アイフルの「おまとめMAX」「借り換えMAX」は総量規制対象外で借り入れできる?


独立系消費者金融大手のアイフルでは、通常のカードローン商品や女性専用のSULARI、ファーストプレミアムローンの他に、「おまとめMAX」「借り換えMAX」というローン商品を提供しています。

こちらは何やらおまとめ、とか借り換え、といったキーワードが並んでおり通常のローン商品とは違う様な雰囲気がありますね。そこで今回はこの2つのローン商品の詳細について、紹介していきます。

消費者金融なのに総量規制対象外

結論から言うと、アイフルが提供している借り換えMAX、おまとめMAXについては総量規制の対象外です。年収の3分の1以上の借入れが申込み時点であったとしても、何の問題もなく審査を受けることが可能となっています。

しかし、確か総量規制というのは銀行の融資などは対象外なものの、消費者金融についてはその対象だったのでは?と思われる方も多いのではないかと思います。

アイフルは独立系消費者金融ですから、その商品は全て総量規制の対象ではないのでしょうか?

これにはきちんとした理由があるのです。これは何もアイフルがルールを破っているわけでもなく、はたまたどこかの銀行の商品になった、というわけでもありません。

「なぜアイフルの商品でも総量規制の対象外なのか」という理由がわかれば、安心して申し込めそうですよね。

実は「顧客に一方的有利となる借換え」というキーワードが大きく関係しています。

顧客に一方的有利となる借換えとは

「総量規制」という言葉を聞くようになってからもう数年になります。

この総量規制というのは2010年初夏に施行の改正貸金業法によって定められたルールで、簡単におさらいすると「貸金業者は原則、申し込んできた人間に対して他社からの借入れを含め年収の3分の1以上のお金を貸し付けてはならない(ただし銀行の融資と住宅ローンなどの有担保融資など一部の金融商品は除外)」という内容になっています。

これにより多くの消費者金融はその貸し付け基準を大幅に厳格化し、現時点で他社を含めた借入れが年収の3分の1以上ある人にはお金を貸さなくなってしまいました。

しかし、ローンというのは人それぞれ事情があるわけですから、いくら国の基準といっても年収の3分の1以上の借入れが出来なければ困る!という人も当然ですが数多く存在しますよね。

そこで、この改正貸金業法の総量規制では「例外」と「除外」という規定が設定されています。

つまり、いくつかの条件が整っていれば、その金融商品については総量規制の対象にならない、年収の3分の1を超えていても貸し付けしても良い、ということです。

除外の貸し付けについては先ほども少し触れましたが、住宅ローンや車のローンなどのいわゆる「担保のある」貸し付けです。他にも一部医療費や不動産を担保にした貸し付けなど、そういったものも除外という扱いになっています。

要するに、総量規制で本当に規制したいコアな貸し付けの種類からは少し外れている様な、そんな種類の金融商品が除外にあたります。

そして、反対に本来であれば総量規制の対象になるものの、ここまで「がんじがらめ」に規制してしまうと色々と困る人が出てきそうだ、という事で規制を若干緩和して総量規制対象外としているのが「例外貸し付け」という区分の金融商品です。

例外貸し付けにも様々な種類があり、例えば今すぐにその資金が無いと人の生命に関わる様な緊急的な医療費や、あるいは海外渡航中に緊急で必要になった資金などで社会通念上「これは間違いなく必要な資金だから貸し付けもやむを得ない」という様なものが該当するのですが、この中に「顧客に一方的有利となる借換え」という項目があります。

今回紹介している借り換えMAXやおまとめMAXは、この例外貸し付けの中の「顧客に一方的有利となる借換え」に該当します。

これらの商品は多重になってしまっている債務を一本にまとめて支払日なども1つにまとめ、さらにその金利についても多少安い金利に設定するという商品です。

そのため、この商品でお金を借りるという事自体は顧客(つまり借りる人)にとっては、何の損もありません。むしろ物理的に返済も楽になりますし、気持ちの面だって借りている会社が大幅に減って一社になる訳ですから、どれほど楽になるか・・・ということにも繋がります。

つまり、借りる人にとって一方的に有利になる事から、アイフルは消費者金融でありながらも、その商品であるおまとめMAX、そして借り換えMAXについては総量規制の対象外ということになるのです。

