アイフル「ファーストプレミアムカードローン」のスペックをアイフルと比較


消費者金融大手のアイフルには通常のカードローンの他に、ファーストプレミアムカードローンという商品があります。こちらの商品は通常のカードローンとは利息や申し込み可能な年齢などが異なり、文字通りプレミアムな商品となっています。

そこで今回は、アイフルのファーストプレミアムローンについての紹介や審査の流れに関する解説を交えつつ、金利やスペックをアイフルの通常のカードローンを比較してみました。

ファーストプレミアムカードローンの審査の流れ

まず最初に、ファーストプレミアムローンという商品はどんなカードローン商品なのか、確認しておきましょう。

詳しい内容についてはこの後の項目でご紹介しますが、こちらの商品は簡単に言ってしまえば利息の面で通常のアイフルのカードローンの上を行く上位版、といった様相を呈しています。

つまり普通にアイフルでカードローンを契約するよりも低い利率でお金を借りられる可能性のあるカードローン商品、ということになりますね。

では、そんなファーストプレミアムカードローンの審査はどのようになっているのでしょうか。審査の流れについて解説します。

Webから簡単に申込可能

実はこちらの商品も、通常どおりアイフルのウェブサイトから申し込みを行うことが可能となっています。

そしてこれはちょっとしたテクニックなのですが、アイフルのファーストプレミアムローンの申し込みは何も専用の申し込みフォームからのみという事ではなく「通常のアイフルのカードローンの申し込みフォーム」から申し込みをすることが出来るようになっています。

というのもファーストプレミアムローンの申込画面はその「造り」があまり現代のスマホやタブレット、パソコンなどの画面表示に合っておらず、何かと入力しづらい部分があるのが現状です。

しかし、アイフルの通常のカードローンの申込画面は日々洗練されて使いやすさが追求されていますので、こちらからサクサクと申し込みをした方が何かと入力ミスや間違いが起こりづらく、ストレスフリーな申し込みが可能となっています。

申し込みだけ通常のカードローンのフォームから行い、後からかかってくる本人確認の電話の段階で「あ、すみません、今回はファーストプレミアムローンということで申し込みをさせて頂きたいのですが」と申し出れば、後はオペレーターさん側で調整や設定をしてファーストプレミアムローンの審査に切り替えてくれるのです。

意外と知られていないことですが、やはり申し込みというのはただでさえ神経を使う作業ですから、こういうところで少しでもストレスを軽減しておきたいものですね。

そうしてWEBから申し込みを完了し、さらに電話での本人確認が完了したらいよいよ審査に入っていきます。

この時、審査にかかる時間はおおよそ最短で30分程度と世間一般では言われています。

しかし実際のところは各種審査や確認作業、そして申込者側とアイフル側の連絡のタイムラグなどによってもう少し時間がかかるケースが大多数となっており、肌感覚で行くと申し込んでから確定的な審査結果が出るまでには審査通過の場合でおよそ1時間から3時間程度の時間を見込んでおくと変に気を揉まなくて済みます。

そして審査に通過した場合は、主に電話でその旨が通知されることになります。そのため審査の間だけでも、電話については出来るだけ速やかに出られるようにしておくとより早く結果がわかります。

最終的なWEB上での契約、あるいは来店の上での契約の2通りから選択することになります。いずれの場合も即日融資を狙うことが出来ますが、WEB契約の場合は初回の融資については振込融資となりますので、銀行の営業時間外になると翌営業日までお金を手にすることが出来ません。1分1秒でも早く現金を、ということであれば来店契約を選択しておきましょう。

アイフルのファーストプレミアムローンで即日融資は可能?

一見すると通常のアイフルのカードローンとは契約の流れも違う様に見えるファーストプレミアムローンですが、もちろん即日での契約、そして即日融資も可能となっています。もちろん審査の状況やそもそもの申し込みを行った時間帯にも左右されることにはなってしまいますが、基本的には繁忙期を除いた平日の朝9時頃までにWEBから申し込みを完了しておけば、充分に即日融資を狙う事が出来ます。

なお、繁忙期というのは毎月お金が動きやすい5・10・15・25・末日などのいわゆる「五・十日」やGWにお盆、年末年始などに近い時期を指します。小さい所だと三連休などの連休前にも何かと需要がありますので、どうしても即日融資を希望しているという場合にはそういった時期を避けておけば、まずは安心といったところではないでしょうか。

通常の時期の平日朝9時頃までに申し込みを行い、審査や連絡に大きな問題やタイムラグがなければ、その日の15時頃までにはお金を手にすることも可能です。

アイフルからの電話は非通知?

申し込んだはいいものの、アイフルからの電話は一体どんな電話番号からかかってくるのだろう、それが不安であまり気が進まない・・・という方もいらっしゃるかと思います。

原則としてアイフルに申し込みをした場合、アイフルからの電話については少なくとも3回はあることになります。すなわち、

  • 1回目:申し込み完了時の本人確認(本人あて)
  • 2回目:職場への在籍確認(職場あて)
  • 3回目:審査完了時の結果通知(本人あて)

なのですが、2回目については特に本人が出なくても問題はない(※後述)ので、実質電話で直接本人が話さなければならないのは2回となります。

では、これらの電話はどんな番号からかかってくるのでしょうか。それとも、非通知でかかってきてしまうのでしょうか?

本人あての電話は番号通知が多い

まず、本人にかかってくる申し込み完了時の本人確認や結果通知の電話については、原則として番号通知の上でかかってきます。

番号としては0120-201-810というアイフルの公式サイトにも掲載されている番号か、もしくはこれに近い番号のフリーダイヤルからかかってくるケースが多く聞かれます。

ただし、まれに077-から始まる固定電話からの着信が入ることがあります。ちなみに市外局番077-から始まる番号は滋賀県大津市を中心としたエリアで使われているものなのですが、これはアイフルのコールセンターが滋賀県にあることが要因となっており、この近辺から普段電話がかかってこない環境にいる人は少しびっくりするかも知れません。

そのため、もしお使いの携帯電話などでフリーダイヤルからの着信を拒否していたり、あるいは登録外着信拒否設定などをしている場合は大事なアイフルからの電話を受けることすら出来ませんので、忘れずに申し込みの間だけでも設定を解除しておきましょう。

アイフルは着信拒否設定がなされている場合、ほとんどのケースで1回くらいは別の番号からリトライとして電話をかけてくれますが、それもつながらないという場合はそこで審査終了(審査落ち)という扱いになっても文句は言えませんので注意しておきましょう。

なお、これは申込時に記入した本人の電話番号が携帯の番号である場合に限ります。自宅の固定電話の場合は本人以外が電話に出たり、あるいは着信履歴が残ってしまう可能性もあることから最初は非通知でかかってくるケースも存在します。

職場あては原則非通知かフリーダイヤル

では、職場あての電話についてはどうでしょうか。職場には主に在籍確認ということで電話がかかってくるのですが、こちらは多くの場合非通知での着信となります。というのも、アイフルでは契約者や申込者以外の人に、その人がアイフルに申し込みをしているという事実が極力バレないようにという配慮を徹底しています。

そのため電話口でも個人名を名乗ってくれますし、何か突っ込まれた事を聞かれてもある程度は上手にごまかしてくれるものですが、電話番号だけはさすがに通知状態でかけてしまうと一発で「アイフルから○○さんに電話が来た」という事実がバレてしまいます。そこでアイフルからの在籍確認の電話については、原則として非通知での着信となっているのです。

ただし、最近は職場でも非通知の電話について拒否するといったところも出てきており、そういった場合にはアイフルも仕方がありませんので、フリーダイヤルの番号から電話をかけてくることになります。

この場合は比較的高確率で周りにバレてしまいますので、どうしても特段の事情があってアイフルからの在籍確認の電話がストレートに来てしまうと困る、という場合は前もって何か打開策が無いかどうか、アイフルの担当者に直接相談してみるというのも1つの手です。

在籍確認はあるか

若干解説の順番が前後してしまったかもしれませんが、今までの流れを見ればご理解頂ける通り、アイフルのファーストプレミアムローンにも在籍確認は存在します。つまり、申し込みをするとほぼ100%職場あてにアイフルから電話が掛かってくることになります。

ちなみにこの電話については先ほども触れた通り原則非通知・個人名・本人以外には用件を言わない、というのが徹底されています。

そして本人がその電話に出られなくても、間違いなく本人がその会社に在籍していることば確認できれば在籍確認は終了です。

この時アイフルの担当者が「○○様はご不在でしたか、大変失礼致しました。では、また改めてお電話させて頂きますので、失礼致します」と電話を切るケースもありますが、まず改めての電話が入る事はありませんので心配はいりません。

なお、多くのサイトなどでは本人不在の状態での在籍確認のパターンが多く紹介されていますが、本人がタイミングよく電話に出られた場合、あるいは本人が直接電話を取った場合というのは、どうなるのでしょうか。

これについても最近は「在籍確認」というのが世間一般に浸透してきている関係上、あまり話の内容で借入れがバレてしまうような事はアイフルでも避けようという動きがあります。

