銀行が総量規制の対象に!総量規制でも借りれる消費者金融はある?

銀行カードローンは自主規制によって年収の3分の1以上の融資が難しくなり、審査も厳しくなってしまいました。

そのため、総量規制オーバーの方は借り入れ先がなくなってしまったと不安に思っている方もおられると思います。 

しかし、総量規制オーバーでも例外的に消費者金融から借り入れできる方法があります。

例外貸付に関する情報やおすすめの消費者金融についても紹介していきます。

銀行がルール変更で総量規制の対象に!

銀行がルール変更で総量規制の対象に

銀行に対する個人向けカードローンの過剰融資を懸念する声が広まり、銀行は自主規制することとなりました。

そもそも銀行は貸金業法ではなく銀行法に基づいて融資を行っているので、貸金業法に定められている総量規制は本来関係ありません。

なぜ、銀行が自主規制するまでに追い込まれたかというと、

1つ目は、消費者金融並の高金利が適用されているケースがあるからです。平成22年の賃金業法の改正により、今まで高かった消費者金融のグレーゾーン金利が撤廃され、現在は銀行カードローンの金利と大差はなくなりました。

利用条件によっては、消費者金融のほうが低い金利が適用されるケースもあるくらいです。

2つ目は、多重債務者の抜け穴になりかねないからです。どういうことかというと、消費者金融は貸金業法に基づき年収の3分の1までしか融資できないというルールを守らなければにいけませんが、銀行はこのルールを気にせず融資することが可能なので、過剰融資に繋がる可能性があるということです。

実態は消費者金融とあまり変わらないのに、銀行というだけで利用者の抵抗感も減り、多重債務者を増やす可能性があります。

こうした声を受けて、全国銀行協会や金融庁が銀行を指摘したことで、銀行はカードローンの融資を自主規制することとなりました。

現在ほとんどの銀行カードローンが年収の3分の1以上の融資は行っておらず、さらに以前よりも審査は厳しくなっています。

このような理由から、今カードローンを利用するのであれば、消費者金融を選択したほうがいいでしょう。

総量規制の例外貸し付けなら消費者金融でも利用できる

総量規制の例外貸し付けなら消費者金融でも利用できる

総量規制には例外的に年収の3分の1を超えた場合でも貸し付けできるルールがあります。

例えば、年収300万円の人が、すでに100万円を借りている場合、総量規制によるそれ以上は借りれません。しかし、緊急で医療費として30万円追加で借りたいという場合、消費者金融でも例外として融資してもらえます。

緊急時の医療費以外にも例外貸付には下記条件があります。

例外貸付条項

  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け
    (施行規則第10条の23第1項各号)

参考URL:貸金業法について

一般的に利用できるのは「顧客に一方的有利となる借換え」

カードローンでお金を利用する方に該当するのが、「顧客に一方的有利となる借換え」です。これは、一般的に「貸金業法に基づく借換ローン」が該当します。いわゆる借り換え・おまとめ専用ローンのことを指します。

顧客に一方的有利となる借り換えの条件は?

顧客に一方的有利となる借り換えの条件とは、借り換えローンの場合でいうと「毎月の返済額が減少する、または返済総額が減少する」といった条件です。

これらに該当する場合は、消費者金融であっても例外的に総量規制の対象になりません。

簡単にいうと、今の借り入れ先より、1%でも金利が下がるか、同じ金利でも返済額が減少するのであれば、例外として認められる可能性があるということです。

また、借り換えローンは複数の借金を一本化することになるので、支払日をまとめることができ、返済漏れ・忘れも防ぐことができます。このように、条件は顧客にとって損があってはいけないということになります。

担保や保証人は必要?

例外的に借りれるとしても、担保や保証人が必要なのではと心配される方もいるかもしれません。しかし、現在担保・保証人なしで借りているという方は、例外貸し付けの場合も担保・保証人は不要です。

理由は簡単で、担保・保証人が必要になると、顧客に一方的に有利になる条件ではなくなってしまうからです。

 

総量規制についてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

総量規制対象外のカードローンと総量規制の対象となる借入・ならない借入

例外貸し付けの借り換えローンは普通のカードローンとは違う?

 例外貸し付けの借り換えローンの場合、普通のカードローンとは違い、証書貸付という方法で融資が行われます。

証書貸し付けとは

証書貸付とは

証書貸付とは、お金を借りる際に「金銭消費貸借契約書」という借用書を作成します。

その書類には、借り入れ金額、金利、期間、返済方法などを明記して連帯保証人の署名、捺印をしたうえで銀行へ差し入れる仕組みになります。

ややこしいように感じますが、簡単に言うと、借用書を書いてお金を借りるということだけです。

証書には融資を受ける際の具体的な融資金額や貸出金利、返済するための方法や金利などの情報が記載されます。借り換えローンの場合は、いつまでにいくら返済すると決めて、毎月決まった金額を返済していくことになります。

通常のカードローンとの違い

具体的にカードローンとなにが違うのかというと、簡単にいえばカードローンは決まった金額内であれば何度でも借りることができますが、証書貸付は1度だけ借り返済に専念していくことになります。

カードローンは借入限度額を決めて契約すると、限度内なら申し込みや契約書などの手続き何度もする必要がなく、資金使途も問われないので自由に借りることができます。

一方の証書貸付は、金利や返済方法を決まると、一度だけ融資が行われ、あとは返済していくだけなので、他の用途に使うことができません。そのため、カードローンのような自転車操業のようなことにはならないので、本気で借金を返済したい方に向いているローンです。

借金がすでに年収の1/3を超えている方は、通常のカードローンは総量規制で利用できないので、証書貸付による「貸金業法に基づく借換ローン」で返済していくことをおすすめします。返済に専念して、少しでも早く借金の負担を減らしていきましょう。

貸金業法に基づく借換え専用ローンのおすすめポイント

借換え専用ローンのおすすめポイントをおさらいしておきましょう。

毎月の金利や返済額の負担が軽減できる可能性がある

利用中のカードローンよりも金利が低いところへ借り換えることで、利息や返済額の負担を減らすことができます。

ただし、借金を一本化したことにより返済期間が長くなり、最終的には借り換え前よりも支払う利息が多くなるケースがあるので、注意が必要です。

借り換え前に、月々の返済額をシミュレーションすることをおすすめします。

返済日が毎月1回だから管理しやすい

複数の借金がある場合、コンビニATMでローンカードを使って各金融機関に入金したりするのは結構面倒なものです。借り換え専用ローンを利用することで、返済の手間は月に1度になるので、手間が省けます。

返済先が1社ということは、連絡先も1つということになるので、万が一、任意整理や自己破産といった債務整理をしなければいけない状況に陥った場合でも弁護士への依頼料なども抑えることができます。

また、うっかり返済日を忘れたというともなくなるので、安心です。精神的にも、月に何度も返済日に追われるストレスを溜め込まなくていいので、気持ちが楽になります。

返済専用ローンだから借金が増えない

賃金業法に基づく借換ローンは、返済専用のローンです。そのため、普通のカードローンのように利用限度額内で何度でも自由に借り入れや返済を繰り返すことができません。返済に専念することができるので、本気で完済したい方にはおすすめです。

また、返済専用ローンは、契約後の他社への返済もすべて代行してくれるので余計な手間がかかりません。 

申し込みの流れ

申し込みの流れ (1)

借り換え専用ローンを申し込む場合は、WEBでカードローンの申し込み後、電話でオペレーターに直接「年収の3分の1を超えているので、借り換え専用ローンを利用したい」と伝えれば、申し込みに必要な書類の案内や手続方法を案内してくれます。

必要書類の本人確認書類と収入証明書を準備し、店頭窓口もしくは自動契約機へ行きます。来店できない場合は、郵送で契約してもらえるケースもあるので、電話で問い合わせてみましょう。

手続き完了後、その場で審査結果の回答があり、審査に通っていれば契約が可能です。

融資は申し込み先の消費者金融が借金をしている他社金融期間へ振込み手続きを代行してくれるので、自分で返済手続きをする必要はありません。

中小規模の消費者金融を利用するのはどうなの?

中小規模の消費者金融は数多くあります。ほとんどの中小消費者金融は名前すら世間に知れ渡っていません。

まともな中小消費者金融もたくさんありますが、ヤミ金などの悪徳業者が紛れ込んでいる可能性があります。素人では、中小消費者金融とヤミ金を区別するのがなかなか大変です。

大手消費者金融ならメガバンクの傘下に入っているため、安心して借り入れできます。アイフルだけは、独立系消費者金融ですが、これまでの高い貸付実績などからも安心して利用することができます。 

借り換えを利用した詐欺に注意!

借り換えを利用した詐欺に注意! (1)

複数の借金で苦しんでいる人につけ込んでくるのが、詐欺業者です。

ローンの借り換えや複数ローンの一本化などの勧誘で言葉巧みに甘い言葉をかけてきます。しかし、「借り換え詐欺」や「おまとめ詐欺」と呼ばれる詐欺業者の可能性があるため注意が必要です。

借り換え詐欺の手法は、主に低金利で融資をすると勧誘してきます。融資のお誘いは街中にチラシを掲示していることもありますし、直接電話がかかってくることもあります。

借金で冷静な判断がつきにくい状況のなか、銀行カードローンや大手消費者金融と比べてかなり低い金利を提示してくるため、思わず飛びついてしまいがちです。しかし、それが悪徳業者の手口で、低い金利を提示した後に保証金や手数料が必要だとか言ってお金を払わされます。

結局のところ保証金や手数料を払っただけで、融資もしてくれず連絡がつかなくなるといったケースが多いです。こうなってしまったらもう泣き寝入りするしかありません。

このような理由から、聞きなれない中小企業の消費者金融を利用するときは注意が必要です。素人にはまともな消費者金融なのか悪徳業者なのか判断するのがとても難しいです。

被害に合うリスクを避けるためには、大手消費者金融を利用しましょう。銀行の傘下に入ったことにより今まで以上にサービスも向上していますし、CMなどでも知名度が高まっているので、安心して申し込みできます。

最近では、大手銀行や信販会社の名前に似せて、営業をかけてくる業者もあるので、絶対に引っかからないようにしてください。そもそも大手の金融機関は直接カードローンの営業をしてくることは基本的にありません。

怪しい名前の業者やありえない低金利を提示している業者では、絶対にローンの借り換えをしないように注意しましょう。 

総量規制オーバーでも借りれる大手消費者金融

アイフル

実質年率 かりかえMAX:年12.0%~17.5%
おまとめMAX:年12.0%~15.0%
借入限度額 1万円~500万円
貸付対象者 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方
資金使途 貸金業者債務の借換え
返済方式 元利均等返済方式
返済期間と返済回数 最長10年(120回)
遅延損害金 年20.0%
担保・連帯保証人 不要

アイフルには「かりかえMAX」と「おまとめMAX」という「貸金業法に基づく借換え専用ローン」の2つの商品があります。

2つの商品の違いは、初めて利用する方の商品が「かりかえMAX」で、すでに利用中、利用したことがある方の商品が「おまとめMAX」です。
 
特徴としてはプロミス、アコムに比べて借入限度額が500万円と一番高い点です。また借り換え専用ローンをインターネットで申し込みできるのはアイフルだけです。

プロミス、アコムは電話申し込みのみなので、なかなか電話が繋がらなくて好きな時間に申し込めなかったり、電話代もかかってしまうというデメリットがあります。 

アイフルで総量規制を超える申し込みを希望する場合は、WEB申し込み後に「年収の3分の1を超えるキャッシングを利用したい」と伝えれば、オペレーターが詳しく例外貸付について説明をしてくれます。

アコム

実質年率 年7.7%~18.0%
借入限度額 1万円~300万円
貸付対象者 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
資金使途 貸金業者債務の借換え
返済方式 元利均等返済方式
返済期間と返済回数 借入日から最長13年7ヵ月・2~162回
遅延損害金 年20.0%
担保・連帯保証人 不要

 アコムの「貸金業法に基づく借換え専用ローン」は、実質年率が7.7%~18.0%と下限金利が低い設定になっています。

アコムの借り換えローンは、インターネットで申し込みができないので少し不便です。電話でアコムのフリーコールへ連絡をして、必要書類や手続きの流れの説明を一旦受ける必要があります。

本申し込みを行う際にはアコムの店頭窓口もしくはむじんくん(自動契約機)に出向き、必要書類を持参して契約手続きを進めます。営業期間をよく確認して来店しましょう。 

申し込みを行った後はその場で審査結果の連絡を受け取ることができます。審査に通過すれば、その場で契約を完了させれます。

もし来店が難しいという場合は、郵送で契約することもできます。ただし、郵送だと契約完了までに時間がかかります。

プロミス

実質年率 年6.3%~17.8%
借入限度額 300万円まで
貸付対象者 年齢20歳以上、65歳以下のご本人に安定した収入のある方(主婦、学生、パート、アルバイト可)
資金使途 貸金業者債務の借換え
返済方式 元利均等返済方式
返済期間と返済回数 最終借入後最長10年・1回~120回
遅延損害金 年20.0%
担保・連帯保証人 不要

アイフルのように公式サイトで広く周知はされていませんが、プロミスでも証書貸付による融資は行っています。

金利は6.3%~17.8%とアイフル、アコムに比べて最も下限金利が低いです。

ただし、プロミスと同様、インターネットからの申し込みには対応しておらず、申し込みを行う際は自動契約機もしくは店頭窓口へ来店して手続きしなければなりません。

なお、本人確認書類と収入証明書を持参するのを忘れないようにしてください。契約手続き完了後、審査結果はその場で教えてもらえます。

審査に通れば、プロミスが代行して利用者の名義で借金している借入先へ振り込みをしてくれるので、面倒な処理は不要です。

まとめ

総量規制オーバーであっても消費者金融なら例外的に借り入れすることができます。借り換え専用ローンを利用し、借金の金利や返済額の負担を減らし、少しでも早く返済してしまいましょう。

ヤミ金などの悪徳業者からの言葉巧みな甘い言葉で、借り換え詐欺の被害に合わないよう注意してください。