カードローンを郵送物なしで利用する申込テクニック

カードローンを利用する際、家族にバレずに借入をしたいと思っている人は多いと思います。

内緒でお金を借入したのに後にカードローンを利用していることがバレてしまったら、家庭内で大問題になってしまうかもしれません。

カードローンが家族にバレる理由で、一番多いのは、「郵送物が見つかる」というケースです。

一応、消費者金融を利用する際は、ローンカードや契約書の郵送は、消費者金融の名義ではなく、別名義で郵送してきます。

例えば、アコムならACセンター、プロミスならパルセンターなどです。

白い封筒で、パッと見た感じではまさか消費者金融から届いた封筒だということはわかりません。

しかし、ACセンターや、パルセンターという名前を、yahoogoogleで検索してみると、すぐに消費者金融が使っている名義ということがわかります。

郵送物を自分で受け取ることができるのであれば、バレる心配はありませんが、仕事などで受け取れない場合は、家族が受け取る、またはポストを確認して見つかってしまうという事態になりかねません。

実は消費者金融などのカードローン会社は、そういったことは理解していて、極力家族にバレないように工夫したサービスを提供してくれています。

例えば、アイフルの場合、ローンカードや契約書の郵送に関して、あらかじめ日時を指定できる「配達時間えらべーる」というサービスを行っていて、自分が受け取れる時間を指定しておくことで、家族にバレずに郵送物を受け取ることができます。

しかし、これだけでなく、郵送物なしで借入できるカードローンもたくさんあります。

下記で、郵送物無しで借入するテクニックと、郵送物無しで利用できるカードローンを紹介します。

郵送無しで借入する方法

実は、カードローンはローンカードや契約書などの郵送物を一切無しにして契約する方法があります。

それは、契約手続き、ローンカードの受取を郵送で行うのではなく、無人契約機やローン契約機に行って手続きするという方法です。

これは中小の消費者金融や、一部銀行カードローンではできませんが、大手の消費者金融ならほとんどできるようになっています。

アコムは全国に設置している「むじんくん」で、プロミスなら全国にあるプロミスの無人契約機と三井住友銀行のローン契約機で、SMBCモビットは全国にあるSMBCモビットの契約機で、レイク・ノーローンは、全国にあるレイクの無人契約機で契約手続きとローンカードの発行ができます。(レイクとノーローンは同じ新生銀行グループです。)

審査申込はWEBで行うことができ、WEB申込の方がスムーズに進むため、WEBで申込をします。

その後、審査結果がでて、審査に通過した場合、ローンカードや契約書の手続きを郵送ではなく、無人契約機で行う旨を審査担当の電話オペレーターに伝えることで、郵送物がなしで契約することができます。

ローンカードを契約機で発行したら、すぐに併設ATMや、提携ATMでお金を引き出しできるようになるので、即日キャッシングもしやすくなるというメリットもあります。

キャッシュカードにローン機能をセットする

契約機で手続きを行う意外にも、郵送物なしで契約する方法があります。

それは、一部の銀行カードローンや、消費者金融の場合はSMBCモビットのみ利用できるサービスである、「キャッシュカードにローン機能をセットする」という方法です。

銀行カードローンの場合、みずほ銀行など一部の銀行は、すでにその銀行の普通預金口座とキャッシュカードを持っている場合のみ、そのキャッシュカードがローンカードとして利用できるようになります。

普通にお金の引き出しや振込を行う時に、ATMにキャッシュカードを入れると、実はカードローンという項目があります。

カードローン契約をしていない場合は、その項目は利用できないようになっているのですが、カードローン契約を結ぶと、その項目が利用できるようになり、キャッシュカードで借入や返済ができるようになります。

この方法を利用すると、普段利用している銀行のATMでカードローンを利用してお金を借入できますし、自然で家族にバレる心配もほぼありません。

SMBCモビットも、実はカードレスで利用することができるようになっています。

しかも、SMBCモビットの場合、三菱UFJ銀行、三井住友銀行の2種類のどちらかの普通預金口座を持っていれば、どちらでもキャッシュカードでローンを利用できる「WEB完結申込」が利用可能で、「WEB完結申込」を利用すれば、郵送物もないし、ローンカードも発行する必要がないため、銀行カードローンと同じように利用することができます。

上記のいずれかの方法で契約すれば、郵送物無しで契約することが可能です。

返済が滞ると郵送物が届いてしまう

上記の方法で郵送物なしで借入しても、返済の時に、指定期日を過ぎても返済をしないと、督促の手紙が届く場合があります。

基本的には、期日が過ぎて延滞になってしまった場合は、申込時に指定した電話に電話で連絡が来ますが、滞納の状態が続いてしまうと督促の手紙も届いてしまうため、それを見られてしまうとまずいと思うので、カードローンを利用した際は、きちんと返済期日を確認し、確実に毎月滞り無く返済するようにりましょう。

郵送物なしで借入できるカードローン

プロミス

SMBCコンシューマーファイナンスプロミスは、郵送物なしで借入しやすいカードローンとしておすすめできる消費者金融です。

プロミスで郵送物なしで契約をする場合、以下の2つの方法があります。

WEB審査完了後無人契約機でローンカードを発行する

プロミスの場合は、通常の流れで契約をすると、ローンカードが「パルセンター」という名義で郵送で送られてきます。

郵送を避けるためには、プロミスの申込画面の入力フォームで、「契約方法の選択」という欄を「来店」にチェックを入れます。

promise-yusou1

そうすることで、書面の契約は全て自動契約機で行う形となり、ローンカードも契約機で発行するため、郵送物が一切無くなります。

自動契約機は、全国にあるプロミスの自動契約機の他、三井住友銀行の店舗に併設されている、三井住友銀行カードローンの契約機も利用できます。

プロミスの自動契約機に行くのは抵抗があるという方でも、三井住友銀行の契約機であれば、入りやすいですし、全国各地にあるため、非常に利用しやすいです。

契約時にカードレス申込をする

2015年11月から、プロミスはカードレスで利用できるようになりました。

カードローンなのにカードレスというのはおかしな話ですが、カードレスを希望した場合、プロミスはカード自体を発行せずに、全て銀行の振込で手続きができるようになりました。