また、その商品の特性上、これらの商品については少し通常のローン商品とは毛色が違います。

通常アイフルで契約出来るローンはいわゆるカードローンで、こちらの2つの商品については「証書貸付」という契約形式になっています。

ここで証書貸付という聞きなれない言葉が出てきましたが、これは一体どういったシステムのローンなのでしょうか?「聞いたことが無くて怖いから借りない!」なんて言っていては非常にもったいないので、今回はこの証書貸付というものについても解説をしていきます。

カードローンと証書貸付の違い

証書貸付とは

証書貸付というのは本来、主に銀行などでの融資の際に使われる言葉となっています。これもお金の貸し借りの一種で、字面だけ見るとなんだか手形取引のようなイカツさすら感じさせるものがありますが、実際は非常にシンプルな話なのです。

ものすごく端的に言うと「借用書を書いてお金を借りる」、たったこれだけの事です。この借用書は正式に言うと借用証書ですから、証書(を元に行う)貸付ということになるのですね。カードローンとの違いについては後ほど紹介しますが、システム的にはこちらの方がシンプルかもしれません。

証書に記載される内容としてはざっくり説明すると、

  1. 貸主から借主、つまり顧客は○○年の○月○日に金いくらいくらを確かに借りました
  2. 借りたお金について借主は利息をつけて○○回払い(36回や120回など)で分割して返していきます

といった内容が記載されることになります。

アイフルでの証書貸付については、上記の基本的な条項の他に「借りたお金については他の金融業者から借りていた債務の返済に使う事を目的として使います」など、借り換えやおまとめローンであることを明記することになりますね。

カードローンとは何が違う?

証書貸付についてはわかりましたが、アイフルの通常のカードローン契約とはどういった違いがあるのでしょうか。

通常アイフルでの契約はカードローン契約、つまり専用のローンカードを発行してもらい、そのカードを使って随時借入れをして、返済をして、そしてまた必要があればカードで借入れをして・・・と、最初に契約した極度額の中であれば自由に資金の借入れや返済が出来る様な仕組みになっていました。

しかしこちらの証書貸付では、借入れたお金の使いみちは大前提として他の現在借りている会社への返済という事になっていますので、原則としては一度証書を交わしてお金を借りたあとは仮に返済をしていたとしてもカードローンの様に借りた枠内で再度借入れを、という様な事は出来ないようになっています。

これがカードローンとの一番大きな違いなのではないでしょうか。

おまとめMAXとは

商品概要

アイフルのおまとめMAXは、文字通り現在他社からお金を借りている人のうち、主に複数の業者から借入れをしている人の借金を一本に「おまとめ」する為の商品となっています。

こちらは過去にフリーキャッシングを含むアイフルのいずれかの商品を利用したことがある、あるいは現在進行形で利用がある、という人に向けた商品です。

申込みができる条件としては20歳以上で定期的な収入と返済能力がある人、となっていますので、正社員で働いている人のみならずアルバイトやパートなどで定期的な収入がある人であれば申込みが可能となっています。

ただし商品の性質上、1社以上からお金を現在借りている人のみこちらのローンを利用可能となっています。個人からの借金については、相手が事業としてお金を貸している場合以外は原則としてカウントされませんので注意が必要です。

利率

利率については3.0%から17.5%までという事で、アイフルのお得意様向けの少し優遇された利率となっています。年利18%台で借りている借金が複数あるなどの場合は、効果てきめんといったところではないでしょうか。

限度額

限度額についても800万円までとなっていますので、比較的借金総額が大きい場合でも安心して相談できそうですね。総量規制の対象外となっているため、審査によっては年収の3分の1以上の額面を借り換えることが可能となっています。

審査時間など

気になる審査時間や即日融資の可否ですが、こちらは公式情報としては通常のカードローン同様に最短30分の審査を経て、店舗や契約機への来店があれば即日融資も可能ということにはなっているものの、実際の所は申込みから最低半日程度は見ておかなければなりません。

朝の9時頃に申込みを完了したとして審査回答が15時頃、というケースも想定しておく必要がありますね。

その場合は店舗への移動時間や各種の書類提出にかかる時間、そしてアイフル自体の営業時間などの兼ね合いから、審査に通過したとしても実際の融資実行は翌営業日以降という可能性もありますが、それでも今まで苦しんできた借金が1日2日で一本化出来ると考えれば問題はないと考える方も多いのではないでしょうか。

ただし、申込み確認の電話自体は申込みからおよそ1時間から1時間30分もあれば着信しますので、その際に色々と相談をしたり審査に関する疑問点を質問することは可能となっています。

返済方法

返済方法については通常のカードローンと異なり、原則として契約時に設定した本人名義の銀行口座からの引き落とし一択となっています。

ただし、追加返済などのイレギュラーな返済時については提携ATMから入金が出来るケースもありますので、こういった特殊なケースの場合はコールセンターに電話をして担当者に都度相談するようにしておくとベストです。

保証人・担保

証書貸付の場合は保証人や担保などの提供が必要になることがありますが、アイフルのおまとめMAXについては保証人も担保も原則として不要となっています。

このあたりは通常のアイフルのローンと同様なので、安心して申込みをすることが可能となっています。

必要書類

申込みの際は何と言っても「借り換える対象」の借金の内容がわかる書類の提出が何よりも大切になります。

これは主に契約書やATMでの返済時などに出てくる明細が該当しますが、一番良いのは契約書と最新の借入残高が記載されている入金明細のセットとなっています。これがあればアイフル側でも「間違いなくこの会社からの借入れがあって、その返済目的での申込みだ」とスムーズに確認をすることができます。

その他の必要書類としては通常のアイフルの契約と同様、運転免許証や保険証などの本人確認書類、そして源泉徴収票などの収入を証明できる書類となります。この収入証明書類については通常の契約と異なり、額面に関わらず必須となっていますので必ず用意するようにしておきましょう。

ここまでの内容については、下記に表でもまとめています。

対象者 20歳以上で定期的な収入と返済能力がある人
総量規制 対象外
審査時間 最短30分
即日融資 可(※審査状況によっては翌日以降の場合あり)
資金使途 1社以上の他社借金の借り換え
※借り換え以外の利用は不可
利率 3.0%~17.5%
※実質年率
損害遅延金 20.0%(実質年率)
契約限度額又は貸付金額 1~800万円
返済方法 元利定額返済方式
原則口座振替のみ(イレギュラー返済の場合のみATM可)
返済期間と返済回数 最長10年間、120回まで
連帯保証人と担保の有無 いずれも不要
必要書類 他社借入条件等が確認できる書類
本人確認書類 収入証明書類

借り換えMAXとは

商品概要

では続いて、借り換えMAXについて解説していきます。

こちらの商品も先ほどのおまとめMAXとほとんど々商品設計となっていますが、大きな違いが1つあります。

それは、おまとめMAXが「過去にアイフルを利用したことがある、あるいは現在アイフルと何らかのローン契約をしている人」を対象としているのに対してこちらは「初めてアイフルを利用する人」を対象としているという点です。

利率

利率については、以前まではおまとめMAXよりも高めの上限金利が設定されていましたが、現在は同じ金利設定になっています。

金利が18%台の他社融資もありますので、そちらよりは若干低く、支払総額も月々の支払い額もダウンするというメリットが充分に受けられるようになっています。

限度額

限度額についても先ほど同様、800万円までという商品設計になっています。このため他社での借入れがすでに年収の3分の1をオーバーしてしまい、大きな金額になってしまっているという様な場合でも年収に関するボーダーを気にする事なく申込みをして審査を受けることが出来るようになっています。

審査時間など

アイフルの借り換えMAXの審査時間ですが、こちらも公式では即日の対応が可能で最短30分程度で審査回答があるという表現になっているものの、やはり少し時間に余裕を持っておいた方が良いでしょう。

先ほどのおまとめMAXの方は過去にアイフルの利用歴があるということで、同社でも顧客のデータを保有していますので審査の材料が最初から揃っていることもあって比較的スムーズな審査が期待できますが、こちらの場合はあくまでも新規という事で何もデータがありませんよね。

そのため現在借入れている他社などの情報についての収集に加えて申込者自身のデータについても慎重な確認や審査を要することから、繁忙期などであれば申込みから審査回答までまる1日は見ておいた方が良いでしょう。

申込後の本人確認の電話については最短数十分から長くても数時間程度でかかってきますので、スムーズな審査進行のためにも一回で電話に出られるようにしておきましょう。

返済方法

返済方法はこちらも口座振替のみに対応となっています。月々分割して支払っていくことになります。

保証人・担保

原則としてこちらも保証人や担保は必要ありません。

安心して申込みをすることが出来ますね。

必要書類

原則として他社から借りているお金の契約状況が確認できるものが必要となります。契約書や返済時に交付される伝票など、用意できるものは出来る限り用意して審査に臨むとベターです。

その他には本人確認書類として運転免許証や健康保険証、そして収入証明書類として源泉徴収票などが必要となります。

源泉徴収票の用意が難しい場合はその他直近二ヶ月分の給与明細などでも対応してもらえる可能性もありますので、申込み後にかかってくる本人確認の電話などでその旨相談すると良いでしょう。

ここまでの情報をまとめた表が下記になります。

対象者 アイフルを初めて利用する人で、20歳以上で定期的な収入と返済能力がある人
総量規制 対象外
審査時間 最短30分
即日融資 可※状況によって時間がかかる場合あり
資金使途 1社以上の他社借金の借り換え
※借り換え以外の利用は不可
利率 3.0%~17.5%
※実質年率
損害遅延金 20.0%(実質年率)
契約限度額又は貸付金額 最高800万円
返済方法 元利定額返済方式
場合により提携ATMなど利用可
返済期間と返済回数 最長10年間、120回まで
連帯保証人と担保の有無 いずれも不要
必要書類 他社借入条件等が確認できる書類
本人確認書類 収入証明書類

<融資額100万円の返済シュミレーション例>※公式サイト抜粋

実質年率12%の場合

返済期間(回数) 毎月の返済額 総支払額
3年(35回) 34,000円 1,186,875円
5年(58回) 23,000円 1,312,430円
7年(81回) 18,000円 1,456,044円
10年(110回) 15,000円 1,637,643円

実質年率15%の場合

返済期間(回数) 毎月の返済額 総支払額
3年(36回) 35,000円 1,240,405円
5年(59回) 24,000円 1,412,017円
7年(79回) 20,000円 1,564,016円
10年(106回) 17,000円 1,792,103円

おまとめMAXも借り換えMAXも、返済期間が長いと毎月の返済額も低く抑えられる一方、その分利息が発生します。

また、毎月の返済額が大きくなっても返済期間が短いと総支払額も低く押さえられるというポイントを押さえ、状況に合わせて計画的なお付き合いをしていきたいですね。

また、こちらの商品で借りたお金については原則として、速やかに申告した金融業者に振り込むなどして使用します。

借り換えですから、当然ですね。この時、審査の状況や契約内容によってはアイフル側でその払い込み、つまり全額の弁済もやってくれる可能性もありますので、そういう案内があったときにはアイフルに全てを任せるようにしましょう。

申し込み方法

ここまでアイフルの総量規制対象外のローンである「おまとめMAX」「借り換えMAX」について紹介してきましたが、これらのローンにはどうやって申し込むと良いのでしょうか?

実はそこまで気を張る必要はありません。

まずはインターネットから普通のアイフルのカードローンに申込みを行います。この時、申込者の情報などには間違いが無い様に注意して記入していきましょう。

特に住所の番地やマンション名、号室などが抜けるケースが多発していますので、注意しておきたいところです。

申込みを完了すると、続いてオペレーターから本人確認の電話が着信します。

この時にオペレーターさんに「おまとめMAX(あるいは借り換えMAX)に申込みをしたいのですが」と伝えると、その場でこれらの商品の申込みに切り替えた上で審査を進めてもらうことができるのです。この方法ですと非常に簡単なので、スムーズに申込みをすることが可能となっています。

まとめ

このように「借金の一本化」「お借り換え」という目的のもと、消費者金融のアイフルでも総量規制の対象外、つまり年収の3分の1を超える金額のローンを契約することが出来るようになっています。

おまとめMAXはすでにアイフルで契約をしたことがある・あるいは現在契約中である人、借り換えMAXについては初めてアイフルと契約をする人にそれぞれ向けられた商品となっており、複数の業者から借入れをしている人にとっては今すぐにでも申込みたいような商品ですね。

アイフル

アイフル
アイフルの「借り換えMAX」は借り換えに最適
アイフルの借り換えローン「借り換えMAX」は、今ある借入の金利を低くしてくれるので借り換えに最適です。WEB申し込み後オペレーターに「借り換えMAX」を利用したいという旨を伝えましょう。
実質年率年3.0%〜年18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら