審査なしで借りれるカードローンはあるの?各カードローン会社に問い合わせてみた

カードローンの審査申込をする際に多くの方が気にするのは、金利や借入限度額などもありますが、一番は「審査に通るかどうか」です。

どれだけ低金利で魅力的なカードローンでも、審査に通らなければそもそも借入することができないし、目的を達成することができません。

そのため、当サイトでも「審査なし カードローン」「審査なしで借りれるローン」など、審査をせずに借入できるカードローンを調べている方の検索がとても多いです。

そこで、当サイトで提携しているカードローン会社や、地方銀行などに、直接電話をして、実際に審査が無いカードローンはあるのかどうかを調査しました。 

審査が不安な方はプロミスがおすすめ

プロミス

プロミス
審査から最短1時間でお金が手に入るプロミス
プロミスは、平日14時までにWEB契約を完了させると、即日振込対応を行なってくれるだけでなく、平日の銀行の営業時間終了後や土日祝日でも、審査完了後、全国にある無人契約機でローンカードを発行することで、即日キャッシングが可能です。また、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で、30日間の無利息期間も設定されるため、小額の借入なら利息の支払いも少なくて済む、親切な消費者金融です。
※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録と、WEB明細利用の登録が必要です。
※即日振込は平日14時までにWEB契約完了が必要です。
実質年率年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)
借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら

審査無しでカードローン・キャッシングはできません

shinsaarimasu 

結論から言うと、審査なしで借入できるカードローンはありませんでした。

大手消費者金融や、メガバンクの銀行カードローン、地方銀行のカードローンすべてのカードローンで審査は行われるという回答でした。

この結果は当然と言えば当然で、消費者金融は貸金業法によって審査の仕組みを整備されていて、個人の信用情報に基づいて貸付を行っています。

銀行も貸付については、銀行法で定められた方法で貸付可能かどうかの与信判断を行います。

銀行や消費者金融は、お金を貸して、きちんと返済されることで上乗せした金利が利益となるため、審査なしで貸付を行って、貸し倒れしてしまうと利益が出ないばかりか倒産してしまう可能性があります。

そのため、審査は法律に基づいて確実に行われています。

しかし、審査なしで借りたい方の中でも、なぜ審査なしで借りたいのかという理由は人それぞれ違います。

  • すぐにお金が必要だから審査をしている時間がない
  • 複数社から借入していてもう総量規制の上限まで借りているから審査に通らない
  • 過去に自己破産をしているため、借入することができない

など、カードローンを利用しようとしている方には様々な背景があります。 

最適なカードローン選びで審査は怖くなくなります

 実は、カードローンは消費者金融や銀行によって特徴があり、審査申込から30分審査が終わって最短1時間で融資を受けることができるカードローンや、総量規制上限まで借入していても追加で借りることができる、総量規制対象外のカードローン、複数の債務を一本化させることで金利を低くして返済の負担を軽くすることができる、多重債務者向けのおまとめローンなど、現在の状況によって最適なカードローンを選ぶことができます。

最適なカードローンを選択することで、審査があったとしても、希望通りの条件で融資を受けることができる可能性が高まるため、下記で、条件によって最適なカードローンの選び方を紹介します。

すぐにお金が必要で審査をしている時間が無いという方

すぐにお金が必要で審査をしている時間が無いという方

今日中にまとまったお金が必要で、審査をしている時間がないという方は、審査時間が短く、融資までの時間がはやいカードローンを選ぶと良いでしょう。

大手消費者金融のプロミスやアコムやアイフルは、審査申込から最短30分で審査が完了し、1時間以内に融資を受けることも可能です。

基本的には振込で融資となりますが、土日祝日や、平日の銀行の営業時間終了後でも、審査完了後に無人契約機でローンカードを発行することで、すぐにお金を引き出せるなど、急いでいる方でも即日でお金を準備することができるようにインフラを整備してくれています。

そのため、審査はありますが、即日融資に対応しているカードローンを利用することで、すぐにお金が必要な方でもその日の内にお金を準備することができます。

即日融資のカードローンについては「カードローンで土日でも即日融資を受ける方法まとめ」で詳しく紹介しています。

複数社から借入していて審査に通る自信が無いという方

複数社から借入していて審査に通る自信が無いという方

審査なしのカードローンを探している方で多いのは、すでに複数社から借入があって、総量規制の上限まで債務残高があるなど、カードローンの申込をしても審査に落ちてしまうという不安がある方です。