カードレスの利用方法は、「契約方法」の欄をWEBにチェックを入れ、下に出てくる、「振込融資希望」の欄を希望するにチェックを入れます。

promise-yusou1

その後、「書面の受取方法」の欄を「パソコンまたは携帯電話よりプロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」にチェックを入れましょう。

そうする事で、書面で利用明細などが自宅に郵送で届くことはなくなります。

promise-yusou2

あとは、申込完了後に、振込方法を「口座振替(口フリ)」を選択し、カードの発行を「カードなし」を選択することで一切郵送物が届くことなく借入・返済を行うことができます。

promise-yusou4

上記2つの方法でプロミスに申込をすれば、確実に郵送物無しで借入することができるため、家族にバレたくないという方はおすすめです。

三菱UFJ銀行バンクイック

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」も、郵送物なしで借入したいという方におすすめのカードローンです。

バンクイックの場合、プロミスのようにカードレスで申込することはできませんが、三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っていなくても利用することができます。

バンクイックで郵送物なしでカードローンを利用するには、WEB審査完了後、ローンカードを郵送で送ってもらうのではなく、近隣の三菱UFJ銀行の店舗内にある、テレビ窓口で発行することで、郵送物なしで借入することができるようになります。

テレビ窓口でローンカードを受け取る方法は簡単で、申込時の入力フォームの「カードの受取方法」の欄を「テレビ窓口」にチェックを入れるだけでOKです。

このチェックだけ忘れずに入れておけば、審査が進んだ際にオペレーターがカードの受取についてアナウンスしてくれるため、わざわざこちらから電話をして確認したりする手間もかからずスムーズに進みます。

mufg-yusou1

※発行されたカードは、発効日の翌営業日以降、審査の結果により利用可能となります。

また、テレビ窓口でローンカードを発行するだけでなく、バンクイックの場合、返済方法も「自動引き落とし」か「ATM返済」を選択できるようになっています。

mufg-yusou2

返済方法を「ATM返済」にしておくことで、通帳を家族に見られてもバレないようになるため、家族に通帳を見られることがあるという方は、「ATM返済」で借入したお金を返済するようにしましょう。

SMBCモビット

SMBCモビットは郵送物無しでの借入を希望している方向けに、「WEB完結申込」というサービスを行っています。

WEB完結申込とは、三井住友銀行か三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っている方のみが利用でくる申込方法で、WEB完結申込を利用すると、契約書や本人確認書類などを提出がネット上で完結できるため、郵送物のやりとりが一切なくなるサービスです。

郵送物だけでなく、職場への確認の電話も行われないため、家族にバレずに借入するには最適の申込方法です。

その他、WEB完結申込で申込を行った場合、ローンカードも発行されず、カードレスで利用できるようになるため、新たにカードを作る必要も無いので、カードを隠す必要が無くなるというメリットもあります。

その代わり、借入は全て銀行振込で行われるため、普通預金口座の通帳を見られると借入がバレてしまうというリスクがあるため、通帳を見られることがあるという方はおすすめできません。

その点さえ注意すれば、契約後の借入や返済の領収書についても、「MySMBCモビット」を利用することで、電子領収書サービスが利用できるようになり、借入の履歴なども全てネット上で管理されるため、安心して利用することができるカードローンです。

おすすめのカードローン

 

プロミス

プロミス
審査から最短1時間でお金が手に入るプロミス
プロミスは、平日14時までにWEB契約を完了させると、即日振込対応を行なってくれるだけでなく、平日の銀行の営業時間終了後や土日祝日でも、審査完了後、全国にある無人契約機でローンカードを発行することで、即日キャッシングが可能です。また、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で、30日間の無利息期間も設定されるため、小額の借入なら利息の支払いも少なくて済む、親切な消費者金融です。
※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録と、WEB明細利用の登録が必要です。
※即日振込は平日14時までにWEB契約完了が必要です。
実質年率年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)
借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら

SMBCモビット

SMBCモビット
SMBCモビットはWEB完結申込で家族にバレずに借入できる
SMBCモビットは、三井住友銀行か三菱UFJ銀行の普通口座を持っていて、社会保険証または組合保険証があればWEB完結申し込みができるようになっています。WEB完結申し込みとは、電話や郵送などのやりとりが一切無く、全てネット上で完結するため、とても便利で簡単な申し込み方法で、ローンカードも発行する必要がないため、上記2つの口座があれば家族にバレることはまず無く、家族に内緒で借りたい方にとっては最適なカードローンです。
※即日振込は14:50までの振込手続完了が必要です。
※審査結果によってはご希望に沿えないことがあります。
実質年率年3.0%〜年18.0%
借入限度額800万円
審査時間最短30分(曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱なる場合あり)
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら

アコム

アコム
アコムなら契約日から30日間無利息で借入可能
三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融で、永作博美さんのCMでおなじみのアコムは、全国にある無人契約機「むじんくん」によって、平日14時以降、土日祝日でも即日キャッシングが可能です。認知度も高く、利便性も高いため、多くの方がアコムを選んでいるようです。
実質年率年3.0%〜年18.0%(30日間無利息)
借入限度額800万円
審査時間最短30分審査
即日融資可能

詳細はこちら

公式サイトはこちら