オリックス銀行カードローンの審査時間は?即日審査・即日融資もOK?


オリックス銀行カードローンに申し込みをした時に、「最短即日審査可能」とサイトで書かれているため、その日のうちに借り入れできると思っている方が多いようです。

インターネット上でも、多くのサイトで、「オリックス銀行は即日融資可能」と書かれていて、勘違いをして申し込みをする方が多いように思いますが、オリックス銀行カードローンは、即日融資は対応していないので、100%その日のうちにお金を借り入れすることはできません。

ここでは、オリックス銀行カードローンの審査時間や借り入れまでの流れと即日審査と即日融資の言葉の意味の違いについて解説します。

即日審査と即日融資の違い

即日審査と即日融資の意味を混同している方が多いですが、即日審査と即日融資は意味が異なります。

「即日審査」とは、その日のうちに審査は完了するという意味で、「最短即日審査可能」というのは、審査がスムーズに進み、特に問題がなかった場合に、当日中に審査結果の連絡ができるという意味です。

「即日融資」とは、即日で審査が完了したのちに、指定の銀行口座への振り込みまでが完了、もしくは、ローンカードを発行するところまででき、ATMですぐにお金を引き出しできるところまでを指します。

つまり、「即日融資」の場合は、その日のうちにお金が手元に入りますが、「即日審査」の場合は手元にお金が入ってきません。

なので、その日のうちにお金が必要だ!という方は、即日審査ではなく、即日融資が可能なカードローンを選ぶ必要があります。

オリックス銀行カードローンは「最短即日審査可能」

オリックス銀行カードローンは、「最短即日審査可能」ではありますが、即日融資はできません。

審査時間が最短で当日中なので、審査結果自体は当日中に知れる可能性があるという意味です。

ただ、審査もスムーズに進まなかったり、審査申し込みの時間が遅かった場合は、翌営業日にずれ込む可能性もあります。

そして、審査通過後の流れですが、審査通過後、職場への在籍確認が完了すると、ローンカードが郵送で送られてきます。

そして、必要書類をWEBアップロードなどで提出して、不備が無ければ、ローンカードで借り入れができるようになるため、郵送にかかる時間などで、最低1週間は見ておく必要があります。

ローンカードが届くまではお金を借り入れすることができませんので、即日融資ではないということがわかります。

そのため、当日中にお金が必要なのに、即日審査の意味を勘違いして、オリックス銀行カードローンに申し込みをしてしまうと、当日中にお金を用意することができず、大変なことになってしまいます。

即日融資を希望するなら消費者金融がベスト

オリックス銀行に限らず、基本的に銀行のカードローンは即日融資に対応していないところがほとんどです。

口座を開設しているネット銀行や、後述する三井住友銀行カードローンなどは、即日融資にも対応していますが、ほとんどの銀行が即日融資に対応していません。

口座開設が必要だったり、ローンカードが郵送で送られてきたりと、手続きに時間がかかるためです。

そのため、即日融資を希望する場合は、大手の消費者金融のカードローンに申し込みをするのが、一番その日のうちにお金を借り入れできる確率が高いです。

消費者金融はどうしてもイメージが良くなく、できるだけ借りたくないという方は多いですが、現在、大手消費者金融は、アイフルを除いて、すべて銀行の傘下で営業をしています。

そのため、もし返済できなかった時に、無理な取り立てなどは一切ありませんし、オペレーターも非常に丁寧で、サービスも良くなっているため、金利が銀行と比べて少し高いこと以外は、銀行カードローンと特に違いは無いサービスになっています。

消費者金融が審査時間が短く即日融資に強い理由

消費者金融がなぜ審査時間が短く、即日融資に強いと言われているかというと、審査時間に関しては、やはり、長年消費者向け無担保貸付を行ってきた実績から、審査ノウハウが豊富で、貸付の可否の判断を出すまでのスピードが速いからです。

実際、銀行のカードローンも、ほとんどが保証会社として消費者金融が入っていて、実質の審査は消費者金融が行っているケースが多いのも、この審査ノウハウは一朝一夕で手に入るものではないことを銀行は知っているからです。

そのため、消費者金融大手は、「最短30分審査」「最短1時間融資」など、ありえないスピードで審査を完了させてくれて、融資まで行ってくれます。

もう一点、消費者金融が即日融資に強いと言われているのは、全国に数多く設置されている無人契約機があるからです。

アコム、プロミスの関しては、全国に1000台以上の自動契約機を設置していて、その無人契約機を利用することで、平日の銀行の営業時間終了後や、土日祝日でも契約機の営業時間終了までに審査を完了させて、契約機に行けば、その場でローンカードを発行することができます。

ローンカードさえ発行できれば、コンビニなどの提携ATMでもお金を引き出すことができるので、当日中に借り入れすることができます。

さらに、プロミスに関しては、自社の無人契約機に加え、三井住友銀行のローン契約機でも発行ができるため、さらにローンカードを発行できる場所が多くなるので、自宅の近くにあるプロミスか三井住友銀行のローン契約機に行けば、即日で借り入れできる可能性はかなり高くなります。

銀行のカードローンでも即日融資は可能

上記で少し触れましたが、銀行のカードローンでも即日融資に対応しているカードローンはあります。

それは「三井住友銀行カードローン」です。

三井住友銀行カードローンは、口座開設不要で申し込みができ、即日審査・即日融資にも対応しています。

審査から融資までのスピードははやい理由の一つは利用している保証会社で、三井住友銀行カードローンは、プロミスを発行しているSMBCコンシューマーファイナンスと、大手消費者金融が保証会社に入っています。

大手消費者金融は上述の通り、審査ノウハウが豊富で、審査可否の判断がはやいため、銀行カードローンの審査スピードも早くなります。

実際、銀行カードローンでも、大手消費者金融と変わらないくらい審査時間の速さを売りにしています。

そして、審査が完了した後、ローンカードの発行を郵送だけではなく、銀行の支店で発行できる体制を整えています。

三井住友銀行は、プロミスと同じ支店内にあるローン契約機でローンカードを発行することができます。

カードを郵送で受け取る必要がないので、ローン契約機の営業時間内に審査を完了させて、ローンカードを発行させることができれば当日中の融資が可能です。

まとめ

このページでは、「即日審査」と「即日融資」の意味の違いと、即日融資を受けたい場合のカードローンの選び方について解説しました。

オリックス銀行カードローンは、解説の通り、あくまでも最短即日審査に対応しているだけで、その日のうちに借り入れすることができません。

オリックス銀行カードローンを使いたい場合は、逆算してお金が必要な日までにローンカードが届くように手続きを済ませましょう。

急ぎでお金が必要がという方は、即日融資に対応している三井住友銀行のカードローン、もしくは、大手消費者金融のカードローンに申し込みすることをおすすめします。