ですが、すでに複数社から借入があって総量規制の上限ギリギリという方でも、新規で借入する方法があります。

それは、「総量規制対象外のカードローン」を利用することです。

冒頭で解説しましたが、年収の3分の1までしか借りることができない総量規制は、貸金業法に基づいて営業している消費者金融にのみ適用されている規制です。

銀行のカードローンは、銀行法に基づいて審査・貸付を行っているため、総量規制がないカードローン「総量規制対象外のカードローン」なので、現在年収の3分の1まで借入残高がある方でも新たに借入することができます。

ginkou-syouhisya1

銀行のカードローンは、消費者金融と比べると比較的高額の借入も可能と言われています。

消費者金融の場合は、新規で50万円以上の借入申込や、他社の借入の合計が100万円を超える借入申込の場合は、所得証明書の提出を義務づけているため、審査の手続きが面倒になります。

しかし、銀行カードローンの場合は、そういった法律が無いため、各銀行によって審査時に提出する書類の条件が異なります。

審査によって必要であれば提出を求めるという形をとっています。

複数の債務を一本化するおまとめローンとして人気の三井住友銀行のカードローンは、最高800万円まで借入することができますが、所得証明書の提出は、原則200万円以下は不要となっていて、借り換えに最適のカードローンです。

複数の借入がすでにあって、審査に通る自信が無いという方は、審査なしで借りることはできませんが、総量規制対象外のカードローンであれば、年収の3分の1以上の借入も可能なので、銀行のカードローンなどを選ぶようにしましょう。 

-Check-

2018年度初めから、銀行が過剰にお金を貸していることが問題視されています。

このことから、多重債務であったり現状の借入額が大きすぎる場合に銀行からの借入が難しくなりました。

これらの条件に当てはまるあなたは、銀行よりも審査に通る可能性がある消費者金融カードローンを利用するのがおすすめです。

 総量規制対象外なら新規借入よりも、借り換え・おまとめローンがおすすめ

ginkou-shinsananidotakai

総量規制のない銀行カードローンなら年収の3分の1以上の借入がある方でも新規で借入ができるのですが、銀行によってはすでに複数社の債務がある方には積極的に貸付を行っていない銀行もあります。

例えば、ソニー銀行カードローンは、借入限度額最高800万円と、かなり高額の借入が可能ですが、すでに他社で借入がある方への貸付は非常に消極的と言われています。

反対に、三井住友銀行カードローンは、すでに複数社から借入がある方で、借り換えやおまとめ目的の方にも積極的に貸付を行っているカードローンと言われています。

この例のように、カードローン会社によって審査は全く違い、ある銀行では審査に落ちたけど、別の銀行では審査に通ったというような事例はたくさんあります。

これには理由があって、カードローンと一括りに言っても、会社によって取り込みたいユーザー層が異なるからです。

syouhisya-shisananidohikui

消費者金融で例に挙げると、アコムやプロミスなど、消費者金融でも最大手のカードローンは、認知度も高く、今までカードローンを利用したことないような方からの申込がほとんどと言われています。

新規の申込者なので、他に債務が無く、貸し倒れのリスクも低いため、そういった方には積極的に貸付を行います。

ですが、アイフルやモビットなど、アコムやプロミスと比較すると認知度、売上規模ともにワンランク下のカードローンの申込者は、主にアコムやプロミスなどの最大手のカードローンを利用している方ですでに複数社で借入している方がメインの顧客となります。

これは銀行のカードローンでも同じで、銀行のカードローンでも、メガバンクや、すでに口座を開設して取引があるような銀行カードローンが利用され、それらですでに借入があるような方が、三井住友銀行のカードローンを利用するようになるため、三井住友銀行のカードローンは、借り換えやおまとめに力を入れていて、すでに複数社で債務がある方でも審査で問題が無ければ貸付を行っているカードローンなのです。

つまり、すでに複数社で借入がある方は、最大手ではなく、消費者金融ならアイフル、銀行カードローンなら三井銀行のような、借り換え可能のカードローンの審査申込をすることで、借入できる可能性が高くなります。

そして、アイフルや三井住友銀行カードローンは、新規貸付だけでなく、借り換えやおまとめローンとして利用できるようになっています。

アイフルは、新規借入の他に、「おまとめMAX」というおまとめローン専用商品があり、三井住友銀行カードローンは、申込時に、利用目的の欄に「借り換え・おまとめ目的」と入力することで、おまとめローンとして利用できるようになります。

おまとめローンについて詳しくは、「おまとめローンの正しい利用方法と審査に通過するコツ」というページで解説しているため、ここでは簡単に説明しますが、大きなメリットとしては、

  • 他社の借入をまとめることで、金利や毎月の返済額が低くなる
  • 新規貸付ではないため、複数社で債務がある方でも審査に通りやすい

などのメリットがあります。

アイフルは消費者金融なので総量規制があるのですが、おまとめローン利用に関しては、「顧客に一方的に有利な借り換え」として、貸金業法上で、総量規制の対象外の貸付として認められているため、複数社の債務の借り換えや一本化として、総量規制対象外で借入することが可能です。

長くなってしまいましたが、まとめると、複数から借入がある状態で、審査に自信がないという方は、借り換えやおまとめとして借入することで、金利や返済負担を減らし、債務も1社に絞ることができるので、返済も楽になります。

過去に自己破産をしているため、借入することができないという方

過去に自己破産をしているため、借入することができないという方

過去に自己破産や民事再生などの債務整理を行っている方は、信用情報のブラックリストに載っているため審査に通らないという話を良く聞きます。

そのため、いわゆるブラックの方は、審査なしで借入できるカードローンを探す方が多いようですが、実はブラックリストは一定期間経てば完全に記録が消えて、また新たに新規で借入ができる状態になります。

信用情報の扱いについてはあまり知られていないため、ここで簡単に説明します。

shinyoujyouhoukikan

信用情報は国が指定している3つの機関「日本信用情報機構(JICC)」「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」「CREDIT INFORMATION CENTER(CIC)」があり、それぞれで個人の信用情報を共有しています。

一般的なローンを利用した場合、全てこの信用情報機関に登録され、返済状況なども常に共有されます。

延滞した場合なども、信用情報に記録され、共有されるため、クレジットカードの審査に通らなかったりします。

また、意外と知られていませんが、携帯電話の本体代金を分割で買った場合も、ローンと同じ扱いとなって信用情報機関に登録されます。

つまり、これまで携帯電話の料金を滞納するだけでは信用情報機関に記録はされなかったのですが、今後本体代を分割で購入して、携帯代金を滞納すると、信用情報機関に延滞情報として記録されてしまうため注意が必要です。

これら延滞情報などは、一定期間は記録され続けるのですが、一定期間と超えると基本的には信用情報の記録上からは削除されるため、記録が削除された後は与信取引は問題なく行えるようになります。

信用情報に記録される情報は、「延滞情報」「代位弁済」「任意整理」「自己破産」があり、どの情報を記録されるかによって削除までの期間が変ってきます。

信用情報の保存期間

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

延滞 5年
代位弁済 5年
任意整理 5年
自己破産 10年

日本信用情報機構(JICC)

延滞 1年
強制解約 5年
任意整理 5年
自己破産 5年

CREDIT INFORMATION CENTER(CIC)

延滞 5年
任意整理 5年
自己破産 7年

上記の表が、各信用情報機関の信用情報の保存期間です。

各機関で保存期間が違いますが、カードローンの信用情報に関しては、日本信用情報機構(JICC)が貸金業者系の信用情報機関なので、こちらを参考にすると良いでしょう。

JICCの信用情報の保存期間を見てみると、最長でも自己破産や任意整理の5年とされているため、過去に自己破産などの債務整理を行った方でも、5年以上の前の話であれば、信用情報から記録が消えているということになります。

1点注意が必要なのは、5年という期間は、債務整理などをして残った残債を返済してから5年となりますので、債務整理をしてから5年ではないということです。

いまだに債務を完済していないという方はまだ信用情報に記録は残ったままですのでカードローンの借入はできません。

また、きちんと完済して5年経ったという方でも、まだ事故情報が残っているケースがあります。

これは、債務整理などを行った先の貸金業者が信用情報の削除をしていないことが原因なのですが、万が一もう完済して一定期間以上経つのに、クレジットカードやカードローンの審査に通らないと言う方は、一度信用情報機関に問い合わせをして、個人の信用情報を開示してもらうことをおすすめします。

JICCやCICでは、インターネットで1,000円程の手数料で信用情報を開示できるため、開示した結果、消えているはずの事故情報がまだ残っている場合は、司法書士などに依頼することで簡単に削除ですることもできますし、直接業者に連絡をしても削除してくれるため、早急に削除してもらうようにしましょう。

また、似たようなケースで、過去に過払い金返還請求を行った方も、誤って事故情報が記録されているケースがあります。

過払い金返還請求を行うと、一時的に破産情報が記録されていたのですが、現在は過払い金返還請求をしたことで残債が0になる場合は事故情報は記録されないようになっています。

ですが、金融機関や貸金業者が誤って事故情報を記録してしまっているケースが多いようなので、過去に過払い金返還請求で債務を完済したのにクレジットカードやカードローンの審査に通らない方は同じように信用情報の開示請求をしてみましょう。

Q&A

即日融資を受けたい場合は?

正規の銀行や消費者金融のなかで、審査なしで即日融資で対応してくれる業者はありません

そんな甘い言葉で宣伝をしている業者は、ヤミ金に違いありません。

消費者金融なら銀行カードローンに比べ審査通過率も高く、審査は最短30分で最短即日融資とスピーディーに対応してくれるので、審査に不安な方におすすめです。

平日のみだけでなく、土日祝日も自動契約機を利用することで、即日でお金を借りることができます。

10万円借りたい場合は?

