大至急お金が必要という方必見!今日中に確実に借りれるカードローンはある?

日々の生活の中で、冠婚葬祭の費用や電気代が払えないような状況に陥った場合、本当に困りますよね。

大至急でお金が借りたいという状況でも、消費者金融を利用すればピンチを乗り切ることができます。

最短何分で借り入れ可能か、いくらまでなら借りれるのかといった詳しい内容について解説していきます。

今すぐお金が必要なときって、どんなとき?

急ぎでお金が必要なときって、どんなとき?

一般的には、冠婚葬祭が多いです。結婚式に呼んでもらったり、親戚や知人に不幸があった場合などです。特に葬式は突然訪れ、3千円から高ければ5万円程出費するケースもあります。給料日前などにこういった突然の高額出費はかなり懐が痛みます。

冠婚葬祭以外ですと、税金の支払い車検の費用、保険代、生活費の補填などが挙げられます。

電気代を滞納して送電停止の紙が届いた場合など、生活に支障をきたすため、大至急お金が必要となります。こういったピンチに追い込まれたときは、どうすればいいのでしょうか。

すぐに借りたいときは消費者金融がおすすめ

最もリスクなく、急ぎで借りれるのは消費者金融です。

もちろん友人や家族から借りれるという方は、利息なしですぐに借りれるのでそちらをおすすめします。

しかし、友人や家族に、自分がお金がなくてピンチな状況であることをバラしたくはないですよね。

そういった方には、消費者金融で借りることをおすすめします。急ぎの場合に消費者金融がおすすめである理由について説明していきます。

銀行カードローンの審査は厳しい

お金を借りる方法は、消費者金融以外にも銀行カードローンがあります。銀行カードローンは消費者金融より金利が低いというメリットがあります。しかし、その分審査に通るのは難しいと一般的に言われています。

実際に審査通過率の数値上でも、大手消費者金融は40.0%を超えますが、銀行のカードローンは一般的に15~20%と言われています。

そのため、消費者金融のほうが審査に通る可能性は高いです。

消費者金融は審査スピードが早い

 銀行カードローンに比べると消費者金融の審査スピードは早いです。ホームページを見ても消費者金融は堂々と審査スピードのアピールをしていますが、銀行カードローンは主に金利の低さをアピールしています。

また上記で説明した審査の厳しさも審査スポードに影響してきます。銀行は消費者金融に比べて審査が厳しい分、審査に時間がかかる傾向があります。スピード重視で借りたい場合は消費者金融で借りましょう。

消費者金融には無利息サービスがある

消費者金融でお金を借りたら利息がかかってしまうので、不安という方もおられると思います。しかし、消費者金融には無利息サービスを提供しているある会社があります。大手の消費者金融は、初めての方なら30日間の無利息期間が適用されるので、利息0円で借りることができるのです。

もちろん30日を超えたら、利息は発生するので、できることなら無利息期間中にすぐ返済することをおすすめします。

大手消費者金融はメガバンクの傘下だから安心

消費者金融の中にも大手と中小の会社があります。

大手でいうと、CMなどでもお馴染みのプロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットです。かつては、大手消費者金融も存続が危ぶまれていた時期もありましたが、現在はメガバンクの参加に入り、生き残ることに成功しました。

メガバンクのグループ企業となったことで、今までの消費者金融の怖いといったイメージも払拭され、安心できる金融機関として確率されてきました。

唯一、大手消費者金融でアイフルだけが、メガバンクの傘下に入らず、独立系消費者金融として成功しています。銀行の助けを得ずに、ここまで大手として生き残っているということはそれだけ人気があるということです。

銀行が借りにくくなった今、大手の消費者金融を利用する方がとても増えてきています。

中小の消費者金融を利用するのはどうなの?

中小の消費者金融は数え切れないほどたくさんの会社があります。そのため、ほとんどが聞いたことすらない名前の消費者金融です。なかには悪徳業者のような噂の悪い業者もいます。また、ヤミ金などと区別がつきにくく、詐欺被害に合われた事例もあります。

闇金だとすぐにお金を貸してくれますが、法外な利息を突きつけられ、返済が遅れると高圧的な取り立てがあります。一度手を出したら終わり、絶対にヤミ金からは借りてはいけません。

もちろん中小消費者金融でもきちんとした業者もたくさんあります。しかし、安心面では大手消費者金融を利用することをおすすめします。安心面だけでなく、審査スピードも早く、無利息期間もあるため、スペックは高いです。

消費者金融の審査にかかる時間がどれくらい?

_4

大至急お金が必要という方は、1分でも1秒でも早くお金が欲しいはずです。

消費者金融なら実際に最短何分で借りれるのか詳しく見ていきましょう。

審査スピード

大手消費者金融 審査時間 即日融資
プロミス 最短30分 可能
アコム 最短30分 可能
アイフル 最短30分 可能
SMBCモビット 10秒簡易審査 可能

大手4社の消費者金融ならどこも審査スピードは早いです。

申し込みから審査、融資までの流れは最短で1時間程度です。スマホでインターネットから簡単に申し込みができるので、手続きはとても簡単です。

消費者金融ならいくらまで借りれる?

消費者金融ならいくらまで借りれる?

大手消費者金融 借入限度額
プロミス 最高500万円
アコム 最高800万円
アイフル 最高500万円
SMBCモビット 最高800万円

借入限度額はアコムとSMBCモビットが最高800万円と消費者金融の中では高い設定で、プロミスとアイフルが最高500万円と少し限度額は下がります。

しかし、実際初めての方が借りる場合はいきなりこんな高額借りれるケースはほとんどないので、この限度額の数百万円の差はあまり気にしなくていいでしょう。

また、消費者金融で借りる場合、総量規制があるので年収の3分の1以上は借りることができません。

仮に年収が600万円あったとしても、200万円まで借りれないということなので、かなりの高額収入の方でないと数百万円単位で借り入れることは難しいです。

基本的に初めての借り入れの方は、50万円以内の限度額に設定されるのが一般的です。

他に金利や無利息期間のサービス内容も大きな違いはありません。違いといえば、アイフルだけがメガバンクの傘下に入っていない独立系消費者金融であることや、利用者の数ではアコム、プロミス、アイフルが多く、SMBCモビットは劣るといったことくらいです。

最速でお金を借りる方法

最速でお金を借りる方法 (1)

消費者金融から最速でお金を借りる方法を紹介します。上記で説明したとおり、大手消費者金融4社はどこも最短30分審査、即日融資が可能です。 

早く借りるためのポイント

少しでも早く借りるために大事なポイントは、スマホや携帯からインターネットで申し込むことです。店頭や自動契約機の場合、申込書の記入や端末操作が必要ですが、インターネット申し込みならスマホや携帯で簡単に操作できます。

ネットで申し込んでも在籍確認や審査結果はメールや電話で連絡がくるので、わざわざ自動契約機や店頭まで足を運ばなくていいので無駄な時間を短縮でき、結果借り入れまでの時間が早くなります。

また、契約後に借り入れするのに自動契約機を利用する場合でも、事前にネット申し込みしておいたほうがスムーズに借り入れができます。

契約後の借り入れ方法

借り入れ方法は、銀行振込みか自動契約機での2通りあります。

銀行振込み

大手消費者金融 振込条件
プロミス 平日14時までにWEB契約完了が必要

三井住友銀行、ジャパンネット銀行は24時間
アコム 電話申込の場合、平日14:00まで

ネット申込みの場合、平日14:30まで

(ゆうちょ銀行は14:00まで)

楽天銀行は24時間
アイフル 平日14:00まで
SMBCモビット 平日14:50まで

銀行振込みなら、自宅にいながらネットですべて申し込みから借り入れまで手続きが完了するので、簡単でスピードも早いのでおすすめです。

振込みは銀行の営業時間内となるため、平日14時頃までに申し込みから契約手続きまで完了させておく必要があります。

消費者金融も混雑時などは審査に時間がかかってしまうケースもあるため、できるだけ午前中に申し込んでおくのが確実です。

15時を過ぎてしまうと翌営業日の振込みとなってしまうため、遅れそうな方は自動契約機で手続きしましょう。

自動契約機でローンカードを発行

銀行振込みしてもらえる時間に間に合わない方や、営業時間外にしか申し込めない方は、自動契約機を利用しましょう。

自動契約機なら夜遅くまで営業していますので、緊急で夜にお金が必要になったとしてもすぐに借りることができます。

土日に借りる場合はどうしたらいい?

土日に借りる場合は、基本的に銀行振込みは対応してもらえないので、自動契約機を利用しましょう。(持っている銀行口座によっては土日でも振込可能)

契約手続きは自動契約機やテレビ窓口でローンカードを受け取り、提携ATMやコンビニATMで引き出します。

土日の場合も、インターネットから申し込んでおくと、自動契約機での手続きがスムーズになるので、スマホや携帯から手続きしておきましょう。

土日に即日融資を受ける方法は、こちらの記事で詳しく説明しています。

カードローンで土日でも即日融資を受ける方法まとめ

緊急時に備えて準備しておくこと

もちろん、こういった緊急事態に陥らないことが一番ですが、もしものときのために以下のものを準備しておけば安心です。

金融機関の銀行口座

消費者金融で借りるなら銀行振込みが早いです。大抵の方が銀行口座を持っているので、改めて備えるという話でもありませんが。

ただし、利用する銀行口座によって振込実施時間が異なる場合があるので、注意しなければなりません。

特にゆうちょ銀行や楽天銀行などは通常の銀行・信用金庫などと受付時間や振込実施の目安の時間も異なりますので、ホームページで確認しておきましょう。

本人確認書類

本人確認書類は必ず提出が必要です。主に運転免許証、健康保険証、パスポートなどがあります。わざわざ備えなくても本人確認書類は持っているとは思いますが、期限が切れているものなどは認めてもらえないので注意してください。また、各金融機関によっても書類や条件が多少異なりますので、確認しておきましょう。

必要に応じて収入証明書

50万円以内の借り入れの場合は特に必要ないですが、50万円を超える場合は収入証明書の提出が必要になってきます。正確には、利用限度額が50万円を超える場合または他社との借入総額が100万円を超える場合が条件となります。

初めての借り入れの方は一般的に50万円を超える借り入れはあまりありませんが、2回目以降の方は超えるケースも割とあるので、収入証明書を事前に準備しておいたほうが緊急時にすぐに対応できます。

絶対に借りてはいけない3つの借入先

pixta_25269568_M (1)

ヤミ金

上記でもヤミ金の危険性を説明しましたが、ヤミ金とは闇金融の略で、国や都道府県に貸金業としての登録を行っていない貸金業者、もしくはその業務を指します。

すでに返済能力が限界に達している人に対して、なおも返済不能な高金利を条件に貸付を行うため、回収は強引でときには暴力を振るうこともあります。

よく聞くのが、「トイチ」と呼ばれる、10日で1割の利息を取る高金利の貸し付けです。

取り立ても、夜遅くに電話をかけてきたり、自宅に大勢で押しかけてきたりとお構いなしに非常識な行動をとってきます。絶対にヤミ金業者では借りないようにしてください。

クレジットカード現金化業者

クレジットカードの現金化とは、クレカのキャッシング枠ではなく、ショッピング枠を利用して現金化することです。簡単に言うと、買い物をする感覚でクレジットカードのショッピング枠を利用すれば、利用額の70~80%程度を現金化してくれるという仕組みです。

面倒な手続きは不要で、即日で現金を手にすることができるため、便利です。

しかし、クレカの現金化は利用規約違反に該当する可能性のある行為で、違法に近いグレーなビジネスモデルです。また手数料も高く、非常に危険です。手数料は10%程度と一見消費者金融などよりも低いと感じるかもしれませんが、これは1日の手数料です。

消費者金融の20%というのは、年利です。そのため、クレカの手数料は、年利で考えると1日10%の場合、年利3650%と驚異的な金利を取られることになります。

ヤミ金業者のトイチよりも圧倒的に高い金利ということになりますので、非常に危険です。

個人融資掲示板

個人融資掲示板とは、ネット掲示板上でお金を借りたい人と貸したい人がネット上でやり取りをする仕組みのことです。メールアドレスやニックネームなどの簡単な情報を登録し、借入希望額、借入理由などを書き込み、相手とコンタクトを取ってお金のやりとりをします。

個人融資掲示板の危険性としては、違法性の面で非常にグレーに近いという点もあるのですが、ヤミ金業者が潜んでいる可能性がある点です。

それだけでなく、「返済能力があるか確認したい」「保証金として先にお金を払って欲しい」など、理由をつけて、お金を要求されるケースがあります。結局、連絡もつかなくなり、お金を騙し取られるという被害が出ています。また掲示板に登録した個人情報もヤミ金業者に流されるケースもあるので、個人融資掲示板は非常に危険性が高いです。

急ぎの場合でも焦りは禁物

絶対に借りてはいけない3つの借入先を紹介しましたが、普段なら危険だと理解していても、本当にピンチなときは精神状態が追い込まれてしまい、冷静な判断ができなくなってしまいます。

ついつい甘い誘惑に誘われてお金を借りたら、ヤミ金だったというケースも多いです。一度、ヤミ金に手を出したら、借金地獄に陥ってしまう可能性もあるため、注意してください。

またカードローンにおいても、焦って誤った内容や必要書類に不備がある状態で申し込むと、審査に落ちてしまい即日でお金を借りれないといったこともあります。

急ぎであっても、焦らずに冷静に判断することを心がけましょう。

大至急借りれるおすすめの消費者金融

プロミス

プロミスは審査が最短30分です。平日14時までに申し込みから契約手続きまでWEB完結で手続きすれば、即日融資も可能です。早ければ、審査から最短1時間で借りることができ、土日祝日でも振込対応を行なってくれます。

特に瞬フリというサービスが便利で、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、24時間受付で受付完了からわずか10秒程度で振り込んでもらえます。本当に急いでいる方にはとてもありがたいサービスです。

振込実施時間

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の場合(瞬フリ)
曜日 受付時間 振込実施時間
月~金 00:00~24:00

24時間受付
受付完了から10秒程度
土・日・祝日

それ以外の銀行の場合
曜日 受付時間 振込実施時間
月~金 0:00~9:00 当日9:30頃
9:00~14:50 受付完了から10秒程度
14:50~24:00 翌営業日9:30頃
土・日・祝日 0:00~24:00 翌営業日9:30頃

アコム

永作博美さんのCMでおなじみのアコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融です。最短30分審査、即日で融資可能で、新規貸し付けに強いのが特徴です。

14時までに審査が完了していれば、15時までに振込を行うことができます。またWEB申込みの新規契約者に限って、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行の口座を持っていれば、18時までの電話での振込み申し出で、19時までの着金が可能となりました。

また、楽天銀行の普通口座を持っていれば、ほぼ24時間、最短1分程度で口座へ入金が完了します。

ゆうちょ銀行とその他の銀行・信用金庫で、受付時間が異なるため気をつけましょう。

営業時間外や土日祝日の場合でも、全国にある無人契約機「むじんくん」を利用すれば即日キャッシングが可能です。各金融機関によって、振込時間などが異なるので、確認しておきましょう。

振込実施時間

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
楽天銀行 月曜 〜 日曜・祝日 0:10 〜 23:50 受付完了から1分程度
ゆうちょ銀行 月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 正午頃
9:00 〜 14:00 当日 17:00まで
14:00 〜 23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 正午頃
銀行・信用金庫 月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 9:30頃
9:00 〜 14:30 受付完了から1分程度
14:30 〜 23:50 翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 9:30頃

アイフル

アイフルは大手消費者金融の中で唯一メガバンクの傘下に入っていない独立系消費者金融です。銀行に傘下に入らずに、これだけの人気を誇っているということは、それだけ優良な消費者金融ということです。審査通過率は45%と消費者金融の中でもアコムに次いで高く、借り換え・おまとめ専用ローンといった様々な商品を展開しています。

アイフルで急ぎで借りる場合、インターネットで申込みをし、受付完了メールが届いたら、フリーダイヤルに電話をかけましょう。ホームページにも明記されていますが、優先して審査を完了してもらうことができます。

営業時間外や土日祝日の場合は、無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取り、ATMで引き出すことが可能です。

振込実施時間

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
指定なし


月曜 〜 金曜

0:10~9:00 当日9時以降
9:00~14:00 当日15時まで
14:00~23:50 翌営業日9時以降
土日祝日 0:10~24:00 翌営業日9時以降

SMBCモビット

SMBCモビットは、三井住友銀行か三菱UFJ銀行の普通口座を持っていて、社会保険証または組合保険証があればWEB完結申し込みができます。電話や郵送などのやりとりが一切無く、全てネット上で完結するため、わざわざ自動契約機にも足を運ばず自宅で簡単に申し込み可能です。

もちろん最短30分審査、即日融資で対応してもらえます。

土日祝日や営業時間外の場合でも、SMBCモビットにも自動契約機があり、ローンカードを発行すれば当日に借入可能です。

振込実施時間

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
指定なし    月曜 〜 金曜   0:00~9:00 当日
9:00~14:50 当日
14:50~24:00 翌営業日9時以降
土日祝日 0:00~24:00 翌営業日9時以降

まとめ

最後に、それぞれの大手消費者金融の振込実施時間をまとめましたが、メンテナンス日や休業日など、日にちや時間によっては振込実施時間が変更する場合もあるため、事前にホームページや電話で問い合わせて詳細を確認しておきましょう。

即日振込を受けるためには契約完了後に、カードローン会社に振込依頼をしなければいけません。

契約できたと油断して振り込み依頼せずにいると、即日で借りられずに終わってしまいますので、契約した後に忘れず振り込み依頼しましょう。