プロミスのおまとめローンを総量規制対象外で利用する方法


消費者金融の黎明期から今に至るまでシーンの最前線を走り、今なお業界最大手の呼び声高いプロミスですが、実は新規借入のカードローンだけでなく「貸金業法に基づくおまとめローン」という形態の貸付も商品として提供しています。

こちらはカードローンの様な契約形態ではなく証書貸付という方法での貸付となっていますが、総量規制の対象外なため現在年収の3分の1を超える金額の借入れがある人でも申込みをすることが可能となっています。では、プロミスのおまとめローンはどのように利用すれば良いのでしょうか。今回はそんな部分について紹介していきます。

プロミスのおまとめローンの詳細

総量規制対象外

まず、プロミスのおまとめローンの最大の特徴といえば冒頭でもお伝えした通り「総量規制の対象外」という点が挙げられます。

通常、プロミスでお金を借りようとする場合は、

  1. 年収の3分の1までのお金しか借りられない
  2. プロミス以外にも借入れがある場合は、その借りている金額を含めて年収の3分の1までが実質的な借入れの上限額となる

という制約があります。

これは改正貸金業法で規定されている総量規制という物が原因となっていて、過剰な貸付から来る自己破産などを防止する目的で定められています。

この総量規制は消費者金融の用途不問のローンについては例外なく適用されているため、消費者金融として営業しているプロミスのローンもその例外ではないのです。

しかし、実はこの総量規制には「例外」や「除外」と呼ばれる種類のローンがあります。例えば家を買うために借りる住宅ローンや車を買うためのオートローンなどがこれに当たります。総量規制は本来「消費者金融から借りる無担保」の借金について規制しているので、こういった担保(家や車など)のあるローンや目的別ローンと呼ばれるウェディングローン、そしてこの「おまとめローン(消費者にとって一方的に有利になる借り換え)」についてはその対象ではありません。

つまり、借りる先が消費者金融のプロミスであっても借りるお金の性質が「他から借りている借金をおまとめするためのもの」であれば総量規制の対象にはならず、年収の3分の1以上の借入れがある状態、またはこれから借りようとしている金額が年収の3分の1以上であっても問題なく申込んで審査を受けることが出来るようになっているのです。

証書貸付

また、貸付の方法も通常のプロミスのローンであればローンカードを発行してもらい、最初に契約した上限額(極度額)の範囲内であればいつでも任意に返済したり、返済した分からまた借入れたり、あるいは利用状況や返済状況によっては都度増枠などがかかったり、そういった取引が可能となっていました。

しかしこちらのおまとめローンの場合は貸付の形式が「証書貸付」というものに限定されています。

では、この証書貸付というのは一体どういった形式なのでしょうか。何か難しい契約なのか、気になるところです。

実はこの証書貸付という形式は何も難しいことではなく、簡単に表現するならば「プロミスに対して借用書(借用証書)を書いてお金を借りる」というだけの話なのです。

つまりカードローンの契約の様に「最初にある程度の枠を設定しておき、その中で自由に取引を行う」という取引方法ではなく「最初に金額や返済日、借りたお金の使いみち、利息などを定めた借用書を書いた上で一度だけお金を借り、後は都度分割してお金を返していく」という借金の方法の1つということになります。

そう考えると、あまり難しい契約ではないことがわかりますね。むしろ、カードローン契約よりもシンプルでわかりやすい契約の方法と言っても過言ではないかもしれません。

とにかくプロミスでおまとめローンを契約する時にはこちらの、証書貸付という方法でお金を借りることになります。

また、おまとめローンの場合は通常のカードローンと違って資金の用途についても「他の貸金業者からの借入れの返済」のみに限定されていますので、レジャーや生活費用などの他の用途にお金を流用することは出来ません。

しかし反対に考えれば、それだけ使いみちが厳しく限定されているのであればついついおまとめローンとして借りたお金なのに他の用途に使ってしまって後々の返済に困ってしまった・・・という様な事態には陥りませんのである意味安心できる借入方法かもしれません。

審査の流れ

では、実際にプロミスのおまとめローンに申込みをするにはどのようなステップを踏んでいけば良いのでしょうか。公式サイトを確認してみると、どうも「インターネットからの申込みは不可能」という様なことが書かれています。本当にインターネットから申込みをすることは出来ないのでしょうか。

インターネットからの申し込みが出来ないとなると残された道は電話か、あるいは直接来店の上でイキナリ無人契約機で手続きに入るという方法の2択になってしまいます。

ただでさえ緊張する借入れの申し込みなのに、それではあまりにハードルが高くなってしまいますよね。

しかし、安心してください、もちろんおまとめローンもインターネットから申し込みが可能です。インターネットからの申込みであれば自分のペースでじっくり情報を記入していったり、あるいは間違いが無いかどうかを時間をかけてチェックすることも出来ますので、やはりインターネットから申込みが出来た方が安心ですよね。

公式サイトにはおまとめローン専用のインターネット申し込みの案内はありませんが、実際には通常の新規カードローン申込みの画面で情報を記入していき、申込情報を送信してから折り返しかかってくる電話を受けた時に「今回はおまとめローンということで申込みをしたいのですが」という事をオペレーターさんに伝えれば、そこからおまとめローンとしての審査に切り替えてもらうことが可能となっています。

この申込みには下の解説画像の様に本人の氏名や生年月日、住所などの基本的な情報の他に家族構成や子供の有無、運転免許証の有無(持っている場合はその免許の番号)、現在借りている他社の借金の情報(何社からいくら借りているか、など)が必要となりますので、こちらについて間違いが無い様に慎重に入力していくことになります。

<参考画像1:お客様情報について>

p1

p6

また、勤務先についても詳細に記入できるようになっていますので、こちらも正確かつ正直に申告するようにしましょう。

<参考画像2:勤務先情報>

p2

p3

<参考画像3:お借り入れについて>

p4

この情報こそがおまとめローンを組む上で一番重要な情報になるといっても過言ではありませんので、正確に何社からいくら借りているのか、という情報を入力するようにしましょう。

また、この入力すべき「現在の他社お借入れ」というのはあくまでも消費者金融から借りている無担保のローンのみとなっています。これ以外にもローンと言えばクレジットカードのショッピング枠や住宅ローン、オートローン、ウェディングローンなどがありますが、これらは他社件数に含めなくても構いません。

アコムやアイフル、モビットなどから借りている分についてのみ、その件数と額面を申告するようにしましょう。なお、よく勘違いされる方が多いのですが、レイクについては消費者金融ではなく現在は正式名称を「新生銀行レイク」といい、銀行のカードローンという扱いになっていますのでこちらも要注意です。

また、最後に連絡のつくメールアドレスとパスワードを設定し、審査結果の連絡先を選択し、書面の受取方法についての希望を申告すれば申し込み情報の記入は完了です。

<参考画像4:審査結果の連絡先など> 

p5
 

申込後の電話で「おまとめローン」を希望する

これらの情報を入力して審査に必要な情報を送付すると、続いて指定した電話番号あてもしくはメールにて審査結果の通知が届きます。特段メールで連絡が欲しい、などの要望を事前に出していない限り、審査が合格の方向で進んでいる場合は重要な説明事項を伝える目的もあることから電話で直接連絡が入ることになります。

そして通常は審査結果の前に本人確認と申込みのお礼を兼ねた電話がかかってきますので、おまとめローンを申込みたい、という希望はこの電話のときに伝えるので構いません。

しかし、何かしら心配な点がある場合や急いで結果を知りたいという時には申込情報を送信してからプロミスコール(0120-24-0365)へ電話して「先ほどWEBから申込みをした○○と申しますが、申込みがうまく出来ているかどうかの確認と、ちょっとご相談したい内容があったのでお電話させていただきました」と申し出るようにしましょう。そうすれば、変なカドが立つ心配もなくスムーズに問い合わせが可能です。

電話をかけると担当者は申し込みの内容を特定するために申込時の名前と生年月日、電話番号の3点セットを聞いてきますので、これに答えます。申し込みが特定出来た後で、今度は本人確認として生年月日を聞かれますので、こちらについても申し込みの情報と同じものを答えるようにします。

なお、プロミスの場合はWEBから申し込んだ情報が到着し、新規申込情報として審査の順番待ちリストに反映されてオペレーター側の端末に表示されるには、おおよそ5分から10分程度の時間がかかります。

勢い余って申し込み情報を送って30秒くらいで電話してしまう方もいらっしゃるかと思いますが、その場合はオペレーターさんに「申し訳ございません、まだお申込みのデータがこちらに到着しておりません。

もう少々お待ち頂けますでしょうか」と言われて気まずい思いをしますので、あせる気持ちはとても理解できますが、ここは申し込み後少なくとも5分くらいの時間をあけてから電話をかけるようにしましょう。もし喫煙者の方であれば一服つけてもいいですし、非喫煙者の方であればトイレに行ったり飲み物を飲んだりしていると、およそ5分が経過します。

電話をかけた段階で申込情報が到着していると、本人確認を終えた担当者から「何かございましたか?」と聞いてくれますので、ここで「実は今回はおまとめローンとして申し込みをしたいのですが」と伝えるようにします。

そうすれば先ほども簡単に解説しましたが、そこから先の審査については通常のカードローンでの申し込みではなくおまとめローンとしての審査に切り替えてもらうことが可能です。

とは言っても、申し込みに必要な情報自体は通常のカードローン申し込みとほとんど共通ですのでそのまま審査が継続されることになります。

ただし、その中で必ず「現在借入れのある会社とその内訳、月々の返済額の合計と内訳」について聞かれますので、こちらは正確に回答出来るように事前にメモなどを用意しておくと良いでしょう。さらに手続きが進んで契約になった際には後に解説する代位弁済を履行してもらうために、現在の借入先の返済用口座などについても聞かれますのでこちらの情報も前もって用意しておきましょう。

ある程度の情報についてはプロミス側でも個人信用情報機関に問い合わせをしていますので把握はしているのですが、その情報と本人の申告が同じかどうか、というのはとても重要な審査のカギとなっているのです。

これはつまり、プロミスに対して何か他の借入れについて隠し事などをしていないかどうか、そしてその借りている額面や月々の返済などについてキチンと把握していて管理が出来ているかどうか、というところを見ているのです。

プロミスもお客様あっての商売とはいえ見ず知らずの人で、かつ他の借入れを隠して申し込みをしてくるような人にお金を貸すわけにはいきませんし、もっと言えば自分の現在の借入れについても把握できていない様な人にもなかなかお金は貸しづらいものがあります。

プロミスのおまとめローンの審査は何も100%個人信用情報だけで結果が決まるという事ではありません。この部分ではそういった「返済能力や、申込者の人となり」についても審査されていると思って差し支えないのです。

審査通過後は代位弁済へ

ここまでの流れでプロミスに対しておまとめローンの申し込みが完了しました。

続いて審査に通過し、いざ契約となった時の流れについて解説していきます。

審査通過後は通常のカードローンの審査通過時と同様に重要な説明事項を聞き、契約内容を確認した上で最終的に契約をすることになります。ほとんどのケースでは契約書、つまり借用証書を取り交わすために最寄りの自動契約機などに来店するよう促される事になりますので、その場合は指示に従って来店するようにします。

自動契約機などの場所については、現在いる地名を伝えるとすぐに最寄りの店舗や、場合によってはアクセスの良い店舗の情報をいくつか提示してもらえますので心配はいりません。

契約時には本人確認書類として現住所が記載されていて有効な運転免許証か、あるいはパスポートまたは健康保険証が必要になりますので必ず持参します。なお、運転免許証以外の本人確認書類の場合は補助書類として現住所が記載された住民票が必要になります。

そして実際に契約が完了した段階で、融資が実行されます。

とは言ってもあくまでもこれはおまとめローンということで、実際に申込者が現金を手にすることはありません。プロミスが事前に申告した現在の借入先に、本人名義でお金を振り込むことでおまとめ、つまり借り換えが完了します。これにより現在の借入先は完済、という扱いになるのです。

また、実際に代位弁済が実行される時には別途プロミスの担当者から「今日現在の一括返済額について現在の借入先に確認をしてください」と指示される事もありますので、その場合は電話などで現在の借入先に「ちょっと今日の段階で完済したいのですが、今日払うと合計いくらで完済になりますか?」と問い合わせることになります。

そして無事に代位弁済が完了した後は、今回契約した内容で少しづつ分割して借り換えたお金を最低毎月一回、プロミスに対して返済していくことになります。複数の業者から借入れをしていた場合などは支払日もバラバラで月に何度も返済に追われていたということが想定されますが、この問題については一気に解消します。

なお、プロミスから後日「代位弁済した先から完済証明書と解約証明書を取り寄せてこちらへ送ってください」と言われることがあります。これもしっかりと対応しておきましょう。

商品内容

ではここで、プロミスのおまとめローンの商品内容についておさらいです。

申し込み年齢

まず、申し込みが可能なのは20歳から65歳までで現在安定した収入のある人が対象となっています。また、パートやアルバイトでも安定した収入であれば申し込み可能となっていますので、主婦や学生の人でも条件に合っていれば申し込みをすることが出来ます。

限度額

限度額については原則的に審査で決定されることになりますが、基本的には上限いっぱいの与信が出ると限度額は300万円までとなります。その中であれば複数の業者からの借入れがあっても全く問題はありませんので、仮にA金融から100万円、Bキャッシングから50万円、Cファイナンスから150万円と、3つの消費者金融から借入れがあったとしても全て借り換えという形で完済をすることが出来るようになっています。

使途

使途については先程も解説した通り、他社消費者金融から借りている無担保ローンの借り換えのみとなっています。通常は借入れが決定した段階でプロミスが代位弁済という形で処理をしてくれますので現金を見ることはありませんが、これ以外の使途で借りたお金を使うと重大な規約違反になりますので頭に入れておきましょう。

<プロミス おまとめローン商品概要>※一部公式サイトより抜粋
融資額 300万円まで
契約額 審査により決定
借入れ利率 6.3%~17.8%(実質年率)
金利適用方式 単一金利
返済方式 元利定額返済方式
返済期日 5日、15日、25日、末日から選択
返済期間 最長10年/120回まで
申し込み対象 20歳から65歳までで収入のある人
資金使途 他の貸金業者からの借入返済のみ
借り換え対象ローン 銀行カードローンを除く無担保ローン
担保 不要
保証人 不要

銀行でおまとめローンをする場合とどちらがおすすめ?

ところで、おまとめローンというと最初に銀行のおまとめローンを思い浮かべるという方も多いのではないでしょうか。

どこの銀行もおまとめローンについては一時期かなりの勢いで宣伝をしていたという背景もあることから、消費者金融でのおまとめローンという事について今ひとつピンと来ない、という方も多いかと思います。

一般的に銀行のローン、それも借り換え用となれば低金利というイメージがあり、反対に消費者金融の借り換えローンと言えばなかなか金利も高い様なイメージがあるかと思いますが、実際にはあまりその差はありません。

最近は消費者金融でも高額のおまとめローン(借り換え)というところでで見ればその金利は充分低い水準になってきていますし、事実プロミスのおまとめローンについては下限金利が6.3%という水準になっています。

また、審査の通過率という部分でも最近は消費者金融に軍配があがるケースも増えてきています。というのも、銀行は多くの顧客に資金を貸し付け過ぎているという問題を慢性的に抱えており、最近では金融庁からその件について指導を受けているという背景があります。

そういった背景から現在は、「借り換え」という、用途が明確な貸し付けについても多重債務者への貸付はほとんど行なっていない、あるいは大変消極的になっているのです。

もちろん審査を受けることは出来ますし、申し込み自体を断られるという事はほとんどありませんが、昔の様に楽に審査に通過出来るかと言えばそうではありません。

そこを考えると、消費者金融でおまとめローンを利用する方が現実的ということになるのです。

借入した時期によってはおまとめローンよりも過払い金返還請求がお得!

また、現在の借入れ先については「いつ契約したものか」というのも重要なポイントです。

というのも、2007年頃までは各社とも現在の上限金利を大きく超えたいわゆる「グレーゾーン金利」での貸し付けを行っており、当時から現在まで返済を継続しているという方は過払い金が発生している可能性があります。具体的には1990年代に契約をし、それからずっと同じ条件で返済を続けている場合などはかなり高い確率で過払い金が発生しています。

また、現在の利息を確認した際に金利が利息制限法の上限を上回っているという場合も同様で、こちらは金利改正が行われた2007年頃から10年以上余分に金利を払い続けている事になりますので、かなりの額が過払いになっているものと考えられます。

具体的には現在の金利が年21%を超えている様であれば確実に過払い状態ですので、まずはおまとめローンよりも先に過払い金返還請求をすることが先決です。

これにより現在の借入先の借金が大幅に減額されるか、あるいはチャラになる可能性も十分にあります。さらに言えば、過払い金から現在の借金の残りを差し引いてもまだ余りが出る、という場合はそのお金が返金されますので大変おすすめです。

過払い金返還請求については当サイトでも詳細な解説を用意していますので、もし現在の借入れ先の利率が高い、あるいは過去にグレーゾーン金利で支払っていた期間があると思われる場合にはそちらも参照してみましょう。

まとめ

今回は消費者金融のプロミスでおまとめローンを利用する、ということについて解説してきました。こちらのローンは通常のプロミスのカードローンと異なり、総量規制の対象外であることがわかりました。

また、申し込みの際には特に現在の借入れ先の件数とその内訳を正確に申告することが重要ですので事前によく確認した上で申し込みをするようにしましょう。また、必ずWEBから申し込んだあとには電話でおまとめローンを希望するという事を伝えて審査を切り替えてもらうようにすることも忘れてはならない重要なポイントです。

おまとめローンについてより詳しく知りたい方は「おまとめローンの正しい利用方法と審査に通過するコツ」というページでおまとめローンについて詳しく紹介しているので合わせてご覧ください。