カードローンの審査はこれでOK!審査まるわかりガイド!

カードローンは審査が通らなければ借入をすることができません。でも、総量規制があったり、銀行と提携している消費者金融は審査が厳しそうだったり…と、申し込み前は不安が多いと思います。

このページでは、審査について管理人がわかる限りすべて解説します。
しっかりと心の準備をして審査に挑みましょう

審査に必要な書類

カードローンの審査に必要な書類は実は二つだけです。

それは「本人確認書類」「収入証明書」です。

しかも、収入証明書に関しては、消費者金融で借入する場合は50万円以上の借入の申し込みで無い場合は必要ありません。

また、銀行のカードローンに関しては、100万円や200万円以下の借入の場合は収入証明書を不要としている会社がほとんどです。(自営業・会社代表者は除く)

この収入証明書が必要になってくると手続きも面倒くさくなるし、審査も厳しくなるため、

50万円以下の借入で、即日でキャッシングしたい。

という方は消費者金融へ、

50万円以上の借入で、即日キャッシングじゃなくてもいい。

という方は銀行カードローンを選ぶ方が無難でしょう。

50万円以下で銀行のカードローンを使うと言う手もありますが、小額の借入の場合は、消費者金融も銀行のカードローンも金利を計算してもそこまで差は無いため、手軽に借入できて返済も便利な消費者金融の方が後々楽です。

収入証明書さえ必要無ければ、後必要なものは本人確認書類のみなのでそれは免許証でOKです。

申し込みはそれだけでできます。

総量規制に引っかかっていないかチェック

収入証明書が必要無い範囲の借入であれば、次に総量規制に引っかかっていないかをチェックします。

総量規制とは、年収の3分の1までの借入しかできないように制限される規制のことで、例えば、年収300万円の方は、合計の借入が100万円までしかできなくなっています。

ただし、この100万円の借入とは、車のローンや住宅ローンを除く、主にショッピングローンやクレジットカードのキャッシング、リボ払いのことを指します。

総量規制の対象となる借入はこちらで詳しく解説しているのでご確認ください。

総量規制の対象となる借入・ならない借入

現在の借入が状況を踏まえて、今回借入する金額が総量規制を超えていなければ、消費者金融で申し込んでも銀行のカードローンで申し込んでも今までに複数の滞納歴や支払い事故が無ければほぼ問題なく審査に通過するでしょう。

もし総量規制を超えている場合は、消費者金融では無条件で貸付してもらえないため、銀行のカードローンに相談するしかありません。

銀行のカードローンは、銀行法が適用されるため、総量規制の対象になっていないからです。

銀行であれば、きちんと返済能力があると判断されれば総量規制を超える借入も可能です。

収入証明書が必要ない借入なら…

ここからは少しブラックな話になります。

実は、金融機関は申込者の年収を把握しているわけではありません。

冷静に考えればそうですよね。だからこそ一定以上の借入の申し込の場合は収入証明書の提出を求めるのです。

金融機関は申し込みがあると、信用情報を照会してその人の返済能力を見ますが、信用情報に記載されている情報は、現在の借入状況、返済の遅延の有無、ブラックリストに載っていないか…などです。

それを照らし合わせ、総量規制もクリアしていれば、貸付が可能となるんです。

つまり、現在総量規制の対象となる借入が100万円あって、年収が300万円だったとすると、これ以上借り入れできないため、審査には通りませんが、年収350万円で申し込みをすると、審査に通る可能性があるということです。

これは管理人がテキトーに言っているわけではありません。

管理人も知って驚いたのですが、元銀行員が審査の実態を暴露している記事があったのです。

それを元にコラムを書いているのでそちらも合わせて確認してみて下さい。

銀行員が暴露するカードローンの「審査」の実態

銀行・消費者金融の本音としてはお金を貸したいんです。
貸さなければ経営が成り立ちませんから。

しかし、総量規制が邪魔をする限り消費者金融はお金を貸すことはできません。
法律に違反するからです。

ただ、申込者が虚偽の申告をしたら話は別…ということのようです。
もちろん管理人は年収を水増しして申し込みをすることはおすすめしませんが、計算すると少し総量規制に引っかかってしまう…という方は、
元銀行員があんなこと言っているくらいだし、試す価値はあるんじゃないかと個人的には思います。