プロミスを三井住友VISAプリペイドで利用することで家族にバレずに使える!


消費者金融系であれ銀行系であれ、通常のカードローンは申し込みをするとローンカードが発行され、そのローンカードで借り入れや返済を行なうというのが一般的な利用方法です。このローンカードがあるために、家族に借入れがバレてしまうといった事も起こりうるのが長年カードローンの弱点の1つでした。

しかし、この度プロミスでは新たに三井住友VISAプリペイドを利用して借り入れが できるようになりました。とは言っても、中々ピンと来ない方も多いかと思いますので、今回は三井住友VISAプリペイドでプロミスを利用する方法について徹底解説していきます。

三井住友VISAプリペイドの特徴

VISAクレジットカードの様に利用可能

まず最初に、三井住友VISAプリペイドというものはどのようなものなのか、確認していきましょう。

こちらのカードは三井住友カードが発行しているVISAプリペイドカードの一種で、文字通りVISAの加盟店であれば世界中どこでも利用することが出来る1枚となっています。

使い方も通常のクレジットカードと同様に、レジなどで支払いの際にカードを提示して「一回払いで」と伝えるだけです。たったそれだけで、普通のクレジットカードと同様に決済が行われて支払いが完了してしまうのです。

もちろんインターネット決済だって対応しています。インターネットショッピングや各種申し込みで料金が発生する際なども、こちらのカードを使って決済することが出来ます。最近ではアプリの課金にもこういったカード決済が利用できるようになってきていますので、そういった課金時にも利用できそうですね。

また、IT系の業種の方などは仕事でオンライン決済を利用するとよりスムーズに仕事が進められて捗るという方もいらっしゃるかと思います。特にサーバー代や各種ドメインの取得時などにも、こちらの三井住友VISAプリペイドを利用することが出来るようになっています。

クレジットカードを持っていない場合などは毎回毎回、ドメインの取得操作をしてからコンビニに出向いているという方もいらっしゃるかも知れませんが、そんな苦労とはもうさよならです。

このように、原則的にはVISAの加盟店や加盟のある決済システムであれば問題なくこちらのプリペイドカードを利用することが可能です。確かに、一昔前はこういったプリペイドカードやデビットカードに対応していないところも多々ありましたが、最近では爆発的にプリペイドカード/デビットカードの利用に対応しているVISA加盟店も増えてきましたので、あまりにも使えない店舗が多すぎてストレスに感じる、という様な事はあまり考えなくても良いでしょう。

クレジットカードとの違い

では、このVISAプリペイドカードですが、クレジットカードと違うのはどのようなところなのでしょうか。

まず、違いとしては「限度額は事前にチャージした分だけ」「分割払いなどは原則不可能」「一部、仕組み上利用できない加盟店が存在する」という部分が挙げられます。

これはPre-Paid、つまり「前もって支払い済みの」という意味を持つカードの名前からも分かるとおり、限度額は事前に資金を入れる、つまりチャージした分だけを利用できるというのがクレジットカードとの最大の違いになっています。

つまりチャージ額が2000円であれば限度額は2000円ですし、2万円チャージしてあれば限度額は2万円となります。

「事前チャージ式」が今回のカギ

そして、さきほど解説した「事前にチャージが必要」というのが今回の最大のカギなのです。実はこのチャージを、プロミスのローンの枠の中から直接行うことが出来るようになった、というのが今回の最大の特徴なのです。

これは後ほど詳しく解説していきますが、とにかく「プロミスでお金を借りたら、それをそのままVISAプリペイドにチャージして使える」ということだけ今は覚えておきましょう。

もちろんポイントも貯まる

そしてVISAカードと言えばポイントプログラムですが、こちらの三井住友VISAプリペイドにももちろん、ポイントプログラムが設定されています。

もちろんクレジットカードとは根本的に商品の性質が異なるため派手な仕上がりではありませんが、2000円の利用につき1ポイントが貯まり、さらにそのポイントは1ポイントあたり5円換算でプリペイドカードに」チャージすることが出来るようになっています。

本物のクレジットカードでも利用可能額に対して直接ポイント還元を行うというシステムはほとんどありませんので、そういった部分ではこちらのプリペイドカードのポイントプログラムには光るものがあるのではないでしょうか。

チャージした分はそのままプロミスのローンとして返済

こちらのVISAプリペイドはプロミスの融資枠からチャージをすることが出来ます。その方法などは後ほど詳しく解説していきますが、このチャージした分については後からプロミスのローンの返済として徐々に返していくことが可能です。そのためクレジットカードを持っていなくても実質的には先にちょっと大きな買い物をしたり、旅行に行ったり、そういった使い方も出来るようになっています。

