派遣社員でもカードローンを借りれる?抑えておきたい在籍確認のポイント

派遣社員の方のなかには、カードローンを申し込む際に審査に落ちるのではないかと不安に思っていませんか?

しかし、派遣社員で合っても一定の条件さえクリアすれば、カードローンは利用できます。

気になる申し込み条件や審査基準、在籍確認などについて解説し、派遣社員の方におすすめのカードローン会社を紹介していきます。

派遣社員でもカードローンは借りれる?

派遣社員でもカードローンは借りれる?

派遣社員でもカードローンは問題なく利用できます。条件や借り入れ額を確認していきましょう。

唯一の条件は定期的に安定した収入があるか

どこの金融機関でも共通している条件は「定期的に安定した収入があるか」です。基本的にこれさえクリアしてしまえば、あとは年齢制限などを確認するだけです。

つまり、派遣社員という職業でも、定期的に収入があれば借りれる可能性は十分にあります。パートやアルバイトでも安定収入さえあれば、基本的に借りれるため、派遣社員も基本的には同じです。金融機関によっては、派遣社員でもOKと明記しているところもあるくらいです。

年収が100万円未満でも審査に通ったという方はいるので、収入が少ないことをあまり心配しなくても大丈夫です。

いくらまで借りれる?

派遣社員が借りれる金額はは、収入やその他の属性(住居、勤続年数など)によって変わってくるため、審査を受けてみないとわかりません。

ただし、一般的には、初めてカードローンを利用する場合、消費者金融では50万円、銀行では100万円くらいまでが上限の目安です。上限いっぱいで借りれるケースは稀なので、もう少し低く見積もっておいたほうがいいでしょう。

また、消費者金融の場合、賃金業法に基づく総量規制という法律があるため、年収の3分の1以上は借り入れすることができません。

つまり、年収が150万円の場合、最高でも50万円以上は借りれないということです。派遣社員の方は働いているので関係ありませんが、収入がない専業主婦は消費者金融では借りれないということになります。

一方の銀行カードローンは、賃金業法ではなく、銀行法に基づき融資を行います。そのため、総量規制は関係なく、専業主婦でも借り入れ可能です。

派遣でも借りれる主な金融機関

派遣でも借りれる主な金融機関

金融機関と申し込み条件一覧

金融機関 申し込み条件
消費者金融

プロミス 20歳以上69歳以下

安定した定期収入がある

アルバイト・派遣社員・パート・自営業も利用可
アコム 20歳以上69歳以下

安定した収入・返済能力がある

主婦・学生・パート・アルバイト・派遣社員も利用可
アイフル 満20歳以上

定期的な収入・返済能力がある

給与所得者・自営業者・パート・アルバイト・派遣・出向・嘱託社員、主婦(専業主婦除く)、学生が利用可
SMBCモビット 20歳以上69歳以下

安定した定期収入がある

アルバイト・派遣社員・パート・自営業も利用可
銀行カードローン 三井住友銀行カードローン 20歳以上69歳以下

原則安定・継続した収入がある
三菱UFJ銀行バンクイック 満20歳以上65歳未満

原則安定した収入がある
みずほ銀行カードローン 満20歳以上満66歳未満

安定・継続した収入がある
新生銀行カードローンレイク 20歳以上~70歳以下

安定した収入がある

勤務先と勤務状況が安定している派遣社員は利用可
オリックス銀行カードローン 20歳以上65歳以下

原則、毎月安定した収入がある

専業主婦(夫)・学生・年金受給者のみの人は利用不可
楽天銀行スーパーローン 満20歳以上62歳以下※

毎月安定した定期収入がある

※パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下

銀行カードローンと消費者金融どっちがおすすめ?

銀行カードローンのメリットは、やはり低金利なところです。消費者金融の上限金利が18.0%程度なのに対し、銀行カードローンは15.0%程度のところもあるので、割と大きな差が出ます。また銀行というブランドの安心感でこの数年で融資を急激に増やしてきました。

しかし、返済能力を超えた過剰融資で自己破産に陥る人も急増し、遂に金融庁も調査に乗り出しました。その結果、2017年5月に過剰な融資を抑制するよう金融庁や国会から指摘が入り、大手銀行カードローンも過剰融資対策に乗り出すようになりました。

一時期は、消費者金融並に借りやすくなっていた銀行カードローンですが、この騒動によって、一気に銀行カードローンの審査は厳しくなってしまいました。

そのため、確実に借りたいという方は、銀行カードローンよりも消費者金融のほうがおすすめです。

大手消費者金融と中小消費者金融はどっちがおすすめ?

大手消費者金融といえば、一般的にはCMなどでも良くみかけるプロミス、SMBCモビット、アコム、アイフルのことを呼びます。中小消費者金融はそれ以外です。どちらが良いかというと、大手消費者金融がおすすめです。

金利はどちらも実質年率18%程度で違いはなく、利用限度額は大手の方が大きいですが、限度額いっぱいに借りれるケースはないため、これはあまり関係ありません。

しかし、提携ATMで借入・返済ができる利便性や大手の自社ATMなら、借入・返済の手数料が無料といった点で、大手の方が有利です。

何より、大手の安心感は大きいです。アイフルは独立した消費者金融ですが、それ以外の3社は大手銀行と同じグループ会社でもあるので安心して利用できます。

中小でも安心できる消費者金融はもちろんたくさんありますが、なかには怪しい業者もいますし、違法な悪徳業者などと間違えてしまうリスクもあります。万が一、ヤミ金からお金を借りてしまうと、法外な利息、強引な取り立てなど、トラブルが想定されます。

カードローンの審査に通るコツ

カードローンの審査に通るコツ

勤続年数は長い方が有利

派遣先で1年以上働いている方が有利と言われています。在籍期間が1ヶ月や2ヶ月だと安定した雇用とはみなされませんので、少しでも勤続年数が長い方が安定して働いていることをアピールできます。

もし派遣先の契約が満了したとしても、次の派遣先がすぐに決まり切れ目なく働いているほうが良いでしょう。

本人確認書類は国民健康保険証よりも社会保険証・組合保険証の方が有利

正社員や長期でフルタイム働く派遣社員なら、勤務先や派遣元から社会保険証が発行されるケースがあります。

健康保険証の種類が「国民健康保険証」か「社会保険証・組合保険証」かによって、勤務先の規模が分かります。「社会保険証」や「組合保険証」の場合は、従業員がある程度いて、会社の福利厚生もそれなりである会社ということが分かります。

一方の、国民健康保険証の場合は、会社の規模も小さく、福利厚生も充実していない勤務先に勤めているケースが多いです。

そのため、社会保険証や組合保険証の方が、より安定した収入が見込めるため、審査に有利と言われています。もちろん、本人確認書類として運転免許証やパスポートを提出しても審査に不利になるわけではないので、安心してください。

借入希望額の設定は少なめに

初めてカードローンを申し込む方は特に借入希望額の設定は必要最低限で申し込みましょう。まず、消費者金融の場合、総量規制によって年収の3分の1以上は借りれないので、少なくともそれより低い金額で申し込まないといけません。

また、最初から高めの希望額で申し込むと計画性がないと判断されてしまうかもしれません。審査に通った後で、増額申し込みもできるので、初めは自分の年収に見合った希望額で申し込みましょう。

また、もし50万円を超える融資と他社から借り入れている金額と今回の融資希望額が100万円を超える場合、本人確認書類以外に収入証明書の提出が必要になります。

消費者金融の場合、そもそも50万円以上の融資が認められるケースは稀ですが、もし50万円を超えると面倒な書類の準備が必要となるので、注意しておきましょう。 

短期間での複数申し込みを避ける

金融機関でカードローンを申し込んだ履歴は個人情報信用機関にすべて残ります。そのため、A社で申し込んで、同時に他のB社などに申し込んだとしても、どちらにもバレてしまう可能性があります。

これがいわゆる「申し込みブラック」と呼ばれており、金融機関から焦って複数業者に申し込むような人は信頼できないと判断されてしまう可能性があります。

申し込みの履歴は3~6ヶ月程度残ると言われているので、その期間は少なくとも他の金融機関には申し込まないようにしましょう。

虚偽の申請をしない

これは当たり前の話ですが、申し込み時に嘘の申告をするのは厳禁です。

年収を多めに申告したり、他社での借入が1件あるのに0件と申告したりしても、バレる可能性が高いですし、もしバレたら信用は完全に失い、二度と借りれなくなってしまうかもしれません。申し込みのときは、必ず本当の情報を申告するようにしましょう。 

在籍確認で抑えておきたいポイント

在籍確認で抑えておきたいポイント

在籍確認とは、カードローンの審査の一環として、申込者が記載した勤務先で本当に働いているか電話で確認することです。派遣社員の場合は、勤務先の欄に派遣元と派遣先のどちらを記載したら良いのでしょうか。

必ず「派遣元」の連絡先を書くこと

在籍確認の連絡先は、派遣先か派遣元どちらを書いたらいいのか迷うポイントです。これは派遣先ではなく、派遣元を書きましょう。

派遣先はいつ契約が打ち切られるかわからないので、もし契約終了となったら、勤続年数もそこで一旦切れてしまうことになります。しかし、派遣元であれば、派遣先が変わっても契約している期間は在籍期間になるため、おのずと勤続年数は長くなります。

また、派遣先が急に変わった場合でも派遣元を記載しておけば、手続きなども不要なので安心です。 

派遣元に電話がかかってくることを伝えておく

在籍確認で派遣元に電話があった場合に、電話に出た方が、あなたが在籍していることを個人情報の関係で「言えない」「いない」などと対応してしまうケースがあります。その場合、在籍確認ができないことになるので、審査に落ちてしまうことになります。

そのため、派遣元の担当者や責任者に、念のため自分宛てに電話がかかってくる可能性があることを伝えておいた方が確実です。

派遣元で在籍確認を拒否された場合はどうしたらいい?

事前に派遣元に電話があることを伝えても、派遣会社によっては個人情報の観点から派遣スタッフの情報を教えることはできないといったケースもあります。

その場合は、どうすることもできないので、申し込んだカードローン会社に相談してみましょう。事情を説明すれば、代替手段を提案してくれるかもしれません。 

派遣元にカードローンの利用がバレる?

派遣元の責任者に電話がかかってくる旨を説明した場合、カードローンの申し込みをしたことがバレてしまうのではないかと不安に思うかもしれませんが、安心してください。

在籍確認ので電話は、基本的に個人名でかかってくるので、カードローンの申し込みかどうかはバレません

「◯◯(個人名)と申しますが、▲▲(あなた)さんはいらっしゃいますか?」といった簡単な質問だけで、あなたが電話に出れば、それで在籍確認は終了です。

もし、あなたが不在でも勤務していることさえ確認がとれれば、問題ありません。再度電話がかかってくることもないので安心してください。

また、よりバレないようにするためには、派遣元にクレジットカードを申し込んだなとど伝えておけば大丈夫でしょう。クレジットカードを申し込んだ際も、同じように在籍確認の電話があるため、バレる可能性は低くなります。 

在籍確認なしでも借りれる?

基本的には、どこの消費者金融でも在籍確認はあります。

しかし、口コミなどを見ていると、柔軟に対応してくれる業者もあるようで、審査申込後にオペレーターに電話をして相談することで、給与明細などの書類の提出で借りれたといった内容もあります。

どうしても電話連絡を避けたいという方は、審査申込後に電話で直接オペレーターに相談してみましょう。代替手段を提案してくれるかもしれません。

派遣登録だけで働いていなくてもカードローンを利用できる?

派遣登録はしたものの、派遣業務の依頼がまだ来ないといったケースもあります。そのような場合でも、カードローンの利用は可能です。派遣に登録さえしておけば、無職ではなくなり、派遣元に在籍確認の電話確認もできるので問題はありません。

実際に、無職では借りにくいため、派遣会社に登録だけしてカードローンに申し込む人も少なくないようです。

ただし、金融機関の審査はそんなに甘いものではなく、実際に継続した一定の安定収入があるのかどうかもしっかり確認されます。そのため、派遣登録しているだけで審査に通るということではないので、注意してください。

大手消費者金融を比較

大手消費者金融を比較

派遣社員は銀行カードローンよりも消費者金融に申し込むのがおすすめですが、それではどこの消費者金融から申し込むべきなのでしょう?どういった違いがあるのか、大手消費者金融を比較してみました。

金利

消費者金融 金利
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%

金利を比較したところ、ほとんど同じだということがわかります。派遣社員の場合、上限金利が適用されるケースが多いですが、プロミスが若干低いだけで大差はないので金利面はあまり気にしなくて大丈夫です。

借入限度額

消費者金融 借入限度額
プロミス 1万円~500万円
アコム 1万円~800万円
アイフル 1万円~500万円
SMBCモビット 1万円~800万円

借入限度額はアコムとモビットが上限800万円と高めの設定です。しかし、派遣会社の場合借りれても50万円がいいところなので、借入限度額もあまり気にしなくて大丈夫です。

審査スピード

消費者金融 審査時間 即日融資
プロミス 最短30分 可能
アコム 最短30分 可能
アイフル 最短30分 可能
SMBCモビット 最短30分(曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱なる場合あり) 可能

審査スピードにおいては、4社とも、審査時間は最短30分で、即日融資にも対応しています。

無利息サービス

消費者金融 無利息サービス
プロミス 30日間
アコム 30日間
アイフル 30日間
SMBCモビット

無利息サービスにおいては、SMBCモビット以外の3社は30日間です。

お試し診断がある

消費者金融 サービス名 入力内容
プロミス お借入診断 「生年月日」「年収」「現在のお借入金額」
アコム 3秒診断 「生年月日」「性別・独身既婚」「他社のお借入状況について」
アイフル 1秒診断 「年齢」「雇用形態」「年収」「他社借入金額」
SMBCモビット お借入診断 「生年月日」「税込年収」「現在他社借入金額」

お試し診断サービスも4社とも提供しており、サービス名や入力内容は多少違うものの、申し込む前に事前にお試しで診断してもらうことが可能です。

審査通過率

消費者金融 審査通過率
プロミス 約40%
アコム 非公開
アイフル 約45%
SMBCモビット データ無し

プロミスとアイフルは40%代ですが、アイフルに5%軍配が上がります。

アコムはデータ非公開ですが、貸付実績をみる限り業界でNO.1なので、審査通過率は高いことが予想されます。SMBCモビットはデータが無いため、確認ができませんでした。

ただ、銀行カードローンの審査通過率は一般的に15.0~20.0%と言われているので、それに比べると圧倒的に高いです。もちろんデータの無いSMBCモビットでも、銀行カードローンに比べると、審査通過率は高いでしょう。

書類による在籍確認の可否

消費者金融 書類による在籍確認の可否
プロミス
アコム
アイフル
SMBCモビット

基本的にどこの消費者金融も在籍確認は行われますが、アイフルは口コミなどでも実際に書類で在籍確認してもらったという声が見受けられます。小額の借入申込(50万円以内の借入)または合計で100万円を超えない借入申込に関しては、書類提出でOKしてくれるそうです。

書類の提出も、メールで届くURLに、社員証や源泉徴収票など、会社に所属しているということがわかる書類を撮影して、そのデータをメールで送るだけなので簡単です。

プロミス、アコム、SMBCモビットは基本的に電話連絡があります。ただし、SMBCモビットに限ってはWEB完結なら電話連絡なしになります。

在籍確認の電話連絡で勤務先にバレたくないという方は、アイフルかSMBCモビットを利用するといいでしょう。電話連絡なしで在籍確認を済ませることができる可能性が高いです。

比較まとめ

4社を比較してみた結果、どのサービスもほとんど違いはありませんでしたが、1つだけ違った点が在籍確認です。アコム、プロミス、SMBCモビットに関しては、原則電話で行われますが、アイフルなら書類提出でOKしてもらえる可能性があるため、勤務先にカードローンの利用がバレたくないという方にはおすすめです。 

おすすめの消費者金融

プロミス

プロミスは最短1時間で借入できるカードローン

申し込みはWEBで対応できるので、自宅からでも職場からでも簡単に申し込みができるようになっています。身分証明書もWEBアップロードでOKです。

在籍確認は基本的に電話連絡がありますが、一部書類で認められたといった口コミもあるので、気になる方はオペレーターに直接確認してみましょう。

平日14時までのWEB契約完了で即日振込も可能で、全国の無人契約機やコンビニATMで返済できるのでとても便利な業者です。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録と、WEB明細利用の登録が必要です。 ※即日振込は平日14時までにWEB契約完了が必要です。

アイフル

アイフルは最短30分審査で30日間無利息

アイフルはバナナマンのCMでおなじみのカードローンで、大手消費者金融で唯一銀行傘下に入らず単独で経営している優良の消費者金融です。

小額の借入申込(50万円以内の借入)または合計で100万円を超えない借入申込に関しては、書類提出でOKしてくれるそうです。また、提出方法もメールで届くURLに、社員証や源泉徴収票など、会社に所属しているということがわかる書類を撮影して、そのデータをメールで送るだけなので簡単です。

1,000円から借入でき(一部提携のATM.CDでは10000円~)、即日審査・即日融資にも対応している使い勝手のいい便利なカードローンです。 

SMBCモビット

SMBCモビットはWEB完結で簡単便利

SMBCモビットは、三井住友銀行か三菱UFJ銀行の普通口座を持っていて、社会保険証なたは組合保険証があればWEB完結申し込みができるようになっています。WEB完結申し込みを利用すれば、電話連絡なしで借りることができるので、おすすめのキャッシング業者です。 

アコム

アコムは初回30日無利息サービス

アコムはプロミスに次いで人気の消費者金融系カードローンです。三菱UFJフィナンシャルグループになってからイメージも一新されました。

アコムの在籍確認は基本的に電話連絡がありますが、一部書類で認められたといった口コミもあるので、気になる方はオペレーターに直接確認してみましょう。

最短30分審査、WEB申し込みで来店不要で即日融資も可能で返済期日が35日ごとのため、ゆっくり返済できるのも魅力のキャッシング業者です。

まとめ

派遣社員でも安定した収入があればカードローンは利用できるので安心してください。

注意すべきなのは、在籍確認で、派遣元が応じてくれるか事前に確認しておきましょう。不安な方は、書類で認めてくれるアイフル、もしくはWEB完結なら電話連絡なしになるSMBCモビットがおすすめです。

審査に通るコツを抑えて、自分に合ったカードローンへ申し込みましょう。