おすすめの学生ローンと学生がカードローンの審査に通過するコツ


学生であっても、色々お金が必要なことが多く、「お金を借りたい」と思った経験がある人も多いのではないでしょうか。

日々の交際費はもちろん、就職活動の交通費、スーツ代、また卒業旅行代など、学生であっても何かと出費がかさむ時期があります。

一人暮らしをしている学生なら、限られた仕送りとアルバイトのお給料で生活しなければならないため、なおさらです。

カードローンは、学生は利用できないと思われがちですが、20歳以上で、アルバイトなどで安定した収入があれば、学生専用の学生ローンや消費者金融からお金を借りることができます。

学生ならば奨学金を利用する方法もありますが、親の年収制限があったり、申し込みのプロセスが多くて負担が大きいのが実情です。

また、実際に融資を受けるまでに時間がかかりますので、入学金や学費の納入期限に間に合わない場合もあり、お金が急に必要になった時には対応できません。

奨学金は「学業に関する出費のみ」と厳しくお金の使い道が定められていますので、部活の高額な遠征費や、英会話スクールなどのダブルスクールの費用、卒業旅行の費用などには、基本的には利用できないということになっています。厳しいところでは、返還を求められるところもあるのです。

今は大手消費者金融でも学生が借りられるカードローンが充実しており、即日融資も可能なため、急な出費にも対応できますし、借入や返済などをしやすく、利便性が高いのが特徴です。

また、近年、消費者金融は大手金融グループの傘下に入っており、例えばプロミスは三井住友銀行グループの一員ですし、アコムは三菱UFJフィナンシャルグループです。

このように、消費者金融ではありますが、安定していて信頼できる大手金融グループの一員でもあるため、「消費者金融は何か怖い」「借りるのが不安」というイメージが払しょくされ、誰でも安心して借りることができるようになっています。

学生は、学生専用の学生ローンと消費者金融を利用することができますが、一体どちらの方が便利でお得なのか、一緒に考えていきましょう。

未成年は借りれない

学生であっても、20歳以上でなければ基本的に学生ローンや普通のカードローンに申し込むことはできません。

しかし、一部の学生ローンでは、限度額10万円以下などの制限付きで貸し付ける業者もあるようです。その場合、保護者の同意書が必要になってくるケースもあるので、問い合わせてみる必要があります。

未成年でも借りれる業者の中には、登録業者ではない、いわゆる「闇金」と呼ばれるところがあるかもしれませんので、くれぐれも気をつけるようにしましょう。

20歳以下の学生で、どうしてもお金が必要な場合は、親を通じて教育ローンを借りてもらったり、奨学金に申し込むなどの方法を利用しましょう。

成人していて安定した収入があれば借りれる

20歳以上の学生で、アルバイトなどで毎月安定した収入があれば、学生ローンに申し込むことができます。毎月の収入は、必ずしも高額である必要はありません。

毎月安定して収入があることが一番大切なので、1か月の収入が3、4万円と少額であっても、申し込みが可能となっています。

ただし、学生であっても、日払いなどではなく、決まったバイト先で、コンスタントに収入がなければ、申し込みをしても断られてしまうケースが多いようです。

借りたお金をきちんと返すことができるか、という点を重視していますので、安定した収入があるのが必須条件となっています。

銀行カードローンは審査が厳しい

銀行カードローンの中では申し込み条件を20歳以上と定めているところが多いため、20歳以上であれば、学生の申し込みができるところも多くあります。

しかし、銀行カードローンは、金利が低く設定されている分、審査が厳しいとされていて、実際に審査を通過するハードルはかなり高いと言えるでしょう。

銀行カードローンは総量規制の対象外なので、法律上、年収の3分の1以上の借り入れも可能ですし、金利も低いため、利用者にとってのメリットはとても大きいのですが、実際は、学生というだけで審査に落ちてしまう場合が多いようです。

但し、学生が審査に通る可能性がある銀行カードローンがいくつかあります。その中でもおすすめとされているのが三井住友銀行カードローンです。

このカードローンは、厳しい審査に通ったとしても、学生は10万円しか借りることができないという決まりがあります。高額まで対応している銀行カードローンのメリットを生かすことはできませんが、「学生ならば10万円まで」というルールを作っているため、学生の利用も念頭においているということになりますね。

10万円までの少額の借り入れで良い場合は、申し込んでみても良いでしょう。

消費者金融なら総量規制の対象内で借りれる

消費者金融は、学生への貸付に積極的なところも多く、安定したアルバイトなどの収入があれば、問題なく利用できるところが多くなっています。

学生のうちに利用してくれれば、のちに社会人になっても、利用してもらえるという意味でも、新規顧客開拓の一環として、学生への貸付を積極的に行っているようです。

学生で、どうしてもお金が必要という場合は、銀行カードローンよりも審査に通る確率が格段に上がりますので、消費者金融がおすすめです。

消費者金融の金利は、銀行カードローンよりも約3%ほど高くなりますが、大手消費者金融のアイフル、アコム、プロミスでは「新規契約者は30日間利息無料」というサービスを行っており、短期間の借り入れであれば、逆に銀行カードローンよりもお得になる場合もあります。

また、実際にお金を借りた時のことを考えてみましょう。10万円を1年間借りた場合、消費者金融で借りた場合、銀行カードローンよりも金利が3%高いとすると、月々で約250円の負担増です。1か月の利息無料期間がありますので、年間で約2,750円負担が増えることとなります。

確かに銀行カードローンの方が利息負担は少ないわけですが、「消費者金融で借りるとものすごく高い利息を取られる」と思っていた人にとっては、そこまで大きな違いがないと感じるのではないでしょうか。

融資を受けられる確率がかなりアップしますので、銀行カードローンに申し込んで審査に落ちてしまって残念な思いをするよりも、少々金利が高くても審査通過率が高い消費者金融に申し込むのをおすすめします。

また、近年、消費者金融と大手金融機関が提携しており、安心して利用できるようになったこともメリットのひとつと言えるでしょう。

学生専門の学生ローンもある

銀行カードローンや消費者金融とは別に、学生専門の学生ローンというものがあります。有名なものは以下の3社となりますが、どの会社も事務所は1店舗のみとなっています。

消費者金融に比べて規模は格段に小さいですが、長年営業してきた実績があります。簡単に特徴を見ていきましょう。

マルイ

新宿区高田馬場駅前徒歩1分のところにあります。

営業時間

平日は10:00~18:00、土曜日は10:00~15:00までで、日曜祝日、第2第4土曜日は休業です。

契約方法

ホームページ、電話、もしくは来店により申し込みを行います。

金利

実質年率15.0%~17.0%

申し込み方法

ホームページから申し込む場合は、必要事項を入力し、送信します。入力項目は名前、住所、生年月日、学校名、他社借入、住所、電話番号、要望などです。

その後、希望した連絡方法(電話かメールか)に基づき、マルイから連絡があります。審査に通過し、融資可能となった場合は、契約内容に同意した後店頭もしくは振込での融資となります。

返済方法

返済方法は、店頭まで直接持参するか、マルイの口座への振込となります。1か月に1回、利息分以上の額を返済することが条件です。

また、返済回数は1~36回までとなりますので、その回数の中で完済する必要があります。

融資可能額

50万円(年収の3分の1まで)

マルイの特徴

ホームぺージから簡単に申し込みをすることができますが、返済方法が持参もしくは振込となりますので、振込手数料が毎回かかってしまいます。

また、ATMで使用できる磁気ローンカードの発行がありませんので、毎回手動で振込操作をしなければならないなど手間がかかります。

また、返済回数が36回までと、他社と比べて短く設定されています。毎月の返済額は自分で決めることができても、最終的に36回以内で返済しなければならないため、完済までの負担が大きくなってしまう場合があります。

学生ローンのカレッヂ

カレッヂも、高田馬場駅から徒歩1分のところにある学生ローンです。

営業時間

平日10:00~18:00、土曜日10:00~14:00、日曜祝日、第2第4土曜日は休業です。

契約方法

ホームページ、電話、来店での申し込みとなります。

金利

実質年率17.0%

融資可能額

50万円。ただし、契約者が10代の場合は10万円。(どちらも年収の3分の1まで)

申し込み方法

申し込みの必要項目は、名前、住所、電話番号、メールアドレス、学校名、生年月日、希望金額、使用目的、アルバイト先、アルバイト等の収入額、連絡方法、連絡希望時間、融資金の振込希望先の口座情報、親元の住所、電話番号などです。