1万円であっても正規の業者は必ず審査はあるので、10万円であっても必ず審査はあります。

しかし、希望限度額が10万円程度であれば少額なので銀行であれ消費者金融であれ、比較的に審査は通りやすいです。

短期間で返済できるという方は、無利息サービスがあるカードローンを選べば金利負担を少しでも少なくできます。

消費者金融ならプロミス、アコム、アイフル、銀行カードローンなら新生銀行カードローンレイクが30日間の無利息期間を設けています。レイクは5万円以内なら180日間無利息です。 

30万円借りたい場合は?

30万円借りる場合も、審査なしでは借りることはできません。

また10万円借りるときのように短期間で返済するのはなかなか難しいです。

長期の返済になりそおうな方は、金利が低い銀行カードローンを利用したほうがいいです。しかし、銀行は金利が低い分、一般的に消費者金融に比べると審査に通るのは難しいと言われています。

審査に通るのが不安、急ぎで借りたいという方は、消費者金融を利用するといいでしょう。

しかし、長期間の返済は利息の負担が大きくなるので、無利息サービスを利用し、なるべく早く返済することをおすすめします。

まとめ

上記の条件をクリアしてさえいれば、カードローンの審査は通るはずですし、審査なしのカードローンを探す必要はありません。

「審査なしで貸します」と宣伝している貸金業者は、100%ヤミ金です。

ヤミ金に手を出してしまうと、法外な利息を取られるばかりでなく、家族や職場に迷惑電話をかけられて、人間関係も崩れ去ってしまいます。

審査なしで借りれる都合のいい業者などは存在しませんが、状況に応じて最適なサービスを受けることで十分に今お金に困っている問題を解決することは可能です。

上記では一部のケースを紹介しましたが、当サイトでは、カードローン利用希望者の属性に応じて、最適なカードローンを紹介しているので、最適なカードローンを見つけて下さい。

審査通過率・審査基準を知ることで審査通過率はアップできる

審査がないカードローンはありませんが、審査通過率は大手消費者金融各社は公開していますし、各カードローンの審査基準はある程度知ることができます。

審査の基準や通過率を知っておくことで、どのカードローンに審査申し込みするのが正解か分かりますし、自身の状況に最適なカードローンを選ぶことで、一番お得な形で借り入れすることも可能です。

各カードローンの審査通過率や、審査の基準については、「審査に通りやすいカードローンなんてあるの?大手業者の審査通過率を比較」というページで詳しく紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

審査が不安な方におすすめのカードローン

プロミス

プロミス
審査から最短1時間でお金が手に入るプロミス
プロミスは、平日14時までにWEB契約を完了させると、即日振込対応を行なってくれるだけでなく、平日の銀行の営業時間終了後や土日祝日でも、審査完了後、全国にある無人契約機でローンカードを発行することで、即日キャッシングが可能です。また、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で、30日間の無利息期間も設定されるため、小額の借入なら利息の支払いも少なくて済む、親切な消費者金融です。
※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録と、WEB明細利用の登録が必要です。
※即日振込は平日14時までにWEB契約完了が必要です。
実質年率年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)
借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら

アコム

アコム
アコムなら契約日から30日間無利息で借入可能
三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融で、永作博美さんのCMでおなじみのアコムは、全国にある無人契約機「むじんくん」によって、平日14時以降、土日祝日でも即日キャッシングが可能です。認知度も高く、利便性も高いため、多くの方がアコムを選んでいるようです。
実質年率年3.0%〜年18.0%(30日間無利息)
借入限度額800万円
審査時間最短30分審査
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら

アイフル

アイフル
アイフルは最短30分審査で即日融資が可能
アイフルはバナナマンのCMでおなじみのカードローンで、大手消費者金融で唯一銀行傘下に入らず単独で経営している優良の消費者金融です。新規借入の審査通過率は45%と消費者金融の中でもアコムに次いで高く、おまとめ、借り換えローンは上限金利15%で利用ができるため、他で借入がある方にもおすすめのカードローンです
実質年率年3.0%〜年18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら

SMBCモビット

SMBCモビット
SMBCモビットはWEB完結申込で家族にバレずに借入できる
SMBCモビットは、三井住友銀行か三菱UFJ銀行の普通口座を持っていて、社会保険証または組合保険証があればWEB完結申し込みができるようになっています。WEB完結申し込みとは、電話や郵送などのやりとりが一切無く、全てネット上で完結するため、とても便利で簡単な申し込み方法で、ローンカードも発行する必要がないため、上記2つの口座があれば家族にバレることはまず無く、家族に内緒で借りたい方にとっては最適なカードローンです。
※即日振込は14:50までの振込手続完了が必要です。
※審査結果によってはご希望に沿えないことがあります。
実質年率年3.0%〜年18.0%
借入限度額800万円
審査時間最短30分(曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱なる場合あり)
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら