今すぐ3万円~5万円借りたい方必見!少額融資におすすめのカードローン特集

誰にでも生活費や飲み会代などが足りないといった経験があるのではないでしょうか?

給料日までに3万円~5万円程度の少額がすぐに必要という方には、カードローンの利用がおすすめです。カードローンを少額借りる際の注意点や急ぎで借りる方法などを説明し、おすすめのカードローンを紹介していきます。 

少額融資に最適!3万円~5万円借りるのにおすすめのカードローン

 

プロミス

プロミス
審査から最短1時間でお金が手に入るプロミス
プロミスは、平日14時までにWEB契約を完了させると、即日振込対応を行なってくれるだけでなく、平日の銀行の営業時間終了後や土日祝日でも、審査完了後、全国にある無人契約機でローンカードを発行することで、即日キャッシングが可能です。また、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で、30日間の無利息期間も設定されるため、小額の借入なら利息の支払いも少なくて済む、親切な消費者金融です。
※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録と、WEB明細利用の登録が必要です。
※即日振込は平日14時までにWEB契約完了が必要です。
実質年率年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)
借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら

アイフル

アイフル
アイフルは最短30分審査で即日融資が可能
アイフルはバナナマンのCMでおなじみのカードローンで、大手消費者金融で唯一銀行傘下に入らず単独で経営している優良の消費者金融です。新規借入の審査通過率は45%と消費者金融の中でもアコムに次いで高く、おまとめ、借り換えローンは上限金利15%で利用ができるため、他で借入がある方にもおすすめのカードローンです
実質年率年3.0%〜年18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら

3万円や5万円を借りたい時に消費者金融がおすすめな理由

3万円や5万円を借りたい時には、無利息期間のサービスがある消費者金融を利用するのがおすすめです。

理由は

  • 無利息期間がある
  • すぐにお金が借りられる
  • 利息は日割り計算だから損しない
  • 収入証明書の提出が不要

の4つ。

銀行カードローンは、最大金利が低いことで低金利だと思うかもしれませんが、少額ですぐに返済ができる借金の場合には銀行カードローンよりも消費者金融の初回無利息キャンペーンをうまく活用したほうがお得に借りることができます。

それぞれのメリットについて詳しく確認していきましょう。

無利息期間がある

初回借入無利息期間を用意している消費者金融でお金を借りることで、無駄な利息を払うことなく急な出費を乗り切ることができます。

-返済回数1回のケース-

3万円を消費者金融A(金利18%※無利息期間30日)と銀行カードローンB(金利14.5%)で借り入れした場合。

Aの総返済額=30,000円

Bの総返済額=30,357円

吉野家の牛丼1杯分ほどの357円の利息の違いが見られます。

-返済回数2回のケース-

3万円を消費者金融A(金利18%※無利息期間30日)と銀行カードローンB(金利14.5%)で借り入れして、元金を1万5千円ずつ返済した場合。

Aの総返済額=30,221円

Bの総返済額=30,535円

2回に返済を分けても消費者金融の方がお得なことがわかります。

消費者金融ならプロミスやアイフル、アコムのように30日間の無利息期間を設けていることが多いです。また銀行カードローンでもレイクは30日間の無利息に加え、5万円まで180日間無利息の2種類から選ぶことができます。

おすすめは無利息期間を終えたあとも金利が低いプロミスです。

すぐにお金が借りれる

大手消費者金融を中心に銀行などでも即日融資で借りれるカードローンばかり。
※銀行カードローンは2018年1月よりすぐに借りることができなくなりました。

早いところだと、最短30分で審査が完了してしまいます。平日であれば14時までに申し込めばその日のうちに指定した口座に振り込んでもらうこともでき、14時以降や土日の申し込みであっても無人契約機を利用すれば、その場でローンカードを発行して借り入れすることができます。

すぐに借りれるのは消費者金融ならではのメリットだと言えます。

利息は日割り計算だから損しない

クレジットカードのキャッシング枠を利用する場合、カードの締め日があり借りた日にちによっては、数日でも1ヶ月分の利息を支払わなければなりません。しかもATM手数料もかかります。

その点、カードローンの利息は借入日数に応じた日割り計算ですし、ATM手数料無料で返済も可能です。また返済期日が決まっていても繰り上げ返済することも可能です。短期間の利用であれば、カードローンを初めて利用する方なら無利息期間を使うこともできるので、利息0にすることもできます。

収入証明書の提出が不要

消費者金融では貸金業法に基づき、1社の利用限度額が50万円を超えると収入証明書を提出しなければなりません。

銀行カードローンの場合も50万円~100万円の借入で提出が必要です。しかし、3~5万円の少額融資なら、面倒な収入証明書を提出する必要がないので、本人確認書類の提出だけで大丈夫です。 

少額融資の申し込みなら比較的審査に通りやすい

カードローンを申し込む場合、少額融資を希望すれば審査に通りやすいと言われています。

少額融資とは基本的に10万円以下の借り入れのことをいいます。もちろん審査が通りやすいと言っても、信用情報機関のデータはチェックされるので、過去にブラックの方や安定収入がない人は審査に落ちる可能性はあります。

しかし、金融機関も積極的に顧客拡大を狙っているので、少額なら在籍確認なしといったケースも実際にあるようです。

そのため、パート、アルバイト、派遣社員、契約社員でも安定した収入があるならば、十分に借りれる可能性はあります。

 少額融資なら在籍確認が電話じゃない可能性も

少額融資でも在籍確認はあるの?

3万円~5万円程度なら在籍確認なしで借りれるのでは、といった甘い考えを持っている人もいるかもしれませんが、基本的に在籍確認は金額に関係なく実施されます。

ただし、少額融資の場合、会社の健康保険証などで会社に勤務していることがわかれば電話連絡を免除してくれるケースもあるみたいです。

特に消費者金融が、融通がききやすいみたいなので、在籍確認で職場の仲間にバレたくないという方は、申込完了後にオペレーターの方へ相談してみましょう。

 急ぎで少額融資を申し込む場合の注意点

借入希望額を高く希望しない

少額の融資が必要なら、申込みのときに記入する借入希望額は10万円以内にするようにしましょう。

少額の借入希望でも「余裕を持って多めに借りれたほうが良いだろう。」と必要以上の金額で申し込んでしまいがちです。しかし、借入希望額を高く設定してしまうと、審査に通らなくなってしまう可能性があります。

金融機関にとっては、10万円以下の少額貸付の場合、貸し倒れリスクが低く、計画性を持った申し込みと判断される傾向にあります。

またそれだけでなく、審査に時間がかかってしまう可能性もあります。なるべく借り入れするハードルを落とすために、必要最小限の金額で申請しましょう。

ブラックは借りれない

過去に金融事故を起こして、事故を起こした債務の完済ができていない。又は完済してから時間が経っていない場合、少額でもお金を借りれない可能性があります。

債務整理などによって、個人信用情報機関に事故情報として記録が残ることをブラックリストといい、ブラックリストに載ると銀行や大手消費者金融から5~7年の間は少額でもお金を借りることはできなくなってしまいます。事故情報が消えれば、過去にブラックだったことがバレることはないため、再びカードローンの利用ができるようになります。

5~7年も待てず、どうしても急ぎでお金が必要だからといってヤミ金にだけは手を出さないようにしてください。詐欺融資を受け、結果的に返済で地獄を見ることになります。そういった場合は、銀行や大手消費者金融ではなく、中小の消費者金融(街金)を検討してみてください。

ただし街金のなかには、信頼できない怪しい業者もあるため、あまりおすすめはできません。もし街金を利用するという方は、きちんと貸金業の登録がされている貸金業者を利用するようにしましょう。

少額融資なら無利息期間があって金利の安いプロミスがおすすめ!

プロミス

プロミス
審査から最短1時間でお金が手に入るプロミス
プロミスは、平日14時までにWEB契約を完了させると、即日振込対応を行なってくれるだけでなく、平日の銀行の営業時間終了後や土日祝日でも、審査完了後、全国にある無人契約機でローンカードを発行することで、即日キャッシングが可能です。また、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で、30日間の無利息期間も設定されるため、小額の借入なら利息の支払いも少なくて済む、親切な消費者金融です。
※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録と、WEB明細利用の登録が必要です。
※即日振込は平日14時までにWEB契約完了が必要です。
実質年率年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)
借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら

3万円~5万円の融資に銀行カードローンは向いていません

3万円~5万円の少額融資を受ける場合、銀行カードローンの利用はあまり向いていません。

なぜなら、銀行カードローンのメリットは、高額を借りることによる金利の低さにあるからです。

消費者金融と銀行カードローンのそれぞれのメリットを比較して、銀行カードローンが少額融資に向いていない理由を詳しく見ていきましょう。

比較するポイントは

  • 審査・借入までの時間
  • 金利
  • 借入までの手間

の3つです。

 

審査・借入までの時間

 

消費者金融

最短1時間
銀行カードローン 最短翌日

銀行カードローンの審査体系が変更されたことにより、銀行カードローンでは審査結果の通知が最短で1日以上かかるようになりました。

そのため、申し込みをした当日に借り入れできることができなくなり、審査時間、融資時間が長くなったのです。

逆に、消費者金融での借入は審査時間、融資時間共に最短で1時間以内に終えることができます。

少額融資を希望する場合、

  • 給料日までの数日間の生活費
  • 冠婚葬祭の費用
  • 急な医療費

などの借入だと考えられるので、融資までにかかる時間は短いに越したことはありません。

審査時間や融資時間を優先する場合の借入なら消費者金融を選ぶのがおすすめです。

 

金利

 

消費者金融 約4.0%~約18.0%
銀行カードローン 約3.0%~約14.5%

金利標記だけを見ると圧倒的に銀行カードローンの方がお得です。

しかし、覚えておいてほしいのは【消費者金融は初回借入で無利息期間がある】ということ。

銀行カードローンは長い目で見た時にお得なカードローンではありますが、単発の予期せぬ出費に対して低金利で審査が厳しい銀行カードローンを利用する必要性は全くありません。

長期利用を考えての借入なら銀行カードローンの方が金利的にお得ですが、急ぎの単発の借入なら無利息期間を上手く利用して金利がかからない借り方をするほうが圧倒的にお得です。

借入までの手間

消費者金融 口座開設必要なし
銀行カードローン 口座開設が必要な場合も

消費者金融での借入をする場合口座開設の必要はありません。

しかし、銀行カードローンでお金を借りる場合には、例え少額の融資の場合でも口座開設が必要になるケースもあります。

銀行カードローンを利用する際、あなたのメインバンクのカードローンを利用するということでしたら問題はありませんが、新たに口座開設が必要になる場合には借入までの手間が増えると考えておきましょう。

逆に消費者金融ではweb完結というwebで申し込みをしてwebで借入まで済ませることができる方法を取ることも可能です。

借入までの手間を考えたとき、消費者金融の方が圧倒的に楽に済ませることができます。

大口の融資なら銀行カードローンで手間をかけてもメリットはあると言えますが、3万円や5万円と言った少額融資の場合には消費者金融を利用したほうが無駄な時間を取られずスマートに済ませることが可能です。

 

3~5万円実際に借りた場合の利息や返済額のシミュレーション

3~5万円実際に借りた場合の利息や返済額のシミュレーション

 

金融機関 実質年率 限度額 最低返済額 無利息期間
消費者金融 プロミス 4.5%〜17.8% 1〜500万円 4,000円 30日間
アコム 3.0%〜18.0% 最高800万円 3,000円 30日間
アイフル 4.5%〜18.0% 最高500万円 4,000円 30日間
SMBCモビット 3.0%〜18.0% 最高800万円 4,000円
銀行カードローン 三菱UFJ銀行バンクイック 1.8%〜14.6% 10〜500万円 2,000円
(※借入利率 年8.1%超の場合)
三井住友銀行
カドローン
4.0%〜14.5% 10〜800万円 2,000円
みずほ銀行
カードローン
2.0%〜14.0% 最大800万円 10,000円
新生銀行カード
ローンレイク
4.5%〜18.0% 1〜500万円 3,000円 30日間・5万円以下180日間
楽天銀行
スーパーローン
1.9%〜14.5% 1〜800万円 2,000円
オリックス銀行
カードローン
1.7%〜17.8% 最高800万円 7,000円
りそなプレミアムカードローン 3.5%〜12.475% 10〜800万円 10,000円

消費者金融の返済シミュレーション

消費者金融はどこも条件がほとんど変わりませんが、今回はSMBCモビットで計算します。実際にSMBCモビットの料金シミュレーションで計算した結果です。

5万円借りて1回で返済した場合

返済回数 1回(1ヶ月)
適用金利 18.0%
毎月の返済額 50,750円
返済総額 50,750円
利息 750円

5万円を翌月に1回ですべて返済した場合、返済総額は50,739円です。利息はたったの750円です。

5万円借りて6回で返済した場合

返済回数 6回(6ヶ月)
適用金利 18.0%
毎月の返済額 8,776円(最終返済額は8,775円)
返済総額 52,655円
利息 2,655円

次に5万円を6回(6ヶ月)で返済した場合の利息を計算します。

毎月の8,776円で最終の返済額は8,775円となります。総返済額は52,655円となるため、利息合計は2,655円となります。

銀行カードローンの返済シミュレーション

銀行カードローンは金利がバラバラなので、銀行カードローンの金利で一般的な設定をしている三井住友銀行カードローンで計算します。

5万円借りて1回で返済した場合

返済回数 1回(1ヶ月)
適用金利 14.5%
毎月の返済額 50,600円
返済総額 50,600円
利息 600円

5万円を翌月に1回ですべて返済した場合、返済総額は50,600円です。利息は消費者金融よりも100円ちょっと安い600円です。1回返済だとほとんど消費者金融とも利息は変わりません。

5万円借りて6回で返済した場合

返済回数 1回(1ヶ月)
適用金利 14.5%
毎月の返済額 8,689円(最終返済額は8,688円)
返済総額 52,133円
利息 2,133円

毎月の8,689円で最終の返済額は8,688円となります。総返済額は52,133円となるため、利息合計は2,133円となります。

消費者金融と銀行の利息を比較した結果

5万円といった少額で1回もしくは6回で返済した結果、通常で計算すると銀行カードローンのほうが金利は低いのでお得です。

しかし、消費者金融には無利息期間があるため、実質1回でも6回でも消費者金融の方がお得になるケースもあるということがわかりました。もちろん、各金融期間によって金利などの条件は異なるため、多少の誤差はあります。

ただ、一般的に銀行よりも金利が高いと言われている消費者金融でも、少額かつ短期間で返済可能ならば無利息サービスによって、トータルで考えると銀行並もしくはそれ以下の利息になるということです。

今すぐ少額融資で借りる方法

今すぐ少額融資で借りる方法

即日融資で借りる方法は、主に指定口座に振り込んでもらうパターンと自分で自動契約機まで直接足を運び発行されたローンカードで借り入れするパターンです。インターネットで申し込めば、待ち時間もなく、自宅にいながらでも手続きが進められるので急ぎの方におすすめです。

WEB完結のカードローンでなくても、申し込みだけでもインターネットで済ませておけば、自動契約機での手続きの時間を短縮できます。

必要書類に関しては、3万円~5万円の少額融資の場合、基本的に収入証明書が不要なので免許証や健康保険証などの本人確認書類があれば大丈夫です。

これらの書類も、インターネット申し込みなら、スマホで撮影した写真をネット上にアップロードするだけなので、わざわざコピーする必要もありません。

平日14時までの申し込み

即日融資を希望するならば、平日の14時までに申し込みから契約までの手続きを完了させておきましょう。14時までに手続きが完了すると、指定の口座に振込みしてもらえるため、わざわざ自動契約機まで足を運ぶ必要がありません。

ただし、混雑する場合もあるため、余裕を持って午前中に申し込みを済ませておくことをおすすめします。

平日15時以降・土日祝日の申し込み

15以降や土日祝日に申し込む場合でも、自動契約機で当日中にローンカードを発行できればATMでお金を借りることができます。その場合、自動契約機の有無や営業時間などをしっかり確認しておきましょう。

また、土日祝日の申し込みの場合、在籍確認に注意しないといけません。在籍確認は勤務先に電話連絡をすることになりますが、土日祝日は会社も休みのケースが多いです。そうなると、休みの日にわざわざ自分で会社までいって在籍確認の電話を取らなくてはいけないので、注意してください。

本記事でも先程説明しましたが、少額融資の場合、会社の健康保険証などの本人確認書類を提出すれば在籍確認を免除してくれる業者もあるみたいです。消費者金融のアイフルは書類審査でOKしてくれたといった口コミもあるため、申込完了後にオペレーターへ相談してみましょう。

少額融資ですぐ借りれるおすすめの消費者金融

プロミス

プロミス
審査から最短1時間でお金が手に入るプロミス
プロミスは、平日14時までにWEB契約を完了させると、即日振込対応を行なってくれるだけでなく、平日の銀行の営業時間終了後や土日祝日でも、審査完了後、全国にある無人契約機でローンカードを発行することで、即日キャッシングが可能です。また、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で、30日間の無利息期間も設定されるため、小額の借入なら利息の支払いも少なくて済む、親切な消費者金融です。
※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録と、WEB明細利用の登録が必要です。
※即日振込は平日14時までにWEB契約完了が必要です。
実質年率年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)
借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら

アイフル

アイフル
アイフルは最短30分審査で即日融資が可能
アイフルはバナナマンのCMでおなじみのカードローンで、大手消費者金融で唯一銀行傘下に入らず単独で経営している優良の消費者金融です。新規借入の審査通過率は45%と消費者金融の中でもアコムに次いで高く、おまとめ、借り換えローンは上限金利15%で利用ができるため、他で借入がある方にもおすすめのカードローンです
実質年率年3.0%〜年18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら

SMBCモビット

SMBCモビット
SMBCモビットはWEB完結申込で家族にバレずに借入できる
SMBCモビットは、三井住友銀行か三菱UFJ銀行の普通口座を持っていて、社会保険証または組合保険証があればWEB完結申し込みができるようになっています。WEB完結申し込みとは、電話や郵送などのやりとりが一切無く、全てネット上で完結するため、とても便利で簡単な申し込み方法で、ローンカードも発行する必要がないため、上記2つの口座があれば家族にバレることはまず無く、家族に内緒で借りたい方にとっては最適なカードローンです。
※即日振込は14:50までの振込手続完了が必要です。
※審査結果によってはご希望に沿えないことがあります。
実質年率年3.0%〜年18.0%
借入限度額800万円
審査時間最短30分(曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱なる場合あり)
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら

アコム

アコム
アコムなら契約日から30日間無利息で借入可能
三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融で、永作博美さんのCMでおなじみのアコムは、全国にある無人契約機「むじんくん」によって、平日14時以降、土日祝日でも即日キャッシングが可能です。認知度も高く、利便性も高いため、多くの方がアコムを選んでいるようです。
実質年率年3.0%〜年18.0%(30日間無利息)
借入限度額800万円
審査時間最短30分審査
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら

銀行カードローンで借りたい場合はここ!

新生銀行カードローンレイク

レイクなら5万円まで180日間無利息

新生銀行レイクとは、新生銀行が展開する銀行系カードローンの商品です。

銀行カードローンでは珍しい二つの無利息ローンを取り扱っているのが特徴です。

実質年率 年4.5%〜年18.0%
借入限度額 1万円〜500万円
審査時間 最短即日
即日融資 可能

レイクで今すぐ3万円~5万円借りる方法

インターネットで14時頃までに申し込み・審査を完了させれば即日融資が可能です。銀行の営業時間が過ぎてしまうと、振込の反映が翌営業日となってしまうため、即日融資を受けることができないため気を付けてください。

平日の15時以降や土日祝日は、インターネットで審査を完了させた後、レイクの自動契約機に行ってローンカードを発行すれば、コンビニなどの提携ATMで即日でお金を引き出せます。レイクの自動契約機は店舗によって営業時間が異なるため、事前に営業時間を確認しておいてください。

レイクには、銀行では珍しい2種類の無利息サービスがあり、初めての方なら、「30日間利息が無料」「5万円まで利息が180日間無料」の2つから選べます。

5万円以下の少額利用する人は、180日間利息がかからないということは大きなメリットになりますので、レイクはおすすめです。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは金利年4.0%~14.5%と低金利の銀行カードローン

三井住友銀行は、日本を代表するメガバンクの一つで、その知名度と安心感は大きく、多くの人に利用されている銀行です。金利が低く、銀行系カードローンの中では特に審査スピードが速いのが特徴で、平日・週末にかかわらず審査を行ってくれるため、非常に利便性が高く人気があります。 

実質年率 年4.0%〜年14.5%
借入限度額 10万円〜800万円
審査時間
即日融資

三井住友銀行カードローンで今すぐ3万円~5万円借りる方法

三井住友銀行カードローンは口座開設が不要なので、口座がない方でも利用できるため急ぎの方にもおすすめです。インターネットから申し込み、審査に通過したら三井住友銀行の支店にあるローン契約機でローンカードを発行することで、提携ATMからお金を引き出せるようになります。

現在すでに口座があるという方は、インターネットバンキングから直接カードローンに申し込むことができます。審査に通れば、手持ちのキャッシュカードで提携ATMからお金を引き出すことができるので便利です。

また土日祝日でも審査はしてもらえるので、朝9:00から夜10時までに審査を通過して契約ができれば、自動契約機で発行されたローンカードを使ってその日のうちに出金できます。

三菱UFJ銀行バンクイック

バンクイックは口座開設不要で借りれる銀行カードローン

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、銀行カードローンの中で最も人気で申込が多いカードローンです。他の低金利で借入ができる銀行カードローンと比較すると若干金利は高めですが、口座開設不要で、利便性も抜群です。保証会社も消費者金融最大手のアコムのため、貸付に非常に積極的と言われています。

実質年率 年1.8%〜14.6%
借入限度額 最大500万円
審査時間
即日融資

バンクイックで今すぐ3万円~5万円借りる方法

三井住友銀行カードローンと同様、三菱UFJ銀行の普通預金口座が無くても申し込みできます。

インターネットで申し込み、審査が完了すると、指定口座に振り込んでくれるため、審査完了時間が銀行の営業時間内であれば、融資融資を受けることができます。

なお、在籍確認は必ず職場へ銀行名で電話連絡がありますが、銀行名でかかってくるため、カードローンを利用していることは基本的にバレません。

銀行の営業時間外で借りる場合は、三菱UFJ銀行の支店内にあるテレビ窓口でカードローンの契約を行うことができます。テレビ窓口は、平日の15時以降・土日祝日に利用する方はバンクイックの審査時間である9時~21時までの間にインターネットで審査申し込みをします。審査通過後、テレビ窓口に直接行き、ローンカードを発行すれば併設されているATMか、提携ATMでお金を引き出すことができます。

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※発行されたカードは、発効日の翌営業日以降、審査の結果により利用可能

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンはパートの方にもオススメのカードローン

楽天銀行スーパーローンはパートやアルバイトの方でも借入できるおすすめのカードローンです。保証人も不要なので、面倒な手続きなく借りることができます。

実質年率 年1.9%〜年14.5%
借入限度額 1万円〜800万円
審査時間 最短即日
即日融資 可能

楽天銀行スーパーローンで今すぐ3万円~5万円借りる方法

インターネットで申し込み、必要書類をWEB上またはアプリからアップロードして提出します。

即日融資を希望の場合、契約手続きを平日14時までに完了させなければなりません。混雑する場合もあるため、できるだけ午前中に済ませておきましょう。申し込みフォームに急ぎの方用に振込希望金額を入力する欄があるため、そこに入力すれば口座へ振り込んでもらうことが可能です。

在籍確認は職場に電話連絡がありますが、非通知・担当者個人名でかかってきます。ただし、専業主婦の方は専業主婦専用のページから申し込むと年齢が60歳未満で借入上限額が50万円であれば在籍確認の電話はないそうです。

今すぐ3万円~5万円借りる方法まとめ

今すぐ3万円~5万円借りる方法は?

今すぐ3万円~5万円借りる場合は、以下のような方法が考えられます。

  • カードローンを利用する
  • 親や友だちに貸してもらう
  • メルカリやリサイクルショップで手持ちの品を売る
  • クレジットカードのキャッシング機能を利用する

 

カードローンを利用する

カードローンと聞くと、利用したことがない人はヤミ金のようなイメージで良い印象を持っていないかもしれません。もちろんヤミ金業者や悪質な街金もいまだにいますが、CMなどで見かける銀行や消費者金融のカードローンは安心して利用できます。きちんとした貸金業法・銀行法に基いて融資を行っているため、法外な利息を取られたりすることもありません。最近では、無利息サービスを提供するカードローンもあり、短期間で返済すれば利息なしで借りることもできます。また他にも即日融資やWEB完結申し込みなど、どんどん利便性が高くなってきているため、利用者も増えています。

 

親や友だちに貸してもらう

気軽にお金を貸してくれる親や友だちがいるなら、それが一番てっとり早いです。利息もかかりませんし、その場ですぐに借りれる可能性もあります。

しかし、親や友だちからお金を借りると、使う用途をいちいち説明しないといけなかったり、説教されるかもしれないので、何かと面倒な点もあります。

また数千円程度ならまだ頼みやすいですが、1万円を超えるとなかなか頼みづらく、そんな少額すら自分でやりくりできないくらい切羽詰まっているのかと思われるのも辛いです。人間関係をぎくしゃくさせたくない人にはあまりおすすめはできません。

メルカリやリサイクルショップで手持ちの品を売る

最近ではメルカリやオークションなど、インターネットやアプリから自分の手持ちの品を手軽に売ることができるようになりました。またリサイクルショップやフリマなどでも直接お店に行って売ることもできます。

これらの方法でも小遣い稼ぎはできますが、1万円を超えるものはパソコンなどの電化製品やブランド物になってくるので、実際3万円~5万円売ろうと思ったらなかなかハードルが高いです。またメルカリやオークションの場合、落札まで時間がかかったり、お金を振り込んでもらうのが数日後になったりするため、急ぎの方にはあまり向いていません。

クレジットカードのキャッシング機能を利用する

クレジットカードには、買い物などで現金ではなくカードで代金を支払う「ショッピング」のほかに、現金を引き出す 「キャッシング」機能があり、年収に応じてキャッシング枠がついています。

この機能を付帯するかどうかは利用者が選ぶことができ、申し込み時に付帯を希望していればクレカとキャッシングの審査が同時に行われます。カード発行後でも追加で申し込むこともできますが、申し込みから結果が出るまでに1週間程度かかります。

そのため、自分が持っているクレカに既にキャッシン機能が付いていない方は、すぐに利用することはできません。また、キャッシン枠の利用はもちろん金利も発生しますし、ATM手数料もかかるため、カードローンを利用するほうがメリットは大きいでしょう。

3万円~5万円の借入は無利息期間を上手に使って借りましょう

今すぐ3万円~5万円が必要という方は、消費者金融のカードローンの利用がおすすめです。

短期間で返済できる見込みがある方は、無利息期間を上手に利用してできるだけ利息を抑えて借りるのがおすすめです。

金利や審査スピードなどの特徴を比較し、サービスを上手く活用した借入をするようにしましょう。