主婦がプロミスを利用する方法と主婦がホストに貢いでプロミスを利用した体験談


主婦の方がプロミスを利用する場合、ひとつ気をつけなければいけない点があります。

それは、「総量規制」という貸金業法で定められている規制です。

総量規制については「総量規制対象外のカードローンと総量規制の対象となる借入・ならない借入」で詳しく説明していますが、簡単に説明すると、

年収の3分の1以上の借入はできない

という決まりです。

そのため、主婦の方で、パート・アルバイトをしている方は全く問題無く、プロミスから借入することができますが、専業主婦の方はプロミスから借入することができなくなりました。

パート・アルバイトをしている主婦の方

パート・アルバイトをしている主婦の方は、毎月の安定した収入があるため、年収を計算することができると思います。

プロミスは、総量規制の対象となるため、年収の3分の1までしか借入することはできませんが、年収が100万円の方は30万円まで借入することが可能ですし、60万円の方は20万円まで借入することが可能です。

これは、プロミスのみの借入ではなく、借入の合計の計算になるため、他社から借入している場合はその借入金額を差し引いて、まだ借入できる枠がある場合はその分までなら新規借入が可能です。

専業主婦の方の場合

上記の体験談は、個人事業主として事業を営んでいる主婦の方の体験談でしたが、専業主婦の方はプロミスを借りることができません。

プロミスは、消費者金融のカードローンのため、「総量規制」の対象となっています。

総量規制とは、借入の合計が年収の3分の1を超えていは行けないという規制で、専業主婦の方は無所得者と判断されるため、消費者金融では1円も借入ができなくなりました。

しかし、専業主婦の方でも、総量規制対象外のカードローンであれば、専業主婦の方でも問題無く借り入れすることができます。

専業主婦がカードローンを申込する前に知っておきたい基礎知識」で専業主婦・主婦の方がカードローンを利用する方法を解説していますので、専業主婦の方でカードローンを利用したいという方はそちらをご覧下さい。

プロミスに申し込む

SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

プロミスは主婦の方でも借入可能

プロミスは、主婦の方でも、パート・アルバイトなどの安定収入があれば借入することができます。平日14時までに申し込み・審査を終えると、即日振込対応を行なってくれるだけでなく、土日祝日でも、審査完了後、全国にある無人契約機でローンカードを発行することで、即日キャッシングが可能です。また、メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録で、30日間の無利息期間も設定されるため、小額の借入なら利息の支払いも少なくて済む、親切な消費者金融です。
※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録と、WEB明細利用の登録が必要です。
※即日振込は平日14時までにWEB契約完了が必要です。

実質年率 借入上限 審査時間 即日振込 即日融資
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分
在籍確認 返済方法 申込資格 収入証明書 保証人
有り(メール可) コンビニATM
無人契約機
20~69歳 50万円以下の借入の場合は不要 不要

主婦がホストに貢いでプロミスを利用した体験談

主婦(30代/個人事業主)Uさんのプロミスの借入体験談

 自宅で個人事業主として、インターネット関係の仕事をしている兼業主婦です。夫と2人の子どもがいますが、育児と仕事の息抜きに、ホストクラブに通うようになり、そこから大きく人生が狂うことになってしまいました。

自分の仕事の収入が月30万円ほどありましたので、その一部をつかって、はじめはたまに遊びで通うつもりでいたのですが、一人のホストにはまってしまい、自分の収入のほとんどを遣うようになってしまいました。

私がどうやって借金をふくらませてしまい、そこからどうやって立ち直っていったのか、プロミスを利用したのはなぜだったのかなど、体験談を書いていきたいと思います。

家事育児に追われる、平和だけど退屈な日々

私は7年前にサラリーマンの夫と結婚して、いま幼稚園の子どもが2人います。毎朝5時半に起きて、朝食と夫のお弁当を作って、洗濯機を回しながら、子どもを起こして朝食を食べさせます。

夫を送り出し、子どもたちの身支度をして幼稚園に送り出して、皿洗いや洗濯干し、掃除を済ませたら、スーパーへ買い出しに。

お昼を食べて、在宅の仕事を少ししたら、もうすぐに幼稚園のお迎えの時間です。夕方の家事の時間もすぐやってきて、夕食やお風呂を済ませて、子どもを寝かしつけ、皿洗いやアイロンがけをして、あっという間に1日はすぎていきます。

ママ友とランチなどもしますが、話題はいつも同じ・・・どこの特売が安いかや、どの子のママが家を買ったらしい、あのママがこんなことを言っていたなどの、女の嫉妬が少し混ざったうわさ話。

子どもはかわいいし、夫に不満があるわけでもなく、平凡だけど平和な生活を送っていたはずですが、どこか物足りなく、刺激を求めていたのかもしれません。

ホスト通いを始めたきっかけ

私はもともと自宅でインターネットの仕事をしていました。いわゆるアフィリエイトといって、ブログやサイトに広告をはって、その広告をクリックした人が商品を買えば、報酬をもらえるというものです。

もともと10万円程度、家計の足しにできればいいなと始めた仕事でしたが、たまたま作ったサイトのひとつがヒットして、月30万円程度の安定した収入が得られるようになりました。

そこで気を大きくしてしまったのかもいけなかったのかもしれません…。

今まで、ほとんどまともに遊んだことはないような地味な女だったのですが、たまたまアフィリエイト仲間の主婦に誘われて、ホストクラブに行ってみたところから、すべてがおかしくなっていきました。

最初、「ホストクラブに行こうよ!」と言われたときは、今まで全くそういうところに行ったことがなかったので、ちょっと戸惑いました。夫にも言えないと思いましたし…。

でも、せっかく収入も多くなってきたし、たまには派手に遊んで日ごろのストレスを発散してみたいと思って、思い切って、行ってみることにしたのです。

はじめてのホストクラブ

夫にはアフィリエイト仲間の主婦と「女子会」をすると嘘をつき、歌舞伎町の某ホストクラブに出かけました。

そこのお店に行くのは、一緒に行った主婦さんも初めてだということで、とくに指名するホストの方も決まっていませんでした。

はじめに、「男本」といって、そのお店にいるホストの写真が載ったアルバムのようなものを見せられて、好みの人を指名することもできます。(場内指名というそうです。)

そこで、それぞれ好みのホストを指名したのですが、その時、私は、顔がタイプだったSを指名しました。

初回は、ホストが30~40分くらいで交代していって、ホストクラブに来たのは初めてなのか、とか、どんな人がタイプなのか、といった話をしていました。

2回目の交代で、私が指名したSも来てくれて、そこで初めて会話をしましたが、やはり顔もタイプだったのと、話していてもすごく楽しかったのです。

私たちの入ったホストクラブは、初回は5,000円で飲み放題と決まっていたので、お金のことも心配する必要はありませんでした。

帰りに「送り指名」といって、お気に入りのホストを指名するのですが、このときSを指名して、Sに見送ってもらってその日は帰りました。

ホスト通いにはまっていく

はじめは1回限りで、遊びのつもりで行くだけのつもりだったのですが、ホストクラブでのこちらをもてはやしてくれる接客にはまってしまい、何よりSとまた話したいと思ってしまいました。

しかも、お店から帰った直後から、Sが毎日かかさず営業メールをくれるようになって、すっかりまた会いたいという気持ちになっていました。

結局、10日もたたないうちに、今度は一人でまたそのお店に行って、Sを本指名して、月に何度もホストクラブに通い始めました。

ホストクラブでは、もちろんホストは売上を上げることが第一目標ですから、Sもやっぱり、上手にこちらがどのくらいの金額を遣えるのかなどを探りを入れてきます。

最初のころは、私もこわかったので、そんなに高いお酒を頼むことはなかったのですが、上手に予算ギリギリか、予算を少しだけオーバーするくらいのお酒をすすめられたり、私もSに気に入られたいという思いがあって、シャンパンなど高価なお酒を頼んでしまうようになり、一回の来店で10万円以上遣うようになってしまいました。

しかも、ホストクラブでは、誕生日など何かのイベントがあると、いつも以上に注文してほしいとそれとなく促されるので、私も、シャンパンコールをやったり、高いお酒を何本も入れたり、一晩で数十万円を遣ってしまったりしました。

お金で買えないものを買おうとして、消えていくお金

どんなに大金を遣っても、結局ホストに愛してもらえるわけでもなく、ましてや夫のいる身でホストにはまっていくなんて、自分でも信じられなかったのですが、Sがそのお店のNo.1を目指していると聞けば、「私がSのナンバーを上げてあげる!」と言ったり、Sがお客が来なくて困っていると言えば、無理に予定を合わせてお店に行ったり…。

子どももいるのに最低だったと思います。

たとえ、ただ太客(高い金額を遣うお客のことです)として大事にされているだけだとしても、Sの気を引けるのであればと、自分の収入だけでなく、貯金にも手を出すようになってしまいました。

もっともっとSのために高いボトルを入れたいし、ホストクラブに行くときにはそれなりに身なりにも気を遣いたいので、化粧品や服にもお金を遣いたい。

そんなことをしているうちに、あっという間に自由に遣えるお金はなくなっていきました。

プロミスのカードローンを利用する

お金が無くなったらもうホストクラブに通うのはやめようと思っていましたが、貯金がなくなってももう一度行きたいという気持ちを抑えることができず、プロミスで借入をしてしまいました。

初めは、私のような、主婦で個人事業主をやっている人間でも借入できるかどうか不安だったため、ネットで色々と情報を調べて、どのカードローンを利用すればよいのかを検討しました。

その中でわかったことは、「銀行は中々審査が通らない」「消費者金融でも収入があれば借入できる」ということでした。

消費者金融は、総量規制という規制があって、主婦は借入できないという噂を聞いたことはあったのですが、それは専業主婦の話で、私のように、個人事業主で所得があって、確定申告もきちんと出している場合は主婦でも借入することができるようです。

また、銀行のカードローンは、総量規制が無いので専業主婦でも借入できると謳ってはいますが、実際は配偶者である旦那に安定した収入がないと借入できないことがほとんどだそうで、旦那の名前に頼るのは忍びないと思った私は、自分の所得だけで借入できる消費者金融を選ぶことにしました。

とはいえ、消費者金融で借入することは不安があったので、大手の銀行傘下の消費者金融である、アコムかプロミスのどちらかにしようと思って、どちらが借入しやすいのか、口コミを調べてみました。

口コミを調べると、審査の通過率はアコムの方が高いようですが、自営業者には厳しいと書いていました。一方で、プロミスは、自営業者でも借入できたという口コミが多く、個人事業主である私はプロミスで借入した方が審査に通過する確率が高いと思い、プロミスに申し込みする事にしました。

カードローンの申し込みはとても簡単で、インターネットで、プロミスの公式サイトから簡単に審査申し込みをすることができました。申し込みをしてから15分程経ってから、プロミスから仮審査に通過したという電話がありました。

ただ、私の場合は、個人事業主だからか、本審査の前にいくつかお伺いしたいことがありますと言われ、事業内容についてや、売上規模、従業員数など、事業の詳細について聞かれました。

会社のホームページを持っていたのでホームページを見せて、説明をしたあと、所得証明書の提出はできるかと聞かれました。消費者金融は、50万円までの借入なら所得証明書は原則必要ないと聞いていたのですが、個人事業主の場合は例外もあるようで、私の場合は、50万円の借入金額で申し込みをしていたため、所得証明書の提出を求められました。

ちょうど確定申告書を持っていたので、確定申告書を携帯電話で撮影して、本人確認書類と一緒に提出しました。提出方法はとても簡単で、プロミスから届くメールに記載されているURLにアクセスして、アップロードするだけでした。

その後、審査に通過しましたという連絡を受けて、契約手続きを済ませ、50万円の融資を受けることができました。

あっという間に借入限度額に

初めは50万円の借入の中でやりくりしていたのですが、ホストに毎月数十万円を貢ぐ生活を続けていて、あっという間に限度額まで達してしまいました。

返済しては借入して、また返済して…とく繰り返していたのですが、どんどんお金が回らなくなってきて、仕事をいくら頑張っても厳しい状態が続いていました。

これ以上お金を借りることもできないし、ホストに行く回数もどんどんと減っていきました。

それだけでなく、やはりさすがに私の態度がおかしいと、夫からも気づかれるようになり、夜の外出は控えるようにと言われてしまいました。

ホストクラブに通えなくなるのはとてもつらかったのですが、このままの生活を続けることはできないというのは気づいていたので、今はホストクラブ通いはやめて、借金の返済をしています。

Sに会いたいという気持ちはとても強かったのですが、私がホストクラブ通いを禁止されて、借金返済をしていると知ると、Sからのメールはぱったりと来なくなってしまいました。分かってはいたことですが、Sとの関係は、金の切れ目が縁の切れ目だったのです。

そんなある日、プロミスから電話がかかってきて、今の利息を15%に下げて、借入の上限を100万円まで上げることができるという話をされました。

100万円まで上げることができたら、再びホストクラブに通うことができると、かなり悩みましたが、きっと100万円まで借入してしまうと、返済ができなくなって破綻してしまうことが目に見えたので、お断りすることにしました。

今は正直、まだふっきれてはいないのですが、ホストのことは忘れて、しっかりと借金を返して、妻として母親として、まっとうな生活をしなくてはいけないなと思っています。