アプリローンってなに?プロミスのサービス「アプリローン」の詳細


最近はカードローン界隈も何かと便利になってきて、申し込みをするのにもスマートフォンのアプリから本人確認書類を送付したり、あるいはアプリから利息計算などができるといったものも登場しています。

しかし、そんなカードローンアプリ業界を震撼させるような、超大物が最近登場しました。それがプロミスが2017年10月からサービスを開始したアプリローンです。

こちらのアプリローン、とにかく同業他社のアプリとは一線を画すような仕上がりとなっています。先にキーワードだけ言ってしまうと「アプリで審査完結」「カードレスで利用可能」「郵送物なし」という仕上がりです。どうです、詳しく知りたくありませんか?

では、そういうわけでアプリローンについて詳しく確認していきましょう。

 

プロミスのアプリローンの特徴

アプリローンとは?

アプリローンの特徴についてまず紹介していきます。

 

まず大原則として、プロミスが今回新たに開始したサービスであるアプリローンですが、これはプロミスの通常のローン商品の申し込みや手続きをアプリから行うことができる、という部分でかなり他社に対してアドバンテージを持っている素晴らしいサービスであることがわかります。なお、貸し付け条件などは原則プロミスのフリーローンと同一です。

どのあたりがどう素晴らしいのか、という部分については後ほどご紹介していくとして(カードローン中~上級者の方はもうピンと来ているかもしれませんね)、まずは従来のプロミスアプリなどの違いについて確認をしていきましょう。

 

従来のプロミスアプリとの違いは?

このプロミスの画期的なアプリローンこ紹介するに当たって、一つ忘れてはならないことがあります。

 

それはかつてプロミスはカードローン申し込みのためにアプリを用意していた、ということです。このアプリ、今回は便宜上旧式アプリと呼称しますが、とにかく旧式アプリでは以下のことが可能でした。

  • カメラ機能で本人確認書類や免許証の写真データを審査側に送信することができる
  • 返済シミュレーション機能で毎月の返済額を計算することができる、
  • GPS機能を利用することで現在地の近くのATMやプロミスの店舗を検索することができる

この三つの機能でも非常に素晴らしいといえるのですが、やはり「もう一歩!あと一歩!」という声も多く聞かれたのではないでしょうか。事実、このアプリだけでは申し込みを完結することができず、結局最終的には店舗に来店しなければならないという人がかなりいらっしゃったというシーンも見られました。

この流れを踏まえて、今回出てきたアプリローンではどのようなことができるか、確認していきます。

 

(原則)WEB完結で申し込みをすることができる

まず、原則としてWEB完結で申し込みをすることができる、という部分はアプリローン最大の特徴といえるでしょう。

 

原則的には、というのはやはり審査というのは個人情報に左右される部分が大きく、状況によってはどうしても来店の上での審査をお願いします、とプロミス側から依頼されてしまうケースもあることからこういった表現をしているのですが、ほぼ多くの場合はアプリローンから申し込みをすることでWEB完結、つまり来店や郵送なしに審査を完結し、そしてお金を借りるまでをすべて終わらせられるという事になります。

信販会社系の消費者金融(セゾンファンデックスなど)では来店不要の即日融資(即日審査回答)なども行っているものの、店舗を構えていたり無人契約機が全国各地に点在するプロミスのような大手消費者金融(スピード感に溢れるもの)で完全来店不要のアプリからすべてが完結するキャッシング契約というのは、業界でもかなりエポックメイキングなものであることには間違いありません。

 

アプリ限定のお得な割引クーポンを使用することができる

さらにプロミスのアプリローンでは、アプリ限定のお得な割引クーポンが提供されており、こちらはスマホの画面を店員さんに見せるだけでお得な割引を受けられるというようなサービスになっています。

 

お金を借りるだけではなく、こういったお得な割引クーポンも受けられるというのはかなりお得といえるのではないでしょうか。

 

三井VISAプリペイドカードにチャージをすることができる

さらに、少し前にも話題になりましたが、プロミスはカードローン残高から三井VISAプリペイドカードにそのまま直接チャージをすることができるという特徴があります。

 

つまりお金を借りる際に現金で借りるのではなくプリペイドカードにカード利用枠としてチャージをする形で借り入れという方法もあるということになります。

こちらの方法だけでも非常に画期的なのですが、今回アプリローンの審査に可決した場合はアプリローンの残高からそのまま直接三井VISAプリペイドカードにチャージをすることもできるということになっています。

これさえ使ってしまえば、実際に来店する必要などどこにもなく、何だったらATMにすら行かずにお金を借り、そして使うこともできるわけです。

 

そもそも取引の際にカードが要らない

ここまで来るともう冗談ぐらいに聞こえてしまうかもしれませんが、アプリローンでプロミスのカードローン(キャッシング)を契約した場合は取引の際にそもそもカードは必要ありません。

 

セブン銀行のATMとスマホを連携させることによってお金を借りることができるようになっていますので、お財布の中にキラリと光るプロミスのカードで消費者金融から借金をしているということが家族や知り合い、恋人などにバレてしまうという心配ももう必要ないわけです。

なお、通常即日振り込み融資に対応して消費者金融などでは、即日で審査結果が出て振り込みまでステップを進めることができたとしても、その時間が午後1時から2時を過ぎている場合は翌日入金扱いになりますので、その日のうちにお金を手に入れるということはできません。

しかしプロミスのアプリローンの場合は契約完了の時間が何時であれ、すでに自分のローン口座ができているわけですから、カードの到着を待つこともなく、振り込みの着金を待つこともなく、好きな時間にふらっとセブン銀行ATMに足を運び、そこでスマホと連携してATMを操作することで現金を引き出すこともできるという寸法です。

これぞまさしく即日融資ですね。

 

申し込みから審査の流れ

実質的な審査は通常と同じ

また、プロミスのアプリローンを通してプロミスにキャッシングの申し込みをした場合、どのような流れを踏むことになるのでしょうか。

 

まず、実質的な審査内容は通常のプロミスのカードローン(キャッシング)と何ら変わりはありません。そのため、アプリローンを使っているから申請が甘い、逆にアプリローンを使っているから審査が厳しい、というような特徴はありません。

在籍確認との相性は抜群

しかし、例外的に在籍確認という部分を考えると、アプリローンからの申し込みの方が若干申し込み者に対して有利に事が運ぶという可能性も考えられます。

というのも、プロミスは通常、申し込み者が確実に定期的な収入を得ているかどうか、会社に所属しているか、という部分を確認するために、いわゆる「在籍確認」という方法で勤務先に電話をかけて申し込み者本人が確実に会社に在籍しているかどうか、を確認するという作業を行っています。

ただ、最近は個人情報保護の観点からどうしても在籍確認の電話を取り次いでくれない会社というのも出てきています。こういった場合だと、通常通りのコースで行けばそもそも会社に在籍していることを証明できませんので、借り入れを受けることどころかその時点で審査がストップしてしまうという悲しい事態にもなりかねません。

しかし、そこはやっぱり大手のプロミス、大手消費者金融の中でもかなり在籍確認な部分に関して柔軟な対応を行っているという実績があります。

それが電話以外での在籍確認という方法です。

大手消費者金融でもほとんどの会社が断ってしまうこちらの電話以外での在籍確認ですが、プロミスでは状況に応じてオペレーターさんにや上司の方の裁量で名刺や社員証、もしくは職員証などの提示をもって在籍を確認してくれるケースもあるのです。

しかしこの場合はどうしてもやはり来店が必要になることが多く、来店した上で店舗自動契約機のスキャナにそちらの名刺や社員証、職員証を通すことになるのがセオリーです。

しかしどうでしょう、アプリローンの場合はスマホアプリから様々な書類の画像を撮影し、送ることができるようになっています。

ということは、会社に在籍確認の電話がかかってきてもらっては困る、という時にはアプリローンから申し込みを行い、どうしても一度コールセンターに電話する必要はあるものの、下記のようなやりとりで在籍確認に関する交渉をスムーズに行うことができる、ということになります。

申込者「いやあ、すみません、どうしてもうちの会社は個人情報の保護が厳しくて在籍確認の電話を取り次いでもらえそうにないんです。何とか他の方法で在籍を確認してもらうことはできないでしょうか?」

オペレーターさん「そうですか、それは困りましたね…それでは、今回はアプリローンからのお申し込みですので、そのままアプリローンの方から何かお名刺や社員証などを撮影して画像ファイルでお送りいただくことはできますでしょうか?そちらを元にして審査をこのまま進めさせていただきます」

ここまでの話になれば、通常のスキームでは来店してわざわざ自動契約機のスキャナに身分証明書を通さなくてはならず、さらに何よりも重要な審査結果も来店の上、狭い無人機で何十分も待った上でしか知ることができないところ、アプリから画像を一発転送、さらに結果もアプリで一発判明、という非常にストレスフリーでスムーズな資金計画を立てることが可能となります。

これだけでも絶大なる進歩だと思うのですが、いかがでしょう?

在籍確認がネックになっている、もしくは来店しなければいけないことはネックになっていて今までプロミスに申し込みをすることができなかった、という人については、もうこれでプロミスに申し込みをしないという選択肢はありませんよね。もう今すぐにでもプロミスのアプリを落として申し込みをすべきです。

とにかく、アプリローンはプロミスの在籍確認の審査スキームと相性が抜群である、という事がわかりました。

 

カードの審査期間は若干長め

実は実質的な審査の流れについては通常のプロミスへの申し込みと全く変わるところはありません。ただし、書類の提出や本人確認にかかる時間がアプリの場合は格段に減りますし、来店を求められずそのままいわゆる来店なし状態で審査に可決すれば申し込みから実際に借入を行うまで総合的にトータルでかかる時間というのはかなり短縮されると見て間違いはないでしょう。

 

もちろん個人差がありますので、個人の状況によってはプロミスのアプリローンからの申し込みであっても実際の来店を求められてしまうケースも存在しますが、ほとんどのケースではアプリローンからの申し込みの方がお金を得るまでの時間は短いといえるのではないでしょうか。

 

アプリローンのメリット・デメリット

メリット

それではアプリローンのメリットにはどのようなものがあるのかについても確認していきましょう。

 

まずアプリローンのメリットとしては先程も申し上げましたが、何よりも審査スピードなどが向上することが期待できること、そしてカードレスで取引ができること、さらにそもそもカードを持ち歩かず郵送物も届かないので、家族にバレるリスクが格段に軽減できる、という部分になります。

 

デメリット

正直なところ、アプリローンを利用することによるデメリットというのはなかなか考えにくい部分があるのですが、強いてデメリットがあるとすれば、先程メリットの部分でご紹介したカードレスで取引ができること、という部分が一番の問題点になりそうです。

 

というのもカードがない場合、万が一スマホを落としてしまったり、破損してしまって手元にスマホがないという場合にはすぐに取引をすることができません。また、お金が絡むことですので、即座にプロミスのコールセンターに連絡を入れてスマホを落としてしまったり利用不可能な状況に陥ってしまった事を伝えなければならないという手間が発生します。(これはカードでも同じ事ですが・・・)

また、毎回の郵送物や契約内容を確認する書面をきちんと集めていらっしゃって、紙でデータを管理していらっしゃる方については、紙ベースでの情報がなくなりますので、その分だけ管理がしづらくなる、ということも考えられます。

こちらについてはもう完全に個人差や個人の好みに寄るところですが、デメリットがあるとすればこういった部分になるのではないでしょうか。

 

通常のカードローンとアプリローンの比較

ここまでプロミスので新サービスあるアプリローンについてご紹介をしてきましたが、通常のカードローンと比較するとどのような違いやメリット、利点などがあるのでしょうか。

 

こちらも項目ごとに様々な切り口から確認していきましょう。

 

カード

まずカードローンというくらいですから、取引に絶対的に必要なアイテムであるローンカードについてはどうでしょう

 

カードローン

一般的なカードローンの場合借り入れや返済、残高照会、その他各種手続きには原則的にこちらのローンカードが必要となります。こちらのローンカードを提携金融機関のATM並びに消費者金融プロパーのATMに挿入することで各種作業が可能となるわけです。

そしてこちらのローンカードは原則的にはお財布の中に入れておくもの、というような位置付けではないでしょうか。つまりお財布に絶えず入れておき、肌身離さず持っていなければならない重要なアイテムなわけです。

アプリローン

一方、アプリローンに関してはそもそもカードローンの概念を覆すがごとく、WEB完結では手続きが可能ですので、ローンカードの発行そのものがありません。

その代わりにスマホがローンカードの代わりとなります。ローンカード代わりにスマホを提携金融機関のATMなどに連携させ、それで本人認証をした上で各種借り入れや返済、取引などを行うことになります。また、特段ATM操作の際にもカードをお財布から出す必要もありませんので、予期せぬトラブル等に遭遇するリスクも格段に減らせるといえるのではないでしょうか。

 

郵送物

続いてカードローンやキャッシングには付き物の郵送物ですが、こちらはカードローンとアプリローンではどのような違いがあるのでしょうか。順番に見ていきましょう。

 

カードローン

まずカードローンの場合は店舗まで出向いて無人契約機などで契約をしている場合のみ契約書類や各種同意書などをそのまま直接交付してもらうことができますので、自宅に郵送物という形で届くようなことはありません。

しかし、各種増枠のお知らせや取引履歴の送付、万が一何らかの事情で消費者金融側からお知らせがあった場合の送達などはすべて特別な設定をしない限りは郵送で届くのが一般的です。

この郵送というのはなかなかクセ者で、家族と同居している、または恋人と同棲している場合はリスクでしかないのではないでしょうか。

こういった部分から主にトラブルに発展する可能性も十分に考えられますので、カードローン契約の際に付いてくる郵送物というのは何かと厄介なものです。この郵送物が怖くてキャッシングを申し込むことができない、という方も多くいらっしゃるのもまた事実です。

アプリローン

対するアプリローン、アプリローンについてはプロミス公式サイトでも紹介されている通り、原則的に郵送物が届くということはありません。

契約時、来店不要ということですが、契約の際に交付をしなければならない重要説明事項や各種の同意書などについては、すべて電子的に交付される(スマホの画面などで確認する)ものになっていますので、そもそもプロミス側から申し込み者側に送付するものがないことになります。

また、自宅に増枠案内など各種の郵送物を送らない様にもできますので、そういった意味ではかなり安心でき、また書類の多さに悩まされる必要もないことになりますね。

万が一、支払いに遅れてしまった場合などに関してはどうしてもアプリローンであれ、通常のカードローンであれ、督促の書類が自宅に届いてしまうケースもありますが、こちらもアプリローンで毎月の返済日等を確認し、きちんと入金をしていればまず起こりえない事態ですので、そういった意味でも「うっかり忘れ防止」という観点からアプリローンの方がおすすめといえるのではないでしょうか。

 

バレるリスク

キャッシングやカードローン利用者の、もはや天敵と呼んでも過言ではないのが、家族や他人、恋人、同僚などに借金をしていることがバレるリスクです。

 

こちらについてもカードローンとアプリローンで比較していきましょう。

カードローン

一般的なカードローンの場合、どれだけ気を使っていたとしても、何かと様々な場面他人に借金をしていること、つまりカードローンを利用していることがバレてしまうというポイントが存在します。

最も多いのはATMを利用する際に、そのものずばりのカードがお財布から出てくることになりますので、その部分でまずバレてしまったり、あらぬ心配をかけてしまうことになります。

これを100%完全に防ぐには、まず忍者のごとく油断せずにコンビニ等のATMを利用し、さらに友達などがいる際には極力一緒に店内には入らず1人で入り、さらに窓の外からの視線にもゴ○ゴ13ばりの注意力を持って警戒し、その上で取引をしなければなりません。

そこまで行くと精神的にかなり磨り減ってしまいますので、結局どこかでうっかりミスを犯してしまい、結局ローンカード持っていることが周りにバレてしまうという結末を迎えることになってしまいます。

アプリローン

これがアプリローンだとどうでしょう。

まずアプリローンについては提携金融機関(コンビニのATMなど)でもスマホとATMを連携させることで取引が可能です。

つまりカード自体が必要ありませんので、何とでもいい逃れをすることが可能です。

さらに、アプリローンの場合は先程もご紹介したように三井住友VISAプリペイドカードにチャージするという方法でお金を借りるという方法もありますし、振り込みキャッシングという方法で従来のプロミスのように自分の口座に一旦お金を振り込み、そこから堂々と自分の口座からお金を引き出すことでお金を借りるという方法も用意されています。

こういった部分を考えると、バレるリスク、という部分から考えると、まずアプリローンに軍配といって良いのではないでしょうか。

まとめ

今回はプロミスの新しいサービスであるアプリローンについてご紹介をしてきました。

こちらのサービスはそもそも取引の際にローンカードが必要なく、WEB完結、郵送物原則なし、審査の際にも来店原則不要という、大変画期的な商品であることがわかりました。

総合的な使い勝手のよさはアプリローンに軍配ですが、基本的な商品設計は通常のカードローンもアプリローンも同一ですので、どうしても機械操作に慣れていない、という方については従来通りのカードローン契約を使うというのも一つの選択肢です。