フリーターにおすすめのカードローンと審査の注意点


自分はフリーターで安定した職について無いからキャッシングは無理だ…そう思ってカードローンの利用を諦めていませんか?

実はフリーターでもきちんと働いていて安定した収入があれば全く問題なく借り入れすることができます。

むしろ、出勤時間が多く、年収が高いフリーターって下手な正社員よりも稼いでいる人はたくさんいます。

カードローンを利用しようと思った場合に、職業は審査をする上で重要ですが、フリーターだからと言って必ず審査に落ちるという訳ではありません。

ここでは、フリーターの方がお金を借りる際に知っておきたい情報についてまとめています。

消費者金融でお金を借りる場合は総量規制に注意

プロミスなど、消費者金融のカードローンの審査申し込みをしようと思っている方は、「総量規制」という言葉を知っておく必要があります。

消費者金融は総量規制という規制があり、債務者は、債務の合計が年収の3分の1以内の範囲でしか借り入れできません。

つまり、月10万円の給料があるフリーターなら、年収で計算すると120万円になるため、最大で40万円まで借入することができません。

ですが、40万円あれば、多くのお金の悩みは解決することができると思います。

毎月しっかりと働いていて、月20万円の収入があるフリーターの方なら、年収が240万円となるため、約80万円まで借り入れできるので、フリーターだからと言ってお金を貸してもらえないということはありません。

ただ、フリーターの方の場合、給料が「安定した収入」とは言い難いため、年収を見られる他に、「勤務年数」も確認されます。

同じ職場に1年以上いる場合は、安定した収入と呼べるでしょうし、まだ働き始めて間もない場合は、安定した収入と呼べないため審査に不利になる可能性があります。

ですが、消費者金融で借りる場合は、50万円以下の場合は所得証明書の提出は求められないのと、所得証明書を求められる場合でも、給与明細2ヶ月分などで大丈夫なので、1年経っていなくても審査に通過する可能性は十分にありそうです。

銀行カードローンでお金を借りる場合は審査基準に注意

消費者金融でお金を借りようと考えている場合は、総量規制に注意しておけばいいですが、銀行には総量規制という決まりはありません。

総量規制は、貸金業法で定められている規制なので、銀行のカードローンには適用されないからです。

そのため、銀行カードローンは総量規制対象外と言われていて、年収の3分の1以上借り入れすることも可能ですが、審査は銀行独自の基準によって行われるため、フリーターの場合は借り入れできない銀行もあります。

消費者金融は、総量規制内であれば、できるだけ貸付したいという方針ですが、銀行は与信審査に通らなかった場合は、総量規制内でも審査に落ちてしまいますし、審査基準は一般的に消費者金融よりも厳し目と言われています。

そのため、フリーターの方で銀行カードローンを希望する場合は、フリーターでもOKのカードローンを探す必要がありますし、審査が不安な方は、銀行カードローンよりも消費者金融のカードローンがおすすめです。

フリーターにおすすめのカードローンはプロミス

フリーターの方に最もおすすめできるカードローンはプロミスです。

プロミスは、大手消費者金融で、銀行系の消費者金融なので安心して利用することができます。

また、30日間無利息期間があり(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)、少額の借り入れ希望している場合は、翌月に一括返済すれば利息を1円も払わなくて済むというメリットがあります。

初回借り入れ後から30日なので、契約してからしばらく借り入れしていなくても、借入後30日以内に返済してしまえば問題ありません。

また、三井住友銀行かジャパンネット銀行の普通預金口座がある方は、瞬フリというサービスを利用することで、お金に困った時に、26時間365日すぐにお金を借入することもできるので、急にお金に困った時にも対応できる便利なカードローンです。