

三井住友銀行カードローンの金利表

利用限度額 借入利率
100万円以下 年12.0%〜14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%〜12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%〜10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%〜8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%〜7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%〜6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%〜5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%〜4.5%

限度額

借り換えを考える上で、限度額を把握しておくことは大切ですが、カードローンの限度額は、近年どんどん高額化していて、上限500万円まで、上限1,000万円までと、普通の個人向け無担保貸付としての利用では十分な枠があるため、限度額を気にする必要はほとんどありません。

ただ、高額の借り入れをする場合は、もちろん審査も厳し目になります。

銀行カードローンの審査は、所得証明書の提出が求められるので、所得が高く、与信が高い人ほど高額の借り入れも可能となっているため、借り換えできる可能性も高いです。

所得が高く無い方の場合は、すでに高額の借り入れをしている場合は、借り換えや一本化できる可能性は低いかもしれませんが、一本化して確実に金利を下げれる場合などは、ダメ元でも一度相談してみることがおすすめです。

少しでも返済の負担を減らす努力をして完済を目指しましょう。

保証会社

銀行カードローンの借り換えで最も重要なポイントは、カードローンの保証会社です。

銀行カードローンは、保証会社を利用していて、審査は実質保証会社が行うため、保証会社によって審査基準が大きく変わってきます。

新規貸付に強い保証会社、借り換えに強い保証会社など保証会社の特徴を知っておくことで、自分にあったカードローンを選ぶことができ、審査に通過する可能性が高くなります。

三井住友銀行も、オリックス銀行も、借り換えに強いと言われているのは、この保証会社が借り換えに強い保証会社が審査を行っているからです。

三井住友銀行カードローンの保証会社は、SMBCコンシューマーファイナンスです。

SMBCコンシューマーファイナンスが発行しているプロミスは、消費者金融の中でも審査通過率は非常い高い水準で、かつ借り換えやおまとめにも力を入れているカードローンです。

そのため、三井住友銀行カードローンも同じように借り換えやおまとめが強いを言われています。

ですが、過去にプロミスの返済で延滞をしたり、プロミスのカードローンの審査に落ちたことがある方は、審査に通過しない可能性が高いので、三井住友銀行カードローンを選択しない方が良いでしょう。

オリックス銀行カードローンは、銀行カードローンの中では珍しく、保証会社が2社あります。

オリックス・クレジット株式会社と、新生フィナンシャル株式会社が保証会社として入っているのですが、これは、どちらかを選択できるという訳ではありません。

オリックス銀行カードローンの申し込みをすると、まず、オリックス・クレジット株式会社によって審査が行われます。

そして、審査に通ればそのまま貸付が行われるのですが、審査に落ちた場合に、否決となるのではなく、新生フィナンシャル株式会社の審査に移行します。

つまり、一度審査に落ちても、まだ借り入れするチャンスが残っているという形になります。

そして、新生フィナンシャル株式会社は、おまとめや借り換えの審査にとても強いと言われていて、オリックス・クレジット株式会社の審査には落ちたが、新生フィナンシャル株式会社の審査に通過して借り入れできたという方もたくさんいるようです。

借り換えの申し込み時の注意点

カードローンの借り換えの審査申し込みをする際に、注意しなければならない点が1点あります。

それは、審査前にきちんと借り入れの目的は借り換えであるということを伝えるという点です。

カードローンによっては、申し込みフォームに「借り入れの目的」の項目がなかったり、項目はあっても「生活資金」など、詳細に説明できないケースがあります。

借り換えの場合は、一度、現在の借り入れと同額のお金を借り入れする必要があるため、一時的に高額の借り入れとなってしまいます。

例えば、100万円借りていて、他社に借り換える場合は一時的に、今の借り入れ100万円+他社の借り入れ100万円の、200万円の残高になってしまいます。

この場合に、審査時に、目的が借り換えだと相手が知らなければ、新規の借り入れと思われ、審査が不利になる可能性があります。

なので、審査申し込みが完了すると、すぐにオペレーターに電話をするか、申し込み確認の電話があった際に、借り入れの目的を伝える必要があります。

ですが、オリックス銀行カードローンと三井住友銀行カードローンは、申し込みフォームの借り入れ目的の項目で、「借り換え」を選択することができます。

そのため、面倒な電話を行う必要がなく、手続きをスムーズに進めることができます。

借り換えは即日で借りれる?

カードローンの借り換えを検討している人は、必ず余裕を持って審査申し込みをすることをお勧めします。

月末で返済ができないとなって慌てて借り換えを行うと思っても、基本的に借り換えは即日で行うことはできません。

これは、借り入れ金額にもよるのですが、高額の借り入れで即日融資を受けることは銀行でもほぼ不可能です。

三井住友銀行カードローンは、最短30分審査で即日融資も可能ですが、これはあくまでも少額の借り入れの場合を考えておいた方が良いです。

高額の借り入れになると、審査も慎重に行われるため、三井住友銀行でも、審査から融資までは1週間程度かかることもあるようです。

三井住友銀行に限らず、「最短30分審査」「即日融資可能」と宣伝しているカードローンは、全て少額の借り入れが前提での話ですので、高額の借り換えなどを考えている方は参考にしてはいけません。

また、オリックス銀行のカードローンは、最短即日審査は可能ですが、審査が終わってから、契約書の郵送、ローンカードの発送などがあり、カードが届いて利用できるようになるため、借り入れ金額に関わらず1週間以上かかります。

そのため、借り換えを検討している方は、きちんといつまでに借り換えする必要があるのかをあらかじめ把握して、逆算して余裕を持って審査申し込みをするようにしましょう。

他に借り換えでおすすめのカードローンは?

上記で三井住友銀行とオリックス銀行について紹介しましたが、カードローンは、地銀や信用金庫のものも含めれば日本全国でたくさんのサービスがあります。

地方銀行のカードローンが全国展開していたりと、いろいろなカードローンが利用できる環境になっているのですが、借り換えの際におすすめできるカードローンには特徴があります。

見分ける方法としておすすめなので「公式サイトで借り換えやおまとめローンの宣伝をしている」という点です。

借り換えやおまとめローンは、商品の特性上、すでに借り入れが他社である人が申し込みをする商品のため、保証会社によっては、借り換えの申し込みを嫌がる会社もあります。

そういったカードローンでは、公式サイトで、借り換えの宣伝を行っていることは無いのですが、一方で、借り換えの貸付を積極的に行なっているカードローンは、公式サイトにも、「借り換え OK」など、積極的に宣伝しているカードローンが多いです。

ここで紹介している三井住友銀行カードローンも、オリックス銀行カードローンも、公式サイトに借り換えOKと記載されています。

オリックス銀行の場合

karikae-orix

三井住友銀行の場合

smbc-lp

この基準で見ていくと、借り換えを積極的に行なっているカードローンが一目でわかります。

消費者金融のアイフルも借り換えにおすすめ

銀行カードローンでは無いですが、大手消費者金融のアイフルは借り換えにおすすめのカードローンです。

アイフルは、新規貸付のサービスのほかに、「おまとめMAX」「借り換えMAX」など、借り換え専用のサービスがあり、公式サイトでも積極的に宣伝しています。

その中で、審査通過率も大手消費者金融の中でトップレベルに高く、今非常に貸付残高を伸ばしているカードローンなので積極的に貸付を行っていることもわかります。

消費者金融だから金利が高いんじゃないかと心配になる方もいるかもしれませんが、「借り換えMAX」は、借り換え専用のローンになるので、他からの借り入れの金利に応じて相談も可能ですし、貸金業法に基づく、「顧客の有利借り換え」として、総量規制の例外貸付を適用することも可能なので、一時的に年収の3分の1を超える総量規制オーバーの借り入れになっても問題ありません。

借り換え先としては、三井住友銀行やオリックス銀行の方がおすすめはできますが、審査に通らなかった場合や、審査に自信がない方はアイフルで相談してみても良いでしょう。

まとめ

オリックス銀行のカードローンと三井住友銀行のカードローンの借り換えについて紹介してきましたが、この二つのカードローンは、どちらも借り換えに優れていて、どちらがおすすめと言えるくらいの明確な差はありません。

借り換えを考えている方は、まず、この二つの銀行どちらかで審査申し込みをして、ダメならもう一つのカードローンに申し込みをする。

それでもダメならアイフルの借り換えMAXを利用するという流れで申し込みをするのが、一番確実に借り換えを行う方法だと言えるでしょう。