注意点

一部利用できない店舗やシステムがある

ここまで三井住友VISAプリペイドの特徴や、それに伴うメリットなどについて解説してきましたが、実はデメリットも存在します。その最たるものが「一部利用NGの店舗がある」という事です。先程も簡単に紹介したところですが、VISAプリペイドカードはその性質上、利用することが出来ないというシーンが大きく分けて2通り存在します。

1つは「単純にその加盟店がプリペイドに非対応」というシーンで、もうひとつは「決済の性質上どうしてもプリペイドが利用出来ない」というシーンです。

前者については文字通り、そのVISA加盟店ではVISAのクレジットカードでの決済にのみ対応しており、プリペイドカードやデビットカードでの決済に対応していないという場合です。これは最近はVISAの努力もあってプリペイドやデビットカードへの対応が進んでいるためあまり見られなくなりましたが、今でも店舗によっては対応していないというケースがあります。

その場合はオンラインショップの場合は事前に注意事項として明記されているか、決済時に「こちらのカードはご利用になれません」といった案内が出ますので、利用を中止して別の決済方法を検討するようにしましょう。

実際の店舗などでも同様に店舗で断られたりすることもありますが、こちらの場合は単純に店員さんがプリペイドカードを見たことがなかったり、あるいは不慣れなだけというケースも多々ありますので、一度カードを機械に通してもらってから判断しても差し支えないでしょう。最近は店員さんが無理だと言っていても、機械自体は対応していてそのまますんなり決済できたというケースも非常に多く聞かれます。

後者については、例えばセルフのガソリンスタンドなどで先にカードを通して有効性だけチェックしておき、後から実際の請求金額が確定する様な仕組みの店舗などでは利用が出来なくなっています。もしこういった所でプリペイドカードが使えてしまうと、カードにチャージされた残高以上の決済も通ってしまうことになりプリペイドカードの前提が崩れてしまいますので、そもそも仕組み上利用が出来ないのです。

また、毎月違った金額で継続的に請求が入る様な携帯電話の料金や各種インターネットのプロバイダ料金などについても同様の理由で利用を断られる可能性が非常に高いので、そういったシーンではプリペイドカードの利用は適さないということになります。

デザイン上、プリペイドカードであることがバレやすい

そしてこちらのプリペイドカードはデビットカード同様、カードの券面(カードフェイス)に大きな特徴があります。クレジットカードには必ずといって良いほどついている、エンボス加工(カード番号などのデコボコ)がなされていないのです。

そのため券面が非常にツルっとしており、見る人が見れば一発でクレジットカードでないということが分かってしまいます。とはいっても最近は様々な理由からこういったプリペイドカードを持つ人も増えてきていますので、それほど気にしなくても良いのではないでしょうか。

VISAプリペイドの申し込み方法

まずはプロミスへ申し込み

では、いよいよ実際にプロミスx三井住友VISAプリペイドの恩恵を受ける方法を解説していきます。

まず最初に、通常どおりプロミスにフリーキャッシングの申し込みを行います。

申込時には本人の住所氏名・生年月日などの申込者に関する情報や他社借入れについての情報、そして安定した収入があることを証明するために勤務先についての情報を入力していきます。

そして情報を送付し終えると30分から2時間程度で本人あてにプロミスから申し込みのお礼と確認の電話がかかってきます。ここは特に面接というほどでもありませんが、やはり礼儀正しくしておくのに越したことはありませんので、明瞭に聞かれたことについて答えておきましょう。

プロミスの審査については当サイトの他の記事でも詳しく紹介していますので、そちらも参照してみると良いでしょう。

審査通過後、VISAプリペイドの発行を希望する

審査に通過すると実際の契約に入っていきますが、ここの段階でVISAプリペイドの送付先を選択することが出来ます。

WEBで契約を完結する場合

WEBで契約が完結するという場合は、最終的な契約手続きの時に画面上で「希望するVISAプリペイドカードの送付先」を自宅・勤務先から選ぶことができます。ただし、このカードは簡易書留で送付されることになりますので、確実に本人が受け取れる住所にしておかないと後々苦労することになりますので注意しましょう。

来店での契約の場合

WEBから申し込みを行っても、場合によっては来店で契約をした方が手続きが早いということで来店を要請されることがあります。この場合は最寄りのプロミスの無人契約機などに出向いていって最終的な契約作業をすることになるのですが、来店契約の場合は契約手続きの最後のあたりで「VISAプリペイドカードの送付先はいかがなさいますか」と画面上で聞かれるか、あるいはインターホンで担当者から聞かれますので、その時に希望する送付先を自宅・勤務先のいずれかから答えましょう。

後日郵送でVISAプリペイドカード受取

先程の工程で送付先を指定した後は、後日三井住友カードからVISAプリペイドカードが簡易書留で送られてきます。「簡易」書留といっても受取自体は単なるポスト投函ではなく普通の書留同様に対面で受け取る方式ですので、都合のよい送付場所を選ぶようにしましょう。

ちなみに簡易書留は家族の人でも代理で受け取ることが出来ますので、家族に受け取られると何かと都合が良くない、という場合には勤務先で受け取ると安心です。

届いたVISAプリペイドの使い方

まずはチャージ

VISAプリペイドカードが届いたら、まずはVISAプリペイド自体の会員登録を三井住友カードに行います。と言っても特にここで審査などはありませんので、安心して手続きを進めます。

その後はお金をチャージをして使用を開始することになります。ここでようやく、プロミスの登場です。

まずはプロミスの会員サイトにログインし、あるいはプロミスの公式アプリからログインし、メニューにある「チャージ(三井住友VISAプリペイド)」に進みます。

そこで現在プロミスから借入れが可能な額が表示されますので確認の上、好きな額をVISAプリペイドにチャージするように手続きをします。

すると受付からおよそ10秒程度で、VISAプリペイドに資金がチャージされてカードを利用することが出来るようになります。

受付も原則土日含む24時間対応となっていますので、夜中でも安心して利用することが可能です。ただし、毎日23時50分からの10分間と、毎週日曜日の20時50分から翌朝7時まで、そして12月31日の23時50分から24時間強はメンテナンス等のためにチャージは利用できません。

これにより、わざわざATMからお金を引き出したりしなくてもカードに一瞬でチャージ出来るわけですから、よりスマートな振る舞いが出来るようになります。

例えば飲みに出ていていい気分の時にお財布の中にお金が無いことに気付いても、慌てずにスマホからプロミスのサイトやアプリを開いてVISAプリペイドにチャージをすれば、わずか10秒程度でお財布の中のVISAプリペイドカードに資金がチャージされますので何食わぬ顔でカードで支払うことが出来ますね。

あえてこの利用シーン1つだけを紹介したとしても「かなり救われる」というイメージが湧く方はかなり多いのではないでしょうか。これがいかに便利で画期的なサービスなのか、理解できますね。

即日融資は可能?

VISAプリペイド自体は即日融資NG

また、先ほども解説したようにVISAプリペイドカードについては郵送で送られてきますので、即日で使用することが出来ません。そういった意味では、即日融資が出来ないということになります。

実際にプロミスに申し込みをしてからVISAプリペイドが手元に郵送されて来るまでの期間ですが、現在のところは申し込みからおよそ1~2営業日で発行・発送されていますので、プロミスで契約を完了した翌日から数えて4~5日目には手元に到着するというイメージで差し支えないでしょう。

ですが、そもそもプロミスは即日融資に対応している消費者金融です。そこで、どうしても急ぎという場合はVISAプリペイドの発行と送付もお願いしつつ、即日融資も受ける様に手続きを取りましょう。

急ぎの場合はローンカードを先に発行すると即日融資も可能

急ぎの場合は、まずはVISAプリペイドよりも現金での融資が優先です。VISAプリペイドの発送自体は少し日数がかかってしまいますが、ローンカード自体は無人契約機などに来店すればその場ですぐに発行してもらうことが出来ます。

つまり審査がスムーズに進めば申し込んだその日の内に即日でプロミスからお金を借りられますので、急いでお金を借りたい、急いで現金を手にしたい、という場合にはプロミスにWEBから申し込んだ後、電話などで「即日融資をお願いしたいのですが」と一言添えておくとプロミス側でも急いで審査をしてくれます。

まとめ

チャージも簡単で何かと利用シーンも多いこの三井住友VISAプリペイドは、クレジットカードと同じ様に利用が出来てカードの発行自体は審査も不要という、大変取得しやすいものになっています。そして24時間いつでもプロミスの会員メニューから資金をチャージできるというのも大きな利点ですね。

ただし、一部通信費用やガソリンスタンドなどではVISAプリペイドが利用できないケースもありますので、事前に使用できるかどうかについてはチェックしておきたいところです。