プロミスの審査の流れ


遂にプロミスに申し込みをしたのですが、プロミスは申し込み前に簡単に現在の状況から借入が可能なのかを診断してくれます。まずはそちらで診断を行いました。

3項目を入力するだけで3秒で診断してくれるという仕組みなのですが、入力項目は「生年月日」「年収」「現在の借入金額」の3項目です。

promise4

上記のように、情報を入力して、診断してみました。すると、下記のように表示されました。

promise5

融資可能と言われて、思わずガッツポーズしたのを覚えています。後で知ったのですが、これは、「総量規制」という規制を超えた借入をしていないかを判断されているようです。

総量規制により、年収の3分の1以上の借入がある場合は、それ以上の貸付ができなくなっているため、自動的に融資できないとなるみたいです。

試しに年収の3分の1以上の借入をしているように入力していました。

promise6

年収350万円に対して、1,000万円の借入があることになっています。これで診断してみると、

promise7

融資不可能とは出ずに、入力内容だけでは判断できないという答えが返ってきました。

普通に考えたら、350万円の年収で1,000万円以上借入していたら融資受けれる訳ないのですが、なぜこのような表示になるかというと、どうやら、総量規制の対象とならない借入があり、その借入を入力している可能性があるからみたいです。

例えば、高額の借入だと、住宅ローンや、車のローンが、総量規制の対象とならない借入になります。

住宅ローンなんて、数千万円の借金をする訳ですから、普通に考えたら総量規制の年収の3分の1の借入をあっさりと超えてしまうのですが、総量規制の対象外の為、消費者金融からの借入には関係無いんです。

1,000万円借入していても、それが車のローンや住宅ローンなら、問題無く借り入れすることができるため、上記のように融資不可能とは断定しないんですね。

審査申し込み

3秒診断で問題無く借入できそうなら、次は審査申し込みです。

審査申し込みは、必要事項を入力して送信するだけなので、めちゃくちゃ簡単なのですが、慌てて申し込みする前に、1点だけ抑えておきたいことがあります。

それは、「同意事項」です。

同意事項って、普段あまり読まずに契約する方も多いと思います。携帯電話とかインターネットの契約なら、別に読まなくていいかなとおもうのですが、今回借入するのは消費者金融です。

もし返せなくなった時に怖い取り立てとか法外な利息と取られたら怖いですよね。(実際はそんなことは一切ありませんが)

なので、私は、申し込む時は同意事項をかなり入念に読み込みました。

読んでみると、ほとんどは個人情報の扱いなど、普通の契約の同意事項だったのですが、やはり気になる点もありました。

それは、「信用情報機関への登録」です。

信用情報機関とは、私が現在どれくらい借入があって、きちんと延滞せずに返済をしているかなど、お金に関する情報が記録されている機関です。

消費者金融が加盟している信用情報機関は、「株式会社日本信用情報機構」と「株式会社シー・アイ・シー」の2社があります。

この信用情報機関に、プロミスに申し込みしたことが記録され、その申し込み情報は6ヶ月間消えないと書かれていました。

また、審査に通過して、借入すると、その借入情報は、返済後5年間は消えないということも書かれていたため、その点はきちんと把握しておいた方が良いなと思いました。

信用情報について詳しく知りたい方のために、下記に信用情報機関の情報を紹介しておきます。

加盟先機関 株式会社日本信用情報機関 株式会社シー・アイ・シー
連絡先 0120-441-481 0120-810-414
ホームページ http://www.jicc.co.jp/ http://www.cic.co.jp

同意事項を読み終えたら、必要事項を入力してきます。入力する内容は、

  • 個人情報
  • 自宅情報
  • 勤務先情報

の3点です。

必要事項入力欄の下に、「契約方法の選択」という欄があるのですが、家族にバレたくないという方は、ここの選択には注意が必要です。
契約方法には、「WEB契約」「来店契約」の3種類があります。

promise8

家族にバレたくない方は、必ず「来店契約」を選択しましょう。来店契約とは、インターネットで審査完了後に、全国にある無人契約機で契約手続きを済ませてカードを発行する方法です。

私も家族にバレることは避けたかったので、来店契約で手続きしたのですが、無人契約機でカードを発行すると、隣にATMがあって、発行したカードを使ってお金を引き出せるようになっています。

「WEB契約」だと、口座に入金されてしまうため、口座は妻が管理しているから、バレてしまうだけでなく、お金を降ろすことができません。

来店契約の場合は、カードさえ見つからなければバレることはないので、来店契約で契約を済ませました。

話は逸れましたが、契約方法を選択すると、申し込みが完了となります。入力事項を確認して送信すると、審査が始まりました。

流れとしては、インターネットで申し込みをして行われる審査は「仮審査」で、本審査ではありません。

申し込みが完了すると以下のようなメールが届きました。

promise9

内容を確認して連絡があるということだったので、しばらく待つことにしました。

大体15分ほど経つと、知らない番号から、登録した携帯に電話がありました。

電話に出ると、プロミスのオペレーターの方でした。

オペレーターの方ですが、電話に出た時は、

「もしもし、高橋ですが、○○さんの携帯で間違いないでしょうか?」

と、SMBCコンシューマーファイナンスの会社名を出さずに、担当の個人名で連絡をくれました。

「はい、○○です。」

と答えると、初めて、会社名を名乗って、内容の確認の話に進みました。

その際に聞かれた内容は、会社名の確認や、現在の借入状況の再確認でした。

特に借り入れは他にありませんでしたし、すんなりと電話の確認は終わり、そこから本審査に入りました。

本審査にあたり、在籍確認や、本人確認書類の提出を求められました。

本人確認書類の提出は、プロミスから送られてくるメールに記載されていたURLにアクセスし、データを添付してアップロードするだけでOKでした。

運転免許証を携帯電話で撮影して、その画像を送りました。

プロミスから来たメールは以下のようなメールです。

promise10

在籍確認については、次のページで紹介します。

プロミスに申し込む

プロミス

プロミス
審査から最短1時間でお金が手に入るプロミス
プロミスは、平日14時までにWEB契約を完了させると、即日振込対応を行なってくれるだけでなく、平日の銀行の営業時間終了後や土日祝日でも、審査完了後、全国にある無人契約機でローンカードを発行することで、即日キャッシングが可能です。また、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で、30日間の無利息期間も設定されるため、小額の借入なら利息の支払いも少なくて済む、親切な消費者金融です。
※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録と、WEB明細利用の登録が必要です。
※即日振込は平日14時までにWEB契約完了が必要です。
実質年率年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)
借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら