カードローンの借り換えの審査方法とおすすめの銀行は?

ローンの借り換えとは、住宅ローンなどで良く聞く話ですが、今借入している金融機関よりも金利が低い金融期間に借り換えすることで、返済の負担を減らすことができるローン商品です。

借り換えローンは、カードローンでも利用可能で、現在消費者金融で高金利で借入をしている人は、低金利の銀行のカードローンに借り換えすることで毎月の返済金額や総返済額を少なくすることができます。

複数社から借入がある場合は、複数社の債務を一本化する「おまとめローン」という商品もありますが、おまとめローンは、複数の債務を1社に借り換えするローンなので、借り換えローンの1種なのですが、銀行によっては、1社の借入を借り換えする借り換えローンはOKでも、複数社の債務を一本化するおまとめローンはNGという銀行もあります。

なので、現状の債務を借り換えを希望している場合は、1社の借入を借り換えするか、複数社からの借入を一本化させるかによって、最適な銀行のカードローンが変ってきます。

ここでは、1社の借入を借り換えする場合におすすめの銀行カードローンと審査方法について解説します。

複数社の債務の一本化を検討している方は、「おまとめローンの正しい利用方法と審査に通過するコツ」というページで複数のローンの一本化について紹介しているのでそちらをご覧下さい。

借り換えローンとおまとめローンの違いは?

借り換えローンとおまとめローンは、言葉は違いますが、意味はほとんど違いはありません。

おまとめローンも借り換えローンの一種なのですが、

  • 借り換えローンは1社の借り入れから1社
  • おまとめローンは複数社の借り入れを1社に一本化

と言う風に分けて使われています。

カードローンによって、「一社の借り換えは積極的に行ってるけど複数社の借り入れの一本化はやっていない」「一社の借り換えも複数社の借り入れの一本化も積極的にやっている」など、それぞれ貸付の方針や特徴が違うため、借り換えを検討している方は、自分が今何社からいくら借り入れしているかをきちんと把握した上で最適なカードローンを選ぶ必要があります。

銀行の借り換えローンの選び方

カードローンの借り換えをする際のカードローンの選び方について説明します。

カードローンの借り換えを行う場合は、まずは、必ず銀行のカードローンにしましょう。

消費者金融各社も借り換えローン商品はありますが、100万円以内の借り換えに関しては、金利は上限金利である18.0%が適用されるため、金利が低くなることはほとんどなく、返済の負担を減らすことはできません。

100万円以上の借り換えの場合は、消費者金融でも金利は15.0%以下になりますが、銀行で100万円以上借り換える場合はもっと金利が低くなるので、借り換えで返済負担を減らす場合に消費者金融を選ぶメリットはありません。

借り換えをするなら必ず銀行のカードローンで借り換えしましょう。

銀行カードローンを利用するメリット

借り換え目的のカードローンで銀行を選ぶメリットは、上記でも説明した通り、金利が低くなることで返済総額が少なくなると言う点と、もう一点、所得証明書が原則不要で高額の借入も可能という点があります。

消費者金融での借入の場合は、1社で50万円以上の借入をするか、他社との合計が100万円を超える借入申込の場合は、所得証明書の提出が必須となります。

これは、貸金業法で定められているため、所得証明書はいらないという業者は正規業者では無いヤミ金くらいです。

しかし、銀行の場合は、貸金業法に基づいて貸付を行っておらず、銀行法に基づいて、銀行独自の審査で貸付を行っているため、所得証明書の提出の基準は、銀行によって異なります。

100万円以下の借入の場合は所得証明書が原則不要という銀行が多いですが、三井住友銀行は300万円の借入までは所得証明書が原則不要となっていたり、高額の借入でも所得証明書の提出が義務づけられないため、借り換えの申込時に必要な書類の数が減り、審査までの手間がかからずスムーズに申込ができます。

そういった銀行は、申込時にフォームに入力する項目が多い傾向がありますが、それでも役所などに足を運んで書類を準備することを考えると、時間は大きく短縮できるため、メリットは大きいです。

借り換えに積極的な銀行と借り換えに消極的な銀行がある

銀行のカードローンでも、借り換えに積極的な銀行と借り換えに消極的な銀行があります。

そもそも、カードローンは使用用途が自由のフリーローンなので、借り換えローンという訳ではなく、フリーローンで新規で借入をしたお金で自身で他の借入の返済資金として利用するという形になります。

そのため、100万円の借入を借り換えで返済しようと思った時、別の金融機関から新たに100万円を借入する必要があるため、一時的に200万円の借入がある状態になります。

