オリックス銀行カードローンの審査の基準がおまとめローンにおすすめな理由

当サイトでは、オリックス銀行カードローンを利用するなら、新規の借入申込ではなく、他の消費者金融や銀行の借入を借り換え・一本化するために使うことをおすすめしています。

その理由は、オリックス銀行の審査基準にあるのですが、カードローンの審査基準についてカードローンを利用したい方は知らない方が多いと思います。

このページではあまり知られていないオリックス銀行の審査の強みに関して解説していきます。

そもそも審査基準はカードローンによって違う?

カードローンの審査と言うと、一般的には、消費者金融は審査が甘くて、銀行のカードローンは審査が厳しいというくらいの違いしか無いと思っている方が多いですが、実際は、消費者金融各社の間でも審査基準は異なりますし、消費者金融よりも銀行の方が審査が厳しいというのも、正確な情報ではありません。

借入目的によっては、消費者金融よりも銀行の方が借入できる可能性が高い場合もあります。

消費者金融は貸金業法に基づいて貸付を行っている

消費者金融は、ひと昔前までは、高金利でガンガン貸付を行っていましたが、貸金業法が改正されたことで、総量規制という規制ができ、債務者が年収の3分の1にに相当する金額まですでに借入がある場合、それ以上の貸付は法律で出来ないことになりました。

そのため、他に債務がない、比較的若年層への貸付に力を入れていて、高額の借入となる、おまとめローンや借り換えローンについてはあまり積極的ではなく、審査通過の口コミもあまりありません。

消費者金融でおまとめローンを利用する場合は、「総量規制の例外貸付」として総量規制対象外で借入することが可能ですが、あまり積極的に宣伝をしておらず、あくまでも新規の貸付に力を入れているのが現状です。

銀行はカードローンによって審査基準がまったく異なる

消費者金融は、貸金業法によって貸付の基準が決められているため、どの消費者金融もある程度審査の基準は定められていますが、銀行の貸付に関しては、そのような法律が無く、銀行法に基づいて貸付を行うのですが、裁量がほぼ銀行にあるため、審査基準が全く異なります。

また、銀行のカードローンは、必ずと言っていいほど審査は保証会社が行っているため、その保証会社によっても審査基準は異なるため、借入できる基準が違ってきます。

大手銀行カードローンの審査の特徴

三菱UFJ銀行バンクイックの審査の特徴

三菱UFJ銀行バンクイックは、保証会社に、同銀行傘下のアコムが入っていて、審査はアコムが行っています。

アコムは、消費者金融の中で最大手のカードローンで、貸付残高も最も多く、消費者金融でお金を借りるならまずはアコムでという方が圧倒的に多いです。

そのため、新規貸付の比率が圧倒的に高く、複数の債務の借り換えやおまとめには消極的と言われています。

そのアコムが保証会社として審査をしているバンクイックも、やはり同じように審査基準として、新規貸付に力を入れていて、おまとめローン利用には消極的です。

バンクイックは、銀行カードローンの中で最も貸付残高が多く、知名度の高いカードローンなので新規借り入れの申込が多く、新規貸付の審査ノウハウは豊富ですが、借り換えやおまとめの審査ノウハウはあまり持っていないと考えられます。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、保証会社にSMBCコンシューマーファイナンスを利用しています。

SMBCコンシューマーファイナンスはカードローン「プロミス」を提供している消費者金融で、アコムに次いで業界2位の規模の大きな消費者金融です。

三井住友銀行カードローンの特徴は、新規貸付の審査ノウハウも豊富ですが、借り換えやおまとめにも積極的と言う点です。

申込フォームの利用項目にも「借り換え」という項目があるため、借り換えも目的の方の申込もスムーズに進めることができます。

ですが、三井住友銀行カードローンの場合は、「複数の借り入れの一本化」よりは「消費者金融で借りた高金利の借り入れを借り換える」という目的での利用が良さそうです。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、三菱UFJ銀行のカードローンバンクイックや、三井住友銀行カードローンとは異なり、申込時に口座開設が必要なカードローンです。

口座開設が必要なカードローンは、実は口座開設が目的というのがあり、貸付自体の審査は厳しいというケースが多いです。

保証会社は、株式会社オリエントコーポレーションという信販会社を利用しています。いわゆる「オリコ」です。

オリコは信販会社なので、ショッピングローンなどの審査ノウハウは豊富ですが、消費者金融のように消費者向け無担保貸付の審査ノウハウは豊富ではなく、審査は慎重に行われると思っていた方が良いです。

また、みずほ銀行自体は、女性への低額の貸付には力を入れていて、「My Wing」という、女性専用のカードローン商品を作ったりしているので、主婦など、女性の方に低額の貸付を行い、その際に口座を開設させることがメインと考えて良いでしょう。

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローンは、2015年7月にカードローンサービスを再開させた、大手ネット銀行のカードローンです。

ソニー銀行の保証会社は、三菱UFJ銀行バンクイックと同じく、アコム株式会社を利用しています。

アコムが保証会社なので、やはり若年層の新規貸付のノウハウが豊富ですが、おまとめや借り換えに関してのノウハウは少なく、消極的と言われています。

また、ソニー銀行の方針として、若い世代にソニー銀行の口座を開設してほしいという狙いもあるため、若い世代への新規貸付に重きを置いていると考えて良さそうです。

オリックス銀行カードローンがおまとめローンにおすすめな理由

上記では大手カードローンについて紹介しましたが、ここからは本題である「オリックス銀行がおまとめローン利用におすすめな理由」について紹介していきます。

限度額が高い

まず、オリックス銀行の限度額は他のカードローンと比較してもかなり高めの最高800万円に設定されています。

高額の借り入れに対応しているということは、高額の貸付を想定していて、その中におまとめや借り換え目的の利用者も想定していると言えます。

保証会社がおまとめのノウハウが豊富

次に、一番重要な要素として「保証会社がおまとめローン審査に強い」という点が挙げられます。

オリックス銀行は、上記で紹介した銀行カードローンとは、利用する保証会社が違い、「オリックス・クレジット株式会社」と「新生フィナンシャル株式会社」の2社を利用することになります。

オリックス銀行カードローンで審査申し込みをすると、まずはオリックス・クレジット株式会社の審査が行われ、オリックス・クレジット株式会社での審査がNGになった場合に、新生フィナンシャル株式会社で審査が再び行われます。

これは銀行関係者に聞いた話ですが、この新生フィナンシャル株式会社がおまとめローンに関する審査に強いと言われていて、オリックス・クレジット株式会社で審査に落ちても、新生フィナンシャル株式会社の審査で通って、おまとめができるようです。

オリックス銀行のカードローンはここに強みを置いていて、借り換えやおまとめローンの利用を積極的に宣伝している数少ないカードローンという位置を築いています。

結果として、他のカードローンと比較して、審査に通過している年齢層は高めで、それなりに社会的信用があり、複数者から借り入れが出来る人を対象としているということがわかります。

申込がスムーズ

上記で説明した通り、オリックス銀行は借り換え・おまとめの審査に自信があり、積極的に宣伝していて、借り入れ申し込み時の入力フォームでも、利用目的欄に「借り換え目的」という項目があります。

そのため、借り換え目的で申し込みをすると、借り換えとして審査を行ってくれるため、申し込みがスムーズに進みます。

他のカードローンでは、借り換え目的として利用する場合は、申し込み後に電話でオペレーターに借り入れ目的を伝える必要があったりと、手間がかかるため、オリックス銀行はその点で強みを持っています。

新規の借入にはあまり向いていない?

オリックス銀行はおまとめローンに最適という話をしましたが、逆に、新規で借り入れするカードローンとしてはあまりおすすめできるカードローンではありません。

その理由は、上限金利の高さです。

通常の銀行カードローンの上限金利は、14.5%程度で設定されていることがほとんどなのですが、オリックス銀行カードローンは、17.8%と、消費者金融並に高い金利が設定されています。

プロミスの上限金利が17.8%なので、プロミスと同じ金利です。

新規で借り入れを行う場合は、初めは低額の貸付がほとんどで、上限金利が設定されることが多いため、銀行で借りたのに消費者金融並に高金利で借り入れすることになります。

ですが、おまとめローン利用など、高額の借り入れになる場合は、上限金利が適用されず、借り入れ金額によって金利は下がるので、他の銀行と変わらない金利で借り入れすることができます。

わざとその金利設定にすることで、新規の借り入れ申し込み者よりもおまとめローンの申し込み者をメイン顧客としようとしているのかと思うくらい、うまく商品設計がされているカードローンだと思います。

まとめ

以上が、オリックス銀行カードローンがおまとめローンとして使うのに最適なカードローンである理由です。

上述の通り、カードローンの審査基準はそれぞれ異なり、カードローンごとに特徴・強みは違うため、目的に合ったカードローンを選ぶことで、審査通過率は確実に高くなります。

新規で借りるならオリックス銀行よりもバンクイックで、おまとめ目的ならオリックス銀行で、のような形でうまく使い分けることができれば、何も知らずに申し込みをするより審査に通りやすくなるでしょうし、是非参考にしてください。

オリックス銀行カードローンについての詳細は「オリックス銀行カードローンの審査の流れと審査に関する口コミ」で紹介しているので、合わせてご覧下さい。