新たな闇金「金貨金融」が流行している


先日テレビ番組で闇金についての特集がありました。

闇金はこのサイトでも解説していますが、一言で闇金と言っても、その手法はかなり多様化してきているため、闇金とは気づかずに利用している人が多くいるのが現実です。

そして、そのテレビ番組では、新たな闇金の手口として、「金貨金融」という形で融資している闇金業者が増えてきているという話でした。

金貨金融とは

金貨金融とは、札幌で流行しているようですが、一般的な闇金と同じ手法でチラシやDMを送り、お金を借りたいという人を集めます。

そして、普通にお金を貸すのではなく、一度金貨を借入に来た人に売り、その金貨を買い取るという形で貸付を行う手法のようです。

表面上は貸付ではなく、金貨を買い取ったという形をとることで、貸金業ではないと主張し、出資法で定められている上限金利を遥かに超える高金利でお金を貸付しています。

テレビで出ていた被害者の方は、年齢が65を超える年金受給者の方でした。

亡くなった夫の7回忌をしたいがお金が無いという心境につけこみ、6万円を貸付し、その6万円は15日後には9万円になって請求されたそうです。

これは、計算すると、年利1,000%を超える暴利で、明らかに違法です。

この金貨金融業者は、金貨を買い取る形で融資を行っているため、出資法は適用されないため、違法ではないと主張していましたが、実際は違法行為となります。

これは出資法第5条を潜脱する行為として、出資法違反にあたるため、もし金貨金融を利用してしまった場合でも、請求されている金額は支払わなくて良いですし、今まで支払った利息に関しても全て返してもらうことができます。

闇金とは全て違法業者にあたり、上記のような暴利で貸付することがほとんどです。

また、返済が滞ると、家族や親戚だけでなく、職場へも嫌がらせをしてくるような悪質な業者がほとんどなので、絶対に利用してはいけません。

もし闇金を利用してしまったら…

もし万が一闇金を利用してしまったら、すぐに法律の専門家に相談しましょう。

上述の通り、闇金に支払ったお金は全て取り戻す事ができますが、それには法律の手続きが必要で、1人で取り戻すことは不可能です。

返済を無視していると、どのような嫌がらせをされるかわかりませんし、周りに被害を及ぼしてしまう可能性も十分にあります。

一日でも早く闇金からの取り立てを逃れるために、すぐに専門家に相談して、取り立てを辞めさせてもらいましょう。