そのため最近は職場あての在籍確認の電話で本人が出た場合、ハタから聞いている分には変な受け答えにならないようなスクリプトが用意されています。

例としては、このような感じです。

本人:「(本人が電話を取って)はい、お電話代わりました、○○でございます」

アイフル:「○○様でしょうか?先ほどはxxという個人名で失礼致しました、私アイフルのxxと申します」

本人:「あぁ、xx様ですね、はい、いつもお世話になっております。」

アイフル:「お世話様でございます。このお電話は在籍確認のお電話でございました。残りのご連絡などにつきまては改めて○○様の携帯宛にお電話させて頂きたいと思いますが、宜しいでしょうか?」

本人:「はい、そちらの件はその方向で大丈夫です。そのまま進めて頂けますでしょうか?」

アイフル:「かしこまりました。それでは後ほど、ご審査結果などと合わせまして携帯にまたお電話させて頂きます。失礼致します。」

本人:「はい、かしこまりました。引き続き宜しくお願い致します。失礼いたします。」

この様に非常によく出来た会話の流れがすでに作られていますので、ハタから聞いていてもあまり不審な感じにはならないのですね。

なお、この時担当者や混み具合、そして審査の状況によっては「○分後くらいに携帯に電話する」といった事を教えてくれるケースもあります。

この時間が5分後、10分後といった非常に短い間隔だったり、あるいは反対に「何時ころがご都合良いですか?」と聞いてくるなどの場合は既にある程度の審査結果が出ていて、在籍確認が完了したと同時に結果が確定するという段階まで来ているケースがほとんどです。

その場合は早めに対応するとそれだけ早く結果がわかりますし、審査に通過していた場合は手続きを急ぐに越したことはありませんので、最優先で電話に出られるようにしておきましょう。

無利息期間について

アイフルのファーストプレミアムローンには、30日間の無利息期間がついています。

これは全ての商品を含めてアイフルを初めて利用する人のみが受けられるサービスで、契約の翌日から30日間の間はお金を借りても利息が発生しないという、非常に画期的なサービスとなっています。

つまり、契約した日にお金を100万円借りたとします。そしてそのお金を20日後に全額返済したとします。この時通常であれば100万円に対する20日分の利息を合わせて返済をすることになるのですが、無利息期間中なので実際に返すお金は借りた分の100万円だけ、ということになります。

また、30日間の期間中であれば完済後もう一度借入れをして更に完済するなど、複数回の取引をしても利息は一切かかりません。30日を経過した時点での借入れ残高から、利息が発生していくことになります。

返済について

では、アイフルのファーストプレミアムローンの返済はどのようになっているのでしょうか。

返済日

まずは一番大事な返済日から解説していきます。アイフルのファーストプレミアムローンの返済については毎月決められた日に返済していくスタイルの「約定日制」、もしくは最終返済日から数えて35日後が次回の返済日に設定されるという「サイクル制」という方法から任意に選択することが出来るようになっています。

毎月の最低返済金額については返済の間隔が狭い分、約定日制の方が若干安くなっています。

返済方法

返済方法については通常のアイフルのカードローンと同様にアイフル店舗やATM、コンビニ支払い、提携CD・ATM、口座振替、銀行振込など多種多様な方法を自由に選択することが出来ます。

このあたりは通常のローンと変わりありませんので、安心して申し込みをすることが出来ます。

返済期間・回数

返済の期間や回数については、原則として最長8年8ヶ月、回数にして1から94回という回数が設定されています。

つまり契約をしてから完済するまで、どんなに長くても基本的には上記の年数がリミットということになります。

返済金額

毎月返済していく金額については下記の表のとおりとなっています。

借入直後残高 約定日制 サイクル制
100万円 26,000円 30,000円
100万1円〜300万円 10万円ごとに1,000円ずつ加算
300万1円〜310万円 47,000円 51,000円
310万1円~490万円 10万円毎に1,000円ずつ加算
490万1円~500万円 66,000円 70,000円

これを踏まえて、100万円を年利9.5%、約定日制の46回払いにした場合の返済シュミレーション例は下記となります。

返済回数 返済金額(元金+利息) 元金残高
1回目(初回) 26,000円(18,192円+7,808円) 1,000,000円
10回目 26,000円(19,511円+6,489円) 831,063円
46回目(完済) 23,791円(23,607円+184円) 23,607円

※公式サイト抜粋

ファーストプレミアムカードローンの詳細

申込条件 23~59歳で定期的な収入と初めてアイフルを利用する人
必要書類 本人確認書類、収入を証明する書類
金利(実質年率) 3.0%~9.5%
※最大30日間利息0円
  • 100万円~200万円未満:3.0%~9.5%
  • 200万円~300万円未満:3.0%~8.5%
  • 300万円~400万円未満:3.0%~6.5%
  • 400万円~500万円:3.0%~6.5%
損害遅延金(実質年率) 20.0%
借入額、限度額 100万~800万円
審査時間 最短30分
即日融資
申込方法 WEB限定
資金使途 不問
担保、保証人、連帯保証人 いずれも不要
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済方法 アイフル店舗・ATM、コンビニ、提携CD・ATM、銀行振込、口座振替
返済期間、返済回数 最長8年8ヶ月、1~94回
返済日 約定日制またはサイクル制から任意に設定

アイフルとは何が違う?

ここまでファーストプレミアムローンの特徴や審査の流れなどについて紹介をしてきましたが、実際のところ、アイフルの通常のカードローンとはどの様なところが異なるのでしょうか?おさらいがてら、まとめてみました。

金利

まず特筆すべきはその金利です。通常のキャッシングローンが上限金利18.0%という設定なのに対して、こちらのファーストプレミアムローンについては上限金利が9.5%という消費者金融の商品とは思えないほどの金利水準となっています。

今時銀行系ローンでもこれより高い金利のものもあるという程の水準ですので、もし条件に当てはまるようであれば真っ先に契約を検討したいくらいですね。

条件

申し込みの条件は、若干ファーストプレミアムローンの方が制約が多くなっています。通常のローンでは20歳以上の定期的な収入がある人、という事になっていますが、ファーストプレミアムローンでは23歳から59歳までの一定額以上の定期的な収入がある「アイフルを初めて利用する人」という事になっています。

これは地方銀行が提供している銀行系カードローンとほぼ同水準の申し込み基準と言っても過言ではありませんが、審査についてはもちろん消費者金融ですから銀行系と同列に語るのがナンセンスというレベルで柔軟な審査となっています。

また年収についても一定額以上という基準がありますが、こちらは最低利用限度額が100万円からという事になっていますので、総量規制との兼ね合いを考えるとおおよそ300万円以上の年収がボーダーラインと考えることが出来ますね。

無利息期間

無利息期間については、通常のアイフルと同様の30日間無利息という特典が付帯しています。出来る限りこの無利息期間を活用して借入れと返済を行う様にするとスムーズな資金計画を実現できるのではないでしょうか。

審査の流れ

審査の流れについてもほとんど通常のアイフルとファーストプレミアムローンに違いはありません。ただし、ファーストプレミアムローンの場合は例外なく収入を証明出来る書類が必要となりますので、その提出が審査の条件となっています。

通常のアイフルは50万円以下の借入れや他社の借入れ額との合計が100万円を超えない場合は原則として収入証明はいりませんが、こちらは例外なく書類の提出が求められるという違いがあります。

審査にかかる時間

審査時間についてはほとんど大差ありませんが、強いて言えば利率が低く、かつ確認すべき書類が若干多いファーストプレミアムローンの方が慎重な審査が行われる傾向にあり、その分だけ時間がかかることになります。とは言うものの、個人信用情報に特段の問題が無く在籍確認もスムーズに取れる場合は通常申し込みから数時間後には結果が判明することになります。

返済方法

返済方法は通常のカードローン同様に店舗、ATM、提携ATM、コンビニ、銀行振込、口座振替が利用可能となっています。もちろん、毎月の支払いの他に任意での返済を行って返済を繰り上げていくという事も可能です。

比較表 アイフルキャッシングローン ファーストプレミアムカードローン
金利 3.0%~18.0% 3.0%~9.5%
申込条件 20歳以上
定期的な収入がある人(70歳で新規融資停止)
23~59歳
定期的な収入がある人
アイフルの新規利用者(70歳で新規融資停止)
申込方法 WEB、電話、来店 WEB
契約方法 WEB、来店、郵送
即日融資
無利息期間 30日間
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済方法
  • アイフル店舗・ATM
  • 口座振替
  • 銀行振込
  • 提携CD・ATM
  • コンビニ
返済日 約定日制またはサイクル制
最長返済期間(最長返済回数 14年6ヶ月(151回) 8年8ヶ月(94回)
必要書類 本人確認書類
収入を証明する書類
※利用限度額が50万円以下で他社を含む借入総額が100万円以下の場合原則不要
本人確認書類
収入を証明する書類
借入額 1,000円~800万円 100万~800万円

まとめ

このようにファーストプレミアムカードローンとアイフルには限度額や利率を中心にいくつかの違いが存在します。ファーストプレミアムローンはアイフルを初めて利用する人であれば非常に低い金利でお金を借りることが出来ますが、その反面最長でも8年強で完済しなければならなかったり、申込可能な年齢に制限があるなどのデメリットも存在します。

しかし、何よりもそれ以上に魅力的な金利が提供されていますので、条件に合う人はこちらのファーストプレミアムローンに申し込んでおきたいところです。