ビジネクストカードローン

ビジネクストカードローン

ビジネクストカードローン利用限度額1000万円

ビジネクストカードローンは利用限度額1000万円までという幅広い事業者ローンが利用可能です。提携先のATMはアイフルをはじめ、セブン銀行、東京スター銀行となっており、7時から23時の間に、融資と返済で利用ができます(東京スター銀行は融資のみ)。

実質年率 8%~18%
借入限度額 1万円~1000万円
審査時間 -
即日融資

公式サイトはこちら

ビジネクストカードローンのおすすめポイント

  • POINT融資額1万円~1000万円

  • POINT実質年率8%~15%(利用限度額100万円以上)

  • POINT実質年率13%~18%(利用限度額100万円未満)

  • POINT法人または個人事業主

  • POINT20歳~69歳まで

ビジネクストカードローンの詳細

融資限度額 1万円~1000万円
金利適用方式 単一金利
借入利率 8%~18%
遅延利率 -
返済方式
返済日 毎月一定日
申込対象者 法人または個人事業主 20歳~69歳まで
使いみち 事業資金
保証人 不要

ビジネクストの審査について

ビジネクストという消費者金融は事業者向けビジネスローンを展開している会社です。

ビジネスローンということで基本的に法人代表者又は個人事業主のみ申し込みを行うことができます。

ビジネクストはアイフルの子会社なので、個人で借り入れを希望する場合は親会社のアイフルに申し込みを行うとよいでしょう。

融資額は1万円から1000万円まで幅広く借りることができ、新規の利用時は上限は500万円に設定されています。

貸付利率は限度額が100万円までであれば13%から18%の間、100万円以上の場合は8%から15%の間で審査に応じて決定されます。

ビジネスローンは通常、いわゆる借用書を書いてお金を1度だけ借りるような証書貸付方式が多い中でビジネクストではカードローン方式の貸付を実施しています。つまり個人向けカードローンと同じ様に、コンビニATMなどから気軽にいつでも返済や借り入れが可能ということです。

返済も全国の提携金融機関のATMから行うことができるようになっているため、通常のカードローンとほぼ変わりなく便利に利用することが可能です。

法人として契約をする場合は原則法人の代表者が連帯保証人として契約を結ぶ必要があります。

通常こういったビジネスローンは保証人や担保を立てる必要がありますが、ビジネクストでは原則的に法人とその代表者までの範囲で契約が可能です。

ビジネクストに申し込みが可能なのは20歳から69歳までの法人代表者または個人事業主で、個人事業主の場合は確定申告書Bに営業所得の記載がある人のみ申し込みが可能です。

即日融資不対応!審査にかかる時間

ビジネクストでは即日融資を受けることはできません。

原則的にビジネクストで扱うカードローンはどれも法人や個人事業主などビジネスローンとしての扱いになるためその額面も大きくなりがちです。

そのため慎重な審査が求められます。 なお法人代表者または個人事業主からの申し込みだと自分で電話を取ることができてしまうため在籍確認を正確に行うことができません。

会社に所属して働いているということであれば、在籍確認の電話1本で収入を得ていると認定することができますが、経営者の場合は収入があることを確認する作業が電話だけではどうしても完了できません。

そのため個人としてカードローンに申し込む時よりも収入証明書類など書類のやり取りが多くなる傾向にあります。こういったことも含めてビジネクストでは即日融資は不可能となっています。

しかし、ビジネクストの審査のスピードは決して極端に遅いということではありません。

きちんと審査の申し込みができていれば混み合い具合にもよりますが申し込みの当日から遅くとも4営業日程度で仮審査の結果が届きます。

そこから様々な書類の提出を経て申し込みから約1週間程度で融資を受けることも十分に可能です。

また通常の個人向けカードローンの契約ではありませんので、申し込みの際に必要な書類も通常のものとは少々異なります。

法人として申し込みを行う場合は代表者本人の身分証明書、そして会社の決算書を中心とした財務書類等、個人事業主として申し込みを行う場合は同様に本人確認書類と確定申告書、その他ビジネクストが定める事業内容の確認書などを用意することになります。

審査によって必要書類が異なるケースも多々ありますので、出来る限り書類はすぐに提出できるような体制を整えた上で申し込みを行いましょう。

場合によっては印鑑証明書などが必要となり役所に書類を取りに行かなければならないといったケースもありますので、いつでも動けるようにスケジュールをある程度調整した上で申し込みを行うのがスピード感をもってビジネクストからお金を借りるためのコツです。

ビジネクストは総量規制対象外

ビジネクストカードローンは、一定の条件を満たしている場合、総量規制対象外で借入が可能です。

ビジネクストは貸金業法にもとづいて貸付を行っているのですが、総量規制には、例外貸付があり、「個人事業主への貸付」は、総量規制の例外貸付が認められています。

そのため、ビジネクストで借入を考えている個人事業主の方は、総量規制対象外での借入が可能になっています。(法人代表者は総量規制の対象になります。)

一定の条件とは、下記の条件です。

  • 資金使途が事業資金であること。(事業を営んでいること)
  • 確定申告書および当社所定の事業計画・収支計画・資金計画をご提出すること。
  • 借入金額が返済能力を超えない範囲であると認められること。法人名義での借入は総量規制の対象。(要慎重審査)

ビジネクストの金利について

ビジネクストは通常の消費者金融のカードローンとは異なりビジネスローンという扱いですので、今回は他の多くのビジネスローンと比較してみます。

通常一般的なビジネスローンの金利は年8%前後から18%前後に設定されることが多く、特に新規申し込みの場合は上限ギリギリである18%前後の金利が設定されることが多く見られます。

しかし、ビジネクストでは金利の下限が100万円未満で13%、100万円以上の借り入れで6%からとなっており実際に審査の結果によってこの下限に近い金利で契約が成立するケースもあります。

額面が大きくなればなるほど金利によって毎月の返済額も大きく変動しますので、出来る限り金利を低く契約したいのであれば、ビジネクストへの申し込みがおすすめです。

ビジネクストの評判は良い?悪い?