つまり、200万円借入する与信があるかどうかの審査が行われるため、その分審査が厳しくなりますし、審査に通りにくい可能性があります。

銀行のカードローンの中で、借り換えやおまとめに消極的な銀行は、ソニー銀行のカードローンなどがあります。

これらのカードローンは、借り換えなどにあまり積極的では無いため、借り換え目的で利用した時には審査に落ちる可能性があります。

借り換えに積極的なカードローン

逆に、借り換えに積極的なカードローンもあります。

借り換えに積極的なカードローンは、三井住友銀行カードローンなどが挙げられます。

これらのカードローンは、消費者金融での借入の借り換えなどを積極的に行っていて、消費者金融で借入がある状態でも利用することができます。

三井住友銀行は、カードローン申込の際に、申込フォーム内に「利用目的」という欄があり、そこに「借り換え目的」と選択する項目があります。

借り換えとして利用する場合は、「借り換え目的」を選択することで、それを考慮して審査を行ってくれるため、高額借り換えの借入申込もしやすいです。

借り換えはできるけど、おまとめローンとしては利用できないので、複数社からの借入がある場合は、三井住友銀行のカードローンを利用することになります。

複数社からの借入の一本化に向いているのは三井住友銀行

三井住友銀行は複数社からの借入の一本化として利用することが可能で、三井住友銀行自身もおまとめ目的として利用できると積極的に宣伝しています。

銀行カードローンの公式サイトを見ても、おまとめOKという表記はほとんど見かけないのですが、三井住友銀行の公式サイトを見ると、「借り換え・おまとめOK」と記載されていて、複数社からの借入をおまとめした場合のシミュレーションも記載されています。

審査申込時に、利用目的の欄で「借り換え・おまとめ目的」を選択すれば、別途電話をするなどの手間もかからないし、所得証明書は300万円まで原則不要なので、余分な書類を準備するなどの手間もかかりません。

消費者金融で借り換えはできる?

カードローンの借り換えを考えるとき、金利を低くするために、銀行カードローンで借り換えを検討する方が多いですが、実は消費者金融でも借り換えをすることは可能です。

消費者金融も借り入れ金額が100万円を超えると、上限金利は15.0%まで下がりるため、消費者金融複数社で金利18%で借り入れをしていた場合は金利を引き下げることができます。 

消費者金融で借り換えをするメリット

審査スピード

消費者金融で借り換えをする最大のメリットは、審査スピードが早いという点です。

銀行カードローンで借り換えしようと思うと、早くても数日、遅い場合は1週間以上待つ必要がありますが、消費者金融なら早ければその日中に審査から契約まで完了することができます。

返済ができなくて借り換えをする場合、即日で借り換えの審査に通過すれば、その月の返済はクリアできるので、翌月の返済に向けて準備ができますし、金利が低くなれば返済の利息負担も少なくなります。

審査通過率が高い

消費者金融と銀行カードローンを比べると消費者金融の方が審査通過率が高いので借り換えできる可能性が高くなります。

借り換えやおまとめは、すでに借り入れがある状態で申し込みするため、審査は慎重に行われることが多く、銀行カードローンだと借り換えを推奨していないカードローンの場合は審査に落ちてしまう可能性が高いです。

消費者金融であれば、アイフルなど借り換えでもおまとめでも積極的に行っているカードローンを利用すれば、審査に通過する確率も高くなるため、審査に不安な場合におすすめできます。

消費者金融で借り換える際のデメリット

総量規制

消費者金融で借り換える際の1番のデメリットは、総量規制があるため、高額の借り換えになると借り換えができない可能性ああります。

例えば、年収300万の方の場合、総量規制で借り入れの上限が100万円までと決まっています。

その際に他者の借り入れが60万円あって、それを借り換えようとする場合、一時的に120万円の借り入れとなってしまうため、カードローンで借り換えすることができません。

ただ、カードローンで借り換えすることができないだけで、総量規制の例外貸付を利用して借り換えることができます。

総量規制では、借り換えや一本化は、「顧客有利借り換え」として、総量規制の対象外で借り入れすることができます。

アイフルの「借り換えMAX」「おまとめMAX」、プロミスの「貸金業法に基づくおまとめローン」などの商品がそれにあたります。

総量規制例外貸付を利用すると、カードローンではなく、証書貸付となるため、カードローンのように繰り返し借り入れをするということはできません

毎月返済だけを行い、返済が終わったら契約終了という形になります。その点はカードローンと違うため注意が必要です。

銀行と消費者金融借り換えるならどっち?

今カードローンの借り換えを考えるなら、消費者金融がおすすめです。

金利は銀行の方が低いため、借り換えることができれば銀行の方が支払い利息は少なくはなるのですが、そこまで大幅に金利が変わるわけではないため、銀行の方が断然返済が楽ということはありません。

また、2017年の5月に、銀行の過剰融資を金融庁が問題視し、国会でも議論の対象となりました。

その結果、銀行カードローンは、審査を厳格化していて、新規貸付もなかなか審査に通らなくなったと言われています。

そのため、借り換えや一本化など、すでに債務がある状態の審査は通る可能性がかなり低いと考えておいた方が良さそうで、よほど自信がない限り、銀行カードローンよりも消費者金融を選んだ方が確実だと言えます。

ただ、消費者金融で借り換えやおまとめを行う場合は、業者選びには注意が必要です。

こんな消費者金融はNG

金利が高い

消費者金融で借り換えをする場合は、業者選びには注意しましょう。

当サイトで紹介しているアイフルやプロミスなら安心ですが、中小の消費者金融などは、積極的におまとめローンや借り換えローンを勧めている場合がありますが、ほとんどの場合金利がかなり高めに設定されていて、借り換えをしたのに負担が減っていないというケースもよくあります。

必ず信頼できる消費者金融を選びましょう。

借り換えに消極的

大手の消費者金融でも借り換えに消極的な消費者金融はあります。

アコムやモビットがそれにあたりますが、モビットはまだ総量規制内の借り換えであれば問題ありませんが、アコムは新規貸付がメインの消費者金融なので、すでに他社で借り入れがある方に対する借り換えは消極的です。

このように、消費者金融にも借り換えに積極的なところとそうでないところがあるので、借り換えを希望している場合は借り換えに積極的な消費者金融を選ぶようにしましょう。

カードローンの借り換え審査に落ちた場合は?

借り換えローンの審査に落ちた方は、上記でも紹介している通り、借り換えに積極的な業者で申し込みをしたか確認しましょう。

銀行の審査に落ちた場合

銀行カードローンは今借り換えに非常に消極的なので、審査に落ちる確率はかなり高くなっています。

銀行カードローンで借り換えの申し込みをして落ちてしまった場合は、ほかの銀行に申し込みするのではなく、消費者金融で借り換えるようにしましょう。

 消費者金融の審査に落ちた場合

消費者金融で借り換えの審査に落ちた場合は、その消費者金融に申し込みをしたか確認しましょう。

アコムやモビットは、上述の通り、借り換えの審査には消極的で、審査に通過する確率は下がります。

一方、アイフルやプロミスは、借り換えに積極的なカードローンですので、この二つのカードローンに申し込みをしていないのであれば、まずこの二つで借り換えを目指すのがおすすめです。

また、総量規制をオーバーしてしまう場合は、アイフル・プロミスの総量規制例外貸付を利用することで借り換えが可能です。

カードローンのWEB申し込み後、オペレーターに借り換えをしたいという旨を伝えれば柔軟に対応してくれます。

借り換えローンの審査に通過するために必要なこと

銀行の借り換えローンや消費者金融の借り換えローンについて詳しく解説してきましたが、借り換えローンを成功させるために一番大事なことは、

 

「借り換え専用のローンを使う」

 
ということです。

新規で借り入れをして自身で返済に充てて借り換える方法は、一時的に債務が増えてしまうし、ちゃんと返済に充てられるかがわからないので、新規貸付を同じ審査基準で判断されてしまいます。

そうなると消費者金融ならば総量規制に引っかかるリスクがありますし、銀行は今複数社から借り入れをしている人に貸付をすることに対してかなり慎重になっている現状があります。

現状、借り換え専用商品として挙げられるのは、銀行カードローンであれば、東京スター銀行おまとめローンがありますが、こちらはネット上の口コミでも本当に審査に通らないことで有名なので、利用しない方がいいでしょう。

消費者金融のアイフルの借り換えMAXなどが借り換え専用商品になるので、アイフルで借り換えを目指すのが一番おすすめです。

まとめ

借り換え目的でカードローンを利用する場合は、消費者金融ならアイフル、プロミスがおすすめです。

どうしても銀行で借り換えたい場合は、三井住友銀行のカードローンを利用するようにしましょう。

借り換えとしてもおまとめとしても利用できる万能なカードローンは三井住友銀行カードローン

 

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行も借り換えにおすすめ
三井住友銀行のカードローンは、1社の借り換えでも、複数社のおまとめでもどちらでも利用することができます。

この銀行は借り換えやおまとめを積極的に宣伝している訳ではないですが、申込時に借り換えという旨をフォームで伝えておく事で、それを考慮に入れて審査を行ってくれるし、高額の借り換えができたという口コミも多く見かけるカードローンです。

三菱UFJ銀行のバンクイックは保証会社がアコムという話をしましたが、三井住友銀行カードローンは、保証会社がSMBCコンシューマーファイナンスなので、こちらも大手消費者金融並み野審査通過率が見込めます。
また、三井住友銀行の口座を持っている方は、新規でローンカードを発行する必要がなく、今あるキャッシュカードにローン機能をセットして利用できるため、返済も便利で家族にバレないというメリットもあります。
実質年率年4.0%〜年14.5%
借入限度額10万円〜800万円
審査時間-
即日融資

詳細はこちら

公式サイトはこちら