三井住友銀行カードローンの審査の流れと審査に関する口コミ

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは金利年4.0%~14.5%と低金利の銀行カードローン

三井住友銀行のカードローンは金利年4.0%~14.5%と低金利で借入できるカードローンです。口座開設不要で利用することができ、すでに三井住友銀行のキャッシュカードを持っている場合はキャッシュカードにローン機能をセットして利用することも可能です。

実質年率 年4.0%〜年14.5%
借入限度額 10万円〜800万円
審査時間 -
即日融資

公式サイトはこちら

三井住友銀行カードローンのおすすめポイント

  • POINT金利年4.0%~14.5%

  • POINT口座開設不要

  • POINT契約極度額10万円〜800万円

三井住友銀行カードローンの詳細

融資限度額 10万円〜800万円
金利適用方式 単一金利
借入利率 年4.0%〜年14.5%
遅延利率 19.94%
返済方式
返済日 毎月5日、15日、25日、月末から選択
申込対象者 申込時満20歳以上満69歳以下の方 原則安定した収入のある方 三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
使いみち 生活資金
保証人 不要

三井住友銀行とはどんなカードローン?

三井住友銀行は、日本を代表するメガバンクの一つで、その知名度と安心感は大きく、多くの人に利用されている銀行です。

その三井住友銀行のカードローンは金利が低く、銀行系カードローンの中では特に審査スピードが速いのが特徴で、平日・週末にかかわらず審査を行ってくれるため、非常に利便性が高く人気があります。

大手だから審査が厳しいということもなく、アルバイトやパートの人でも問題なく申し込みを行うことができるのも嬉しいところです。

三井住友銀行の普通預金口座があれば、手続きはすべてWEBで完結しますし、持っていない場合でも全く問題なく融資を受けることができるので、口座開設が面倒という人にも最適です。

契約後に口座を開設する必要もないので、手間がかかることもありません。

銀行口座がなくても申し込みが可能で、スピード融資をしてもらえる銀行カードローンというと実際はほとんどなく、利用者にとって大変魅力的なカードローンとなっています。

三井住友銀行カードローンの審査の流れ

三井住友銀行カードローンの審査は、インターネットで三井住友銀行カードローンの公式サイトから審査申込が可能です。

個人情報の取扱いに関する事項に同意をして、必要事項をフォームに入力して送信するとすぐに審査が始まります。

審査は三井住友銀行と、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスによって行われ、信用情報の照会や職場への在籍確認などが行われ、融資可能かの判断が行われます。

審査に通過した場合は、電話で連絡があり、ローンカードを郵送で受け取るか、三井住友銀行の支店にあるローン契約機でローンカードを発行することで、提携ATMからお金を引き出せるようになります。

口座開設不要

三井住友銀行のカードローンは、三菱東京UFJ銀行のバンクイックと同じく、口座開設不要でカードローンを利用することができます。

これはみずほ銀行やその他の地方銀行ではカードローン契約時に口座を持っていない場合は先に口座を開設しなければいけないため、大きなメリットとなります。

口座開設が不要なため、急ぎでお金を借りたいと思っている人でも使いやすいカードローンです。

三井住友銀行の普通預金口座を持っている場合はWEB完結申込が可

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の普通預金口座を持っていなくても審査申込が可能で、専用のローンカードを発行して利用することができます。

しかし、現在すでに三井住友銀行の普通預金口座を開設していて、インターネットバンキングのSMBCダイレクトに登録している方は、普通申し込みよりも更に簡単に審査申込ができます。

三井住友銀行カードローンの公式サイトを見ると、SMBCダイレクトに登録している人専用の申込ボタンがあり、SMBCダイレクトを利用している方はそちらから審査申込を行う形になります。

ms1
SMBCダイレクト利用者専用の申込を行う場合は、口座番号、契約者番号、暗証番号を入力してSMBCダイレクトのマイページにログインし、そこからカードローンの申込を行います。

