銀行系カードローンと消費者金融の違い

お金を借入するためにカードローンを申し込もうと思った時、銀行カードローンか、消費者金融のどちらかで申し込みをすることになります。

当然、どちらかを選ぶなら、消費者金融よりも、イメージの良い銀行のカードローンを選びたいですが、銀行カードローンは審査に通りにくいなどの噂から、消費者金融を選ぶ人が圧倒的に多いです。
ここでは、銀行カードローンと、消費者金融のカードローンの違いについて解説します。

銀行と消費者金融の違いとは

銀行カードローンと消費者金融のカードローン営業における適応法律の違いを示すイメージ図

銀行カードローンと消費者金融では、カードローン業務において適応される法律が異なります。

銀行カードローンでは銀行法、消費者金融では貸金業法という法律が適応され、両者では貸付する金額の上限や、貸付できる対象が異なるのです。

わかりやすい違いとして挙げられるのが総量規制という制度です。

一番大きな違いは総量規制

銀行カードローンと消費者金融のカードローンの大きな違いは、総量規制の有無。
総量規制とは、貸金業法で定められた借入の合計金額が「年収の合計の3分の1」を超えないように規制する法律です。

貸金業法は消費者金融に適応される法律なので、消費者金融からお金を借りる場合には年収の1/3を超える借入ができません。

例)年収300万円の方は、300万円×1/3=100万円 借入可能額 : 100万円

総量規制の制度を簡単に理解するためのイメージ図

この規制によって、多額の借入が難しくなったのですが、この総量規制は、
消費者金融のみが対象となり、銀行カードローンは対象外となっています。

 総量規制については「総量規制対象外のカードローンと総量規制の対象となる借入・ならない借入」で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

銀行カードローンは銀行法を適用

銀行カードローンは、貸金業法では無く、銀行法が適用されるため、総量規制関係なく借入をすることができるようになっています。

なので、高額の借入に向いていて、消費者金融では総量規制によって借入できなかったという方でも銀行カードローンなら借入が可能です。

金利が低いのも銀行カードローン

銀行カードローンは、消費者金融のカードローンと違って、金利が低めに設定されていることが多いです。
上限金利を比較すると、消費者金融では大体18.0%程度ですが、銀行カードローンの場合は、14.5%程で借入できるケースが多いです

ですが、2017年4月から始まった銀行の過剰融資に対する自主規制によって、銀行カードローンの審査の難易度も今までよりもっと厳しいものとなりました。

news!

2017年度4月からの過剰貸付問題に対する銀行の自主規制によって、大手銀行を始めとして貸付上限額を年収の1/2や1/3までに規制する銀行が増えてきました。

そのため、銀行カードローンのメリットである総量規制の対象とならない貸付が事実上難しくなりました。

参考:2017.4.28 大手3銀行、カードローン自主規制強化 融資上限引き下げも

総量規制が無かったり、金利が低かったりと、銀行カードローンの方が良いような気もしますが、消費者金融にもメリットはあります。

無利息期間があるのは消費者金融

銀行カードローンと違って、消費者金融は無利息期間を設けている消費者金融があります。
SMBCコンシューマーファイナンス、アコム、アイフルは現在無利息期間があります。

プロミス メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録で30日間無利息
アコム 30日間無利息
アイフル 30日間無利息


無利息期間が長い場合、小額の借入で短期間で返済できる場合、低金利の銀行カードローンを利用するよりも返済額が低くなる場合があります。
無利息期間内に返済できる場合、1円も利息を支払う必要がないので、うまく使うことでかなりおトクです。

急ぎの方は消費者金融なら即日キャッシングが可能

sokujitu-syouhisya

消費者金融の一番のメリットは「審査スピードが早い」ということです。
銀行は、自社で審査を行わず、保証会社に委託するケースがほとんどなため、審査に時間がかかるケースが多いです。

消費者金融なら、平日のお昼頃(目安は14時)、すなわち、銀行の営業時間内に申し込み・審査を終えれば、ほとんどの場合で銀行口座振込による即日キャッシングが可能です。

また、プロミス・アコム・アイフルなど、自動契約機によるカード発行に対応している消費者金融を利用すれば、自動契約機の営業時間内までならカード発行をしてもらうことができ、22時まで即日で借りることができる場合もあります。
※一部店舗を除きます。

銀行カードローンの場合は、カードローン審査の厳格化による警察庁への個人のデータ照会を行う工程が増えましたので即日で借りることができなくなりました。


なので、支払いが間近などで、急いで借入する必要がある方は消費者金融を選んだ方が、即日キャッシングができるのでおすすめです。

即日でお金を借りる方法については「カードローンで土日でも即日融資を受ける方法まとめ」のページで詳しく紹介していますので参考にしてください。

審査はやはり消費者金融の方が緩い?

借入をしようとしている方が一番気になるのが、「審査の甘さ」です。イメージだと、銀行カードローンの方が、消費者金融に比べて審査が厳しいと思いますが、実は、大手の銀行では、保証会社に消費者金融が入り、審査は消費者金融に任せているため、消費者金融だから審査に通りやすいということは無いようです。

しかし、実際の申し込み者の声を聞くと、消費者金融の審査の方が通過したという口コミが多いのも事実です。

消費者金融に申し込みをしても、各消費者金融の審査基準は異なるため会社によって審査結果が変わることが多いので、どうしてもお金が必要な方は順番に色々な業者に申し込みをすると良いでしょう。


1点注意が必要なのは、同時に複数社に借入申し込みをすると、一度に多額の借入をしようとしていると判断されて、信用情報に記録され、審査に不利になると言われています

消費者金融に関しては、貸付率を公表してくれている業者もあります。

当サイトの「審査に通りやすいカードローンなんてあるの?大手業者の審査通過率を比較」というページで、大手消費者金融が公表している審査通過率のデータを紹介しているので、審査が気になる方は合わせてご覧下さい。

在籍確認の方法の違い

銀行カードローンと消費者金融のカードローンの在籍確認の方法は異なります。
通常、在籍確認は、必ず職場に電話がかかってきて在籍確認が行われます。
その際、必ず会社名では無く、個人名で電話がかかってくるのですが、それでも在籍確認の電話が嫌だと言う人も多いです。

この在籍確認は、銀行カードローンでは必ず行われるのですが、消費者金融の場合はそうではありません。
正確に言うと、一部の消費者金融の場合ですが、電話ではなく、社員証明書や、健康保険証など、書類による在籍確認を認めてくれるケースもあります。

書類による在籍確認を認めてくれている消費者金融は、アイフルのみで、借入金額も50万円以内と、小額の借入のみですので、高額の借入が必要な場合は、必ず在籍確認があると思っていた方が良いでしょう。

※アイフルも審査結果によっては電話で在籍確認が行われる場合もあるようです。あらかじめ審査申込時にオペレーターに相談しておきましょう。

 在籍確認については「在籍確認なし・電話連絡なしで借入できるカードローンはあるの?」のページで詳しく紹介していますので、参考にしてください。

保証人の有無

借入する際に、保証人が必要かどうかという話ですが、これは銀行カードローン、消費者金融共に、保証人は必要ありません。
しかし、銀行カードローンは、必ず保証会社を利用することとなります。

保証会社は、アコムやSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)など、大手の消費者金融や、銀行子会社の保証会社を利用します。
銀行カードローンは、保証会社が審査を行うため、アコムやSMBCコンシューマーファイナンスの保証を利用するカードローンは審査に通過しやすく、他の保証会社の場合は審査が厳しいとも言われています。

一般的に、アコムやSMBCコンシューマーファイナンスなどの消費者金融を保証会社として利用するカードローンは、金利が高めに設定されていて、金利が低いカードローンは消費者金融ではない保証会社のケースが多いです。

大手消費者金融はほぼ銀行傘下に

消費者金融と銀行カードローンの境界はどんどん無くなっています。
何故かと言うと、2010年に総量規制が施行されたことや、過払い金返還請求によって、多くの消費者金融が経営難に陥りました。

その際に、大手の消費者金融は、銀行の傘下に入る事で、経営を建て直してきました。
アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループに、プロミスはSMBCグループの傘下に入りSMBCコンシューマーファイナンスに社名を変更しました。

その他にも、レイクは新生銀行グループとなるなど、有名な消費者金融のほとんどは銀行の傘下として営業しています。
唯一、アイフルのみ、銀行の傘下にならず、営業を続けています。

一応、プロミスやアコムは消費者金融として営業していますが、レイクは新生銀行の商品の一つとなったため、総量規制の対象外になっているなど、元々消費者金融の商品が銀行の商品になっていることもあるため、複雑になってきているのが現状です。

銀行カードローンと消費者金融の違いまとめ

銀行カードローンと消費者金融の違いを上記で挙げました。


銀行カードローンを使った方が良い人、消費者金融を使った方が良い人を以下にまとめます。
比較表も作ったので参考にしてください。

銀行カードローンと消費者金融の比較表

項目 銀行カードローン 消費者金融
総量規制 なし
※過剰貸付問題により総量規制外の貸付は難しくなりました。
あり
金利(目安) 上限金利年14.5% 上限金利年18.0%
無利息期間 なし あり
即日キャッシング 不可 平日14時までの申し込みで可
※自動契約機利用で夜まで即日キャッシング可
審査 厳しい? 甘い?
在籍確認 あり あり(一部書類でも可)
保証人 なし なし

職業別で銀行と消費者金融を比較 

専業主婦が借りるなら銀行カードローン

専業主婦の方が消費者金融からお金を借りることはできません。 

これは上記で解説した総量規制が原因で、年収が0円として扱われるため、消費者金融でお金を借りたいと思うと、配偶者の保証が必要になります。

これを配偶者貸付と言うのですが、配偶者貸付は総量規制の例外貸付として認められてはいますが、借入申し込みには、配偶者の同意書や、婚姻関係を示す書類、配偶者の年収証明書などの提出を求められます。

