【簡単解説】キャッシングとカードローンの違い|どこで借りるのが正解?

キャッシングとは「お金を借りる」行為のこと。

今でこそカードローンと使い分けられて使用される「キャッシング」という言葉ですが、お金を借りる行為に対して使われる言葉のため、本来なの意味で言うのであれば借入方法や借入場所による厳密な言葉の使い分けはありません。

消費者金融でお金を借りることもキャッシングと呼びますし、銀行カードローンでお金を借りることもキャッシングといいます。

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンは、基本的に

  • お金の借り方
  • 金利設定
  • 返済の仕方

の3点で言葉を使い分けられます。

お金の借り方による違い

お金を借りる方法として

  • クレジットカードのキャッシング機能で借りる場合にキャッシング
  • 銀行カードローン消費者金融のようにローン発行をして借りる場合にカードローン

という使い分けがされています。

クレジットカードにはショッピング枠のほかに、「キャッシング枠」が設けられていて、買い物以外に、限度枠内でお金を借りることができます。

表立ってキャッシングという言葉でお金を貸しているのがクレジットカードのキャッシング機能のため、クレジットカードでお金を借りる場合にキャッシングという言葉が使われるようになりました。

反対にカードローンは、お金を借りる際にローンカードを発行して、そのカードで限度枠無いの範囲で繰り返し借り入れを行うことができます。カードを利用したキャッシングのみができるカードを使用した借入となるので、カードローンと呼ばれるようになりました。

金利設定による違い

金利設定は

  • キャッシング→高金利
  • カードローン→低金利

という特徴が多くの場合に当てはまります。

クレジットカードのキャッシングでは、利息制限法の上限である金利が当てはめられることが多くあります。

逆にカードローンだと利息制限法の上限以下の金利で借入ができることも少なくありません。

クレジットカードを利用したキャッシングでは高額を借りることがそう多くないため、利益を確保するためにキャッシングの方が金利を高くしていると考えられます。

返済の仕方による違い

返済方法の違いには

  • キャッシング→基本1回
  • カードローン→長期

という違いが見られます。

キャッシンの場合だと急な出費に備えるための必要最低限の額を高額の金利で借り入れする場合が多く、無駄に金利を払うことにもつながるので1回で返済することが多いです。

しかし、カードローンの場合だと高額の借入や返済金額を少なくして月々の負担を減らし、長期で借入をする場合が多くあります。

金利設定の違いからも見受けられることではありますが、短期利用ならキャッシングで、長期利用ならカードローンというような特徴が見られます。

キャッシングとカードローンの使い分けはイメージ操作によって生まれた

 ひと昔前までは、消費者金融各社も銀行もカードローンのことを「キャッシング」と謳っていました。ですが、キャッシングと聞くと消費者金融のイメージが強く、取り立てがあるんじゃ無いかなど、不安に思ったり借りるのが怖いと言うイメージが強くありました。

そこで銀行が、消費者向け無担保貸付のイメージをよくするために「キャッシング」という言葉を使うのをやめ、「カードローン」という言葉を使い始めました。

カードローンと聞くと、自動車ローンや、住宅ローンなど、多くの方が利用している銀行のローン商品の一つというイメージになり、消費者の方が利用する上で安心して利用できる商品となりました。

また、改正貸金業法の施行や、過払い金返還請求によって、大手の消費者金融が経営難に陥り、銀行の傘下に入る形となりました。

そして、消費者金融も以前のような怖いイメージを払拭するために、キャッシングという言葉を使うのはため、今ではカードローンとして宣伝をしています。

クレジットカードのキャッシングはリスクが高い

クレジットカードのキャッシング枠を利用したキャッシングは、カードローンでキャッシングするよりもリスクが高いと言われています。

クレジットカードは、専業主婦の方や、学生の方でも作れるカードはたくさんありますし、すでにクレジットカードを持っている方はたくさんいると思います。

お金を借りる必要ができた場合に、クレジットカードでキャッシング出来るなら、わざわざカードローンの申し込みをして、新しくカードを作る必要ないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、クレジットカードを利用したキャッシングはキャッシング額の管理が難しく、管理不足による借金の増加で破産するケースもあるのです。

返済滞納のリスク

クレジットカードでキャッシングをした場合、一番のリスクとなるのが、「滞納リスク」です。

クレジットカードでキャッシングをした場合、返済の方法として「一括返済」「リボルビング返済」と大きく二つに分けられます。

一括返済は文字通り、お金を引き出した分だけ翌月に一括で返済する方法で、リボルビング返済は、借り入れした残高に応じて毎月最低返済額を返済していく返済方法です。

カードローンでお金を借りた場合は、すべて「リボルビング返済」なのですが、クレジットカードでお金を借りる場合は、クレジットカードによって返済方法は異なりますが、多くのカードは「一括返済」のみしか利用することができません。

つまり、10万円借りた場合は、翌月にクレジットカードのショッピング枠の引き落とし時に、一括で10万円の返済も行われる形になっています。一括で返済するメリットとしては、「金利の支払いが少ない」というメリットがあります。

リボルビング返済の場合は、毎月最低返済額しか返済を行いませんので、繰上げ返済をしなければ残高が減らず、毎月利息が発生するので、総返済金額が多くなってしまうリスクがあります。

一括返済は、翌月に必ず完済するので、返済期間が延びて、利息を支払い続けないといけないということがありません。

ですが、一括返済の場合は、お金が無くて借り入れしたのにも関わらず、必ず翌月に全て返済しないといけないため、返済ができずに滞納してしまうリスクがあります。

信用情報に傷がつくリスク

クレジットカードやカードローンの利用で、一番してはいけないことが「滞納」で、滞納をしてしまうと、信用情報に延滞情報として記録されてしまいます。

信用情報に傷をつけてしまうと、今後のローン審査などが通らないなど、生活に支障をきたしてしまうため、絶対に避けたいところです。

さらに、クレジットカードで滞納をしてしまうと、もう一つ大きなリスクがあります。

それは、持っているクレジットカードが利用停止や強制解約になってしまうリスクです。

利用停止や、強制解約になってしまうと、クレジットカードのショッピング枠すら使えなくなってしまうため、日常の生活がかなり不便になってしまいますし、今まで貯めたポイントは全て没収されてしまって、使うことができなくなってしまいます。

また、クレジットカードが強制解約されてしまうと、もちろん次のクレジットカードを作るということは難しく、信用情報が消えるまではクレジットカードが使えない状態になってしまう可能性があります。

キャッシングをするならカードローンがおすすめ

キャッシングをするなら、カードローンを利用したキャッシングがおすすめです。

理由は

  • 残高の管理が楽
  • 金利が低い

の2点。

クレジットカードのキャッシングの場合、返済の時にショッピング分の返済とキャッシング分の返済を一気に行わなければいけません。普段からクレジットカードを頻繁に利用している方は、ショッピング分の支払いをしつつキャッシング分の返済を行わなければ行けないので、どれくらい借金の返済ができていて、どれくらい払わなければいけないのかの管理がとても難しい状態となります。

金利負担を抑えて管理を楽にするためにも、キャッシングをする際にはカードローンを利用したキャッシングをおすすめします。

カードローンキャッシングのメリット

カードローンでお金を借りた場合、基本的に「リボルビング返済」となります。

借り入れした金額や、残高に応じて、最低返済額が変わる「残高スライドリボルビング方式」なので、毎月無理のない範囲で返済を行なうことができます。

返済回数が多くなるため、支払い利息が増えることですが、繰上げ返済も可能で、お金がある時に一括で返済することも可能です。

そのため、返済における選択肢が多く、財布と相談しながら無理のない範囲で返済を進めることができます。

また、もしカードローンの返済で滞納をしてしまった場合、クレジットカードのキャッシングの返済で滞納をしてしまった時と同様に、信用情報に記録されてしまうのですが、今持っているクレジットカードの使用には特に影響はありません。

クレジットカードのショッピング枠は今まで通り問題なく利用できますし、カードローンで滞納したからといってクレジットカードまで強制解約をされることはないのです。

カードローンは利用不可能になっても、クレジットカードは使えるので、今まで通りショッピングできるという点で、クレジットカードはショッピング専用、カードローンはキャッシング専用と分けて使った方がいいでしょう。

クレジットカードのキャッシングの返済方法

上記では、クレジットカードのキャッシングのリスクについて紹介してきましたが、クレジットカードのキャッシングの中にも、消費者金融や、銀行カードローンと同じように残高スライドリボルビング返済で毎月返済していけるクレジットカードもあります。

今クレジットカードで最も発行されている楽天カードを例に、クレジットカードでキャッシングをした場合の返済方法について紹介します。

楽天カードのキャッシングを利用した際の返済方法は、

  • 一括返済
  • キャッシングリボ
  • あとからリボ

の3つから選択することができます。

一括返済

一括返済は、名前の通り、借り入れした金額を、翌月の引き落とし日に、利息と一緒に一括で返済する方法です。

楽天カードの利用で、毎月月末が締め日で翌27日払いに設定した場合は、返済は下記の図の通りとなります。

r-cre

キャッシングリボ

キャッシングリボは、毎月最低返済金額を返済していく方法で、楽天カードの場合は、最終貸付後残高スライド定額方式という返済方式を採用しています。

起算日の貸付の残高に応じて毎月の返済金額が変わる方式で、残高に応じた返済金額は下記の通りとなります。

融資残高 最低支払い元金
10万円以下 3,000円
10万円超20万円以下 6,000円
20万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超 40,000円

リボルビング返済は、現在カードローンで採用されている返済方法と同じ方法なので、リボルビング返済を選択した場合は、カードローンと同じ形で返済を行なうことができます。

あとからリボ

あとからリボは、楽天カード特有のサービスで、一回払いでキャッシングしたあと、リボ払いに変更することができるサービスです。

一括返済でキャッシングをしたものの、翌月の返済がきついと思った時は、前月の締め日までにあとからリボに変更することで、最低返済額の返済+利息の返済だけで済むようになります。

楽天カードは、キャッシングを利用するうえでも、一括返済以外の選択肢があるため、カードローンと同様に使うことができるため、キャッシングしやすいクレジットカードだと言えます。

クレジットカードのキャッシングの利用方法

クレジットカードのキャッシングの利用方法はカードローンと比べて簡単で、利用するうえで特に審査は必要ありません。

ただ、クレジットカードを作る際に、キャッシング枠を設定していることが多く、その範囲内でしか利用できないし、そもそもキャッシング枠を作っていなかった場合は、利用できません。

その場合は、カードローンと同じように、新たにキャッシング枠を作るための審査が行われます。

キャッシング枠を持っている場合は、実はコンビニなどの提携ATMでいつでもお金を引き出しできるようになっています。

お金を引き出す時と同様、クレジットカードをATMに入れると、キャッシングを選択できる画面があり、選択後、希望の金額を入力すると、お金が出てきて、利用できます。

その他の方法として、クレジットカードの引き落としに口座振り替えを利用している場合などは、クレジットカードによっては、「ネットキャッシング」が可能です。

ネットキャッシングとは、クレジットカードの会員ページで、、希望金額を入力してキャッシングの申し込みをすると、指定口座に入金されるサービスです。

口座振り込みなので、銀行の営業時間外にネットキャッシングを利用すると、翌営業日に振り込みされますが、楽天カードを持っている場合で、楽天銀行に振り込み依頼をするなど、利用するクレジットカードの提携金融機関の口座を指定すると、24時間即時入金を行なってくれる場合もあります。

その他クレジットカードのキャッシングの注意点

これまでクレジットカードのキャッシングとカードローンの違いについて解説してきましたが、その他の細かい違いなど、クレジットカードでキャッシングを利用する場合の注意点について最後に紹介しておきます。

限度額が低い

クレジットカードでキャッシングを行う場合、限度額はカードローンと比べるとかなり低めに設定されています。

プラチナカードなどでは300万円の枠を与えられるケースもありますが、一般的なカードでは10万円〜30万円程度の枠しかない場合が多く、高額の借り入れには対応しきれないケースがあります。

カードローンの場合は、上限500万や800万など、審査によって与えられる枠は異なりますが、限度額はかなり高めに設定されているため、使用用途は幅広く、現金が必要という目的を達成するには便利なサービスです。

キャッシング枠を作ると審査が厳しくなることも

ショッピング枠だけじゃなく、キャッシング枠も同時に申し込みをすると、貸金業法に基づく審査が行われるため、クレジットカードの審査に落ちる可能性も上がると言われています。

なので、審査に通るか微妙な場合は、クレジットカードでキャッシングの枠は作らず、クレジットカードの審査に通った上で、別にカードローンでキャッシング枠を作っておいた方が無難です。