SMBCダイレクトで申込をするメリットは、まず、審査結果の連絡があり、審査に通過していた場合、すぐに手持ちのキャッシュカードで下記の提携ATMでお金を引き出すことができるようになるため、最短30分で借入することができるという点です。

smbc-atm
大手の消費者金融であるアコムやプロミスでも、審査通過後にローン契約機でローンカードを発行するなどの手続きが必要なため、最短30分で借入することはほぼ不可能ですが、三井住友銀行のインターネットバンキングを利用している方の場合は、三井住友銀行のカードローンは一番素早くて元に現金を引き出すことができるカードローンと言えます。

また、SMBCダイレクトで申込を行った場合は、300万円以下の借入までは所得証明書の提出も不要のため、面倒な書類の準備をする必要がありません。

モバイルバンキングの場合はローンカードの発行が必要なので注意

SMBCダイレクトは、インターネットバンキングの他にモバイルバンキングもあります。

インターネットバンキングとは、PCやスマホで利用ができるネットバンキングなのに対して、モバイルバンキングは、ガラケーで利用しているネットバンキングの事を指します。

実は、モバイルバンキングの契約者の方は、キャッシュカードにローン機能をセットすることはできず、専用のローンカードを発行する通常の申込の流れになります。

そのため、今使っているのがモバイルバンキングの方は、審査通過後、郵送でローンカードを送ってもらうか、三井住友銀行のローン契約機に行ってローンカードを発行する手続きを行う必要があります。

ローンカードを発行する際は、本人確認書類が必要なので、顔写真付きの住基カードや運転免許証など、本人確認ができる書類を忘れないようにしましょう。

契約後の借り入れ方法

契約後の借り入れ方法は3通りあります。

ATM

三井住友銀行や提携期間のATMから出金することができます。

ローン専用カードか、普通預金のキャッシュカードかによって使えるATMが違いますので、注意してください。

対応ATM 借入方法
ローン専用カード 普通預金キャッシュカード
三井住友銀行ATM
コンビニATM
ゆうちょATM ×
提携金融機関ATM ×

インターネット(SMBCダイレクト)、モバイル、テレホンでの借入

インターネットバンキング、モバイルバイキング、テレホンバンキング(SMBCダイレクト)契約者に限り、これらの方法を使うことができます。

カードローン専用口座をSMBCダイレクトに登録すると、様々な手続きをインターネット上で行うことができるようになります。

SMBCダイレクトを申し込む場合、WEBでの申し込みであれば約1週間、郵送であれば約2週間を要します。また、店頭窓口では2,3日で手続きが完了しますので、一番早い方法いなっています。

SMBCダイレクトでできる主なことは以下です。

  • 借入や返済(振込や振替)
  • 前月からの取引内容の確認
  • 契約内容の確認(契約極度額や残高、利用額、次回返済予定額、次回返済日など)
  • 住所や電話番号などの変更
  • 1日当たりのATMの利用限度額の設定

SMBCダイレクトでは、色々なことができるので、ぜひ登録を行っておきましょう。

但し、カードローン口座のみ契約の人は、インターネットバンキングやモバイルバンキング、テレホンバンキングを利用することはできません。

自動融資(バックアップ)でのカードローンの借入

既に持っている三井住友銀行の普通預金口座をカードローンの返済用口座に指定すると、その口座の残高不足により公共料金や各種クレジットの利用代金などが残高不足になった場合、自動的に不足金額をカードローン口座から自動融資(バックアップ)してくれるシステムです。

引き落とし分のお金が足りなかったときに、自動的に融資してくれるということです。

この自動バックアップがあると、「入金するのを忘れていて、大事な引き落としができていなかった!」ということを防いでくれます。

この申し込みには、三井住友銀行本支店の窓口か、ローン契約機での手続きが必要です。

返済方法

返済方法は3通りあります。

ATMから返済

三井住友銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM、ゆうちょ銀行ATMを無料で利用できます。

普通預金口座を持っている人は、手持ちのキャッシュカードを使って返済することができます。その場合は、ゆうちょ銀行ATMからは返済できませんので、注意しましょう。

振込返済

SMBCダイレクト(インターネットバンキング)を使って、カードローン口座への振込で返済をすることができます。この場合、振込手数料は負担しなければなりません。

口座振替

カードローンの返済用預金口座から毎月引き落としが行われます。

返済日

返済期日は、毎月5日、15日、25日、月末の4つから、いずれかを選ぶことができます。

「返済日にお金がなかった」ということを防ぐために、返済日はお給料日の直後など、お金に余裕がある日に設定をする方が良いのですが、返済日を選べるところは、多くはありません。

