NTTの光回線の支払いを滞納して契約解除された場合はブラックリストに載るのかどうか


固定インターネット回線としては最も多くの人が加入しているNTTの光回線「フレッツ光」は、契約している限り、毎月使用料金を支払わなければいけません。もしもこれが払えなくて滞納してしまい、契約解除になった場合はブラックリストに載ってしまうのかと心配している人は多いのでは無いでしょうか?

ちょうど、先日このことについてNTTファイナンスに問い合わせることがあったので、聞いてみました。管理人は自宅に光回線を繋いでいて、別の事務所にも光回線を繋いでいました。

しかし、その別事務所は今、友人が使用していて、管理人の名義で事務所と光回線を契約しています。今回支払いが滞納状態で契約解除されたのは友人が使用していた事務所でした。

急にNTTファイナンスというNTTの使用料金を徴収している会社から連絡があって、「利用代金をお支払いいただいていないので光回線の契約を解除しました。」
と言われました。

そういわれても今普通にネット繋いでるし間違いじゃないのか…と思ったのですが、ピンと来ました。

「契約住所はどこになっていますか?」と聞くと、やはり友人に貸している事務所の住所の契約でした。人の名義で事務所を使っておいて、料金滞納なんてなんてやつだ。とかなり腹が立ったのですが、それよりも契約解除になったことで自分の名前がブラックリストに載ったらどうしよう…マジでしシャレにならないぞ…と思ったので、早速確認しました。

NTTファイナンスの回答は、まず、3ヶ月間滞納している料金さえ支払えば問題ないということでした。この滞納した料金を、契約解除後3ヶ月程経っても支払わなかった場合、ブラックリストには載らないが、NTT内で、注意人物とされる可能性はあるということでした。要するに、こういった光回線などの料金を滞納して契約解除になったとしても、信用情報のブラックリストに載ることは無いようです。

しかし、NTT独自に滞納者のリストは作っているはずですから、今後のNTTとの契約で支障が出る可能性はあるかもしれません。ずっと支払わずに放置していると、今後NTTグループの契約ができなくなってしまったり、弁護士から支払いの督促がきたりと、いいことは一つも無いため、絶対に返済しなければいけないお金なのでできるだけすぐに支払いを済ませておきましょう。

当サイト「カードローンのABC」は、消費者金融や銀行のカードローンを紹介しているサイトです。

消費者金融や銀行のカードローンを利用することで、その日のうちに借入することができるため、すぐに返済資金に回すことができるので、どうしてもお金を捻出できないという方は、カードローンでお金を借りて返済したほうが良いでしょう。

カードローンを利用する場合、NTTの光回線を滞納しているということで審査に不利になることはありません。

ただ、カードローンによって、年収の制限があったり、審査の通過率は全然違います。

少しでも審査に通りやすいカードローンがいいという方向けに、「審査に通りやすいカードローンはあるの?大手業者の審査通過率を比較」というページで、審査通過率が高く、審査に通りやすいと言われているカードローンを紹介しています。

生活費が足りず、NTTの光回線などの料金が払えないと悩んでいる方は、カードローンで一時的に支払いを済ませることができますので、上記ページを参考にしてください。