ビジネクストはネット上の口コミを見てみると下記のような口コミが見られます。

「銀行の融資は相手にしてもらえなかったところ200万の融資が得られて大変助かった。もう10年ほどお付き合いさせてもらっている」

「確かに個人向けカードローンとは違って日数がかかるが、それでも相当早い審査と融資の実行だった。銀行員並の丁寧な対応で正直驚いた」

このようにビジネクストではなかなか審査に通りづらい経営者という立場の人からの申し込みにも柔軟に対応していることがわかります。

10年ほどの付き合いがあるという口コミも見られるなどビジネクストがいかに経営者の味方になっているかということも見て取れるのではないでしょうか。

もちろん審査という部分でも好意的な意見が多く見られますが、ビジネクストの社員の対応が銀行員並みの丁寧な対応であるといった意見も非常に多く寄せられています。

ビジネスローンと言えばなかなか高圧的な態度で審査を行うところも多い中でビジネクストの社員の対応の良さは安心して申し込むことができる理由の1つといって良いでしょう。

自営業者はビジネクストがおすすめな理由

個人事業主への貸付は、アコムやプロミスなどの大手消費者金融でも総量規制対象外の貸付となっているため、借入することは可能ですが、ビジネクストやオリックスクラブカードなどの事業者向けローンを利用した方がいいです。

なぜなら、大手消費者金融は、事業者への貸付を積極的に行っていないからです。

積極的に事業者への貸付を行っていない理由として、一般のサラリーマンと違って、返済能力の有無を判断することが難しいからです。

一般的なサラリーマンの方であれば、勤続年数を見たり、年収を見て、現在の債務の残高に問題が無ければ、返済可能かどうかの判断は簡単ですが、事業者の場合だとそうはいきません。

返済能力があるかどうかは、決算書や確定申告書を見て、借入希望者の事業の業績をチェックして、返済能力の有無を判断する必要があります。

大手消費者金融は事業者向けの審査のノウハウがあまり無いため、自営業者は審査に通りづらくなっています。(プロミスに関しては自営業者への貸付は寛容で、小額の借入であれば問題ないと言われています。)

一方で、ビジネクストなど、事業者向けに貸付を行っている業者は、確定申告書や決算書などから貸付可能か判断する審査のノウハウが豊富で、返済能力の有無をきちんと判断してくれるため、個人事業主の方や法人の代表の方でも、事業計画、収支計画に問題が無ければ借入することが可能です。

そのため、自営業者の方は事業者ローンを選んだ方が借入できる可能性が高くなります。

ビジネクストのデメリット

自営業者にとって使い勝手がいいビジネクストですが、デメリットもあります。

それは、審査申込に必要な書類が多く煩雑であるという点です。

一般的なカードローンの審査申込は、申込フォームに必要事項を入力して、本人確認書類を送るだけでOKなのですが、ビジネクストなどの事業者ローンは、それに加えて、前年度の確定申告書の写しや、事業計画書・収支計画書が必要となります。

元々銀行の融資などでそれらの書類を作っていた場合は流用することができますが、そうでない場合は1から作成する必要があります。

給与の支払いなど、高額の借入が必要な場合は、そういった書類を用意してでも事業者ローンを利用した方が良いですが、生活資金の不足分を小額借入したいだけという方は、自営業者にも小額の貸付実績が豊富なプロミスがおすすめです。

自営業の方は他のビジネスローンもチェック!

ビジネクストのみならずビジネスローンは多くの消費者金融並に金融業者が商品を展開しています。

ビジネスローンには非常に多くの種類があるため比較と検討をすることが何よりも重要です。

特に、自営業の方の場合はビジネスローンの審査に通るかどうか、そしてどのくらいの金利で契約がまとまるかで今後数年間の事業の見通しが立つと言っても決して過言ではありません。

もし今現在自営業でビジネスローンを探しているという方は、ビジネクストのビジネスローンの他にも様々なビジネスローンをチェックし比較検討の上で申し込むようにしたいところです。

まとめ

ビジネクストは、消費者金融大手のアイフルの子会社が展開する事業主向けのビジネスローンです。

個人向けカードローン商品とは異なり法人代表者または個人事業主が申し込むことができます。 限度額は1万円から1000万円、保証人や担保は原則不要で申し込みができます。

即日融資は不可能ですが、銀行の融資などよりは遥かにスピード感をもって審査を進めてもらうことが可能です。さらに、社員の対応も銀行員並みの水準と評判は上々です。

この他にも数多くのビジネスローンがありますので、特に自営業の方は比較と検討をして1番条件の良いビジネスローンに申し込むようにしたいところです。

ビジネクストカードローンの審査に関する口コミ

合計:0件  総合評価: 0

口コミを投稿する

お名前(ハンドルネーム)
評価(星の数を選択してください)
タイトル記入欄
本文記入欄
口コミを投稿する

絞り込み条件で探す

条件を選択してください

借入希望額
審査時間
融資時間
職業

公式サイトはこちら