このように返済日を選ぶことができるのも、利用者にとっては大きなメリットとなっています。

臨時返済

余裕があるときは、いつでも臨時で返済することができます。こまめに臨時返済することで、総支払利息額を抑えることができます。

各種ATMや振込、インターネットバンキング、テレホンバンキングなどで入金(返済)できます。

指定の約定返済期日前に返済した場合は、次の約定返済日は繰越となります。

毎月返済額

約定返済時における当座貸越元金額 約定返済金額
1円~1,999円 約定返済時における借入残高全額(但し、2,000円を上限とする)
2,000円~100,000円 2,000円
100,001円~200,000円 4,000円
200,001円~300,000円 6,000円
300,001円~400,000円 8,000円
400,001円~500,000円 10,000円
500,001円~600,000円 11,000円
600,001円~700,000円 12,000円
700,001円~800,000円 13,000円
800,001円~900,000円 14,000円
900,001円~1,000,000円 15,000円
1,000,001円~1,100,000円 16,000円

三井住友銀行カードローンでは、他の銀行系カードローンに比べ、毎月の返済額が低く抑えられており、利用しやすくなっています。

増額審査

初回の契約時の借入限度額よりも、もう少しお金を借りたいな、という場合、電話1本で増額の申請をすることができます。

かかる時間は10分ほどです。最初の契約では、本人確認書類の提出や電話での在籍確認があり、時間がかかりますが、増額申請の場合はそのようなプロセスが省けるため、手続き自体はよりスピーディに行うことができます。

ただし、増額申請は借入額が当初よりも大きくなるということですから、年収がアップした、勤続年数が長くなったなど、利用者の属性にプラス要因があった場合に、審査通過の可能性が高くなります。

年収などの条件が変わらない場合や、利用期間中に返済が滞ったり、返済日に間に合わなかったりした履歴があった場合は、審査に落ちる可能性が大きくなります。最悪、増額どころか減額になる場合もありますので、特に返済忘れや返済の延滞には日ごろから注意しておきましょう。

電話は、三井住友銀行カードローンプラザ(0120-923-923)で受け付けており、土日祝日を含む9:00~21:00まで受け付けてくれています(但し、1月1日は除く)

また、申し込み直後に増額申請を行っても、審査に通る可能性は低いです。最低でも、6か月以上しっかりと返済実績を積み上げてから行う方が良いでしょう。

三井住友銀行カードローンのメリット

ローン契約機を設置している

銀行系カードローンの中で、ローン契約機を設置しているところは少なく、三井住友銀行の他には、三菱東京UFJ銀行と新生銀行カードローンレイクが挙げられます。

「誰かに見られたら嫌だし、ローン契約機にはいかない」という人もいるでしょうが、ローン契約機があると大変便利なのです。

ローン契約機を設置しているメリットは以下のようになります。

まず、カードを直接ローン契約機で受け取ることができますので、自宅にカードが郵送される心配がありません。

銀行系カードローンは金利が安いことが魅力なのですが、ノンバンクのようにカードレスに対応していません。

自宅に郵便物が届いてしまうため、それを避けるためにあえて金利が高いカードレスのノンバンクで借りる人もいるほどです。

でも、三井住友カードローンでは、ローン契約機でカードを受け取れば家族に知られる心配もありませんので、躊躇していた人でも安心して借りることができます。

それに、カードを受け取りにせず郵送にした場合(三井住友銀行の口座を持っていない場合)、1,2週間かかってしまう場合があり、融資を受けられるまでにかなりの時間がかかってしまうので、カードを受け取りに行ける選択肢があると、好きな方を選ぶことができて都合が良いです。

早くお金を借りたい場合、三井住友銀行カードローンでは、土日祝であっても審査はしてもらえるので、朝の9:00から夜の10時までに審査を通過して契約ができれば、自動契約機で発行されたカードを使ってその日のうちに出金することができます。

このように、ローン契約機が設置されていると、平日や週末など曜日にかかわらず、いつでもカードを受け取ってお金を借りることができるので、大変便利です。 平日は仕事で忙しいので、週末ゆっくりと申し込みをしたいという人にも三井住友銀行カードローン向いています。申し込みから借入まで、週末のうちに終わらせることができます。

ローン契約機がある銀行系カードローン

銀行 自動契約機の受付時間 審査可能時間
三井住友銀行カードローン 9:00~21:00(土日祝含む) 9:00~21:00(土日祝含む)
三井住友銀行カードローン
(プロミスの契約機の場合)
9:00~22:00(土日祝含む) 9:00~21:00(土日祝含む)
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 9:00~20:00
土曜・祝日は10:00~18:00
日曜は10:0~17:00
9:00~21:00
(土日祝は9:00~17:00)
新生銀行カードローンレイク 8:00~24:00 8:10~21:50
(第三日曜日のみ8:10~19:00まで)

三井住友銀行カードローンは、プロミスの自動契約機からも申し込みやカード発行ができます。

使える自動契約機の数が多いので、遠いところまで出かけていかなくても、身近にある可能性が高くなり、より使いやすくなっています。

ATM手数料が無料

三井住友銀行のカードローンなので、三井住友銀行のATMの利用手数料はもちろん無料です。

また、それ以外にも提携しているATMの種類が多く、それらのATMも無料で使えることが、大きなメリットとなっています。

提携ATM ・コンビニATM E-net ・セブン銀行ATM ・ローソンATM ・ゆうちょ銀行ATM これらのATMでは、借入・返済どちらも手数料が無料となっています。

また、残高照会もできます。

特に、ゆうちょ銀行のATMを無料で利用できるのは、三井住友銀行カードローンの強みとなっています。

これだけの提携ATMがあれば、どこにいてもすぐ見つけることができ、利便性が良いのが嬉しいですね。 

WEB完結申し込み 

三井住友銀行の口座を持っている人は、インターネットバンキングから直接カードローンに申し込むことができます。

審査に通過した場合は、手持ちのキャッシュカードを使って、提携ATMからお金を引き出すことができますので、大変便利です。

カード発行などの時間も省けるため、最短30分で借り入れができるのも大きなメリットとなっています。

借入限度額が大きく、スピード融資も可能 

三井住友銀行カードローンでは、最大800万円まで借りることができますので、「たくさん資金が必要」という人には、嬉しいカードローンです。

銀行系カードローンは、カードは必ず郵送であったり、口座を作らなければならなかったり、審査から融資までのスピードが遅かったりと、金利が低い分、デメリットも色々あるのですが、三井住友銀行は、

  1. 金利が安い
  2. 審査が早く、口座を持っていれば最短30分で融資可能
  3. 郵送物がなく、カードは自動契約機で受け取れる

という特徴があり、銀行系カードローンとノンバンクのいいとこ取りをしたような、スピード融資が可能で利便性の高い、おすすめのカードローンとなっています。

特に、土日に申し込みをしても審査をしてもらえ、審査が通ったらその日のうちにお金を借りられる、という銀行系カードローンは三井住友銀行のみとなっていますので、困った時にはいつでも頼りにすることができる、心強い存在ということができるでしょう。

月々の返済額が少ない

三井住友銀行は、銀行系カードローンの中でも、月々の返済額が低めに抑えられていることが特徴で、無理なく返済できるのが特徴です。

借入額が50万円~100万円までの返済額の比較

銀行名 50万円まで 100万円まで
三井住友銀行カードローン 10,000円 15,000円
三菱東京UFJ 銀行バンクイック 10,000円 20,000円
みずほ銀行カードローン 10,000円 10,000円
住信SBI銀行Mr.カードローン 8,000円 15,000円
オリックス銀行カードローン 10,000円 20,000円
楽天銀行カードローン 10,000円 15,000円
イオン銀行カードローン 10,000円 15,000円
新生銀行レイク 25,000円 25,000円

借入額が200万円~300万円の場合の返済額の比較

銀行名 200万円まで 300万円まで
三井住友銀行カードローン 25,000円 35,000円
三菱東京UFJ 銀行バンクイック 40,000円 60,000円
みずほ銀行カードローン 20,000円 30,000円
住信SBI銀行Mr.カードローン 25,000円 25,000円
オリックス銀行カードローン 35,000円 45,000円
楽天銀行カードローン 30,000円 40,000円
イオン銀行カードローン 25,000円 35,000円
新生銀行レイク 42,000円 50,000円

三井住友銀行カードローンのデメリット

三井住友銀行の口座でしか口座引き落としができない

三井住友銀行の口座を持っていると、借入時・返済時とも便利なのですが、持っていない場合は逆に困ることがあります。

口座振替を選択した場合は、自分の好きな金融機関の口座を選ぶことができず、三井住友銀行のみとなっています。

よって、口座を持っていない人は、自動的にATM返済、 手数料無料の提携ATMが豊富にありますので、手数料がかさんでしまうということはないのですが、返済を忘れないために口座振替にしたい、という人は、必ず口座を作る必要があるので、その点がデメリットとなっています。

専業主婦は借りられない

銀行系カードローンの中には、専業主婦が申し込みできる商品を用意してあるところが多いのですが、三井住友銀行カードローンでは、本人に収入がない場合は、申し込みができません。

銀行系カードローンはノンバンクと違って法律上、専業主婦にお金を貸すことができます。

銀行系カードローンのメリットの一つが、「専業主婦が申し込みできる」というところでもあるので、銀行系であるのに専業主婦の申し込みができないということがデメリットの一つとなっています。

例え少しのパート収入などであっても、毎月収入がある場合は申し込みをすることができます。

収入がまったくない場合は無理ですが、少しでも収入がある場合は、融資してもらえる可能性がありますので、まずは申し込みを行ってみましょう。

振込キャッシングができない

多くのノンバンクで取り入れられている振込キャッシングで融資を受けることができません。

しかし、三井住友銀行の口座を持っている人は、すでに持っているキャッシュカードを使ってお金を引き出すことができますし、口座を持っていない人でも、ローン契約機に行ってカードを受け取れば、即日融資を受けることはできます。

口座を持っていない人で、カードを受けとりに行くのが面倒だな、という人にとっては、振込キャッシングができないのはデメリットと言えます。 

三井住友銀行カードローンの詳細

利用対象者
  • 満20歳以上69歳以下で、原則安定した収入がある方
  • SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方
使用用途 原則自由(事業性資金には利用不可)
契約極度額 10万円〜800万円
契約期間 5年間毎の自動更新
借入利率 年4.0%~14.5%
契約極度額 借入利率
100万円以下 年12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%~4.5%
※三井住友銀行で住宅ローンを利用中の場合は、金利引下げが可能

三井住友銀行カードローンのまとめ

三井住友銀行カードローンは、大手の銀行の中でも、審査の早さ、融資の利便性、どれをとってもトップクラスのカードローンです。

口座開設不要で借入可能ですし、審査完了後ローンカードを三井住友銀行のローン契約機で発行すれば、すぐに融資を受けることができます。

また、三井住友銀行のキャッシュカードを持っている方であれば、そのキャッシュカードにローン機能をセットして借入できるため、新たにカードが増えず、家族にバレずに利用することもできます。

カードローンとしては、銀行のカードローンの中でも最も利便性の高いカードローンなので、低金利で借入したいという方や、急ぎで借入したい方、他社の債務を借り換えしたい方など、どんな方にでもおすすめできるカードローンです。

三井住友銀行カードローンの審査に関する口コミ

合計:3件  総合評価: 4
口コミ一覧ユーザー びっくりさん

5

2017/05/29

600万ok

審査時間一時間半600万円okびっくりしました

口コミ一覧ユーザー 星野健太郎さん

2

2017/05/29

プロミス保障

在籍確認あり

もっと見る

口コミを投稿する

お名前(ハンドルネーム)
評価(星の数を選択してください)
タイトル記入欄
本文記入欄
口コミを投稿する

絞り込み条件で探す

条件を選択してください

借入希望額
審査時間
融資時間
職業

公式サイトはこちら