つまり、実態は配偶者が借入をしていることになるため、当然借入がバレてしまうし、消費者金融も手続きに手間がかかるため、配偶者が直接申し込みをすることを推奨していて、積極的に配偶者貸付は行なっていません。

消費者金融とは違って、銀行は総量規制が無いので、専業主婦でも貸付を行うカードローンもあります。

ただ銀行によって審査基準はバラバラで、専業主婦には貸付を行っていないカードローンもあるので、審査申し込み前に電話で確認した方がいいでしょう。

学生が借りるなら消費者金融

学生がカードローンを使いたいと言う場合は、銀行よりも消費者金融のカードローンがおすすめです。

銀行は20歳以上で安定した収入があれば借入対象にはなりますが、実際は「学生は不可としているケースが多く、学生が審査に通る可能性は低いと考えた方がいいです。

ですが、消費者金融のカードローンであれば、総量規制はありますが、総量規制内であれば、安定した収入がある20歳以上の学生の方であれば借入することができます。

例えば、毎年アルバイトで150万円の収入がある場合は、50万円までは総量規制上借入することができます。

また、東京などでは学生専用の学生ローンもありますが、金利などの条件は大手の消費者金融と違いがないので、大手消費者金融のカードローンの方が銀行傘下のカードローンも多く、安心して借入することができます。

公務員が借りるなら銀行カードローン

公務員の方がお金を借りるなら銀行カードローンがおすすめです。

過去に債務整理歴などがなければ、公務員の方はスコアリングの点数も高くなり、高額の枠を作ることが可能です。

高額の枠を作る場合、消費者金融よりも銀行の方が低金利になるケースが多いですし、金額が大きいと金利の違いは返済利息に大きく影響してきますので、低金利で借入ができる銀行カードローンを選んだ方がいいでしょう。

借入金額で銀行と消費者金融を比較

10万円以内の借入なら消費者金融

10万円以内など、少額の借入を希望している場合は銀行よりも消費者金融の方がお得になる可能性があります。

上記で紹介した無利息期間をうまく使うことで、支払い利息を減らすことができるからです。

10万円を金利18%の消費者金融で借入した時の利息は年間約18,000円で、一ヶ月の利息は1,500円となります。

銀行カードローンで10万円借りた場合は、金利15%で計算すると利息が年間15,000円、一ヶ月の利息は1,250円です。

利息だけで比べると若干銀行の方が利息は安いのですが、消費者金融には、「30日間無利息」というサービスがあるため、無利息サービスを活用すると一ヶ月分の利息を払う必要がありません。

その間に完済してしまえば、1円も利息を払うことなくお金を借りることが可能なので、10万円以内など、少額の借入を考えている場合は、無利息サービスのある消費者金融で借入をして早めに完済を目指しましょう。

50万円以上の借入なら銀行カードローン

少額の借入の場合は消費者金融の方がお得になるケースが多いですが、50万円以上の高額借入を希望する場合は、消費者金融よりも銀行のカードローンがおすすめです。

消費者金融は、一社で50万円以上の借入を希望する場合は、収入証明書の提出が必須となっています。

そのため、本人確認以外の書類が必要となるので、審査に手間も時間もかかります。

銀行カードローンの場合は、収入証明書の提出基準が銀行によって異なるため、50万円程度の借入であれば収入証明書を必要としない銀行が多いです。

現在カードローンを利用するならアコム・アイフル・プロミスがおすすめ

プロミス

プロミス
審査から最短1時間でお金が手に入るプロミス
プロミスは、平日14時までにWEB契約を完了させると、即日振込対応を行なってくれるだけでなく、平日の銀行の営業時間終了後や土日祝日でも、審査完了後、全国にある無人契約機でローンカードを発行することで、即日キャッシングが可能です。また、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で、30日間の無利息期間も設定されるため、小額の借入なら利息の支払いも少なくて済む、親切な消費者金融です。
※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録と、WEB明細利用の登録が必要です。
※即日振込は平日14時までにWEB契約完了が必要です。
実質年率年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)
借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら

アコム

アコム
アコムなら契約日から30日間無利息で借入可能
三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融で、永作博美さんのCMでおなじみのアコムは、全国にある無人契約機「むじんくん」によって、平日14時以降、土日祝日でも即日キャッシングが可能です。認知度も高く、利便性も高いため、多くの方がアコムを選んでいるようです。
実質年率年3.0%〜年18.0%(30日間無利息)
借入限度額800万円
審査時間最短30分審査
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら

アイフル

アイフル
アイフルは最短30分審査で即日融資が可能
アイフルはバナナマンのCMでおなじみのカードローンで、大手消費者金融で唯一銀行傘下に入らず単独で経営している優良の消費者金融です。新規借入の審査通過率は45%と消費者金融の中でもアコムに次いで高く、おまとめ、借り換えローンは上限金利15%で利用ができるため、他で借入がある方にもおすすめのカードローンです
実質年率年3.0%〜年18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら