カードローンの返済方法の種類とメリット・デメリット

カードローンの利用にあたって、最も重要なことは、「必要な金額が借入できるかどうか」ですが、一度借り入れできたら、返済はなんとなく毎月の決められた金額を返済している方が多いと思います。

しかし、カードローンの返済方法は、全てが同じな訳ではなく、返済方式によって、利息の総返済金額が多くなってしまったり、または、返済期間が短く、総返済金額は少なくなるが、毎月の返済金額が高くなる場合もあります。

ここでは、一般的なローンの返済方式について、カードローンの公式サイトに書いているけど難しい内容を、簡潔にまとめて解説しています。

自身が借りようとしているカードローンの返済方式を確認して、どういった形で返済していくのかを理解しておくようにしましょう。

カードローンの返済の基本

カードローンの返済は、基本的に毎月決められた日にちに定額を返済する「約定返済」です。

クレジットカードのキャッシングなどの場合は、借入した翌月の支払いで全額返済する「一括返済」の場合が多いですが、カードローンの場合は、「リボルビング払い」がほとんどで、ミニマムペイメント方式と言って、毎月決められた最低金額さえ返済しておけば問題ありません。

お金の余裕があれば、繰上で返済することもできますし、お金が無い時は、毎月最低金額さえ支払っておけば、滞納にはならないため、きちんと返済していることになります。

ミニマムペイメント方式のメリットは、毎月の返済の負担が少ないという点ですが、その分、元本は減らないため、ずっと最低金額しか返済していないと、元本が中々減らず、利息の支払いが多くなってしまいます。

元金均等方式と元利均等方式

カードローンの返済は基本的にリボルビング払いと紹介しましたが、毎月の返済金額の決定の方法に、「元金均等方式」と「元利均等方式」の2種類の方式があります。

「元金均等返済」は、元金を返済回数で割って、毎月の返済金額を決定し、その金額に利息を上乗せして請求が来ます。

「元利均等返済」は、元金+利息を返済回数で割って、毎月の返済金額を決定します。

この2つの違いを聞いても、何が違うのか正直わからないと思いますので、簡単に違いを説明すると、「元金均等返済」は、毎月の返済の負担が少ないですが、支払い回数が多くなるため、支払い利息が多くなります。

「元利均等返済」は、毎月の返済金額が多く、返済の負担が多いですが、その分支払い回数は少なく、支払い利息も少なくなります。

なので、できるだけ早く返済したいと考えている方は、「元利均等返済」が向いていて、毎月小額づつ返済して、できるだけ月々の負担を減らしたいという方は、「元金均等返済」が向いています。

ただ、上述の通り、今のカードローンの返済は、ミニマムペイメント方式で、繰上返済も可能です。

「元金均等返済」だったとしても、お金に余裕があれば、繰上返済することで支払い利息を減らすことができるため、「元利均等返済」も「元金均等返済」も大した違いはないと思っておいていいです。

個人的には、基本は毎月の返済金額は抑えめにしておいて、返せる時にしっかり返済ができる「元金均等返済」がおすすめです。

残高スライドリボルビング方式

現在、カードローンの返済方式として多く使われているのが、この「残高スライドリボルビング方式」です。

「リボルビング」は、上記で解説した通り、毎月定額で返済をしていく方式ですが、そのリボルビングで返済する金額が、借入の残高によってスライドして変っていくのが、「残高スライドリボルビング方式」です。

残高が50万円以上ある場合は、毎月の最低返済額は10,000円、50万円以下なら、毎月の最低返済額は8,000円、30万円以下なら、毎月の最低返済額は5,000円といった形で、現在の借入残高によって、返済金額がスライドしていく方式です。

借入金額が大きくなればなるほど毎月の返済負担も大きくなります。

この「残高スライドリボルビング方式」に、「元利均等返済」や「元金均等返済」が合わさって、「残高スライド元利定額リボルビング方式」や「残高スライド元金定額リボルビング方式」という、難しい返済方式になっています。

名前だけ聞くとよくわからないですが、「元利均等返済」「元金均等返済」に、「残高スライドリボルビング返済」を組み合わせただけなので、仕組みとしては実は難しくないということがわかったと思います。

カードローンは、他のローンと比べて、銀行で借入しても金利は高めに設定されていますし、消費者金融に至っては、18.0%という高金利で返済していく必要があります。

毎月の返済金額や、返済の仕組みを把握しないまま借入をしてしまうと、毎月返済しても返済しても元金がほとんど減っていなかったり、思ったよりも毎月の返済金額が多く、返済できなくて滞納してしまうという事態にもなりかねません。

滞納してしまうと、すぐに信用情報に延滞情報が記録され、今後5年間はローンを組む際や、クレジットカードを作る際の審査で不利になってしまいます。

それだけお金を借りるということは、信用情報を傷つけるリスクを伴っているため、借入する方は、いくら借りて、毎月いくらづつ返済していくのかをきちんと計算して、計画的に利用するようにしましょう。

カードローンの返済額は業者ごとに違う

カードローンの返済は、毎月上記の計算方法で行われるのですが、各社「毎月の最低返済金額」を決めていて、最低返済金額はカードローンによって全く違います。

カードローンを利用すると、毎月の返済は必ずしなければいけないし、返済が遅れて滞納になってしまうと、上記で説明したように信用情報リスクもあります。

そのため、カードローンの返済について調べる場合は、毎月の最低返済金額を把握しておくことが大切です。

毎月の返済金額は借り入れ残高によって異なる

カードローンの毎月の最低返済金額ですが、各カードローンによって異なりますが、そのカードローンの利用状況で最低返済金額も変わってきます。

基本的には、残高スライド方式で変わってくるため、残高が少なくなればなるほど毎月の最低返済金額は少なくなりますし、負担は軽くなっていきます。

例えば、プロミスの場合だと、残高に応じた最低返済金額は以下の通りです。

借入残高 月々の返済金額
残高2万5千円 1,000円
残高5万円 2,000円
残高10万円 4,000円
残高30万円 11,000円

プロミスは、カードローンの中れでも最も毎月の返済負担額が少ないカードローンです。

毎月の返済額は少ないですが、随時返済など、繰上げで返済することは可能なので、余裕がある月は多めに返済して、余裕がない月は最低返済金額だけを返済するなど、調整が可能です。

ただ、1点注意が必要なのは、毎月の最低返済金額が少ないということは、その分支払い期間が長くなり、金利負担が増えてしまうというデメリットがあります。

そのため、金利負担を減らすためには、繰上げ返済を積極的に行う必要があるので、最低返済金額が少ないからといって、お金を使ってしまうのではなく、きちんと返済資金のために置いておくことを心がけましょう。

カードローンの返済ができない場合は借り換えや一本化がおすすめ

カードローンの返済で、現在の借り入れしているカードローンの返済額が多すぎて、返済できない状態になってしまっている方は、低金利で毎月の返済額が少ないカードローンに借り換えしたり、複数借り入れがある場合は、一社にまとめるおまとめローンを利用することで、毎月の返済負担を少なくすることができます。

カードローンの返済額は、上述の通り、カードローンによって最低返済金額が異なりますが、複数借り入れしている方が返済負担は大きくなりますし、一社ごとの借り入れは少なくなる為、金利も高くなってしまっています。

例えば、消費者金融で、3社から合計100万円を借りている場合、おそらく3社とも18.0%の金利が適用されているはずです。

しかし、100万円を低金利の銀行で借り換えすることで、金利は12%〜15%くらいまで下げることができますし、毎月の返済も1社で済む為、返済負担が少なくなります。

借り換えやおまとめローンについては、「おまとめローンの正しい利用方法と審査に通過するコツ」というページで紹介しているので合わせてご覧ください。