目的別で探す

Q&A

個人事業主でも消費者金融は利用できますか?

個人事業主でも消費者金融は利用することは可能です。
ただ、サラリーマンと比べると安定した収入がある見込みが無いため、審査は厳し目になります。
通常であれば50万円以上の借入で必要となる収入証明を自営業の場合は無条件で提出を求められる場合もあります。その際に、きちんと黒字で確定申告をしていて、収入がある方の場合は、総量規制の範囲内(年収の上限の3分の1まで)なら問題なく借入することは可能ですが、0円申告など、所得を取らずに申告している場合は、消費者金融では総量規制の関係で借入することは難しいです。その場合は、総量規制対象外で借入できる事業者向けローンなどがオススメです。

消費者金融を利用したことがありますが、住宅ローンは組めますか?

消費者金融を利用したからと言って住宅ローンを組むことが不可能になるわけでは無いですが、不利になる可能性は高いそうです。
銀行によっては消費者金融お利用履歴があるだけでローンを組めないようにしているところもあるという噂です。
信用情報には利用して完済した後5年間は記録が残るので、5年以上前に利用したのであれば利用履歴は消えているため、問題ないようですが、カードローンを利用していた場合は、カードローンの契約を解消している必要があるため、もしまだカードを持っていて契約が続いているならば難しいと思います。

専業主婦でも消費者金融は利用できますか?

専業主婦が消費者金融でお金を借りることはできません。なぜなら、消費者金融には総量規制という規制があり、年収の3分の1以上の貸付ができないように制限されています。
つまり専業主婦の方は、金銭的には1円も稼いでいない状態と判断されてしまうため、借入することができないのです。しかし、例外があります。銀行系のカードローンを利用する場合は、銀行法の適用となり、総量規制の対象外となります。そのため、専業主婦でも借入できる可能性があります。
専業主婦の方が借金を考えている場合は、消費者金融では無く、銀行のカードローンで申し込みをしてみましょう。

消費者金融のカードを持っているのですが、利用していなければ問題ありませんか?

消費者金融のカードは持っているだけでその人が消費者金融を利用しているという履歴は残ります。
なぜなら、持っているということはそれだけ借入できる状態にあることから、利用していなくても借入と判断されてしまうためです。
なので、消費者金融のカードは利用していないならすぐに解約しましょう。解約して5年経つと信用情報からも消えるためローンを組む際も影響しないと言われています。

消費者金融と銀行のカードローンの違いは何ですか?

消費者金融と銀行のカードローンの大きな違いは総量規制があるかどうかです。
消費者金融で借入を行う場合、総量規制によって年収の3分の1までしか借入することができませんので、高額の借入は不可能になっています。しかし銀行のカードローンの場合は総量規制が適用されませんので、返済能力があると判断されれば、年収の3分の1以上の借入も可能です。
収入証明も、消費者金融の場合は50万円以上の借入になると必要になりますが、銀行の場合は100万円以上、中には200万円や300万円までの借入までは不要としている銀行もあります。

消費者金融と銀行は審査はどっちが通りやすいの?

実はどちらも変わりません。
なぜなら、大手銀行は今消費者金融との提携を進めていて、銀行のカードローンも実質は消費者金融が審査をしているケースが多いからです。例えば、三井住友銀行はプロミスやモビット、三菱東京UFJ銀行はアコム、といったように大手銀行は消費者金融と提携して、カードローンの審査を消費者金融に任せているのです。なので、どちらで契約しても審査が厳しいや甘いなどはありません。利用用とによって最適なカードローンを選びましょう。

クレジットカードのキャッシングを消費者金融のカードローンはどちらがおすすめ?

これは状況によって違いますが、翌月に一括で返せるならクレジットカードのキャッシングでも問題ないと思います。同じキャッシングなので信用情報に記録されることにはなますが、新たに消費者金融と契約する必要が無いので、手続きも楽ですし、余計な借入枠を作らなくて済むからです。しかしクレジットカードでキャッシングをした場合は次の支払いで一括返済が基本となります。一括で返済できない場合は分割で返済できる消費者金融の方が支払い事故が起こす可能性が低くなるため、消費者金融を選ぶ事をおすすめします。

おまとめローンは消費者金融でも利用できますか?

おまとめローンは「債務者にとって一方的に有利な借入」となることから、総量規制の対象外として認められているため、消費者金融でもおまとめローンを組む事は可能です。
しかし、銀行のおまとめローンと比べて金利が高く、借入をまとめても、毎月の支払額は減っても返済期間が長引き、総支払額では逆に損をしてしまうことも少なくありません。
おまとめローンを利用する場合はできる限り低金利の会社でローンを組むことをおすすめします。

キャッシングの返済を遅延するとマズいですか?

キャッシングを利用して毎月の返済を遅延すると、遅延する度に信用情報に記録されることになります。返済が遅れたからと言ってすぐにブラックリストに載るというわけではありませんが、何度も遅延していると、その度情報が記録され要注意人物と判断される可能性は高いでしょう。そうなるとローンの審査も通らなくなりますし、生活する上で不便になることは間違いありません。なんとかして遅れずに返済するように努力しましょう。

学生でもローンは組めますか?

学生でも安定した収入があれば消費者金融を利用することはできます。
ただ、会社によっては学生は今後の環境が変わりやすく安定した収入を得ていると判断してくれない会社もあるようです。ただ、お金に困った学生向けの学生ローンというサービスを提供している消費者金融もありますので、そこであれば学生でもきちんと返済能力があると判断されれば借入することは可能です。

学生ローンを組む際は保証人は必要ですか?

消費者金融の貸付は個人の信用において行います。従って、学生であろうが、保証人をつけなければいけないということはありません。あなたの返済能力のみで貸付可能かの判断が下されます。

夫(妻)に借金があることがバレることはありますか?

いくら夫婦間であろうとも、自身」が公表しない限り借金がバレる事はありません。
借入の正確な情報は信用情報を開示することで全て出てくるのですが、信用情報の開示は自分以外は絶対にできません。なので普通に生活していてカードが見つかったりして問いただされない限りはバレないでしょう。カードが見つかって信用情報を開示しろと言われたらジ・エンドかもしれません…

妻が消費者金融を利用してたのですが、住宅ローンの審査に響きますか?

住宅ローンの審査は保証人をつけない、あくまでも申込者本人の審査になります。
なので、申し込みが旦那様名義なのであれば、奥様の借入状況などは一切審査項目には含まれません。あくまでも申し込み者の借入状況や支払い能力で審査が行われますので安心して大丈夫です。

夫の保険証などを利用して消費者金融を利用することは可能でしょうか?

それはまず不可能です。消費者金融でも銀行でもいくらWEB申し込みとはいえ必ず申込者が本人であることを確認します。
夫の情報を持ち出したとしてもそれだけでは本人確認は不十分のため、借入することは不可能です。

起業するためにキャッシングをすることは可能ですか?

起業をするためにキャッシングをすることは可能です。その時点での収入や返済能力によって借入できる金額は変わります。実際500万円借入して起業した人もいるようです。(参考 : カードローン500万円で起業しました)しかし、普通に考えてこれは無謀な行為です。500万円借入すると、15%の金利で5年払いとして計算しても総支払額は700万を超えます。200万円以上が利息で取られる計算になります。それなら500万円貯めてから起業した方リスクも少なくて確実です。

土日でもすぐに借りることは可能ですか?

土日でも消費者金融をうまく使えばその日のうちに借入することができます。
詳しくは、土日に即日キャッシングしたいをご覧下さい。


上に戻る