アルバイト先や親元の連絡先などの入力が必要ですが、実際にアルバイト先に在籍確認をしたり、親元に連絡するなどといったことはありませんので安心です。

返済方法

店頭への持参かATM(提携ATM含む)からの返済、現金書留の送付、カレッヂの銀行口座への振込

カレッヂの特徴

アルバイト先に在籍確認の電話がなく、安心して借りられるのが特徴です。また、ATMで利用できるカレッヂカードを発行することができますので、セブン銀行もしくは自社のATM(カレッヂの店舗の横にあります)で返済、融資、残高照会が簡単に行えます。

返済回数も60回までで、自動継続も可能となっていますので、余裕を持った返済が可能です。

但し、インターネットから申し込みをした場合は、本人への電話確認が必ずあります。

実家へ連絡したり、アルバイト先へ在籍確認の電話も基本的にはなく、親と同居している場合でも、社名を伏せた封筒で契約書類を送ることもできるなどの配慮をしてくれます。

アミーゴ

アミーゴも高田馬場駅前にある学生ローンです。

営業時間

平日の10:00~18:00までで、土日祝日はお休みです。

契約方法

ホームページや携帯サイトから申し込みが可能です。

金利

実質年率14.40%~16.80%

収入証明の有無によって金利が決定するシステムです。

収入証明がある人は16.20%、ない人は16.80%での融資となります。

ただし、アミーゴでは常にお得なキャンペーンを行っています。

  • 新規契約で、学費請求書が用意できる場合・・・15.60%
  • 新規や再契約、追加融資の人で就職内定が確認できた人・・・15.6%

での融資となります。

融資可能額

3万円~50万円(年収の3分の1まで)

申し込み方法

ホームページの「新規申し込み」ボタンより、必要事項を入力します。名前、住所、生年月日、年齢、実家の住所や電話番号、学校名、収入、他店借入、振り込み希望口座、融資審査結果の確認方法などです。

アミーゴでは、申し込み後の電話確認を、アミーゴからしてもらうか、こちらからアミーゴに電話するかを選ぶことができます。

自分の都合の良い時間に、自分から連絡することができるので、申し込み時に感じるストレスが軽減されています。

返済方法

来店して持参するか、アミーゴの金融機関口座へ振り込んで返済することとなります。

返済回数

最低月1回の返済が必要です。借入額が10万円以下の場合は最低2,550円以上、10万円超20万円以下の場合は最低で5,100円以上の返済が必要です。それ以後は同様に、2,550円ずつ加算されていきます。

アミーゴの特徴

返済方法が、銀行への振込もしくは持参のみのため、手間がかかってしまうのが特徴です。加えて、店舗での営業が平日のみで、土曜日がお休みなので、不便を感じる人もいるでしょう。

金利面は他社より安く、キャンペーンも常時実施しているので、3つの学生ローンの中では一番低い金利で借り入れることができます。

但し、毎月の最低返済額が他社よりも高めに設定されていますので、月々の返済を少なくしたいという人にはカレッヂかマルイの方が合っていると言えます。

学生専用の学生ローンと消費者金融はどちらがいい?

学生専用の学生ローンと消費者金融は、どちらの方が利便性が高く、おすすめと言えるでしょうか。様々な点から比較してみます。 

店舗数

上記で紹介したように、学生ローン専門の会社は、店舗が一つしかありません。しかも、すべて高田馬場駅にありますので、実際に店舗に行くとなると、首都圏に住んでいる人以外は難しいでしょう。

店舗に行って、色々相談しながら契約したい人にとっては、学生ローンよりも消費者金融の方が良いと言えます。

契約後も、ローンを利用していて、返済が遅れてしまった、わからないことが出てきた、など、困ったときは店舗に行ってスタッフの人に相談できるという安心感もあります。

消費者金融であれば、店舗数も多いですし、全国展開していますので、地方在住者でも困ることはありません。

また、フリーコールも充実していますので、店舗に行くのに抵抗がある人でも、不安なこと、わからないことをきちんと理解してから申し込むことができます。

返済方法

消費者金融の場合は返済方法が多彩です。ローンカードを使ってATMから返済したり、振込をしたり、最寄りの店舗に行ったりと、自分に合った方法で簡単に返済することができます。

学生ローンの場合は、基本的には店舗へ持参するか、ローン会社の銀行口座への振込となっています。

そのような場合は毎回ATMを操作し、手数料を支払って振込手続きを行わなければなりませんので、費用も手間もかかってしまいます。

店舗に持参する方法もありますが、店舗が一つしかないため、わざわざ返済のために時間と費用をかけて高田馬場駅まで行かなければならず、負担が大きいのが実情です。

唯一カレッヂがカードを発行していますが、提携しているのはセブン銀行のみとなっており、すぐにATMを見つけられない場合もあります。

消費者金融の場合は、大手銀行やコンビニに設置してあるATM「E-net」と提携しているなど、利用できるATMの数も多いですし、手数料がかからない場合も多いので、簡単に返済をすることができます。

また、発行されるローンカードを使うと、画面操作も必要最低限で良く、手間がかかることもありません。

返済日忘れを防ぐために、返済日の数日前には返済日と返済額を記載したメールが送られてくるなど、利用者のためのサービスも充実しています。

金利

大手消費者金融の金利は、17.8%~18.0%の間で適用されることがほとんどですので、学生ローンに比べると若干高くなっています。 

ただし、大手消費者金融のアイフル、アコム、プロミスには30日間の無利息期間が設定されています。新規契約者は、契約時もしくは借入時から30日間は利息が無料になるというサービスで、このサービスを使うと、1か月以内の借り入れであれば、実質利息0円で借りることも可能ですし、長期のローンでなければ、実質学生ローンよりも安い金利で借りられる場合もあります。

10万円を借りた場合、金利が1%違うと、1年間の支払い利息の違いは1,000円です。月々で考えると約80円ほどの違いですので、学生ローンと消費者金融では、支払う利息はあまり変わらないと考えることもできます。

また、月1回の返済に毎回振込手数料がかかることを考えると、5回返済すると、1000円以上かかってしまうことになり、学生ローンでの金利のメリットがなくなってしまいます。

そのように考えると、利便性が高い消費者金融の方がおすすめであると言えます。

安心度

学生ローンは、長年の営業実績があり、その土地に根付いている優良な会社と言えますが、やはり経営規模は小さいのがデメリットと言えます。

近年は、消費者金融が大手銀行グループと提携しており、イメージも格段に良くなり、安心して借りられるようになっています。

例えばプロミスは、三井住友銀行のATMを無料で利用することができますし、プロミスの申し込みを三井住友銀銀行のカードローン契約機で行うこともできます。

このように、銀行と消費者金融の垣根が低くなってきており、「消費者金融だから」と構えることなく、安心して借りることができるようになってきているのです。

利用者にとっては、消費者金融は審査通過率が高くて借りやすく、店舗や提携ATMも多くて利用しやすい、頼りになる存在となってきていると言えるでしょう。

融資限度額

融資限度額は、学生ローンは50万円までとなっていますが、消費者金融では500万円~800万円となっています。

ただし、総量規制が適用されるため、学生ローンも消費者金融でも、年収の3分の1までしか借りることができません。

アルバイトのお給料が月々約8万円ある場合は、年収が96万円となりますので、その3分の1、つまり32万円が融資限度額となります。これは、他社での借入を合計した金額となります。

一般的に、経営規模が大きく、資金量が豊かな会社ほど、多くお金を貸し出せる傾向にあります。

利用者の年収や信用状況が同じ条件であった場合、消費者金融の方が経営規模が大きく、貸し出し余力が大きいため、より多くのお金を借りられる可能性が高いと言えます。

このように、色々な点を考えると、学生ローンよりも消費者金融の方が、安心度や利便性が高く、おすすめと言えるでしょう。

特に、大手消費者金融は三井住友銀行や三菱UFJ銀行、新生銀行など大手金融機関のグループになっているところが多いので、大きな安心感を得ることができます。

学生でカードローンを利用する場合、やはり不安を感じる人が多いと思います。カードローンでお金を借りると、返済期間中はずっとその会社との付き合いが続くということになります。

日本を代表する、親近感がある大手銀行と提携している消費者金融の方が、信頼度も高いので、不安を感じることなく、利用していけるのではないでしょうか。

審査スピード

学生専用ローンも普通のカードローンも即日融資が可能な商品はあります。

即日融資ができる条件としては、基本的に、平日14時まで申し込みを済ませることです。

ただし、土日祝日の場合に即日で契約したい場合でも、学生専用のローンは休みのことろが多いなので、月曜日になるまで待たなければなりません。

審査スピードの早いアコムやプロミスなどの大手消費者金融であれば、自動契約機を利用することにより、休日でも審査を受けることができます。インターネットから申し込み、その後自動契約機まで足を運び、契約手続きを完了するという手順が一番早くて確実な方法です。

Q&A

本人確認書類は学生証でも大丈夫?

学生専用ローンでは、本人確認書類と学生証どちらも提出するケースが多いです。

一方、大手消費者金融や銀行カードローンにおいては、必要書類である本人確認書類として学生証は言及されていません。

基本的に本人確認書類とは、運転免許証、健康保険証、パスポートなどのことを指します。

そのため、学生証が本人確認書類として認められるかどうかは実際に直接問い合わせしてみないとわかりません。

しかし、そもそもの必要書類に記載されていない時点で、本人確認書類としては弱いということは分かりますので、運転免許証や健康保険証など別の書類を提出する方が無難と言えます。

無職でも借りれる?

残念ながら、無職の場合は融資を受けることができません。申し込み条件は「20歳以上」と「安定した収入がある」ことが条件となっており、金額にかかわらず、「毎月収入がある」ことが必要となっています。 

学生ローンや消費者金融には、総量規制が適用されており、「年収の3分の1以下までしか融資してはならない」と定められています。逆に考えると、年収がゼロの場合はお金を貸してはならないということになるのです。

無職でもお金を貸してくれるところがあるとすると、それは登録業者ではない、いわゆる闇金の可能性が高くなりますので、くれぐれもそのような業者からお金を借りることがないよう、注意しましょう。

親に内緒で借りれる?

学生ローンの場合は、申し込み時に親元の住所や連絡先を書く必要がありますが、基本的には電話がかかってくることはありませんので、親に内緒で借りることができます。

消費者金融の場合は、連絡先を携帯にしておけば、契約者への確認の電話であっても、自宅に電話がかかってくることはありません。

また、最近ではカードレス契約が可能で、郵送物が送られてこない方法をとることができる消費者金融もあります。その場合、カードが送られてきてしまって家族にバレてしまうということもありません。

カードレス契約ができない場合でも、自分で無人契約機に行き、ローンカードを受け取った場合は、自宅に郵送されてくることがありませんので大丈夫です。

基本的にはアルバイト先に在籍確認の電話がありますが、それも消費者金融の名前は一切出さずに「〇〇です」と個人名を名乗ってくれるので、キャッシングに関する電話だと知られてしまう心配はないので安心です。

誰からの電話?とアルバイト先の人から聞かれた時のために「クレジットカードの申し込み確認の電話」とか、「保険の勧誘」「エステの勧誘」などと、すぐに答えられるように考えておくと、より安心です。

また、大手の消費者金融の場合は、在籍確認の電話をかけてくる時間などを相談することもできます。自分で電話を取りたい!という場合は、時間の打ち合わせをしておけばよりやりやすくなります。

逆に自分がいないときに電話をしてほしいな、という場合でも、臨機応変に対応してくれますからありがたいですね。電話に出れず、同僚などが「今日はお休みしています」などと言った場合でも在籍確認がOKとなります。

親に電話がかかってくることもありませんし、アルバイト先への在籍確認も、カードローン会社と知られることもありませんので、親やバイト先に内緒でお金を借りることは可能となっています。

学生でもカードローンで100万円以上借りることは出来る?

新規契約したカードローンで、100万円を借りるのはかなり難しいです。

初回契約時は、ほとんどの場合10万円~50万円の限度額です。

仮に、100万円借りようと思っても消費者金融カードローンや学生ローンは総量規制対象になるため、最低でも年収が300万必要という事になります。

総量規制対象外の銀行であっても限度額はたったの10万円程度です。

ただし、学生でも事業収入がある方は、10万円超えの借り入れができる可能性もあります。例えば、在学中に起業して事業収入を得ているような方です。

その場合は、学生として申し込むのではなく、経営者または自営業者として申し込みましょう。

学費にも使える?

学生専用ローンだけでなく、銀行、消費者金融のカードローンであっても学費のために利用することは可能です。

実際、奨学金だけでは入学金や授業料が足りない場合や、奨学金を他に使ってしまった場合などにカードローンと併用して使われる方もいるようです。

奨学金や国の教育ローンと比較するとカードローンは利率が高いですが、用途が自由な点や借り入れスピードが早い点などメリットもあります。

保証人・担保不要で借りれる?

学生専用ローン、一般のカードローン共に、保証人・担保不要で利用可能です。

そのため、友人などに「保証人になってくれないか」とお願いする必要もなく、住宅ローンの借り入れ時みたいに家や土地を担保に入れる必要もないので安心してください。

学生にオススメのカードローン

学生が利用するのにおすすめできるカードローンを3つ紹介します。

どのカードローンにも言えることですが、学生の場合は、アルバイト等の収入を考えても、10万円~20万円ほどが一般的な借り入れ金額となります。

多めの金額を希望すると、審査に落ちてしまうこともあるため、自分の収入も考えた上で、その時に必要な、最低限の金額で申し込みをしましょう。

アイフル

アイフルは大手消費者金融の中では唯一独立系の会社で、メガバンクの系列ではありませんが、知名度は高く、好感度が高いのが特徴です。

アイフルは新規の貸付に積極的です。また、審査が最短30分で完了し、スピード融資が得意なため、急に現金が必要になったという時でもアイフルであれば対応できることが多いです。

急いでいるときは、まずはインターネット上から申し込みを行い、その上で電話をすると、優先的に審査を進めてもらえるようです。

金利は実質年率18%で、30日間無利息サービスもあります。

借入方法は3通りあり、発行されたカードを使ってATMから出金(借入)をしたり、振込手続きをして、自分名義の銀行口座に振り込んでもらうこともできます。

また、店舗に足を運んで、その場でお金を借りることもできます。

プロミス

プロミスはSMBCグループの一員なので、消費者金融ではありますが、信頼性がとても高いのが特徴です。

初めてカードローンを利用する場合でも、不安を感じることなく、安心してお金を借りることができます。

即日融資が可能で、WEB上ですべての手続きを完了することができるため、誰にも知られずに、自分の都合の良い時間に申し込みから手続きまで行うことができます。

金利は17.8%で、30日間利息無料サービスもあります。

借入方法は、提携ATMからカードを使った出金、本人名義の銀行口座への振込融資、来店、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージなど、利用者に合わせて色々な方法を選ぶことができます。

特に、振込先口座が三井住友銀行、もしくはジャパンネット銀行であった場合、「瞬フリ」といって、曜日や時間にかかわらず、すぐにお金を振り込んでもらえるといった、プロミスならではのサービスもあります。

手続きをしてから約10秒で着金しますので、土日祝日や夜中、早朝でも融資を受けることができ、大変利便性が高くなっています。

カードが見つかるなどして、家族にバレるのが心配という人は、カードを発行しない「カードレス」を選択することもでき、プライバシーにも配慮されています。

アコム

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループに属しており、利用者や貸付残高が業界1位のカードローンで、信頼性が高く、安心して借りられるカードローンとして高い評価を受けています。

また、新規の貸付率も消費者金融の中ではトップを走っており、しっかりした与信の上、積極的に融資を行っていることがわかります。

審査通過率は、おおむね50%となっており、アイフルやプロミスよりも高い数字です。

金利は18%で、30日間利息無料サービスがあります。即日融資も可能です。

また、アコムでは3秒診断というものがあり、ホームページに年齢や年収など、簡単な項目を入力するだけで、借入ができるかどうか簡易診断してくれますので、ぜひ利用してみましょう。

借入方法は、カードを使ったATMでの出金や振込融資があります。特に、振込融資の場合、最初の借り入れ時は契約当日の18時までに振込手続きをすると、当日の19時までに振り込んでくれるという振込手続きの時間を延長してくれるサービスがあります。

また、楽天銀行の口座を持っていると、最短1分で融資金が着金し、大変便利です。週末や夜中、早朝でも振込融資を受けられるということになりますので、アコムを利用する場合は楽天銀行の口座開設をおすすめします。